^

健康

You are here

アロマセラピスト

Aromaterapevt - さまざまな植物の香りの助けを借りて病気の経過に影響を与える能力を持つ専門家。アロマセラピーとは、伝統的な治療法の1つで、吸入や皮膚を通して身体に影響を与える天然の精油を医薬品として使用しています。

私たちの時代の芳香油はどこでも購入することができます。それらのうちのいくつかは、マッサージプロセスでの使用のために天然植物油と混合することを好む。特別なアロマオイルに加えて、身体の構造との相互作用の結果として、その状態に直接的な影響を及ぼす特殊物質の組み合わせが含まれる。例えば、足の裏にニンニクをこすった後、油が共通の血流に浸透するので、一定時間後に、吐き出された空気中でニンニクの匂いが聞こえる。

アロマセラピストは誰ですか?

アロマセラピーは、ホメオパシー、鍼灸、理学療法のように、人体の多くの病気を治療する独立した方法を指します。フランスの化学者RenéMauriceが20世紀後半の20世紀に「アロマセラピー」を初めて提案しました。彼は手を焼いた後、手を焼いてラベンダーオイルで手を焼き、傷が素早く治癒した。このように、天然アロマオイルは合成物質を上回るだけでなく、優れた競争力を発揮すると結論づけました。

アロマセラピストは誰ですか?これは、悪臭の助けを借りて治療の科学を研究する専門家であり、その過程でエッセンシャルオイルを使用します。さらに、より良い効果を得るために、彼は補完的なリフレクソロジー、催眠、および人の音楽の影響を使用して、複雑な方法で治療に近づく。これはバックグラウンドとして使用され、アロマセラピーのプロセスに好影響を与えます。

芳香族植物および油は、新しい香水、化粧品、傑作、および医薬品を製造するために何千年も使用されてきた。この間、これらの香りの性質と人体への影響が急速に増加しました。17世紀の早い時期に香料は、香油と香油との違いのために香油の組み合わせ科学から分離されました。その結果、薬剤師はアロマオイルの研究を行っていました。

アロマテラピーの開発への特別貢献は、フランスの生化学者、マルガリータ・モリによってなされました。彼女は、より多くのリラクゼーションのためにマッサージの過程でアロマオイルを使用し、皮膚を通して体に与える影響を示唆しました。アロマセラピストは誰ですか?知識を有し、治療目的で内臓に影響を及ぼすように芳香物質を適用することができる者である。

いつアロマセラピストに行くべきですか?

いくつかの芳香油は効果的な防腐特性であることが証明されています。例えば、ラベンダー油やティーツリーは、ウイルス、バクテリア、真菌などの感染症に影響を与えます。いつアロマセラピストに行くべきですか?急性呼吸器ウイルス感染、胃の機能障害、および月経機能の障害の最初の症状では、アロマセラピストに向ける価値があります。もちろん、いくつかの検査に合格し、より深刻な病理を除外するために専門家に相談することをお勧めします。

予防措置に関して、アロマテラピーは、様々な感染因子に対抗するためのヒト免疫系の保護能力を高めることができる。

いつアロマセラピストに行くべきですか?ある人が弱さ、強さの欠如、または不眠症に苦しむとき、アロマセラピストはそのような状態の治療に役立ちます。さらに、聴覚および視覚機能の低下、感情系の不安定さおよび背中の痛みは、アロマセラピストを訪れる徴候である。

アロマセラピストにどのような検査を渡す必要がありますか?

