^

健康

You are here

乳房静止の治療

特に病理学的状態である場合、乳酸抱合の治療は必須である。結局のところ、母乳育児のプロセスは、母親に喜びをもたらすだけでなく、赤ちゃんの良い発達と健康を保証します。したがって、正常な泌乳過程に違反した場合は、この機能を回復させるためのすべての努力を指示する必要があります。結局のところ、子供の健康状態は母乳によってどのくらい長くそして正しく摂取されるかによって決まります。

乳酸抱合の治療のための主な医薬品

乳酸抱合の薬物治療は、摂食の正常な機能を回復するために必要な場合もあるが、治療が必要でない場合には生理学的乳房静止状態があるので、この質問と区別するべきである。したがって、まず、ラクトステラーゼそのものの概念を理解し、特定の薬物を使用する適応症を理解する必要があります。

ラクトスタチン症は、授乳中の母親の乳房における牛乳の停滞であり、乳児への摂食の正常な過程を妨害する。泌乳の原因は多くあり、治療の病因の方向性が存在しなければならないため、治療を選択する前に考慮する必要があります。乳房静止の主な原因の中には、最も頻繁に見出されるものを同定することができる:

  • 授乳中の母親の食べ物にカロリーが不足している食事の違反。
  • 睡眠不足と休息。
  • 日常の日常生活やストレスの多い状況の障害。
  • 不適切な授乳または母乳育児の拒否;
  • 泌乳中の異常な乳腺のケア。

あなたが見ることができるように、これらの理由はすべて外因性であり、したがってそれらの排除は、乳酸抱合の治療において多くの人々を助けることができる。彼の人生の最初の6ヶ月の児童発達の過程は、母親の牛乳を犠牲にして行われ、その成長、すべてのシステムの発達および正常な生活活動を完全に保証する。母親に何らかの問題がある場合、子どもは体を動かさずに体重を失います。そのため、乳汁固定を治療する必要があります。しかし、乳酸抱合のみである場合と2次感染があり、抗生物質を使用する必要がある場合は区別する必要があるため、治療プロセスに注意深くアプローチする必要があります。

乳房整復を伴うマグネシアは、この薬剤の多くの有用な治療法のために非常に広く使用されている。硫酸マグネシウムは、鎮静作用、降圧作用、鎮痙作用、抗痙攣作用および胆汁分泌作用を有する薬物である。これらの効果のために、製品を使用するとき、ミルクダクトの筋繊維は緩和され、ミルクダクトは拡張され、乳房停止を伴う緻密化領域は緩和され、これにより乳の放出プロセスが正常化される。この薬物は、非経口投与のための溶液および粉末の形態でアンプルで入手可能である。使用する場合、副作用は、呼吸筋に対する作用または血圧の顕著な低下に起因する呼吸プロセスの阻害の形態で生じ得る。しかし、乳房停止症の治療のためには、この薬剤は外部から圧縮剤として使用されるため、これらの副作用は発現しません。圧縮するには、マグネシアを数回取り、ガラスで希釈し、ガーゼ布を湿らせ、いくつかの層に折り畳んだり、胸の緻密な部分に塗布する必要があります。上から乾いたガーゼ布とフィルムを貼ることができます。強い圧縮がないように、ゆるいリネンを着る方が良いです。このような圧縮は少なくとも1日に2回適用する必要があります。そのような圧縮の後、密閉領域をマッサージし、ミルクを排出する。

Dimexidum lactostasisでは広くしかし、それは軟膏または湿布の形で他の薬物と組み合わせて使用することができ、このような優れた導電性媒体として、それらの顕著な特性のために使用されます。Dimexideは、抗炎症性および抗菌性も有し、局所的な浮腫も除去し、麻酔作用を有する薬剤である。この薬は、50ミリリットルのアンプル溶液の形で入手でき、外部のみで使用されます。副作用はまれですが、かゆみ、発疹、発赤の形でアレルギー症状が出る可能性があります。乳糖摂取を治療するには、Dimexideを圧縮剤として使用することをお勧めします。これはマグネシアと組み合わせることができます。これを行うには、同量のDimexideとMagnesiaをとり、それらを攪拌し、同じ圧縮を行います。そのような圧縮の二重作用は、その効果を改善し、乳酸抱合の治療をスピードアップする。

