^

健康

モル数の出現の原因

その領域のいずれかで形成され得る体の丘の原因は、表皮の基底層の樹状細胞であるメラノサイトの良性の局所的広がりでカバーされることが一般に認められている。

これらは、紫外線から皮膚を保護し、皮膚の色、髪および目の色素のメラニンを調整する唯一の細胞です。

構造および特性によって、メラニンは、チロシンのα-アミノ酸の多段階生化学的変換の間に得られるUV-濾過バイオポリマーである。色素はメラニン細胞オルガネラ - メラノソームに沈着するが、ケラチノサイトのために皮膚の上層に落ちる。

メラノサイトは一箇所に集積しており、一人の平均数は30〜40である。

大人と子供の大人の主な原因

生物学者と医師による暴行の真の原因を調べるために、多数の生化学的および遺伝学的研究が行われており、実施されている(実施されている)。

同時に、専門家は皮膚が最も重要な多機能臓器であり、その胚は胚発生の過程で、すなわちヒト胚の発生中に生じることを思い起こさせる。

ほとんどの暴力は、人生の最初の20〜30年間に現れ、統計によると、出生時に100人の乳児に1つだけが卵巣を有する。そして、子供の奇形の出現の理由、すなわち先天性母斑(ラット母斑では「卵巣」を意味する)は、妊娠の最初の12週間の胚発生のわずかな欠損と関連している。

神経堤細胞から形成された顔料の製造皮膚メラノサイトは、胚発生のrassosredotochivayutsyaの初期段階において、身体の様々な部分における神経冠の上部(背側)の部分(皮膚及び粘膜の扁平上皮、毛包は、脳のクモ膜組織)に沿っmelanoblast。基底層表皮メラノサイトがメラニンを産生するmelanoblast可能熟成します。欠陥は、メラノサイトの増殖を促進すると考えられている。

これは、その過剰量が形成され、「過剰な」メラノサイトが皮膚の中に均一には広がらず、肌の最上層にネスト、クラスター、島を一緒に集め、そこからも突出することを意味する。

最近の研究では、画像を少し明確にしています。事実、いくつかのメラノサイトは、メラノ芽細胞が腹側から - 神経管の下面に沿って、次いで神経に沿って移動することによって生じる。メラノサイトのこれらの前駆細胞は、末梢神経系および副腎髄質を生じる。したがって、彼らはシュワン細胞の中の神経および軸索の殻に存在し、出生後にメラノサイトを産生することができる。

モル数のメラノサイトが皮膚真皮母細胞(皮膚母斑細胞)に変異しているという科学的証拠があります。メラノサイトのこの変種は、そのサイズ、細胞質容積および芽の欠如(樹状突起)に関して通常と異なる。それらは、通常、真皮の上皮組織への移行の境界に位置し、成熟の程度に応じて、上皮細胞、リンパ球および神経細胞としてさらに分類することができる。リンパ球-彼らが母斑細胞がリンパ節に、さらに形成されている胸腺(胸腺)に貫通し、移動し、免疫細胞を成熟することができると主張しています。

現在までに、それは子供と大人であざの原因の60%は遺伝性の性格を持っていることがわかりました。色素沈着を直接的または間接的に制御する125以上の異なる遺伝子が既に存在する。又はメラニン細胞の分化を制御するこれらの遺伝子の多くは、生合成およびメラノソーム機能に影響を与え、また、上皮ホルモン細胞、成長因子、膜貫通受容体(EphR、EDNRB2ら)、そのようなMITFのような転写因子(の生化学的プロセスの色素沈着および増殖への参加を提供しますSox10、Pax3など)を含む。上記のすべての相互作用は一緒にして、新しいモルの出現の原因を決定します。

ところで、ホルモンについて。妊娠中および糖尿病患者におけるホルモンの変化は、しばしば臼歯の形成に寄与する。子供が育つため、すべての子供とティーンエイジャーの説明、最初のモルのホルモンの原因は、ホルモンおよび生化学的成長因子の活性は、(例えば、SCFは、幹細胞因子)、および皮膚の面積は絶えず増加しています。(具体的に、彼らは脂肪組織の細胞中の副腎皮質および脂質代謝活性におけるコルチコステロイドの生産に影響を与える)メラニン合成を刺激するホルモン - また、成長している生物に非常に活発な下垂体メラノコルチンを生産。

太陽放射の影響下で、メラニンの合成が上昇する(そして、日焼けが現れる時にこれを見る)。これはメラノサイトにおけるチロシナーゼ活性化の結果であり、UVからの皮膚の保護を強化します。いくつかの科学者は、過度の日光曝露は、獲得した臼歯の形成において役割を果たすことができると示唆している。これまでのところ、遺伝的構造と紫外線の全体的な作用との間の相互作用の生体力学は解明されていない。しかし、これがそうであるという事実に賛成して、お尻にげっ歯類が実際に存在しないことは実用的であることを示しています...

首、顔、脇の下の嘔吐の原因

実際には誰もが3つの質問に対する答えに興味があります:

  1. 顔に傷跡が現れる特別な理由はありますか?
  2. 首の臼歯の原因は何ですか?
  3. まぶたの脇の下が出現する理由は何ですか?一般的に太陽が暴露されないような不快な場所ではどうですか?