アロマセラピストにどのような検査を渡す必要がありますか?治療の理由に応じて、必要な分析を区別する必要があります。試験には血液と尿が必要です(臨床血液検査と一般的な尿分析)。彼らの助けを借りて、泌尿器系の身体、貧血または病理における炎症過程の存在を知るか、想像することができる。さらに病気に。アロマセラピー師が呼吸器系の病気に触れた場合、痰の存在下で胸部の器官のX線診断を行う必要があります。

治療の理由が背中または他の関節の痛みである場合、リウマチ因子および急性期のパラメータについて血液を検査することが望ましい。また、X線は、心配している背骨部門のスナップショットです。

アロマセラピストにどのような検査を渡す必要がありますか?心臓血管系または生殖器官の病態において、心臓の心電図検査および超音波検査は必須である。リプロダクティブシステムに関しては、アロマセラピーの使用を解決するために相談した上で専門家を締結する必要があります。一般に、各病気では、特定の検査を行う必要があります。すべてが臨床血液検査と一般的な尿検査です。

アロマセラピストはどのような診断方法を使用していますか?

診断とは、精神療法病理の治療過程の初期段階を指します。今日、あなたは人の感情状態を判断することができる多くのテクニックがあります。その中でも、臨床的および心理的な診断方法は区別される。

アロマセラピストはどのような診断方法を使用していますか?アロマセラピストは、設備や高価な方法を使わずに、人の心理状態を評価することができます。まず、専門家が特定の尺度(抑うつ、恐怖、ヒステリシスなど)を考慮したアンケートを使用します。この方法を用いて外乱の深さを評価し、発達状態の主な原因を特定した。

次に、発生する感覚に応じて5種類のエッセンシャルオイルを配置することが提案されています。最初は匂いが気持ち良いもの、最後は最低限好きなものです。ある人が一定の順序でオイルを持った後、医師は現時点で精神の優勢な領域を特定することができます。各エッセンシャルオイルは刺激的で、適応性があり、リラックスして、安定した感情と調和のとれた行動をしています。どのオイルが最初に置かれたかから、アロマセラピストは人間の感情がどのようなものであるかを理解していました。

アロマセラピストは何をしていますか?

アロマテラピーは約20年前に普及しました。それまでは、この科学は、証拠の根拠がなかった体に及ぼす油の影響についての信頼できない前提と見なされていました。時間が経つと、多くの研究が、保存され、精油として使用される植物の薬効を示している。しかし、実験にもかかわらず、治療効果のメカニズムはまだ完全には分かっていない。アロマセラピストは何をしていますか?彼の知識とアロマの助けを借りて、人間の体調だけでなく魂にもプラスの影響を与えます。

アロマテラピーは体に作用する安全で穏やかな方法と考えられていますが、アロマセラピストのコントロールがなければ、オイルや様々な芳香物質を個別に実験することはお勧めしません。さらに、アロマセラピストは、何がどのような場合に使用され、何が拒絶されるかを知っています。

アロマテラピーの特別な場所はエッセンシャルオイルを使ったマッサージです。これは神経系に有益な効果をもたらします。それは人を落ち着かせ、リラックスさせ、免疫保護を強化することができます。マッサージ中には、アーモンドオイルとジンジャー、シナモンまたは月桂樹のエッセンシャルオイルを含む特別に用意された混合物を使用することができます。

アロマセラピーからアロマオイルを使ってマッサージをする人を区別する必要があります。後者は、マッサージ技術の研究だけでなく、解剖学、生理学、および、そのようなリフレクソロジー、鍼治療など身体への影響の他の方法の知識だけでなく、必要とする特別な教育を受けるべきです。アロマセラピストは、人に複雑な影響を及ぼします。これには、根底にある病気を治療し、心理感情を修正することが含まれます。

アロマセラピストはどのような疾患を治療していますか?

アロマテリピアでは、重度の病理から倦怠感や無関心に至るまで、さまざまな障害を持つすべての年齢の人々に治療上の助けを提供することができます。アロマセラピストはどのような疾患を治療していますか?アロマテラピーの開発の初期段階では、結核や腫瘍性新生物などの重篤な病気を治療するために使用されたという情報があります。しかし、病気が治癒したという主張はないが、患者の全身状態が改善されることが知られている。

アロマセラピストは、標準的な治療法を用いて排除することができない慢性および再発性疾患の存在下で医学的支援を提供することができる。さらに、ほとんどの場合、単一の疾患の治療後、芳香物質を使用する場合には観察されない薬物の副作用が現れる。また、彼らは体に望ましくない薬の影響を取り除くことができます。

