^

健康

気管支炎の歩行:有益か害ですか?

多くは、咳や発熱を伴う呼吸器疾患は、温かいお茶と暖かく、居心地のよい部屋で、病気の時代に自分自身を投獄するために、そして病気が後退しなくなるまでそれを残していない口実であると考えています。どのようにこの動作が本当であるか、この記事を理解しようとしましょう。同時に、気管支炎で歩くことができるかどうかについて議論する。なぜなら、この病理では咳と気温が通常の症状であるからです。

気管支炎とその特徴

気管支炎は、成人と幼児の両方に等しく影響を及ぼす病理の群を指す。彼にとって、性別や国家の違いはありません。だから、私たちの誰もが気管支炎になることができます。

この病気は、気道内腔に蓄積する粘液および痰の放出を伴う、気管支内の炎症プロセスの発症である。この病態における咳は、呼吸に対する干渉に対する身体の生理的条件付け反応である。したがって、空気の流れによって、気管支に蓄積した粘液を外部に押し出して、気管支および肺の空気循環を促進させようとする。

気管支炎の咳で闘うことは、身体が気道をきれいにする作業を行うのに役立つ去痰薬でのみ行うことができます。

気管支炎は急性または慢性の形で起こりうる。最初の症例では、疾患は約3週間続き、再発の可能性は年に数回あります。2回目には、最大3ヶ月間の回復が遅れることがあります。このケースでは、疾患の再発はずっと少なくなります。

閉塞性気管支炎と呼ばれる特殊な形態の呼吸器系の病態もある。このようなタイトルは、彼女が原因疾患は、換気のプロセスを妨げ、原因気管支内腔の狭小化に気道粘液から分泌気管支の重要な妨害があるという事実に受け取りました。この病理は、しばしば、急性(小児ではより一般的)および慢性(成人では特徴的)の両方の病期の鈍い経過を特徴とする。

気管支炎の原因は、呼吸器感染症および非感染性の他の因子の両方であり得る。

病気は、特に幼稚園や学校では、感染が短期間に広がる子供の間でかなり広がっています。しかし、成人はそれから免れません。この疾患の急性経過はしばしば重度の咳および温度の上昇を伴い、人々を長期間病院に留まらせる。このような長期間の隔離は、明らかに疑問を引き起こすことはできません。気管支炎で歩くことが可能であり、危険な合併症を引き起こすことなくそれを行う方法はありますか?

大人の気管支炎と新鮮な空気の中を歩く

大人の働く人々は、倦怠感や咳にもかかわらず、病気のリストに座って仕事に行くのが好きではありません。空気中のこのような散歩はほんの一例であり、他のものではこの病気の合併症を引き起こす。その理由は何ですか?また、成人は一般的に気管支炎で歩くことができますか?

医師はあなたが診断書を閉鎖することによって、これを行うことを許可しませんしながら、気管支炎の急性期の治療と企業や組織における職場などの公共の場所を、訪問は、互換性がないことを、まず始めに。

野外での散歩は、どんな病気にもつながります。換気が不十分な部屋にいると、塵や空気中の孤立した部屋の感染(病気の感染症)が早期回復に寄与しません。気管支炎では、それとは反対に、重度の咳の発作を引き起こす可能性があります。

頻繁にアパートでは、空気の湿度が低いなどのような状況もあり、炎症を起こした気管支をさらに刺激し、より多くの痛みを伴う攻撃を引き起こします。しかし、部屋の中の湿った空気でさえ、新鮮で冷たい、適度に湿った空気の外に患者の状態を緩和することはできません。

新鮮な空気だけでなく、肺に積極的に血液の循環を刺激し、気管支に収集し、より良い吐き出す粘液に役立ちますが、またすぐに病気に対処するため、将来的にその再発を防止するために支援し、免疫システムを強化することです。

子供が気管支炎で歩くことは可能ですか?

