^

健康

You are here

バイパー咬合後の治療:解毒剤、解毒剤、薬物

自然には、アレルギー、中毒、外傷、バイパーの咬傷を台無しにすることができます。悪影響を最小限に抑えるためには、すべてを事前に準備し、緊急援助を提供し、重大な状況に適切に対応できるようにする必要があります。時には人の命を救うことができます。

バイパーの咬傷は、現代医学においてますます一般的な現象である。バイパーは主に森林地帯、茂みに住んでいます。活動のピークは春(4月、5月)に発生します。この期間中、蛇は冬眠後に目を覚ます、彼らは子孫を持っています。

彼らが自衛と防衛で攻撃を余儀なくされるので、この時点で混乱しているヘビは非常にお勧めです。ヘビは自分自身を攻撃することはない、彼らが危険にさらされている場合にのみ自分自身を守ることを理解する必要があります。したがって、ヘビとの衝突では、それを触れる機会を与えるためにそれに触れないほうが良いです。

バイパーバイトの治療基準

バイパーの咬傷を治療する方法はいくつかありますが、すべてが標準です。治療の有効性は、どのくらい正確かつ迅速に応急処置が提供されたかに依存する。だから、あなたは一口の直後に毒を吸う必要があります。その後、可能であれば、血清Antigadyukaが投与されます。それは数時間以内に行動し始め、その後毒は体から排泄され中和される。

人生の脅威が終わった後、毒は中和され、基本的な重要指標を安定させ始める。この段階では、治療はすでに非常に多様である可能性があります。主に病因学的治療を適用する。これは、付随する病状の発症の原因を取り除くことを目的とする。解毒療法が行われます。咬合の影響を排除することを目的とした局所治療が必要です。

病理学的プロセスのさらなる進展を引き起こす刺激因子を排除することも重要である。例えば、肝臓が弱い人は、彼女に信頼性の高いサポートを提供する必要があります。これは、毒の作用下で肝臓の病理が非常に迅速に発達するという事実に起因する。なぜなら、それは毒素の作用を中和して除去する主要な器官であるからである。これは肝臓自体に悪影響を及ぼします。

炎症プロセスが進行することがある。その結果、有毒な肝炎はかなり一般的です。体内の遺体を取り除くために毒を中和する必要があります。場合によっては、病状を排除してさらなる進行を防ぐのに十分である。

最も一般的な治療法は複雑であるため、1つの問題の単独療法は必ずしも病理を完全に排除することはできません。治療には、主に医療、理学療法、代替療法とホメオパシー療法、局所治療(ヘビ咬傷の治療)が含まれます。治療の基礎は薬物治療であり、これは局所的および系統的作用の薬物の使用からなる。それらは、主に肝臓(肝臓プロテクター)を支持する薬物、心臓からの負荷を軽減する薬物、ならびに血液循環を正常化する薬物である。

局所治療は、咬合部位の治癒を促進する特殊な軟膏および溶液で皮膚を治療することからなる。薬物の定期的な使用と必要なすべての勧告への準拠により、治療は非常に効果的です。

皮膚の損傷部位が液体窒素で凍結されている凍結療法などの局所的な医療処置をお勧めします。ピリングは、皮膚の上層を剥がすために使用される。ホルモンおよび非ホルモンの両方の起源の様々な軟膏は、炎症および感染プロセスを防止するために使用される。場合によっては、野菜の軟膏が必要な場合があります。

しみの場所では、しばしば急性の炎症過程、衰弱を発症する。原因が感染症または炎症である場合は、それぞれ抗ウイルス薬、抗菌薬または抗炎症薬を処方する。

多くの場合、アレルギーが現地レベルとシステムレベルで発生します。一般的なアレルギー反応の進行に伴い、抗ヒスタミン剤の投与が必要とされている。咬合部位の刺激の場合、アレルギー性の炎症および赤み、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬軟膏およびクリームが処方される。

適切な栄養と毎日の処方がなければ、完全な回復は不可能なので、ダイエットを修正し、適切な食事を選ぶことも重要です。

バイパーの咬傷とはどうすればいいですか?

