^

健康

You are here

ピンクの苔からの軟膏

ピンクの苔(ピンクピリアント、ジベラ下痢)は、一般的な皮膚病であり、複数の淡いピンク色の鱗片状のパッチと直径1センチメートルまでの母体プラークの特徴を有する。

この病気の原因物質は定義されていません。おそらく、それは6型または7型のヘルペスウイルスであり、感染性アレルギー状態が可能である。ピンクの苔は本来季節性であり(春〜秋)、免疫系の保護機能が弱まるウイルス性疾患に罹患することが多い。40歳までの小児および成人は、ピンク色の瞳孔症を発症する可能性がより高い。女性では、ピンクのかたまりの出現は男性よりも頻繁に起こります。病気の期間は1〜6ヶ月です。ピンク色の苔癬の治療中に病原性叢の関与を避けるために、抗菌治療がしばしば用いられ、広範囲の抗菌薬を含む軟膏、クリーム、エマルジョンが使用される。

すべてのケースにおいて、ジベルラを奪う疑念が必要な場合は、皮膚科医に相談してください。

この疾患の長期かつ重度の経過とともに、患者はコルチコステロイドホルモンで処方された軟膏になる。ピンク色の痛覚過敏症のアレルギー症状を排除するために、抗ヒスタミン剤を処方することが推奨されています。これは、タブレット型またはドロップ型の放出の形で行われます。

妊娠中に使用する ピンクの枯渇からの軟膏

病気の最初の徴候が検出された場合は、皮膚科医に直ちに連絡しなければなりません。治療の方法、方法および手段は、流れのタイプおよびプロセスの無視の程度に応じて、専門家によって選択される。妊娠期間中に承認された抗ヒスタミン剤の刺激やかゆみを取り除くため。胎児の生命や健康への脅威がない場合は、次のことをお勧めします。

ビタミン、ビタミン錯体の選定、および不整脈性軟膏の使用; この場合の最高の薬は、新鮮な空気、良い気分、肯定的な感情と適切な栄養で歩いています。

投薬および投与

ピンク色の瞳孔症の治療中に最も一般的に使用される薬物は、

Oletetrine軟膏。この薬は、様々な起源の皮膚科学的感染症の治療に使用され、ジベルラ撲滅の治療の主薬でもあります。広範囲の作用オレトレイン(オレアンドマイシン+テトラサイクリン)の抗菌性調製物は、剥離スポットへのさらなる細菌叢の添加を排除し予防するのに好ましい効果を有する。

副作用として、使用過程において、蕁麻疹が可能である。オレトレチン軟膏の使用に対する主な禁忌は、妊娠期間および8歳未満の子供の年齢である。治療のサイクルは14日以上続きます。

アシクロビル。抗ウイルス剤。それは外部から適用されます。薬局では、処方箋なしで販売されています。ウイルス性病因と思われる最も感染性の皮膚科病変の治療に使用される。

禁忌は、薬物の有効成分に対する感受性の増加である。アシクロビルは、影響を受ける皮膚領域で1日5回治療する必要があります。治療のサイクルは7日から14日間続きます。

ヒドロコルチゾン軟膏。有効成分はグルココルチコイドホルモンである。抗浮腫性および抗滲出性の特性を有する。炎症やかゆみを軽減します。ピンク枯渇の影響を受けた地域では、1日2回適用されます。治療期間は14日を超えてはならない。

Sinalar。軟膏は、抗phlogistic、antiexudativeと抗アレルギー性の特性があります。ジベラ皮膚領域の患部に1日2〜3回塗布する必要があります。治療のタイミングは、疾患の重症度に応じて医師によって決定される。

プレドニゾロン軟膏。主な有効成分はグルココルチコステロイドホルモンである。それは、鎮痛作用および創傷治癒特性を有する。この調製物は、ピンク色のピピアリア症のスポットで1日2回または3回治療される。治療のサイクルは14日以内です。