乳酸抱合におけるオキシトシンは、治療薬としても使用することができる。オキシトシンは、視床下部から分泌され、妊娠、出産、授乳中の女性の身体の多くの過程を調節する天然ホルモンです。オキシトシンは、主に子宮の平滑筋ならびに血管および乳管に選択的に影響を及ぼす。夜間には、天然ホルモンであるオキシトシンが放出され、乳酸生成に寄与するが、その単離が不十分な場合、このホルモンの代わりに薬物を使用する必要があり、治療の有効性が最も高い。乳酸発生の影響により、筋肉繊維が弛緩し、牛乳が酪農場に沿って移動し、胸の胸を弛緩させるのに役立ちます。しかし、この薬が子宮にも影響を及ぼすことを考慮すると、この治療法は、女性ごとに投与量が異なるため、医師の処方に従って非常に注意深く使用する必要があります。この薬剤は、1ミリリットルのアンプル(5イュー)の溶液の形態で放出される。国際単位。副作用は、過剰な収縮および子宮の凝結の形で可能であり、血圧を低下させ、心拍数を増加させる。したがって、女性は帝王切開の場合や出血による複雑な出生時に子宮の傷跡がある場合には使用しないでください。乳房停止の治療のためのオキシトシンの使用は、主として筋肉内に1mlの非経口形態として起こるが、用量は変化し得る。

乳脂肪抑制作用を有するバ- スパは、その鎮痙特性のために乳管を通る乳の流出を改善するための併用治療として使用される。この薬物は、動脈血管の筋繊維に対する作用により実現される筋痙攣性の鎮痙特性を有し、これは、それらの拡張および圧迫をもたらす。これは、胸の痛みとその充血の場合に、無shpaの鎮痛効果が実現する仕組みです。この薬剤のさらなる効果は、その腫瘍崩壊効果であり、これは分娩後最初の日にでもそれを使用することを可能にする。副作用は、皮膚発疹、吐き気および嘔吐、便秘を伴う便の障害、腹痛を伴うアレルギー症状の形態で可能である。また、遮断、期外収縮、動脈低血圧までの伝導障害の形態の心血管系からの症状もあり得る。可能な発汗および眠気の増加、ならびに肝酵素のレベルの一過性の無症状の増加。パパベリンの投与方法および使用される用量は、薬理学的形態に依存する。パパベリンの錠剤は、10,20,40ミリグラムで投与される。アンプルは、2%の濃度および2ミリリットルの容量で製造される。乳房停止の複雑な治療のために、筋肉内の非シャンプーを使用するか、または錠剤の形態で使用することが推奨される。このような治療は局所的な圧迫または軟膏と組み合わせるべきである。

ラクトスタチンは、乳腺における乳の停滞の過程であり、感染過程が起こらず、子どもの摂食を継続することができる。この場合、乳腺に凝縮領域、その詰まりおよび摂食の痛みがある。女性の体温は38度以上では重要ではありませんが、それはラクトストズの簡単なプロセスです。しかし、乳房静止の過程が長くなると、乳房炎の発症に伴う二次感染が乳頭の微小外傷の背景に付随する可能性がある。それは炎症についてです。さらなる合併症を予防するために、乳腺炎に伴う乳酸抱合のための抗生物質を使用しなければならないが、乳酸抱合が炎症を伴わない場合、それらを適用することは不適切である。抗生物質の選択は、抗生物質を服用している期間中、摂食を止めるべきであるため、通常の治療過程および早期回復にとっても重要である。