最初にするべきことは、毒を吸うことです。噛んだ直後に、できるだけ早く毒を吸い始めてください。

これは、毒がすぐに吸収され、体全体に広がるという事実によるものです。もし毒が血中に吸収されれば、それは既に中毒効果を開始しており、それを吸う感覚はありません。通常、吸引は3〜5分後に起こる。

吸引は次のようにして行われます。咬合の周りの皮膚が折り目に集まり、その後に搾ります。圧搾は、血液が出るまで行わなければなりません。その後、吸い始めます。この場合、動きは鋭く短くなければなりません。吸引中に創傷から抽出される生物学的材料は、吐き出されなければならない。吸引の持続時間は少なくとも15分でなければなりません。もはや傷口に毒がないように見えても。

しかし、浮腫の出現は、毒が周囲の組織に吸収されて腫脹を引き起こしたため、吸引を止めることができるということを考慮しなければならない。近くにいる人は誰でも吸うことができます。しかし、被害者は応急処置を行うこともできます。

より極端な選択肢は、創傷表面の切開を通して毒を吸い取ることである。だから、あなたは鋭いナイフを取って、小さな鋭い動きで咬合面を切るべきです。これは血と一緒に毒を絞るでしょう。このようにして、毒の約3分の1を放出することができます。

感染に感染せず、状況を悪化させないためにナイフを消毒する必要があります。だから、消毒と消毒の最善の手段は火です。したがって、ナイフを火の中で燃やす(焼成する)必要があります。

水は副作用を引き起こし、感染症を取得引き起こし、それに応じて、炎症や感染症の開発を伴うことができ叢、公害や各種添加剤を大量に含まれているとして水を、ナイフを洗うことはお勧めしません。この場合の最も危険な感染症は破傷風と考えられ、細菌は血流に入り、炎症反応を引き起こす。破傷風は危険で、これは致命的な病気です。

怪我をした人自身ではなく、唾液にさまざまな感染症が含まれている可能性があるため、口を温かい水ですすぐ必要があります。消毒剤を使用する方が良いです - 過マンガン酸カリウム、または過酸化水素の軽い溶液で口をすすいでください。

さらなる治療が必要なので、医師は常に相談するべきです。一つだけの応急処置は不利な開発していないのに十分ではありません効果を。最善の選択肢は、救急車を呼び出すことです。医師たちは直ちに「Antigadiuk」という血清を注射して以来。毒(中毒性の血清)を中和するのに役立つ薬剤です。

導入後、基本的なバイタルサインをモニターする医師の監督である、さらなる抗毒素療法が必要とされています。感染症、炎症プロセスの発症を避けるために、咬合部位を治療する必要があります。また、必要に応じて、グルコースやその他の補助物質を導入するためには、多くを飲むことが重要です。食べ物は控えめで、食生活がよいはずです(リハビリ中の人々のために)。通常、バイパーの咬傷は適切に治療されていれば、5-6日間去る。

とき  一口市松模様の毒蛇は治療  薬、理学療法の手段、代替とホメオパシー、ハーブを含んでいる複雑な治療を推奨。慣習的でない方法を使用する前に、自己治療は危険であり、状況を悪化させるだけであるため、必ず医師に相談して相談してください。

応急処置 

このヘビとの会合があって、彼女が噛んでいたら、あなたは躊躇しないでください。できるだけ早く応急処置を行う必要があります。さらなる治療の有効性、回復のスピードは、どのくらい迅速かつ正確に応急処置が行われたかによって決まります。だから、まず毒を中和して取り除く必要があります。これは吸うことをお勧めします。同時に、咬傷部位は治癒にのみ干渉し、毒の排泄を妨げるので、創傷表面を焼かないでください。

毒が吸い込まれた後、解毒薬を入れる必要があります。使用済みの血清Antigadyukaは、体内の毒素を破壊して除去します。しかし、血清が作用する時間の間、体はすでに不可逆的な結果を有する可能性がある。したがって、患者はさらなる治療のために入院している。まず、身体からの毒素の完全排除、中和、身体からの除去を目的とした解毒療法が行われます。

その後、支援療法が行われ、その本質は栄養素と維持薬の体内への導入に還元される。あなたは胃腸管に過度のストレスを避けることができ、必要な物質を必要な器官や組織にすばやく送達することができます。注入療法の基礎は、リンゲル液、グルコース、塩化ナトリウムである。