軟膏Lorinden A。相乗的な準備。グルココルチコステロイドとフェノール酸を含んでいます。抗phlogistic、抗浮腫、抗アレルギー効果があります。ロリデンAは、赤芽球の発現を有意に減少させる。皮膚の患部の治療の初期段階において、軟膏は1日2回または3回適用される。プラークのサイズおよび数の減少により、治療の頻度は1日2回に減少する。最大治療期間は14日間です。

軟膏Flucinar。主な有効成分はグルココルチコイドホルモンである。苔状プラークで覆われた皮膚の表面上の赤芽球の発現を排除します。軟膏は、抗phlogisticおよび鎮痒効果を有する。ピンクの患部に1日2回、14日以内に塗布する。

パスタLassara。活性成分は、フェノール酸および亜鉛である。組み合わせた防腐剤。軟膏は、抗菌性、霧防止性および乾燥効果を有する。皮膚の色がより均一になるように、ピンクが枯渇する変色した斑点。薬を1日1回または2回投与する。Pasta Lassaraはホルモン療法と組み合わせることができます。

Tsindol。活性物質が亜鉛であり、殺菌性と乾燥効果を有する懸濁液(ボレ)である。Cindolは、抗phlogistic、抗アレルギーおよび抗菌効果を有する。この懸濁液は、1日に2〜3回、苔漿プラークに適用される。

ロドキソール軟膏。抗phlogisticと抗菌性の特性を併せ持つ薬剤。この軟膏は、1日に1〜3回、患部に塗布されます。治療期間は7〜21日です。

亜鉛軟膏

皮膚保護剤を指す。亜鉛軟膏は、軟化および保護効果、抗炎症、滲出防止および乾燥効果を有する。

活性物質は酸化亜鉛である。補助物質 - 軟白パラフィンまたは石油ゼリー。

缶やチューブに10%の亜鉛軟膏が作られています。

Fermacodynamics。酸化亜鉛の存在は、薬物の保護および乾燥特性を決定する。活性成分とワセリン成分の相乗作用は、皮膚に保護絶縁を形成し、刺激剤の作用を減少させ、影響を受けた領域で新たな発疹を予防する物理的障壁を作り出す。

使用の適応症には、以下の皮膚病があります:ピンクの苔癬、湿疹、膿皮症、皮膚炎、中耳、圧痛、発汗。

Unguentum Zinciは独占的に外部で使用されています。清潔な肌に薄い層を1日2回または3回塗布してください。治療のダイナミクスおよび疾患経過の性質に依存して、亜鉛軟膏による治療サイクルの持続時間は医師によって個別に決定される。

この薬は耐容性が高い。過剰使用の場合の過剰摂取は検出されない。長期間の使用で生じる副作用は、表皮の上層の刺激です。薬物Unguentum Zinciへの過敏症、アレルギー症状は、かゆみ、燃焼、発赤の形で、軟膏のアプリケーション領域で発疹。使用を中止した後、すべての有害作用は消失した。目の軟膏との接触を避ける。感染した創傷表面を開くために薬物を適用することは禁じられている。

亜鉛軟膏は、表皮の様々な層の急性の滲出性病変ならびに薬剤の成分に対する患者の身体の感受性の増加には禁忌である。

他の薬物やアルコールとの相互作用は研究されていません。Unguentum Zinciが他の薬物および医薬品の成分の薬物動態および薬力学的特性に及ぼす影響の証拠はない。

保管条件 - 気温が15℃を超えないように直射日光が当たらない場所で保管してください。子供の手の届かないところに保管してください。

他の薬物との相互作用 - 同定されていない。

賞味期限は70ヶ月です。有効期限後に亜鉛軟膏を塗布することは推奨されません。製造日と保管の終了日は包装に記載されています。

硫黄軟膏

炎症の病巣を排除し、抗滲出効果を有する。薬局方軟膏は、2ヵ月未満の小児、妊娠中または授乳中の女性、すなわち強力な薬物を使用することが禁じられている患者のグループで安全に使用することができます。

