^

健康

セイジ、更年期障害とまばたき:飲む方法、禁忌

セージは、その薬効成分として世界中で認められていますが、女性にとって特に有用です。この薬用植物は、長い間代替医療で使用されており、独特の治癒特性は古代ギリシャとローマのヒーラーによって賞賛されました。

閉経とセージを飲むことはできますか?

医師や代替医学はなぜ閉経とセージを取ることを勧めますか?この奇跡的なハーブの特性と行動は、多くの研究によって証明されています。最近の医療の観測によると、それは、自宅で醸造医薬品やハーブは、女性の閉経80%の症状を取り除くためにあることが明らかとなった、その結果として、セージに基づいて閉経時の攻撃の潮の局在に薬の有効性を決定することができました、残りの20%その状態は大幅に改善されています。

サルビアは、その組成中に植物エストロゲン含まれています - 非ステロイド性植物化合女性ホルモンの完全なアナログであるので、彼は、ホルモンレベルを正常化柔らかくし、更年期の陰性症状を弱めるために、卵巣ために置くことができるです。

さらに、セージは血液毛細血管の壁の強化に影響を及ぼし、これは次に子宮および卵巣への血液供給プロセスを回復させるのに役立つ。さらに、彼は、突然のうつ病、過度の興奮性、緊張および鋭い過敏性などの情動障害に関連するプロセスを正常化する。

サルビアは、抗菌効果があり、その組成のおかげは、閉経時に激しい頭痛を解消し、子宮出血に対処するのを助けるエッセンシャルオイル、であり、そして有機酸が汗とシャープな興奮性を減らす抗炎症作用を持っています。

そのため、エストロゲン、フラボノイド、fitosterodov、エッセンシャルオイルや更年期の間に有害な症状から守るだけでなく、時期尚早しわ、他の疾患で厄介なニキビやヘルプを取り除く他の栄養素の存在に女性のための不可欠なセージの治療特性、。

閉経におけるセージの有用な特性

代替医学では、閉経中に使用される多くの薬用植物があるが、最も強力なのはセージであり、以下の有用な要素を有する:

  • エストロゲン、代謝過程の回復、血液循環の正常化および汗腺の働き;
  • プロゲステロン、心血管系に対するプラスの効果、ならびに閉経期において特に重要な血液組成の改善および月経前痛の軽減;
  • フラボノイド、血管および毛細血管の壁を強化し、これは次に新しい細胞の形成を刺激し、老化プロセスを阻害する。
  • チアニン(tianin) - 止血および抗炎症効果を有するアミノ酸。
  • チアミン(ビタミンB1)は、体内の代謝や神経系の働きにプラスの影響を与えます。
  • アスコルビン酸(ビタミンC)は、病原体に対する体の抵抗性を改善し、免疫を増強します。
  • 体内のすべての生物学的過程の発達のためのエネルギーの生成に不可欠なニコチン酸;
  • 樟脳、刺激効果を取り除く。
  • マンガン、チタン、亜鉛、銅などの微量元素、閉経に必要な脳の修復、体の防御の刺激などがあります。

セージの作用は女性の体に有益な効果をもたらし、閉経期の重要な時期にかなりの軽減をもたらす。これはスイスで最近実施された医学研究によって確認され、30日以内にセージをチンキーとして使用すると、潮の頻度と強度が低下することが判明しました。さらに、それは若返り効果を有し、精神状態を促進し、また身体的健康を強化する。

適応症 閉経とセージ

セイジは、副作用に関連する以下のタイプの障害を服用することを推奨しています。

  • 熱いフラッシュ、突発的な熱感、過度の発汗および心臓の動悸;
  • 過度の興奮性、緊張感および情動障害に関連する心理的性質の逸脱;
  • 血液毛細血管への影響を強化し、内臓の血液循環を回復させ、ホルモンの不均衡を正常化する。

さらに、フラボノイド、タンニンおよびビタミンの含有量のおかげで、セージは、閉経中に突然開く可能性のある炎症、出血を取り除くのに役立ちます。神経系を強化し、睡眠を改善し、頭痛やめまいを和らげるのに役立ちます。

セイジは、更年期の激しい潮吹きから

ホットフラッシュの除去のための閉経のためのセージの使用は、代替医学で長く使用されており、この場合、ホルモン薬の優れた代用品となり得、そのような症状の除去のために処方されることが多い。

セージは優しく働き、副作用がほとんどなく、突然の熱、発汗、心臓の動悸などの症状の際に多くの女性を助けます。

ホットフラッシュにおけるセージの有用な特性は、植物が閃光の主な原因である性ホルモンの減少を遅らせることである。この事実は科学的に証明されており、多数の医学的研究によって示されている。

セージはまた、神経系に積極的に作用し、女性の心理的感情状態を改善し、気分を改善する。彼は完璧に夜の汗の減少に対処し、冷たい汗と紅潮を防ぐ。この効果は、煎じ薬の数時間後に観察され、一定の治療では、将来、体内で起こるすべてのホルモンの変化を調節する。

残念ながら、発汗毒素が体内から排除されていない、とミネラルを積極的に骨抜き、そして女性でこの条件がほてり、突然のめまい、震えや更年期障害の他の症状を経験することがあります。セージは、奇跡的な性質のために、有害な兆候や鉱物の損失を止めるだけでなく、回復し、豊富な埋蔵量を補う。

自然界には、閉経中に多くの女性が経験するそのような問題にもうまく対処できる他の植物はない。

リリースフォーム

今日の薬局チェーンでは、医療業界が次のような形で生産するセージを見つけることができます:

  • ハーブコレクション;
  • 粉末;
  • 錠剤;
  • パステル。

ハーブコレクションは、ブロス、輸液、その他の薬用目的のために設計された細断された草です。草のパッケージは重量が異なりますが、すべてメーカーによって異なります。

粉末は50グラムの袋で製造され、これは粉末のセージの葉を含む。

錠剤には特定の臭いがあり、斜めの端を持つ平坦な丸い形と、両側に刻印された「NP」があります。色の錠剤 - 青または緑色で、含浸が明るいまたは暗い。

平らな円形の香辛料は、乾燥したセージの抽出物の天然の基礎で作られ、泡が許容され、色が不均一なカラメルベースにある。

薬力学

セージの内容物を有する薬物は、広範囲の作用を有し、局所適用を意図している。

薬物動態

一部製剤セージ抽出物は、収斂及び去痰、生物学的に活性な更年期に女性の身体にプラスの効果を有する物質、ならびに抗炎症性、抗菌性を有する並列の組み合わせです。

禁忌

薬草は制限なく飲酒できると考えるのは間違いです。セージとそれが含まれている薬は、使用に禁忌があります。その使用から、次の病理で放棄する必要があります:

  • てんかん;
  • 急性ニフライト;
  • 高血圧症;
  • 子宮内膜症;
  • 内分泌系の疾患(真性糖尿病および甲状腺疾患);
  • 乳房腫瘍を除去する外科的介入後;
  • 筋腫および多発性硬化症である。

いずれにしても、セージを使用する前に、医師に相談してください。

副作用 閉経とセージ

セージには以下の副作用があります:

  • 低血糖(血糖値の急激な低下)による一般的な状態の悪化。
  • 強い動悸。
  • 口を乾燥させる。
  • 血糖値の急激な低下。
  • アレルギー反応。

治療では、明らかに投与量を遵守し、入院の1ヶ月後に気分が良い後、一時的に薬物を使用して停止する必要があります。これは、セージの浴槽の採用には当てはまりませんが、彼らが持っていない副作用は顕著ですが、その頻繁な使用から習慣性になる可能性があります。

投薬および投与

潮の干満や他の不利な兆候が見られるときには、医師はセージで薬を服用することを推奨します。処方箋なしで無料で買うことができるという事実にもかかわらず、薬の明確な投与量に厳密に従わなければなりません。

まばゆい発作の発作が長期間続くと、1日に最大6錠の錠剤またはロゼンジを2時間間隔で服用することができます。吸収のための錠剤またはロゼンジは、完全に溶解するまで口に入れておき、噛んではいけません。

閉経期にセージを醸造する方法は?

幸福を改善し、閉経の不快な症状を取り除くために、医師はセージ、輸液または茶の煎じ薬を使用することを推奨する。醸造の過程では、調合の正確な割合と正確さを観察することが非常に重要です。

セージの煎じ薬:セージ草の大さじ2杯を沸騰水(0.7リットル)で満たし、弱火で約10分間調理し、次にブロスに約30分を与え、その後にひずみを与える。

輸液の準備:セージの乾燥葉2杯に急な沸騰水1杯を満たし、水浴に入れる。約15-20分の間低温にブロスを保つ、沸騰にもたらすことはありません。その後、熱を取り除き、セージを室温で1時間主張し、細かいストレーナーまたは厚いガーゼ層を通過させます。

セージティー:1-2ティースプーンのハーブセージは、約250mlの沸騰した湯で細かく刻んでください。お茶には、蜂蜜とレモン汁を加えることができます。

閉経とセージを飲む方法は?

セージの調理された注入と煎じ薬は、食べる前に30〜40分間暖かく飲むほうが良いです。使用の多重度 - 1日3〜4回 輸液は、冷蔵庫に保存するのが一番良いが、1日を超えることはない。

セージティーは、セージティーが体をサポートし、活性化させることができると長い間信じられてきたので、1日に数回、1つのガラスを1回飲むことができます。

また、クライマックスでは、セージの葉から新しく搾ったジュースを飲むことをお勧めします。セージの葉は1日に2杯分まで取ることができます。セージの葉からのアルコールチンキの助け。少量の水で希釈し、1日当たり15〜30滴を飲まなければならない。

セイジコースを受講するのが一番良いと思い、中断して1ヶ月間交代することをお勧めします。ほとんどの女性は、そのような治療の有効性に積極的に反応します。

過剰摂取

セージを使用する長期的な慣行は、適切に適用された場合、患者の過剰摂取は観察されなかったことを示唆している。しかし、過度の線量が原因となる場合があります:

  • 中毒;
  • 重度の頭痛;
  • 血中のインスリン値が上昇した。
  • 長期間使用すると肝臓や腎臓にセージが蓄積され、体の中毒を引き起こす可能性があります。

医師は、セージの受け取り中に、適用の注意と正しい投薬量を観察するようアドバイスする。

他の薬との相互作用

セージは他の医薬品と一緒に服用することができます。

保管条件

乾燥したセージの草の集まりは、高密度の段ボール箱またはガラス瓶、ならびにリネンまたは紙袋に貯蔵される。部屋は乾燥して暖かく、換気が良いはずです。室温は25℃を超えてはならない。

セージの丸薬は乾燥した、暗い場所に保管してください。子供には近づきません。

賞味期限

セージの錠剤およびトローチの貯蔵寿命は3年である。パッケージに記載されている有効期限が過ぎると、製品を使用することは推奨されません。

原材料の賞味期限は1年から1年5年です。 

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.