^

健康

You are here

子牛

点眼剤Taufonは、眼疾患の組織栄養を改善するための局所治療薬として使用されています。

適応症 タウフォナ

眼の網膜のジストロフィー障害の治療のためにタウフォンを成人患者に任命する:

  • 遺伝性のテーパー状玄米栄養素を有する;
  • 角膜にジストロフィー変化を伴う;
  • 年齢、外傷性または放射線による白内障である。

さらに、タウフォンは、角膜損傷後に器官を復元するプロセスを活性化するために使用されることが多い。

タウフォンは、眼内圧を低下させる手段として、緑内障の患者に有効であり得る。

リリースフォーム

点眼剤の形でタウフォンを製造した:有効成分はタウリンであり、補助的な注射可能な水である。

解決策は明確で、特定の色はありません。1 mlの特別な点滴チューブに詰め込まれています。厚紙パッケージには5本または10本のチューブが含まれています。

薬力学

アミノ酸に属するtaufon低下する代謝過程の鋭い障害の背景で起こる一方、眼科炎症性疾患、機械的な眼の損傷が、網膜の変性病態と再生と修復反応を活性化することを意味します。

タウフォンはその組成に硫黄を含む物質です。これにより、溶液は、細胞膜の機能を安定化させ、エネルギーおよび代謝プロセスを改善し、細胞質中の電解質の一定の組成を維持し、シナプス伝達を阻害するための好ましい条件を作り出すことを可能にする。

薬物動態

タウフォンの滴が眼の粘膜上に滴下した後、薬物の特定の効果が観察され、薬物が眼の組織に浸透するにつれて増加する。標準量のタウフォンの使用は、全身反応を伴わない。

妊娠中に使用する タウフォナ

現在、タウフォンが妊娠や胎児の経過に影響を与えるかどうかは不明です。このテーマに関する研究は行われていないため、妊娠中および授乳中の患者にTaufonを適用することは推奨されません。

禁忌

Taufonの滴の個々の成分に過敏である患者、または薬剤全体にTaufonを使用しないでください。

相対禁忌は、妊娠、母乳育児、子供の年齢である。これらの期間中にタウフォンを使用する可能性は、医師によって個別に推定される。

副作用 タウフォナ

孤立した症例では、治療中にタウフォンの滴下による副作用があった:

  • アレルギープロセス;
  • 結膜の赤み;
  • かゆみ、燃焼;
  • 涙を流す

投薬および投与

タウフォン滴を意図した目的に使用する前に、体温まで体温まで温めておくために、予め溶液の入ったチューブを保持する必要があります。

  • 白内障患者は1日4回までタウフォンを2~3滴滴下する。治療期間は12週間です。治療は1ヶ月で繰り返すことができます。
  • 外傷性病変の患者は、4週間、1日4回までタウフォンを2〜3滴落としています。
  • 網膜ジストロフィーまたはタウフォン角膜への浸透性損傷を有する患者に、結膜下注射する:4%溶液0.3mlを10日間毎日注射する。治療は6-7ヶ月後に繰り返すことができます。
  • 開放隅角緑内障の患者は、チモロールを適用する前に、1日2回、約30時間、タウフォンを2〜3滴滴下する。この場合の治療期間は個別に決定される。

過剰摂取

 今日まで、タウフォンの過剰摂取の可能性があるという証拠はありません。

他の薬との相互作用

TaufonとTimololの組み合わせは、眼内圧の低下を改善します。

いくつかの局所眼科用薬剤の導入が予想される場合、適用の間に10-15分が予想されるべきである。この場合、最後に眼科用軟膏が使用される。

保管条件

密閉されたタウホン管は、+ 15℃までの温度で冷暗所に保管される。タウフォンをフリーズすることは不可能です。

小児は薬物貯蔵施設に限定されるべきである。

賞味期限

Taufonのパッケージは2年まで保存できます。タウフォンの開いたチューブは3日間使用する必要があります。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.