乳酸桿菌中のアモキシラブは、乳腺における炎症過程の治療のための異栄養療法として使用することができる。この抗生物質群は、多くの種類の細菌に影響を与えるために優先事項であり、同時に、これらの薬物の迅速な排除のために、摂食中の使用は子供にとって安全である。アモキシラブは、ペニシリン系のβ-ラクタム系抗生物質群の組み合わせ抗生物質である。薬物の組成には、細菌細胞に対して圧倒的な性質を有する活性物質である抗生物質アモキシシリンおよびクラブラン酸が含まれる。それは、グラム陽性およびグラム陰性の微生物に作用し、可能な病原体のほぼ全スペクトルをカバーすることができる。この薬物は、錠剤、懸濁液、および注射液の形態で入手可能である。薬物の副作用は、アレルギー反応、消化不良症候群、睡眠障害、過敏性、および肝臓への影響の形で可能である。乳房静止を治療するには、薬物の懸濁注射と筋肉注射の両方を使用することができます。1日2回500ミリグラムの用量。治療の経過は5〜7日です。

乳汁分泌を止めるための手段が必要な時には、乳脂肪抑制を有するドプチネクを最後の手段として使用することができる。これは、薬物の特定の効果およびその可能な影響によるものである。ドステネックスは、主な有効成分がカベルゴリンである薬物です。この薬剤の効果は、泌乳過程を提供するホルモンであるプロラクチンの合成を阻害する下垂体のドーパミン受容体の活性化によるものである。したがって、乳房形成が膿瘍の形成まで膿性乳腺炎によって複雑化する場合、この治療法をより良い治療効果のために使用することができる。生理学的乳房停止術では、この薬物の使用は泌乳の不可逆的停止を引き起こす可能性がある。この薬剤は、錠剤の形態で入手可能であり、期待される効果(1日または2日間の全用量)に応じて投与される。この薬の予約は有能な医師によってのみ行われ、自己投薬は推奨されません。

乳酸抱合を伴うブロモクリプチンは、ドステネックス(Dostinex)に類似した作用機序も有する。それはプロラクチンの放出を阻害し、泌乳の機能を除去する。したがって、乳酸抱合におけるその使用は、将来の泌乳の阻害によって明らかになる可能性がある。乳酸発生の治療では、ブロモクリプチンを用いて合併症を予防することができる。

乳酸桿菌中のマラビットは、一元的におよび他の薬物との両方で、圧縮剤として使用することができる。セージ、ミント、カモミール、ノコギリソウ、牡丹、菖蒲、キンセンカ、オーク樹皮、白樺、松、ピッチ松や杉のほか、グリセロールおよび他の油-多くのコンポーネントが含まれ、この自然療法、。この組成物のために、調製物は、抗浮腫性、抗炎症作用を有し、かゆみおよび痛みを軽減する。この薬剤は外用剤の形態で入手可能であるため、乳酸抱合の治療のためには薬剤を圧縮剤として塗布する必要がある。これは家族液50ミリリットルを取るべきであるとDimexidum添加することができます圧縮するには、湿式および溶液中のガーゼパッドを作ります。このような圧縮は、1日に数回行うのが最善であり、少なくとも30分は維持する。薬の組成を慎重に検討する必要があり、アレルギーの存在下では、この治療法は使用できません。

乳房内のパラセタモールとイブプロフェンは、女性の体温が上昇すると、抗炎症薬および解熱薬として使用することができます。これらの薬物は、非ステロイド性抗炎症薬の群に属し、乳房静止の背景にある高熱症または炎症反応を伴う複雑な治療において、症候的に使用することができる。副作用は、肝臓、胃、およびアレルギー反応に対する効果の形で可能である。授乳中の使用は、乳がんに排泄されるため、乳児に影響を与える可能性があります。一度に500ミリグラム以上の薬物を使用しないでください。

乳酸抱合を伴うクロロフィルリップも、局所治療に使用することができる。これは、ブドウ球菌群の細菌に対して顕著な抗菌特性を有するユーカリの葉からの天然の調製物である。これは、乳房静止の存在下での乳腺炎の形成を防止するために使用することができる。薬はまた、浮腫を除去し、乳房の圧縮された領域を軟化させる。薬はアルコール溶液の形で提供されるため、薬が温かく作用するため、炎症過程がない場合に限り、圧迫を使用することができます。また、アルコール溶液を使用する場合は、アルコールの吸収と母乳への流入を考慮する必要があります。圧縮するには、ガーゼ布をクロロフィルプチン溶液で濡らし、胸に取り付ける必要があります。