身体からの毒素の除去を促進するために、毒素、バイサイド代謝物、利尿薬および吸着剤の分解生成物の残留物が導入される。選択の主な薬はフロセミド、Trifaceです。

ほとんどすべての症例は、抗ヒスタミン薬の投与を必要とする。なぜなら、ほとんどの場合、炎症の主なメディエーターであるヒスタミンが大量に放出されるからである。炎症プロセスが進行するヒスタミンの放出、感染プロセスの広がりおよび進行、浮腫の増大およびアレルギー反応の発症による。

即時型アレルギー反応の最も重篤な形態は、アナフィラキシーショックである。これは深刻な状態であり、血圧、低酸素、呼吸不全、心拍数の急激な低下を伴う。これは、めまい、意識喪失につながる可能性があります。薬物を注入する最も有効な方法は、髄腔内投与である。そのため、薬物は代謝プロセスに迅速に取り込まれ、組織代謝に至り、炎症過程が急速に低下する。緊急の医師が到着する前に現場で抗ヒスタミン剤を導入することが推奨されています。これが行われていない場合は、医師に知らせる必要があります。

治療中、患者が以前にワクチン接種を受けていたかどうかにかかわらず、患者は破傷風に対して予防接種を受けなければならない。これは、いずれのヘビも破傷風の運搬者である可能性があるためです。

バイパーバイトの治療プロトコールには、強力な抗炎症剤および抗アレルギー剤を提供するグルココルチコステロイドの強制投与も含まれる。これらの薬物には、プレドニゾル、プレドニゾロン、デキサメタゾンが含まれる。薬物は、経口的に全身的な効果を発揮するために使用することができ、また組織レベルで局所的な効果をもたせることができる。

時には合併症として、敗血症性の敗血症性炎症プロセスが発生することがあります。膿性プロセスの進行を避け、敗血症の発症を予防するために、抗生物質療法が用いられる。まず第一に、広いスペクトルの抗生物質は、それらが事実上普遍的であるために選択される。それらは、グラム陽性およびグラム陰性微生物に対して有効である。その後、特定の病原体の分離と抗菌薬に対する感受性をもたらす細菌学的研究を行うことができます。これにより、物質の最適な投与量、濃度を選択することができます。

ヘビのかみ傷により腎臓、肝臓および心臓不全のリスクが増加するため、適切な予防療法が行われる。これは、毒素が主に腎臓、肝臓、心臓に体に付加的な負担をかけるという事実によるものです。最初の肝臓保護剤、特に、ベリリウム、肝炎を割り当てます。主負荷は、毒素を中和し、その排泄を外部に確実にするので、肝臓に落ちる。同時に、肝臓の主要な組織が冒され、肝細胞が死滅し、場合によっては再生され、形質転換される。重度の中毒は、内臓の衰え、その機能の障害、血液循環の障害、ならびに血液組成、造血をもたらし得る。血液透析などの処置が必要な場合があります。

心不全は重大な治療を必要とすることもある。まず第一に、コディアミンを任命する。カフェイン、適切な手順を実行します。場合によっては、毒素が出血を引き起こすことがあります。この場合、強力な止血剤を使用する必要があるかもしれない。効果がない場合は、輸血が必要な場合があります。時には、血液循環が妨げられると、痙攣、振戦、振戦などの有害事象を排除することを目的とした追加の治療が必要となることがあります。

とき  一口Gaboonの毒蛇は無効を支援するが、それでも必要な人を保存しよう。あなたは体から毒を取り除くために何らかの手段をとる必要があります。咬合が非常に深いので、吸引は効果がありません。あなたは切開を作って、血と一緒に毒を放出するように試みることができます。解毒剤がある場合は、すぐに解毒剤を入力する必要があります。完全な不動を確実にするためには、救急車と犠牲者を同時に呼び出す必要があります。これは毒の吸収と体全体へのその拡散を遅らせます。あなたは犠牲者にすべての援助を提供しようとすることができます。

緊急に必要とされる緊急の処置があります - 犠牲者の代謝率に応じて、また咬合の深さによっては15秒から30秒です。助けをすぐに与えなければなりません - 心臓にアドレナリンの注射が行われ、咬合の場所が即座に(毒の発達と吸収を防ぐため)締め付けられます。また、直ちに切開部から毒を取り除く。あなたがすべて毒を吸うように決心したら、すぐにそれを吐き出して粘膜に影響せず、吸収されないようにする必要があります。その後、解毒剤が導入されます(そのような場所を移動するときは、常に救急箱を持ち、ヘビの咬傷のための特別な解毒剤も含みます)。

