^

健康

寒さから鼻のスプレー

鼻炎は非常に一般的な病気であり、しばしば小児および成人の両方に影響する。鼻汁は風邪やウイルス性疾患のいくつか、アレルギーを伴うことがあり、また、外部刺激に対する反応として生じる可能性 - などの煙、ほこり、風邪を取り除く手助けするために、任意の薬剤師は、軟膏を削除:.様々な医薬品の多くを提供できるようになります、スプレー、さらには錠剤。しかし、ほとんどの患者は、合理的に風邪のための鼻スプレーは、最も使いやすい剤形であると考えています。

まず、鼻スプレーが投与されます。つまり、薬剤の粘膜への過度の塗布を心配することなく、正確に投与量を計算することができます。第2に、スプレーの形状は、活性物質が鼻腔の届きにくい全ての領域に浸透することを可能にし、これは滴および特に軟膏の助けを借りて達成することができない。そして、第三に、スプレーのいくつかの注射を行うことは、滴を適用するために頭を投げて戻すよりずっと便利です。

しかし、コールドスプレーは異なる作用機序を有することを念頭に置かなければならないため、異なる種類の疾患の治療を意図している。結局のところ、上記のように、一般的な風邪の原因はさまざまです。これは通常、医師の原因であり、得られたデータに基づいて、特定の投薬を指名または勧告する。

適応症 霧からのスプレー

このような薬物の主な用途は、鼻腔内の炎症プロセスにおける呼吸困難を正確に促進するものの、鼻に対するスプレーは、風邪の最初の症状のためだけに処方することができない。もちろん、呼吸能力の欠如は、食欲の喪失、嗅覚の喪失、頭痛の喪失につながります。さらに、患者は、鼻の不快感、くしゃみ、粘液膿性の排出を心配している。

風邪に加えて、一般的な風邪は、アレルギー、SARS、またはほこりや煙にさらされた結果である可能性があります。いずれにしても、呼吸困難および鼻汁の排出は、外部刺激または内部刺激に応答する生物の保護効果を表す。身体は病気や病的な状況に苦しんでおり、鼻を吹く作業は彼を助けることです。

リリースフォーム

  • ハーマンは、子供のために、そして「ポジション」のある女性のためにも使用できる数少ない医薬品の1つです。薬物の組成は海水で表され、これは粘膜を効果的に洗浄し、鼻腔から細菌および細菌の排泄を促進する。この薬剤は、平均して1日2〜3回使用される。

  • 一般的な風邪のアスタリスクは、キシロメタゾリンをベースとする薬剤Zvezdochka Noz Sprayです。スプレーは血管収縮作用を有し、すべての既知の香油「ゴールデンスター」とほとんど共通点がない。アステリスク・ノーズスプレーは、1日3回、3日以内に使用されます。
  • タイシンは、キシロメタゾリンを伴う血管収縮剤スプレーである。Tizinの推奨使用量 - 1回の注射で1日3回まで。この薬での治療を3-4日以上継続することはできません。

  • キメロリン - キシロメタゾリンによる血管収縮作用の噴霧。中毒の影響を避けるために、スプレーは1日2〜3回、4日間使用される。

  • アバミスは、アレルギー性鼻炎を治療するために設計された鼻用ホルモンスプレーです。2歳から1〜2回の注射で1日1回使用できます。

  • スヌープ - キシロメタゾリンで鼻用スプレー。血管収縮薬を指すため、1日3回まで、3〜4日連続して使用されます。

  • オトリンビンは、キシロメタゾリンによる風邪のエアロゾルである。1日3〜4回、1週間以内に処方されます。多分薬物依存の発達。

  • リノフルミシルは、鼻用のスプレー製剤である。これは粘液溶解性と血管収縮性の組み合わせであり、一般に、粘膜分泌の薄化をもたらし、粘膜の浮腫および赤みの減少をもたらす。スプレーは1週間に3回、1週間以上注射することができます。
  • Nasivin - 血管収縮作用の鼻のためのスプレー。有効成分はオキシメタゾリンである。この薬は長期間の使用には適していません。使用方法 - 1日3回まで、3〜4日連続して。

  • 鼻スプレーWicks(Vix Active Synex Spray)は、オキシメタゾリンを伴う血管収縮剤である。薬剤の効果は8-10時間持続します。一般的な寒さからのスプレーは1日2〜3回、最高5日間使用されます。
  • コールドコールドビーガンからの中国のスプレー - プロポリスで鼻のスプレー。これは、植物由来の消毒剤と生体刺激物質との組み合わせである。それは1日3回まで適用され、おそらく薬物の長期使用になります。注意:スプレーはアレルギー反応を引き起こす可能性があります。
  • Quicks Eucalyptus - 一般的な風邪からユーカリと海水でスプレー。それは、鼻腔内の浸透圧の生成による鼻呼吸を緩和する。それは1日2〜3回適用されます。治療期間は医師が決定します。
  • ピノソール - 植物起源の組成のスプレー。抗菌および抗炎症作用を有する。スプレーの成分は、ミントの葉、マツおよびユーカリの油抽出物である。さらに、チモールとトコフェロールがあります。ピノゾールは1日6回まで使用できますが、治療期間は10日間です。