乳酸抱合を伴うクロルヘキシジンは、他の薬物と組み合わせて消毒剤として、圧縮剤にも使用することができる。副作用を防ぎ、患部の血液循環を改善し、浮腫を軽減する、外用の防腐剤群からのこの薬剤。圧縮の場合、Dimexide、No-shpa、Magnesiaとそれぞれ同量で組み合わせて外部圧縮を行うことができます。この組み合わせ処理は、モノ成分よりも効果的である。

ラクトスタチン中のレシチンは、泌乳だけでなく、女性の一般的な状態、授乳中の母親の給与におけるビタミンおよび微量元素のレベルの正常化を改善するための追加の補助剤として使用することができる。レシチンは、他のビタミンB1、B6、B9、PP、Eと共にレシトンの一部です。この製剤は、内部使用のための溶液の形態で入手可能である。服用量 - 1日3回大さじ1杯。

乳房停止を伴うプロゲストーゲンは、乳房組織および乳汁放出のプロセスに特定の効果を有するので、非常に頻繁に使用される。プロゲストーゲンはプロゲステロンプロゲスチンを含むゲルです。これは、乳房組織に浸透し、血管透過性を低下させ、浮腫を軽減し、乳管細胞の有糸分裂活性を正常化する女性性ホルモンである。この薬はゲルの形で利用できるので、1日2回それを適用して使用すると便利です。プロゲストーゲンは全身循環に吸収されず、有害反応を引き起こさない。正常な泌乳の回復後、薬は推奨されません。

乳房静止を伴うヨウ素メッシュは、外傷を受けた皮膚の外傷領域がなく、炎症の兆候がない場合にのみ使用することができる。乳輪と乳頭領域にヨウ素を塗布しないでください。一般的に、そのような方法の使用は、たとえ早期に症状が現れなくても、アレルギー反応が存在する可能性があるため、いくらか不公平である。

乳酸抱合を伴う軟膏は、局所作用および顕著な効果のために使用するの便利である。血液循環およびリンパ流を改善するために使用され得る多くの異なる薬物が存在し、したがって、浮腫が除去され、ダクト内のミルク停滞の凝縮領域が解決される。すべての軟膏は、乾いた肌に適用し、乳頭と乳首の領域を避けてください。

乳房静止を伴うメノバジンは、重度の疼痛症候群および皮膚のかゆみに使用することができる。薬物の組成にはアルコール、メントール、麻酔薬、ノボカインが含まれているため、薬物の鎮痛効果が明らかになります。それは症候性剤として使用することができるが、治療の主薬として使用することはできない。乳房のマッサージと理学療法の手順を組み合わせることができます。ノボカインに対するアレルギーがある場合は、軟膏を使用することはできません。

軟膏を含む軟膏Vishnevskyは、局所刺激作用および抗菌作用を有する。薬物の組成にはフェノール、キシレン、その他の成分とアルコールが含まれているため、乳酸抱合の使用は薄い皮膚を刺激する可能性があります。したがって、この軟膏は極端な場合には注意して使用することができます。この軟膏を使用して、他のゲルや他の成分との組み合わせを調製することができます。

Levomekol軟膏は、彼の体に悪影響を及ぼすことがあり、子供を養うために継続しながら、抗生物質クロラムフェニコールを含んでいるようlactostasisでは、一部の医師は、使用することをお勧めしません。したがって、この治療法を使用する場合は、乳児の栄養を排除してミルクを表現する必要があります。

軟膏を含む軟膏Arnikaは、正確かつ系統的な使用で非常に良好な効果を有する。この薬物は、減量効果を有するホメオパシー軟膏であり、鎮痙性、脱感作性である。また、薬物は乳酸生成プロセスを活性化し、ダクトに沿った乳の放出を刺激し、したがって正常な泌乳が回復する。治療の開始時に、軟膏は1日5回まで、次いで1日3回まで使用することができる。

乳酸抱合におけるTroxevasinは、しばしば複雑な治療および症状の撤回に使用されます。この薬剤は小さな毛細血管および静脈に作用し、乳房からの静脈流出を改善し、浮腫を軽減し、乳製品の動きの正常な機能を回復させる。1日2回適用する必要があるゲルの形で使用してください。