示された局所化の表皮性母斑の形成に関する臨床皮膚科学に既に知られているものに基づいて、それらに答えるように試みる。

メラノサイトは、基底ケラチノサイトの間におよそ1対10の比率で配置され、メラニンをその細長いプロセス(樹状突起)によって分布させ、また直接的な細胞接触を介して分布させる。あなたが知っているように、表皮の上層の皮膚のケラチン細胞はすばやく互いに置き換えられ、上向きに(皮膚の角質層に)持ち上がってメラニンを取り去り、紫外線に対する障壁を形成します。

(顔を含む)頭部の皮膚に、だけでなく、私たちの体の他の部分に比べて二倍以上首やメラノサイト手:表皮のメラニン量とその細胞の数の異なる部分で同時に異なる作り出します。明らかに、これは、これらの領域がはるかに頻繁に開いており、太陽の光線が最も多いという事実によるものです。

皮膚の温度変化の影響や湿度のストレスだけでなく、恒久的な引張圧縮皮膚顔の表情筋に - 顔にモルの実績のあるバージョンの原因になるまでの中で母斑皮膚細胞を形成する工程は、表皮の細胞で増加代謝を促進するという憶測があります。

加えて、( - 胚発生の間Melanoblast移行上記参照)を直接頚神経叢の神経上記表皮領域における障害の形成およびメラニンの分布に関連した首にモルの出現の理由があるかもしれないという認識があります。これらはモーター、皮膚、および腹部神経の枝であり、これらはループによって接続され、首に位置する(後部、前部および両側)。

しかし、脇の下の浮腫の出現理由は、研究者は、毛球や腺の腋窩の皮膚に汗やアポクリンが存在するのを見る傾向があるということです。しかし、母斑形成の特異的メカニズムはまだ研究されていない。さらに、表皮へのメラノサイトの流れがどのように制御されるかは不明のままであるが、もちろんこのプロセスの調節スキームは存在する。

ピンクと赤のモル数の出現の原因

赤いあざの最も可能性の高い原因は、母斑の「身体」がないだけでメラノサイトはなく、結合組織の表皮細胞、副鼻腔繊維及び血管要素となることができるということです。毛細管肥大に皮膚の血管母斑(あざvascularis)マニフェスト異なるサイズの赤みがかった腫れやスポットを、いわゆる - 皮膚の血管の増殖。

さらに、凝固因子およびビタミンKの不足の原因となることがあり、形成中に部分的に閉じ込められた皮膚毛細管の壁が損傷すると出血が増加する。

皮膚科医によれば、赤臼歯は、自己免疫性関節リウマチまたは全身性エリテマトーデスなどの診断に典型的である。

赤い凸のモルの出現の原因は似ています。従って(褐色モルの場合のように)その「バルジ」は、メラニン細胞は、しばしばかなりdermoepidermalnogo遷移の上方に配置され、粒状及び角質層領域を含む表皮の上層に局在していることに起因します。

赤い臼歯または血管腫も読んでください

ピンクと赤の臼歯の出現の原因は、産生されたメラニンの組成の特徴の影響を排除するものではない。メラニンは、茶色がかった黒色(ユーメラニン)または赤色がかったオレンジ(フェオメラニン)のいずれかです。後者の場合、特に赤毛や天然のブロンドでは、母斑はしばしば淡いベージュまたはピンクです。

ぶら下がったモル数の出現の原因

脚に丸斑が誕生した原因と、首にげっ歯類が浮かぶ原因が完全に研究されていることから、話す必要はありません。この種の表皮母斑の病因の研究には多くの注意が払われているが、

従って、発現される母斑melanotsitnoogoエクリン腺で識別関連付けは、だけでなく、捕捉体モルで(中央モルであってもよい)が、外向きアセンブリにおける出力母斑細胞自体を腺 - エクリンダクト内。

他の場合には、浸潤特徴は、皮内の母斑細胞の分布の線形構造を導く。皮膚の真皮境界および皮膚の乳頭層を越えて、そのような細胞群が表面に浸透し、コラーゲンの繊維間の表皮の一部が拡大する。さらに、皮内の母斑細胞は、足を備えた色素性のドーム状または乳頭状の丘疹(直径1cmまで)を形成することができる。明るい茶色から黒色、白っぽい色、またはピンクがかった赤色の範囲の広い基部を有する軟体動物の形態を有することも可能である。

ハンギングモルはどこでも形成することができますが、股間部の首の領域、脇の下、肌は「好きな場所」です。

最後の十年の途中では、ロンドンのキングスカレッジ(キングスカレッジ)の研究者は、18〜79歳の1200の非一卵性双生児女性を調査し、身体上のモル、より多くのを持っていた人たちは、より強力な骨、T。E.を保有ことがわかりました彼らは骨粗鬆症を発症する可能性は低い。DNAポリメラーゼの端部、アクティブな複製の期間を延長する - また、高齢女性が60以上のモルを持って、皮膚が少ないしわである、と彼らは彼の歳未満だった...それはモル染色体のたくさんの人々が異常に長いテロメアあることが判明しました身体の多くの年齢の過程を押しのけます。

また、皮膚科学者は、時間や原因にかかわらず、表皮性母斑の変化は専門家に言及しています。皮膚癌の発症リスクは十分に高いので十分です。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

彼の体のすべての人は、暗色の色素沈着した斑点 - 臼歯を確認します。いくつかの人々は、彼らは単一であり、誰かのために、大きさと構造が異なる、異なるマーカーの全体が存在する。

モルズのように危険で危険でない変化がどのように見えるのかなぜあなたは知っているべきですか?ほとんどの人には卵巣(メラニン細胞性母斑)が見られるので、臼歯はいくつかのタイプがあり、さまざまなものがあり、そのうちいくつかはこのタイプの皮膚がんを発症するリスクを高める

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.