  • Spray Ferveks - 一般的な風邪からの薬剤をオキシメタゾリンで噴霧する。通常、11時間ごとに2回の注射が行われ、治療期間は3日間である。
  • 血管収縮作用を有するトニックスプレーは、活性成分であるキシロメタゾリンによって表される。鼻用スプレーは、8〜10時間に1回注射する。
  • Nazonex - 一般的な風邪のアレルギーの形から鼻のホルモンスプレー。有効成分はモメタゾン(コルチコステロイド)である。この薬は予防または治療に使用され、1-2回の注射が1日1回行われます。治療期間は個人である。

  • カメトンは抗菌薬と抗炎症薬を組み合わせたもので、樟脳、レボメントール、クロロブタノール、ユーカリ油などの成分で構成されています。スプレーは1日4回まで使用できます。

  • イソフラ(Isophra) - Framicetinumに基づいて抗生物質を含む鼻用スプレー。副鼻腔の一般的な風邪や炎症を治療するために使用することができます。イソフラ療法の経過は1週間続きます。使用頻度は、1日3回から3回の注射である。
  • アフリン - 血管収縮作用の物質であるオキシメタゾリンを用いた鼻用スプレー。浮腫の発現と粘膜の過分泌を軽減します。11時間に1度、製品を注入することをお勧めします。
  • Rhinostop - キシロメタゾリンによる血管収縮作用を示すスプレー。毎日2回の注射を5日以内に行うことをお勧めします。
  • Rinonorm - アドレナリン作動性キシロメタゾリンスプレー。それは鼻で呼吸を促進し、過剰な分泌を排除します。1日2〜3回、1週間以内に使用されます。

  • Vibrocilは、フェニレフリンおよびマレイン酸ジメチンデンを用いた一般的な風邪の鼻の血管収縮性スプレーである。1日3回、対症療法のために使用されます。
  • ポリデキサは、抗生物質(ネオマイシン)、グルココルチコステロイドホルモン(デキサメタゾン)および血管収縮剤(フェニレフリン)の組み合わせの組み合わせである。複雑な効果のために、スプレーは、一般的な風邪および副鼻腔炎の急性および慢性形態の治療に使用することができる。薬剤は、平均して1日4回、1週間、鼻腔に注入される。
  • Rint nasalは、メントールとオキシメタゾリンの血管収縮剤成分による一般的な風邪のスプレーです。1日3回以下、5〜7日以下で使用するように規定されています。
  • アクアマリスストロング(Aqua Maris Strong) - 海水に基づくキシロメタゾリンを含まない一般的な風邪からのスプレー。粘膜の腫れの発現を軽減し、過度の分泌を除去し、鼻腔内の細菌の濃度を低下させる。子供や妊娠している患者にはスプレーを許可します。用量 - 1日あたり3〜4回の注射、2週間。

  • AllertecおよびNazarelは、デキサメタゾンに基づくホルモン鼻スプレーである。アレルギー性鼻炎を治療するために処方されています。その効果は、最初の注射から3〜5時間後に観察され、1日中続けられる。スプレーは、痛みを伴う症状が完全に緩和されるまで、1日1回(朝に)適用される。
  • Nasol - 鼻用スプレー、オキシメタゾリンの存在により血管を狭める。それは一般的な風邪の状態の症状の軽減に使用されます。1日2回以上、3日以上連続して使用しないでください。

  • Bioparoxは、fusafunginと呼ばれる抗生物質を含む風邪のスプレーです。これは1日4回の鼻づまりに処方されています。最新のデータによると、一部の国では、アレルギーやアナフィラキシーショックのリスクが高まるため、使用が禁止されています。

  • 香水の王国は、天然オイル抽出物に基づいて寒さから鼻のためのクリミアの香りです。この薬剤は粘膜上に保護膜を作り、表面組織を修復し、局所免疫を強化し、呼吸機能を正常化する。この薬剤は、細菌性およびウイルス性鼻炎の両方で、1日4回まで使用される。
  • ユーフォビウムは、植物成分による一般的な風邪のホメオパシースプレーである。この製品は、鼻粘膜を完全に湿らせ、組織を乾燥させることなく炎症の変化を排除する。薬物の適切な適用により、一般的な風邪は3〜4日間経過する。