この質問は、世話をする母親が心配していることのほとんどで、子供たちが正常な発達のために新鮮な空気がどれくらい必要かを理解していますか?しかし、通りを歩くことの重要性を理解することは、病気の赤ちゃんがいる母親に特有の注意を防ぐものではありません。しかし気管支炎の強い咳や気温は、子供になると医学において最も先進的な女性でさえも混乱させる可能性があります。

そしてここで気管支炎で空気中を歩くことは大人以上の子供にとって有用であることを理解する必要があります。それは、大小患者、病気の段階、気象条件の状態に頼って、この場合にのみ注意する必要があります。

定期的または定期的に気管支炎に苦しんで子供たちと一緒に歩く時に注意しながら、あなたは簡単に薬なしで痰を取り除くためにつながる肺や気管支の新鮮な空気を刺激し、子どもの状態に有意な改善を達成することができます。そして、医師が処方した特定の合成薬の有害な影響から赤ちゃんを守ろうとする、母親が望むものではない。子供の生物がすべての力で彼らを助けるならば、そして痰を希釈する薬草の作用は、より強くなります。

子供が非常に小さい場合、小児科医がそれを前進させるときにのみ、新鮮な空気を歩くことができます。2歳未満の子どもたちと歩いたり、病理の急性期であっても、身体の免疫系の形成が不十分なため、回復過程を遅らせることができます。この場合、子供の状態と屋外での滞在の安全性の程度を評価する専門家を信頼する方が良いです。

気管支炎でいつどのように歩くことができますか?

新鮮な空気中を歩くことは、他の不快な症状の出現を誘発しなかったし、すでに存在している気管支炎の症状を改善するためには、いくつかの点を考慮する必要があります。

したがって、気管支炎で通りを歩く反対の徴候は役立ちます:

  • 疾患の最初の2または3日、症状が特に顕著な場合(急性期の開始)
  • 重度の衰弱と倦怠感、
  • 身体の温度が上昇し(37度以上)、病気で様々な合併症を引き起こすだけです。
  • 気管支炎がアレルギーであれば、開花期(4〜5月)や夏〜秋にアレルギーの発症を引き起こす可能性のある花を放棄しなければならない。
  • 気象条件が悪い(非常に寒い空気、咳、風雨、雨天の原因)。歩くことは望ましくなく、中空のポプラの毛羽立ちが活発になり、呼吸のプロセスが複雑になります。

それが可能とさえ必要である:質問それは冬、秋や春先に気管支炎のために歩くことが可能であるかどうか、とき遠く疾患最も快適な一つの可能な答えで見かけ室温、下記の周りの空気と懸念している人のために。この場合の唯一の条件は、周囲温度で沈殿することなく-10より低い比較的穏やかな天候ではない 10度と湿潤空気へS.霜が気管支炎に害を与える可能性は低いが、高い確率で新鮮な空気を呼吸することができないことは不利な幸福に影響を与えることができ患者。

秋は、一般的に信じられているように、雨が降っています。これは、この時期に子供が病気になった多くの両親の恐怖が原因です。子供が気管支炎で秋に歩くことは可能ですか?冷たい湿った空気の吸入は、赤ちゃんの状態を悪化させますか?しかし、もしそれが外に雨が降ったら?

これらの質問はすべて理解できます。なぜなら、秋は常に猛烈な呼吸器疾患で私たちを怖がってしまったからです。そして、天候が濡れているときに拾うための合併症は簡単です。

それにもかかわらず、医師は秋の散歩は子供にとっても役に立つと考えています。ただし、これは成人に適用されます。空気中の水分は痰の排出を促進し、冷気は肺や気管支の血液循環を刺激し、粘液の粘性を低下させます。そのような散歩は、暑さのために常に低温よりも危険ではない過熱しないように、日陰に絶えずいる必要がある夏のものよりも有用である。

ちなみに、1年中いつでも散歩はゆったりとしていなければなりません。急性期の気管支炎の子供のためのアクティブなゲームは禁忌です。そして、この期間中の大人は、身体活動やスポーツ活動に関与しないようにしてください。野外でリラックスする機会を身体に与える必要があります。

雨や風の多い天候は気管支炎で歩くのに適していません。この場合、スプレーガンを使用して部屋の空気を制限し、加湿する方が良いです。

天気の良い日、特に病気の開始時には、症状が悪化するにつれて短い散歩から徐々に症状の持続時間を長くすることから始まり、慎重にする必要があります。

急性気管支炎で歩くことは可能ですか?風が吹かない天候では、通常の健康状態と温度の不在下で可能です。閉鎖された部屋に3週間(そしてそれ以上)座ることは不可能です。免責は何でしょうか?はい、閉鎖された空間の中に長期間滞在した後の気分は著しく減少し、回復の希望が消えています。