Lyotonはまた、乳房停止において、微小循環を改善することによって作用し、抗炎症効果も有する。また、1日2回使用する必要があります。

乳酸抱合を伴うイチチオール軟膏は、二次感染を予防するという症状的かつ予防的な目標と共に使用される。それは抗菌効果を有し、乳房抑制に対する乳腺炎の発症を防ぐのに役立つ。局所的に適用されると吸収されないため、赤ちゃんへの影響は最小限に抑えられます。

特に授乳中の母親の栄養食がすべての栄養素を十分に提供していない場合、乳酸摂取の治療のためのビタミンは複雑な治療に使用することが推奨されています。ストレスの多い状況や食事が不十分で乳汁分泌停止が引き起こされた場合は、ビタミンの使用は必須です。この場合、Vitrum、Supradin、Undevit、Quadeviteなどのマイクロエレメントと組み合わせて複雑なビタミンを使用することをお勧めします。 

理学療法的治療

乳房静止の理学療法的処置は、腺の血管および実質にその活性効果があるため、非常に良好な治癒効果を有する。そのような処置の主な効果は、腫れ、痛みおよび炎症を緩和するリンパの流れおよび循環を改善することである。あなたは、多くの方法を使用することができますが、そのような治療法に対する禁忌がない場合。主な禁忌は、急性乳腺炎、乳腺症、悪性腫瘍または著しい温度反応による感染の疑いである。しかし、いかなる物理療法処置も、急性過程を排除するために超音波検査の後にのみ実施されるべきである。

乳房整復術を行ったダーソンバルは、無視された症例の治療のための非常に良い治療法です。Darsonvalは、センサーの助けを借りて、高密度化された乳管の領域に作用する投与されたパルス電流の使用を伴う方法である。これは、電流の機械的、熱的および物理的影響を明らかにし、圧縮された領域の再吸収をもたらす。

乳房静止を伴うUHFは、患部へのビームの直接的作用に起因する指向性効果を有し、主に熱効果を明らかにする。これにより、リンパ排液が改善され、腫脹が除去される。治療のためには、8-10の手順の全過程を通過する必要があり、その持続時間は小さく、不快感はほとんどありません。

乳房静止を伴う磁気療法は、より重大な効果を有する高強度のパルス磁気療法を優先的に使用することもできる。

乳房の実質に深く浸透し易い任意の薬物が使用できるので、乳房停止における電気泳動は非常に効果的な治療方法である。電気泳動は、薬剤が張力の影響下でイオンで皮膚に浸透する方法である。この場合、Magnesia、Dimexide、Malavitなどの消毒剤、抗炎症薬を使用できます。これはその効果を加速し、これらの薬物の効果を改善する。

自宅での乳酸抱合の治療

乳酸抱合は、単純な方法で対処できる良性のプロセスであるという事実を考慮すると、家庭での乳酸抱合の治療は、投薬の使用でかなり頻繁に使用することができます。そうすることで、利用可能な多くのツールを使用して、効果が得られます。

乳房抑制のための圧縮は、医薬品だけでなく、手元にある家庭で利用可能なものからも使用することができる。この場合、それらは薬用植物と組み合わせて使用することができる。

乳房静止を伴うアルコール圧縮は、加温効果およびリンパ流の正常化のために微小循環を改善する。しかし、子供のためのそのような圧縮の可能性のある害について忘れないでください。調理するには、アルコールを摂取し、ガーゼを濡らし、アロエジュースを加え、圧縮して適用する必要があります。

ラクトスタシスを伴うカンファー圧縮も、温暖化効果と強壮作用を有する。しかし、樟脳は子供に頻呼吸を引き起こす可能性があるか、強い噴出効果のために単に乳房を放つことができるので、赤ちゃんにさらに餌を与えるのを避けるべきです。

乳汁凝固を伴うキャベツの圧縮は、非常に一般的な家庭療法である。キャベツの葉は、いかなる外傷においてもその抗浮腫効果が知られており、この場合には局所循環を回復させ、牛乳の流出を改善する。圧縮を準備するには、頭の中央からキャベツの葉を取って、それを温水ですすぎ、胸の上に置いて、上にリネンを固定する必要があります。この圧縮は夜間に行うのが最適です。