妊娠中および授乳中にスプレーを処方することができます。適用スキーム - 1回5回まで1回注射。

薬力学

あなたが薬力学に基づいて一般的な風邪から知られている鼻スプレーのリストを体系化しようとすると、あなたは次のスキームを作成することができます:

  1. アルファ - アドレノミミックスを用いたスプレーは、鼻粘膜の分泌を減少させ、呼吸を促進する血管収縮薬である。
  2. スプレー防腐剤は細菌とウイルスの両方に感染する薬物です。
  3. 抗生物質を含むスプレーは、特定の細菌病原体に対して処方される薬物である。
  4. グルココルチコイドを含むスプレーは、アレルギー性のものを含むほとんどすべてのタイプの風邪に使用することができるホルモン剤である。
  5. 免疫刺激特性を有するスプレー - 鼻腔における炎症過程を助ける物質を含み、局所免疫を増加させる。
  6. 植物ベースのスプレーは、複雑な調製物であり、通常、副作用は最小限である。
  7. アレルギー性鼻炎および副鼻腔炎に使用される鼻用抗ヒスタミン剤スプレー。
  8. ホメオパシースプレーは、特殊な投与量組成で、有害事象および禁忌を最小限に抑えた製剤です。

特定の薬物の薬理学的特性を知ることにより、医師は特定の種類の鼻水に対して適切かつ効果的なスプレーを選択することができる。

薬物動態

原則として、スプレーの使用は、実質的に薬物の活性物質の血液中への吸収を伴わない。いくらかの吸収が起きた場合、その指標は体内のどのプロセスにも影響を及ぼさないため、臨床的に重要ではないと考えられます。

スプレーは鼻腔の粘膜上に均一に分布し、分泌物を分泌して鼻から除去される。

組織への薬物の蓄積は起こらない。

妊娠中に使用する 霧からのスプレー

一般的な風邪からのスプレーは、妊娠中の望ましくない薬です。その全身吸収が最小であるという事実にもかかわらず、そのような製剤は十分に研究されていないので、非常に望ましくない。これは特に、胎児の損傷のリスクが特に高い妊娠の前半に当てはまります。極端な場合、医師は子供の血管収縮薬の短期間の使用を許可することがあります。しかし、そのような任命は、むしろ規則の例外であり、したがって、寒さに対するこれまたはその救済の使用について独立して決定することは決して可能ではない。

一般的な寒さから授乳を伴うスプレーも望ましくない。なぜなら、依然として血液中に入り込んだ薬物の最小量もまた母乳中に浸透するからである。将来、まだ不完全な子供の体に有毒または他の望ましくない影響を及ぼす可能性があります。

禁忌

一般的な風邪の鼻スプレーは、薬の成分にアレルギーのある患者に処方されていません。

禁忌は、心臓血管系の疾患でもある。

  • 心不全;
  • 高血圧;
  • IBS;
  • 暖かいリズムの乱れ。

糖尿病、甲状腺疾患患者の風邪治療にスプレーを使用しないでください。

これとは別に、鼻スプレーを幼児の治療に使用しないという事実を強調しておく必要があります。スプレーの作用に対する小さな生物の応答が気管支痙攣になり得るという事実から、この形態の薬物は、1歳以上の子供にしか使用できない。

副作用 霧からのスプレー

鼻スプレーの局所適用は、薬剤の成分に対するアレルギー反応の発症を引き起こし得る。

鼻炎からスプレーへの依存血管収縮薬を使用する際にスプレーは、α-アゴニストに基づいて、長い時間のために開発することができますが、連続3日以上を使用しないことをお勧めします。このような依存性はまた、「慣れ」と呼ばれ、そのように既に硬化しても鼻水、薬を定期的に投与することなく、鼻呼吸の難しさを表しています。依存性を取り除くために、すぐに鼻粘膜の完全な回復まで、血管収縮薬と通常のスプレー鼻洗浄手順の海水または生理食塩水(生理食塩液)の使用を中止すべきです。

投薬および投与

スプレーの使用は、患者の側で以下の措置を伴います。

  • 注射の前に、あなたの鼻を吹く必要があります - 薬のより良い適用のために鼻の通路をきれいにする。
  • 1本の指で穴をくねらせ、薬物を自由な鼻の通路に注入して、鋭いが浅い息をする。同じことが第2の鼻孔開口部で繰り返される。
  • 注射直後に、薬物が粘膜上にできるだけ長くなるように、鼻孔をくしゃみまたは再洗浄することは望ましくない。