どんな咬傷にも重度の腫脹、炎症、灼熱感、咬合部位の斑点の出現が伴う。腫れがあると、かゆみが強く、焼け付く斑点があり、抗アレルギー薬が出ます。また、重度の浮腫、アナフィラキシーショック、浮腫の進行および組織の腫脹、窒息を回避する。抗アレルギー剤であれば何でもできます。

例えば、スパースタチンはそれ自体がよく証明されています。それは、疾患の重篤度および症状の重篤度に応じて、2〜3錠の量で大量の屠殺薬として投与される。1〜2時間後(致命的でない場合)、犠牲者にもう1〜2錠を与え、次に2〜3時間ごとに錠剤を与えることも可能です。

スパースタチンが効果がない場合は、ロラタジンを服用することをお勧めします。これは強力なツールであり、それは延長された作用の薬物を指すのである。1日1錠を服用しています。強い中毒が発生する可能性があるので、用量を超過することはお勧めしません。しかし、バイパーの咬傷では、同時に2錠(最大許容濃度)が許容されます。両方の手段は、特にこの種のヘビが生息する国への旅行を計画している場合、旅行中に運ばれることをお勧めします。

局所的には、亜鉛軟膏を推奨することができる。彼女は慎重にこすって、肌に厚い層を置いた。最初に、それらは咬傷の直後(毒が放出された後)に適用されます。その後、20分後、再度塗布し、軟膏の残りを取り除き、さらに10分後に塗布する。完全に吸収されるまで皮膚につけてください。軟膏は、望ましくないアレルギー反応や炎症反応の症状を完全に排除し、炎症を除去し、感染の付着や感染をさらに防止し、毒の拡散を部分的に抑制する。

将来的には、感染の予防のために、特に損傷組織の深部切断が使用された場合、直ちに抗生物質治療を処方する。多数の微生物に対して高度の活性を有する広域スペクトルの抗生物質を摂取することが推奨される。

例えば、シプロフロキサシンは非常に効果的であり、すぐに細菌感染を取り除き、敗血症の兆候を軽減または完全に除去する。最初の用量(1000 mg)で約2錠を1回服用することをお勧めします。2日目には500 mgを、3回目には500 mgを投与する。最低限のコースは3日間の治療です。必要に応じて、治療の経過を延長することができます。完全ではないと一口本体の結果が弱体化した状態、ストレスだけでなく、減少した免疫力を持つに既にあるようなどは、許されるべきではない細菌が死滅させることができるよう、フルコースを受講することをお勧めします。その結果、殺されていないこれらの細菌は、耐性を獲得し、病理学的プロセスのみが増加し、感染症にも致命的な状態である敗血症および敗血症の完全な開発、まで、身体の他の領域に広がることができます。

頻繁に噛むと中毒が起こり、すぐに無毒化療法が必要になります。身体から毒素や代謝産物を排除するためには、エンテロゼルを取ることが推奨されます。最初の日に経口投与する場合、薬物の2〜3杯を1杯の水に溶解し、1回または2回の食事で飲む。その後、1食分あたり1杯になるまで服用量が減ります。最初の日に薬物の3-4倍を飲む必要がある場合は、2回のレセプションに行くことができます。その結果、体が浄化され、中毒症状が徐々に消えていく。

騒々しいバイパーを噛むときは  、できるだけ早く応急処置をする必要があります。この場合、あなたは躊躇することはできません:毎秒、犠牲者の命を犠牲にすることができます。最初の援助は、咬合の最初の30秒後に与えられるべきである。さもなければ、その効果は減少し、致命的になる可能性があります。

まず、毒を吸う必要がありますし、解毒剤を導入すると毒を中和するのに役立ちます。その後、応急処置が行われた後、あなたはサポートと修復療法を開始できます。まず第一に、主要な重要指標の状態を監視する必要があります。

回復の段階では、投薬、理学療法、代替療法とホメオパシー療法、および様々な植物製剤を含む複雑な治療が必要となることがあります。

理学療法薬は非常に効果的であり、疾患の主要な徴候および症状、咬合の影響を克服するために比較的短時間で可能である。それは複雑な治療の一部として、または基本的な生命徴候が正常になった後に使用されるが、皮膚はかみ傷から傷跡を残した。