歩行を控えることは、病気のために歩くことを望んでいないほとんどの場合、病気の最初の日にのみ起こります。

閉塞性気管支炎と空気中を歩く可能性

閉塞性気管支炎は、気管支に構造的変化があり、喀痰から遠ざかることを困難にする、気管支肺系の病理学の特別な、かなり重度の形態である。この場合、異なる年齢の患者が観察される:

  • 喘鳴を伴う粘液の分離が困難な強い咳、
  • 息苦しさは、最初は肉体的な努力の結果として現れ、そして休息の状態でも徐々に一定の迫害された患者になり、
  • 弱い免疫力のバックグラウンドに対する体温のわずかな上昇(通常、最大37度と半分まで)
  • 患者がベッドから出ようとしている午前中からでも疲労の不合理な疲労が感じられます。
  • 重度の病気で窒息の攻撃。

呼吸器系のこの状態の原因は、治療手段が不十分であるかまたは全くない感染症、喫煙、悪い生態学であり得る。この場合の危険因子は、肺系の感受性の増加およびアレルギー反応、遺伝性への傾向である。

疾病は、若者の免疫よりも免疫力が弱い小児および高齢者に起こり易い。

病気の症状や特性の研究は、私たちは考えさせる、すでに深刻な病気の新鮮な空気と悪化を誘発しない場合は、閉塞性気管支炎で歩くことが可能であるかどうか?

医師は、正常および閉塞性気管支炎の場合と同様に、最初の2〜3日間のみベッドレストを処方します。残りのすべての時間、温度の不在下で、患者は移動しなければならない(当然、多くの活動を伴わずに、これにより体の激しい汗および冷却を伴い、)新鮮な空気の治療部分を受けなければならない。訓練や教育機関に参加し、急性気管支炎の患者の状態を悪化させたり、空気中の小滴による感染の広がりを促進したりすることができないため、急性期に仕事に行くことはできません。

10-15分後に歩行を開始するには、徐々に1時間に延長します。天気の良い日には、1時間半ほど歩くことができます。歩行は、毎日1回、好ましくは1日2回行うことをお勧めします(夏には、太陽が最も活発でない午前と夕方に行う方がよい)。

水の上での休息や病気の時の日光浴は、(少なくとも完全な回復まで)延期されなければならず、健康な生物にとってのみ有用な様々な硬化手順が必要となる。その間に、身体の酸素供給からの生命の恩恵を受け、自然の美しい風景を熟考しながら、静かな散歩に自分自身を制限する方が良いです。

歩行は、道路、工業施設、公共施設から離れた公園区域で最も適しています。あなたが本当に呼吸すれば、きれいな空気、そしてスモッグやほこりはありません。

子供との歩行中に、感染の伝染の可能性があるため、他の子供とのコミュニケーションから彼を保護する必要があります。これを行うには、子供が遊ぶのが大好きな遊び場から遠ざける方が良いです。これは、子どもたちの会社でアクティブなゲームを開始する傾向があるという意味でも便利です気管支炎の子供たちが禁忌ながらということ(子供が子供である、実行するために誘惑に抵抗ジャンプ、転倒することは困難です)。

気温の上昇なしに気管支炎で歩くことができるかどうかという疑問については、明確な答えはありません。患者が十分に気分が良いのであれば、新鮮な空気の中を歩くだけで彼に利益がもたらされます。患者の健康状態が非常に望ましい状態になると、免疫力が著しく弱まることに伴う体温の不足が生じる可能性がある。この場合、気分が良くなるまで歩行を延ばす必要があります。

しかし、閉塞性気管支炎の最も重要なことは、医師の任命を無視しないことです。気管支からの痰の液状化および排泄を促進する薬剤が処方されている場合、それらを屋外散歩に置き換える価値はない。新鮮な空気は体を病気と戦うのに役立ちますが、治療薬ではありません。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

我々はすぐに注意してください:これらの質問には明確な答えはありませんが、伝統的には、多くの人が炎症に関係しない特定の病気に有用なものと考えています。そしてこの要因は、その浴が気管支炎に有用かどうかという点で決定的なものです。
人体の気管支は気道の役割を果たす。これらは、空気がいわゆる呼吸部門に入り、暖かく湿っていて消滅する方法です。
気管支炎の咳は重大な問題であり、強制治療が必要です。咳は、病気のときと完全な回復の後の両方で、人を邪魔することがあります。これは、物理的なだけでなく、心理的な不快感ももたらします。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.