ラクトスタシスを有するハチミツは、幅広い作用範囲および多くの有用な成分を有するため、ツールとして使用することもできる。ハニーケーキを使用することをお勧めします。これを行うには、半固体の状態で蜂蜜を取って、それの小さなケーキを作り、それをあなたの胸に置く必要があります。このような圧縮物は、上から覆って食品フィルムとする必要があり、これにより温暖化効果が改善される。治療期間は少なくとも1日2時間です。

乳糖固定化ビートはまた、代替治療の手段として使用することもできる。圧縮するには、1つのビートを取って、それを激しく擦って胸に付け、ガーゼを塗る必要があります。そのような圧縮を約20分間維持すると、そのような圧縮の抗炎症効果が発現する。

乳製品の牛乳およびコテージチーズは、乳房整復術の家庭薬としても使用されています。調理するには、温かいミルク50ミリリットルをとり、それに大さじ1杯の塩を加えます。乳房の皮膚に損傷がない場合は、この溶液をガーゼで塗布する。高血圧のミルク溶液は数時間で腫脹を除去することができます。curdは圧縮としても使用されます。

乳房停止を伴う乳房ポンプは、必ずすべての薬剤および代替手段と組み合わせなければならない。結局のところ、ミルクダクトを通じたミルクの流出を改善するだけでなく、停滞しているミルクを排除し、さらなる感染源となる可能性があります。そのような乳房ポンプの使用は、指示に従って正しいはずです。これをマッサージと組み合わせることはとても良いことです。

Lactostasisでのマッサージは、筋繊維の乳管を緩和収縮を刺激し、したがって、これらの繊維を改善し、乳管からのよりよい区別ミルクを減らし、その後、授乳自体を改善します。したがって、乳房の凝縮部位をマッサージし、これら部位からの乳の流出を正常化することができる。また、マッサージは、胸部からの血液循環とリンパ排液を改善し、胸部の腫脹を取り除きます。この方法の結果は、マッサージのすべての成分の正確さおよびその後のミルクの発現に依存する。どのように乳房停止と乳房をマッサージするには?まず第一に、痛みや外傷を避けるために動きはきちんとしているべきです。この手順の技法は、スムージング、ラビング、正確なスムーズな動きでの混練を使用することです。2本の手の指は、上から乳首までマッサージする必要があります。そのような動きは、ミルクの動きの方向に正確にミルクの流出に寄与する。次に、腋の下をリンパ排水の場所に向けて撫でて過ごす必要があります。そのようなマッサージの後、必ずミルクを表現しなければならず、胸の暖かいウォーマーを置くことができ、筋繊維をリラックスさせ、血液の循環を改善します。マッサージのコースは、1週間に2回、1日に行うべきです。そのようなマッサージを行うには、その効果を補完する圧縮剤および治療用軟膏の使用後に行うことが推奨される。

家庭での乳糖摂取の治療は、様々な薬物の正確で包括的な使用によって成功することもできる。

ハーブを用いた乳製品の治療

ハーブからの圧縮物の使用は、局所的な作用だけでなく、全身への影響、鎮静効果によっても非常に良好な効果を有する。これは、神経興奮性の上昇を正常化し、睡眠を改善し、これにより血液中のプロラクチン量を増加させるのに役立つ。ハーブの多くの輸液を使用し、圧縮する。

乳酸抱合を伴うアルニカは、乳房組織に対する指向性のために非常に良好な効果を有する。この植物は、温水でそれをチンキすることによって圧縮として使用することができます。影響を受ける地域に圧縮を適用することによって、朝と夕方に治療を行うべきである。

乳脂肪抑制を伴うカモミールは、鎮静剤の代わりに圧縮剤として使用することができます。カモミールは、皮膚に浸透し、乳管の弛緩を伴う泌乳プロセスを正常化することができる多くの有用な脂肪酸を有する。圧縮を準備するには、草を盗んで現在から圧縮する必要があります。蜂蜜の使用と並行して摂取することができます。