多くの場合、外部の損傷、咬傷後に残された傷跡、損傷一口中毒に起因する内部の損傷の修復を排除することを目的とした理学療法ではない以上。また、理学療法は、臓器に影響を与えた咬傷の影響を克服することができます:腎臓、肝臓、血液障害、中毒の結果。

理学療法の主な方法は、超音波、微小電流、異なる長さの波である。電気泳動が使用される。この方法の本質は、それによって薬物が損傷組織に直接注入されることである。それらの浸透の深さは微小電流によって調節される。

ホメオパシーの治療法は、外的損傷の症状を克服できるだけでなく、システムレベルでの中毒の症状にも対処できることが広く使用されています。それにもかかわらず、それらはまた、特に誤って使用されると、非常に危険です。したがって、すべての安全上の注意に従うことが重要です。まず、医師のすべての勧告に従う必要があり、所定のスキームを遵守する必要があります。これは非常に重要です。なぜなら、ヘビのかみ傷の後の身体は弱められているからです。中毒のプロセスが高レベルであり、全体として組織と生物レベルに悪影響を及ぼします。

第二に、すべての必要な診断と明確な診断が行われた後でのみ、薬を選択することをお勧めします。周囲の組織や器官のすべての機能や損傷範囲が決定されています。さもなければ、病気の悪化および進行までの副作用が存在し得る。これは、体内の中毒プロセスのレベルが高いことを背景にして、また免疫力の低下の背景に対して特に激しいものです。

迅速に炎症、腫れ、痛み、汚れを除去し、刺激はタールと蜂蜜の粉砕に役立ちます。純粋なタール5mlを蜂蜜の大さじと混ぜ、均質な塊になるまで混合する。その後、製品は熱の前に斑点に擦り込まれる。そのような手段は、圧縮(軟膏の上に、セロハンが適用され、通常の生地の薄い層がその上に置かれ、次いで暖められた布地、および上のウールのスカーフまたはスカーフ)の下に適用され得る。30分間圧縮を保つ。油性ゼリー、または他の矯正剤を脂っこいところから取り出して注油します。

咬合の影響を排除するために、別の軟膏が使用される。すべての既知の香辛料「アスタリスク」をベースにして、ワセリンまたはグリセリン1大さじと混ぜ、氷の半分をティースプーンで加えます。すべてこれは徹底的に均一な状態が形成されるまで混合し、体の患部に小さな層を適用します。

局所使用のためだけでなく、バターを含め自分自身を証明している:通常のベビークリーム(約100ミリリットル)がそれに茶さじ1杯の挽いたシナモン、地上生姜のピンチ、ピンチグランドナツメグ、小さじ挽いたコーヒーを加えて基礎としています。すべてが完全に混合され、患部の表面に薄い層が施されています。

あなたは別の軟膏を使用することができます。根拠は溶かしバターを取っているように、モミの抽出物を数滴、セージのエッセンシャルオイルの2〜3滴、いくつかのシーバックソーン油滴のホホバ油の1杯を添加しました。すべてこれを水浴中で加熱する。徹底的に攪拌し、煮沸して30-40秒間沸騰させてから取り出します。温かい状態(暑さに近い)に冷却し、皮膚に薄い層を1日5回まで塗布することが可能です。それは、圧縮を使用する方が良いです:セロファンのレイヤー、リネン布の層、暖かいウールの布の層の上に置く。

あなたが組織を深く暖め、迅速にバイパーの咬合とその結果を排除することができる別のレシピがあります。純粋シーバックソーンオイル5杯、大さじ2ヒマシ油およびゴボウ油の1杯のekteritsida 2-3杯と混合精製砂のマーク10杯。このすべては30分強要されなければならない。塗布する前に、混ぜて、損傷した部分に1日3回まで塗布してください。あなたは単に皮膚に薄いレイヤーを適用することができます、あなたは圧縮の下でベースとして使用することができます。30分間圧縮を保留します。除去後、皮膚をベビークリームまたは石油ゼリーの薄層で潤滑させる。

毒蛇のための解毒剤

バイパーの毒液の効果を中和する特別な血清があります。それは "Antigadyuka"と呼ばれ、解毒剤です。ハイキング中にこの血清を持たない場合は、救急車に電話をかけるか、最寄りの医療機関に連絡してください。血清を構成する成分が毒を中和する。できるだけ早く解毒剤を注入する必要があります。それは最初の15-20分の咬合の後に導入されれば最も効果的であろう。

この薬の効果はすぐには予想されるべきではなく、投与後わずか数時間で陽性効果が始まる。今度は医師の監督が必要です。おそらく、毒性を中和し、基本的な生命徴候を維持することを目指す追加治療が必要になるでしょう。

バイパーの咬傷で何を刺すのですか?