「硫黄軟膏」の特徴は、その使用が乾燥した皮膚を引き起こさないことである。これは非常にまれです。Unguentum sulfuratumはほぼ完全に安全です。

主な副作用は、アレルギー症状として現れることがあります - アプリケーションの分野での発疹やかゆみ。薬物の使用に対する禁忌は、その成分に対する感受性が高まる。

妊娠中の女性のピンクの苔癬の治療には、硫黄軟膏が使用できます。薬の使用は医師の任命後に可能です。軟膏の使用にも負の側面があります。調製には、ベッドや下着を汚す可能性のある特定の臭いがあります。治療中は、中古の衣類や古い寝具を使用する方が良いです。

使用方法。苔癬斑が完全に消失するまで、頭皮を除いた患部を2〜3倍の周期性で処置する。

薬物動態。一旦皮膚に着ければ、硫酸軟膏の成分は有機起源の物質と接触し、抗菌および消炎作用を有する様々な硫化物を形成する。創傷治癒効果を有する硫化物のために、損傷した皮膚領域の完全性の再生および回復が刺激される。

軟膏は、25グラムの暗いガラスのバンクまたは40グラムのチューブで生成され、活性物質の含有率は10%および33.3%である。

子供の手の届かない、冷暗所(15 -標準ストアド元のパッケージにCを)。凍結にさらさないでください。

棚寿命 - 24ヶ月。有効期限の最後に使用することはお勧めしません。生産日と使用終了日は、元のパッケージに記載されています。

ピンクを奪う子供の軟膏

小児におけるピンク色の瞳孔症の治療のために、グルココルチコイドを含む軟膏がしばしば使用される:フルオロケート、フルシナール、ヒオキシゾン。以前は、さまざまな薬を処方するには、小児科医や子供の皮膚科医の診察が必要でした。医師は、病気の経過の重篤度を評価し、適切な治療法を処方することができます。合併症のないピンクの苔癬のコースでは、特別な治療は必要ありません。病気の予防のためには、子供の免疫を絶えず強化し、個人衛生の規則を遵守する必要があります。それは、硬化、身体運動、屋外での歩行に役立ちます。完全で正確でタイムリーな栄養が必要です。

ピンクの苔からの効果的な軟膏

ピンクの苔の場合、薬局のチェーンに散らばっている多くの軟膏剤を使用することができます。効果的なのは、ヒスタミンの放出を阻止する特性を有する医薬品である。結局のところ、ジベラの欠乏で、それはかゆみを引き起こすヒスタミンです。

この疾患の治療中、有効成分がコルチコステロイドホルモン(ヒドロコルチゾンおよびプレドニゾロン)である懸濁液、軟膏、ゲル、クリームが使用される。

消えた形態のピンク色の苔癬では、細菌感染の付着を防ぐために抗菌剤が使用される。

さらに、ピンク色の瞳孔症の治療において、摂取は抗ヒスタミン薬の中で処方される:

  • "Suprastin"
  • "クラリネット"、
  • ロラタジン
  • "Zodek"、
  • «Erus»。

さらに、皮膚科医は、免疫賦活剤およびビタミン複合体を患者に推奨し、これにより身体がより効果的に感染症と戦うことを可能にする。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

Trichophytosis(同義語:白癬)は、Trichophyton属の真菌によって引き起こされる。結腸および畜生豚の毛嚢上皮症がある。
甲状腺硬化症および萎縮症。原因。症状 診断。治療
リサール硬化性および萎縮性(syn:涙滴強皮症、白斑病、白リキンツンブシャ)。この病気の独立性の問題はまだ解決されていません。
脱毛症の原因となる扁平苔癬の萎縮型
赤色の扁平な苔癬のこのまれな臨床形態は、様々な著者によれば、すべての形態の皮膚病の2%〜10%である。これは、薄いピンクがかったシアン色の扁平でわずかに上昇した丘疹で示され、これは時折リング状の焦点を形成する。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "ピンクの苔からの軟膏" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.