^

健康

You are here

マグネB6フォート

Magne B6 forteは、その組成においてビタミンB 6(塩酸ピリドキシン)およびマグネシウム塩を有する複合薬剤である。 

適応症 マグネB6フォート

人体へのマグネシウムの不十分な摂取は負の影響を及ぼします:痙攣、不眠、脱毛が起こることがあります。人は刺激的(時に積極的)になり、心臓の痛み、血圧の頻繁かつ突発的なジャンプに苦しんでいます。これらのすべての現象は、あなたの体のマグネシウム欠乏症の最初の症状である可能性があります。治療は、状況を悪化させないように、直ちに開始されるべきである。結局のところ、あなたは時間のマグネシウムのバランスを埋めるしない場合、その欠如は、心筋梗塞だけでなく、心血管系の問題につながる可能性があります。

ピリドキシンは水によく溶けますので、体から簡単に取り除くことができます。したがって、その埋蔵量を常に補充する必要があります。現代の世界では、人は毎日大きな精神的、心理的負荷を受けます。このすべてに対処し、ストレスを経験しないためには、身体は十分な量のエネルギーとアミノ酸を必要とします。我々が使用する食品から得られるエネルギーとアミノ酸。ピリドキシンは正常な同化に必要です。

その結果、Magne B6 Fortは、心臓病、ストレス、不眠症の発症を予防するために必要とされると言えるでしょう。あなたの髪と爪の美しさのために。

リリースフォーム

Magne B6 forteは錠剤の形態で経口投与(アンプル)のための溶液の形態で放出される。わずか約48mgのマグネシウムを含有する錠剤とは異なり、マグネシウムアンプルははるかに大きく(100mgまで)ます。同じことがピリドキシンにも当てはまります。ピリドキシンは錠剤に5mg、アンプルには10mgが含まれています。解決策もカラメルの香りがあります。

薬力学

Magne B6には、マグネシウムとビタミンB6の2つの主要成分が含まれています。 

マグネシウムは人体にとって重要な微量元素です。彼は、細胞のエネルギー過程に関与し、筋骨格組織における神経インパルス伝達のメカニズムを改善し、心臓の働きおよび血管の状態を安定させる。

ビタミンB6は、マグネシウムの胃腸管からの吸収と体内への浸透を促進します。上記のように、ピリドキシンは、身体が正常な生活のために食物からアミノ酸およびエネルギーを吸収するのを助ける。加えて、ビタミンは、タンパク質および脂肪の交換において、血液細胞および免疫の産生に関与する。

薬物動態

吸収(吸収)と分布

マグネシウムの吸収は消化管で起こる。胃腸管からは、マグネシウムの半分以下しか吸収されません。つまり、50%です。

体内では、マグネシウムは滑らかで筋状の筋肉に、また骨系にも分布しています。

排泄

ほとんどのマグネシウムは尿とともに出てくる。

妊娠中に使用する マグネB6フォート

妊娠中の女性の体内のマグネシウムの量は、そのほとんどが子供の筋骨格系の発達につながるため、急激に減少する。この微量元素の欠乏は、痙攣、子宮の肥大化(結果として、しばしば流産が起こる)、手足の震えにつながります。体内のマグネシウム含量が低いと、妊娠中の女性は神経質になり(これは将来の赤ちゃんに非常に有害である)、鈍い状態になります。彼女はよく眠れず、食べて、絶えず疲れているように感じます。また、妊婦は、腹部の上腹部の消化、痛みに問題があるかもしれません。

あなたが突然上記の症状で自分を見つけた場合は、すぐにあなたの医者に連絡する必要があります。必要に応じて、彼はあなたにMagne-B6の職を任せます。自己投薬(特に妊娠中の女性)は絶対に禁じられています。

ご覧のように、マグネシウムは人体、特に妊婦のために非常に重要です。しかし、マグネシウムに加えて、Magne B6 FortにはビタミンB6も含まれています。これはまた非常に重要です。結局のところ、彼らはそれを「最も女性的なビタミン」と呼んでいるわけではありません。ピリドキシンは、血液細胞の形成および子供の免疫に関与する。また、赤ちゃんの神経系の構築に必要です。 

禁忌

あなたが胃潰瘍、重度の肝臓および腎臓疾患、または冠状動脈性心疾患を有する場合、アミノ酸の交換、フルクトース不耐性に問題がある場合は、Magne B6 forteを摂取すべきではない。Magne B6の砦は、薬物の成分の少なくとも1つに対して過敏症を有する者には禁忌である。また、6歳未満の児童も薬の服用を禁じられています。低血圧の人は、マグネシウムが血圧を下げるという性質を持っていることを覚えておく必要があります。これは低血圧の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

副作用 マグネB6フォート

ほとんどの場合、薬物は正常に転移する。時々、人々はアレルギー反応(発赤、かゆみ、かぶれ)、足に感覚をヒリヒリと燃える、頭痛、眠気や疲労感、下痢、吐き気、嘔吐が発現します。

投薬および投与

この薬を摂取するときの用量は、医師によって処方される。原則として、成人は1日6〜8錠を処方されますが、それ以上ではないので、過剰摂取を起こさないようにします。6歳以上の子供は丸薬(1日4〜6回)を服用することができますが、6歳未満の子供は錠剤を服用できません。彼らは解決策を選ぶ。

この薬の1日の投与量は2〜3回に分けられるべきであることを忘れないでください。

過剰摂取

1日に推奨される推奨用量を超えることはできません。正常な腎機能を有する患者では、これは通常、副作用の急激な増加をもたらす。また、腎臓病に罹患している患者では、Magne B6 Fortの過剰摂取はマグネシウムが過剰に蓄積して体に重度の中毒を引き起こす可能性があります。そして、彼は蓄積しています。なぜなら、泌尿器系が正常に機能しないため、マグネシウムは身体から排泄される時間がないからです。

他の薬との相互作用

製剤Magne B6は、テトラサイクリン(抗生物質)、抗パーキンソン病治療薬、レボドーパ、リン酸塩およびカルシウム塩と同時に摂取することは禁じられています。

最初のケースでは、マグネシウムは抗生物質の吸収を減少させます。レボドパの場合、マグネシウムは単にその活性を遮断する。リン酸塩とカルシウム塩は、胃のマグネシウムの吸収を遅くします。

保管条件

錠剤および溶液の保存条件は同じである。両方の剤形は乾燥した暗所に保管してください。保存温度が25℃以下

すべての薬は子供の手の届かないところに保管してください!

賞味期限

アンプルでのMagne B6 Fortの賞味期限は3年、錠剤では2年です。期間の終わりに、薬を服用すべきではありません。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


ソーシャルネットワークで共有する

注意!

情報の認識を簡素化するため、この薬物の使用説明書は、薬物の医療使用に関する公式の指示に基づいて特殊な形で翻訳され提示されています。マグネB6フォート

説明は情報提供の目的で提供され、自己治癒の手引きではありません。 この薬物の必要性、治療レジメンの目的、薬物の投与方法および投与量は主治医によってのみ決定される。 自己投薬はあなたの健康にとって危険です。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.