ヘビに刺された直後に注入される主な治療薬は、抗毒素抗血清である。指示に厳密に従って叩かれなければなりません。毒は摂取後最初の数分で作用し始めるので、より良いことです。これは、応急処置のレンダリングの段階でのコルチャットの治療法です。

その後、被害者は入院しなければなりません。医療機関では、これらの症状および現在観察されている病因過程に従って治療が行われる。

例えば、しばしば抗生物質療法のコースを受ける必要があり、その間に異なる作用スペクトルの抗生物質を注射する。ほとんどの場合、抗生物質を処方する必要性は、創傷の感染、強力な炎症過程の発生、浮腫の場合に起こる。広範囲の作用の抗生物質を服用することが推奨される。例えば、シプロフロキサシン、アモキシシブは素早く細菌感染を緩和し、この領域の炎症プロセスである咬傷から瘢痕を減少させるかまたは完全に除去する。

これらの抗生物質は、一度に500mgの活性物質の濃度で刺すように勧められている。通常、1日1回、3日間注射するのが普通です。細菌を完全に死滅させることができないので、完全な3日間の治療を受けることは非常に重要です。そして、これはその後彼らが安定性を獲得し、病理学的プロセスが激化するという事実のために危険である。

最も危険な合併症はその後、壊疽、かみ傷の周りの組織の壊死、だけでなく、敗血症、感染が最初に隣接する領域に広がっている、とある - 血流に、他の臓器に感染の新しい巣を形成します。この状態は血液中毒とも呼ばれ、しばしば致命的です。

また、重度のアレルギー反応の場合、重度の浮腫、抗アレルギー薬、例えば、スパースタチン、アミノフィリンなどが使用される。

バイパーバイトからの錠剤

毒と組み合わせると、中毒を増やすだけの安定した複合体を形成することができ、腎臓や肝機能の重度の障害を引き起こす可能性があるため、錠剤を使用することはお勧めしません。また、心臓の負担を増やす。例外は、抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)であり、浮腫、アレルギー反応、アナフィラキシーショックの発症を予防します。

例えば、選択される最初の薬剤は、サプラスチンである。1回の錠剤は1日に2〜3回服用し、咬傷の重症度と症状の重症度に応じて投与します。アレルギーの重度の腫れ、重度の腫れ、あなたは1回2タブレットを取ることができます - その後5~6時間後に - さらに2つ、さらに6時間後に1タブレット。その後は、すぐに救急車を呼び出す必要があります。咬合は専門的な治療が必要なためです。自己投薬は危険です。

スパースタチンが効果がない場合は、ロラタジンを服用することをお勧めします。日中に作用する長期作用の薬であるため、1錠1錠に服用します。強い反応で1日2回飲むことができますが、食事の間隔は12時間で必須です。強い中毒が発生する可能性があるので、用量を超過することはお勧めしません。

主な症状が取り除かれた後、人生の脅威がなくなり、基本的な解毒療法さえも実施されており、地元の薬を使用することができます。従って、亜鉛軟膏は、局所的に推奨され得る。それは皮膚の薄い層に適用されます。完全に吸収されるまで数分でRazirayut。1日3回までお申し込みください。軟膏はしみの症状をよく除去し、炎症を取り除き、感染の遵守と感染を防ぎ、かゆみ、炎症、灼熱感、腫れ、赤みを和らげます。

身体から毒素や代謝産物を排除するためには、エンテロゼルを取ることが推奨されます。1杯の薬を摂取するには、1杯の水に溶解し、1回または2回の食事で飲む。その結果、身体は清掃され、修復される。主治療後1ヶ月以内に服用することをお勧めします。彼らの行動が無意味になるので、他の薬と併用することはできません。Enterosgelは毒素と薬品を含む化学物質を結合して取り出す。