スプレーの投与量(注射回数および頻度)は、特定の製剤に依存し、薬物への注釈に詳述されている。

過剰摂取

一般的な風邪からスプレーを過度にまたは長期間使用すると、薬物に対する「中止効果」またはいわゆる中毒が引き起こされる可能性がある。過剰摂取の他の徴候はなかった。

他の薬との相互作用

同時に複数の鼻スプレーを使用しないでください。また、治療を血管収縮性のスプレーと血管収縮性のドロップと組み合わせてください。

抗菌剤で鼻スプレーを使用する場合は、治療中にアルコールを飲むことはお勧めしません。

スプレーの形で、錠剤または注射の形で抗生物質を同時に使用することは、治療する医師の承認を得なければならない。

保管条件

コールドコールドからの鼻スプレーは、+ 15℃〜+ 25℃の温度範囲で子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

スプレーの貯蔵寿命は、通常2〜3年で異なる場合があります。

寒さから効果的なスプレー

コールド・コールドに対して最も有効な鼻スプレーの1つを指定することは可能ですか?事実、すべての患者がスプレーから同じ効果を期待するわけではない。

  • 鼻呼吸を回復するために迅速な効果が必要な場合は、速やかな血管収縮効果を有するアドレノミミックスによる鼻スプレーが役立ちます。これらの薬物の多くは注射後ほぼ即座に作用する。唯一の注目すべきマイナス:血管収縮性スプレーは、「中毒性」の効果を発揮することができるので、頻繁にまたは長期間使用することはできません。アドレノミミックスには、キシロメタゾリン、オキシメタゾリンまたはフェニレフリンを含むすべての薬剤が含まれる。
  • アレルギー性鼻炎を取り除く必要がある場合は、ホルモン(コルチコステロイドまたはクロモグリク酸を含む)に基づいた抗ヒスタミン剤スプレーが救助に来ます。ホルモン剤の効果は、スプレーの適用後最初の日にすでに検出されているので、より迅速である。準備 - クロモグリケート(Kromogeksal、Kromoglin、Stadaglycin)はゆっくりと作用し、徐々に体内に蓄積します。それらの効果は1〜2週間後に現れる。
  • 鼻スプレーを使用する目的が鼻の呼吸を軽減するだけでなく、細菌の寒さや副鼻腔炎の治療薬である場合、ここで優先権を持つ薬は抗生物質に基づいてスプレーされます。このような資金は、抗菌物質に対する細菌の感受性を考慮して、医師のみが処方します。
  • あなたは安全かつ同時に風邪から効果的なスプレーを探している場合、その行動は - 瞬時ではなく安定していれば、選択手段は海水に基づく手段になります。それらは単に塩溶液とも呼ばれます。このようなスプレーは、粘膜に悪影響を及ぼさず、中毒を引き起こさず、子供および妊娠している患者に禁忌ではない。このような治療法を使用して2または3日以内に、排出はより流動的になり、呼吸が容易になり、粘液組織の乾燥および刺激はない。急性呼吸器ウイルス感染またはインフルエンザの最初の徴候で生理食塩水を直接適用すると、下気道系へのウイルスのさらなる拡散を防ぐことができます。
  • 有機製品の支持者にとって、自然植物基準のホメオパシースプレーが最も適切である。そのような手段で治療するには、子供と大人の両方が可能です。多くの人々がホメオパシーについて懐疑的であるという事実にもかかわらず、共通の風邪からのそのような薬物の有効性に関する十分なデータがある。

寒いから安いスプレー

そして、記事の最後には、鼻のための最も安価なスプレーの短いリストをあなたに注目します。練習が示すように、多くの患者はそのような安価な薬を購入する傾向があります。品質はスプレーの価格に左右されますか?必ずしもそうではない。多くの場合、消費者は「ブランド」、「広告」、または単に美しくて明るい梱包のために余分なお金を払っています。

  • アロエまたはユーカリを用いた鼻スプレー。平均費用は35から40 UAHです。
  • オキシメタゾリンとナゾルスプレー、平均コスト - 35から39 UAH。
  • Nazalongスプレー。価格は30から35 UAHです。
  • KnoxpreyまたはNoxpray赤ちゃん。価格は30から40 UAHです。
  • Rinofljuスプレー - 22から25 UAH。
  • ファーマゾリンスプレー0.1% - 約25 UAHの費用。

普通の寒さから鼻のどのようなスプレーを選ぶか - あなたが決める。しかし、医師の相談は同時に義務的でなければならないことを忘れないでください。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

通常の呼鼻炎鼻炎(ギリシャのRhino - 鼻)場合、鼻汁などの症状は、文字通り鼻(。 - フローギリシャrhoia)から流れ強い剥離液と実質的に透明な鼻の分泌物を、明示しました。

鼻炎は、大人であっても避けることが難しい場合があり、秋と冬に湿った鼻を通過できる子供について何が言えるでしょうか。
私たちは、民間療法と芳香油のレシピで風邪の吸入治療を検討しました。しかし、公式の薬は何をこのスコアで提供することができますか?

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "寒さから鼻のスプレー" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.