アロマセラピストはどのような疾患を治療していますか?アロマセラピストは、ストレス、うつ病、怒り、不眠症、頭痛などの一般的な状態を助けることができます。エッセンシャルオイルは、鎮静と軽い刺激を促進し、健康を改善します。

適しアロマ最も一般的な疾患の中でも、慢性気管支炎および呼吸器系の他の疾患、鼻様々な病因、体内の炎症過程、皮膚疾患、心臓病変、ならびに消化器の疾患と生殖システムのいくつかのフォームを提供することです。

アロマセラピストからのアドバイス

アロマセラピーは、アロマオイルの助けを借りて無害で有用な方法であると考えられていますが、使用にはいくつかの禁忌があります。

アロマセラピストの助言は、一定の規則や勧告が遵守されていない場合、副作用の発症を予防することを目的としています。これには、妊娠中のエッセンシャルオイルの使用禁止が含まれます。特に、ヒノキ、ラベンダー、ミントオイルなど多くのものが関係しています。また、深刻な病気がある場合は、アロマセラピー単独では使用しないでください。いくつかのタイプのオイルは、ホルモンの背景に影響を与えます。アロマセラピストのコントロールがなければ、望ましくない結果につながる可能性があります。

心臓血管系の疾患に関しては、ニュアンスを強調する価値があります。心臓発作の後または重度の狭心症の胸部および前庭精油を使用しないでください。重症の高血圧症では、ジュニパー、バジル、ミントオイルは禁忌です。泌尿器系の疾患の終末形態も、ジュニパー、タイムおよびパインの精油で治療すべきではない。てんかん患者では、ローズマリー、バジル、タイムおよびセージを注意して使用する必要があります。

子供に関するアロマセラピー医師のアドバイスは、6歳までに不眠症につながる子供の皮膚にペパーミントオイルが及ぼす悪影響について警告しています。また、ホメオパシーとアロマティックな治療手段を同時に取る必要はありません。

静脈瘤および血栓性静脈炎の場合、バジルおよびヒノキのエッセンシャルオイルの使用は禁忌である。サンダルウッドオイルの過度の使用は、上腹部領域の渇き、悪心および不快感を引き起こす可能性がある。

神経系の興奮性が高いので、クローブとセージを使用すべきではありません。ラベンダーはヨウ素と鉄を服用すると同時に使用することはできません。

マッサージの場合、フェンネル、ディル、クミン、コリアンダー、アニスを純粋な形で使用することはお勧めできません。それらは野菜または他の精油と組み合わせてのみ使用することができます。

吸入または皮膚の潤滑にエッセンシャルオイルを使用する前に、この物質のアレルギー検査を行う必要があります。これを行うには、1滴の精油と1mlのオリーブ油またはトウモロコシ油を混ぜる。その後、準備された溶液を手首に数滴滴下し、軽く皮膚にこすりつけ、1日中観察します。赤み、かゆみ、腫れがある場合、このエッセンシャルオイルはこの人に使用することを禁じられています。

触覚反応に加えて、嗅覚反応を確認する必要があります。これには、紙に1滴のエッセンシャルオイルを塗り、人がアロマを4〜5回吸うことが推奨されます。20分間、状態を監視する必要があります。反応がなければ、精油を使用することができる。

アロマセラピストはアロマの専門家であり、その助けを借りて体調を改善するだけでなく、道徳的にも改善することができます。この点で、アロマセラピストは心理療法士の一種であり、人々の感情がはるかに良くなっています。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

についての最新の調査 アロマセラピスト

自宅でのアロマセラピー:あなたが知る必要があるもの
古くから使われていた香りや香りの治療。揮発性のアロマの化合物のおかげで、あなたは免疫欠損を取り除くことができ、創傷を治癒することができます。アロマテラピーは身体の健康に良い影響を及ぼすことに加えて、その人のオーラと彼の感情に影響します。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.