鎮痙作用を有するセージは、その鎮痙効果のために、また、血管内の圧力を低下させ、炎症組織の部位からの血液の流出を改善する特性のために使用される。圧縮を準備するには、セージの葉を少量の水に注ぎ、何日も何度も適用する必要があります。

ホメオパシー

乳房静止治療のホメオパシーは、複雑な治療に使用することができ、子供への影響を最小限に抑えることができるという利点があります。乳酸抱合の治療におけるホメオパシー療法の効果は、局所形態の薬物を使用する場合により顕著であるが、全身性の薬物も適切な希釈で使用することができる。

Acidum nitrikumは、無機起源(硝酸塩)のホメオパシー治療薬です。この救済策は、乳腺の局所血液循環を改善し、特に乳頭と乳房の圧痛を解消するのに有効である。この薬物は、ホメオパシー顆粒の薬理学的形態で放出され、7回の顆粒を1日2回投与される。予防措置 - 妊婦を治療する場合は、医師に相談する必要があります。薬物の副作用は、歯の粉砕および口中の金属味の形態で可能である。

Pulsatilla compositumは、自然起源のホメオパシー治療薬です。この治療法は、植物が乳汁の活性放出を刺激するので、泌乳を改善するために好ましい全身療法である。薬物は、アンプル中のホメオパシー溶液の薬理学的形態で放出され、乳糖摂取量は、ティースプーンの半分で1日2回投与される。副作用は一般的ではないが、椅子の違反、消化不良症状やアレルギー反応だけでなく、初めて胸の拡大および線量の低減を必要と強力なミルクの到着を経験することができる発生する可能性があります。予防措置 - 子宮内の急性過程に薬剤を使用することは不可能です。

ベラドンナは、筋繊維中のコリン作動性受容体の遮断のために非常に顕著な鎮痙効果を有する一成分製剤である。乳房抑制の治療のためには、特に浮腫や胸部の重さ感に有効な軟膏を使用することが推奨される。

局所的なホメオパシー療法として、ArnicaおよびTraumeel軟膏からの軟膏が使用される。これらのツールは、数回の使用後に高い効率と最小の害を示します。トラウメル軟膏は、1日5回、さらに3回まで使用することができます。

外科的治療

乳房静止の手術的治療は、合併症の発症においてのみ使用することができる。それが感染症と化膿性の乳腺炎と膿瘍の発生の問題であれば、外科的処置を用いるべきである。また、緩徐かつ長期間の治療を伴う乳酸抱合は、ガラクトオコールの形成につながる可能性がある。それは嚢胞であり、内部には拡大した乳管が形成され、その内部には上皮が内張りされ、牛乳が含まれる。このような嚢胞は、さらなる摂食のプロセスに著しく違反し、膨張する可能性があり、外科的処置も必要となり得る。合併症のない正常乳房静止では、そのような病理の外科的処置は必要とされない。

このプロセスは、母親にとって不快で痛い感覚を伴い、乳児の正常な栄養状態を損なうため、乳汁分泌の治療は必須である。薬用軟膏、圧縮、錠剤、およびフォークのような、多くの治療薬があります。治療法の選択は女性自身に依存していますが、乳房の栄養補給とケアの一般的なルールを忘れるべきではありません。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

閉経と乳腺の変化:痛み、腫れ、燃焼、締め付け、チクチク

閉経が始まると起こる女性の体の再構築の徴候のうち、閉経を伴う乳腺の変化でもあります。

新生児の乳腺
新生児の乳腺は、子宮内および出生後に特別な方法で発達するので、生理学的過程の特徴および疾患の発症の発症を区別することは非常に重要である。
乳房切除後の乳腺の再建は、乳房の外観、体積の損失、サイズおよび形状を回復させる目的で行われる。

The latest research relating 乳房静止の治療

ブラジャーがなければ、女性の胸がきれいに見える
フランスの科学者は、このワードローブアイテムは以前は過大評価されていたので、女性はブラジャーをあきらめる必要があると言いましたが、実際にはより良い害を身体にもたらします。
フランスのヘルスケア製品の衛生管理機関(Afssaps)は、乳房増強のためのヒアルロン酸注射の使用を禁止した

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.