理学療法的治療

理学療法は、もちろん、応急処置の手段ではありません。併用療法の一環として、または回復期に病院段階で使用されます。理学療法は非常に効果的で短時間で一口の結果に対処し、体を回復させます。

主な治療が完了した後でも、皮膚に残った皮膚に斑点や傷跡があるか、または内臓の機能障害がいくつか現れる場合には、併用療法の一部として使用されます。

理学療法の主な方法は、超音波、微小電流、様々な長さの波、光放射である。薬物が損傷した組織に直接注入される電気泳動が使用される。それらの浸透の深さは微小電流によって調節される。凍結手順、熱処置およびピリングが示される。ダイヤモンドピリング、粉砕が使用される。レーザー治療、光線療法、ハイドロマッサージバス、アロマテラピーはそれ自体が優れています。

代替治療

炎症過程と浮腫を取り除くことを可能にする効果的な薬剤として証明されているいくつかのレシピを考えてみましょう。

  • レシピ番号1。

チョークパウダーを含むバーチタールは、すばやく炎症を排除し、蛇のかみ傷の後に目に見える穴、傷害を減らします。この製品を水浴中で溶かした小さなボールのタールで調製するには、あらかじめ粉末に粉砕したチョコレートを入れます。タールを完全に溶かすことができない場合は、少量の水を加えなければなりません(量は上からタールを覆い、その加熱に寄与するように自分で確認してください)。その後、この混合物を完全に混合し、症状が完全に消えるまで1日3〜4回皮膚につけます。

  • レシピ番号2。

海草からのオイルは、損傷、損傷を迅速に癒すことができ、短期間で痕跡および傷跡を除去するのに役立ちます。彼らは、シーソーソウの油を1杯分摂取し、アルコール2杯を注ぎます。これは、海草から貴重な物質とビタミンを抽出するのに役立ちます。しっかりと閉じた蓋の下に2〜3時間放置すると、完全に吸収されるまで咬合することができます。

  • レシピ番号3。

キャベツのようなツールは、炎症を早期に除去し、炎症過程を治し、中毒の影響を排除するのに役立ちます。新鮮なキャベツの葉は、沸騰した水にあらかじめ湿らせ、水を振り落として咬合にかけます。しっかりとした手で数分間保持することができます。しかし、あなたはまた、圧縮のためにキャベツを使用することができます。これを行うために、キャベツの葉は、乾燥した熱で上に覆われた広い包帯でしっかりと巻かれる。そのような圧縮を1時間維持する。

  • レシピ番号4。

天然由来の主な抗炎症剤はセージである。その利点は、口腔および外用の両方の用途に適していることである。セージを煎じ薬や輸液の形で塗布する。

沸騰した水のガラスのためのスープを準備するには、1杯分のハーブを加えます。注ぎ、1時間ほど沸かします。それは魔法使いにそれを保つ方が良いです。その後、2つの半分に分かれています。ガラスの半分が昼間に酔っていて、小さな匂いがあり、もう1つは患部を潤すために使われます。

潤滑を加熱する前に(ブロスは温かくなければならない)。最初の日には30分ごとに給油し、2日目は1.5-2時間ごとに給油します。その後、痛みの症状、刺激、赤みが完全に消失するまで、3回の潤滑に切り替えます。

注入を準備するために、約2杯分のセージハーブを、2日間暗い場所に置かれた、1杯のウォッカまたはアルコールで注ぐ。その後、1日3回大さじ1杯を飲むことができます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

バイパーは必要な保護と自己防衛のために最後の手段としてしかかまわないそれらのヘビの1つです。ヘビは最初に攻撃することはありません。したがって、一口を避けるためには、どんな方法でもヘビを邪魔しないように、非常に注意して注意しなければなりません。

毒蛇のかみ傷 - 何が怖い?だから、それについて聞いてみんなに見える。誰も蛇に噛まれたくない。多くの人は、ヘビの咬傷は非常に危険であり、死に至ると信じています。真実はそこにある。しかし、すべてがひどいですか?これを理解しましょう。

今日、ますます、医療施設は様々な怪我、怪我、特に自然の上に休んだ後に治療されています。最も重大な傷害の1つはバイパーのかみ傷である。 

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.