^

健康

咳のための軟膏

最後にレビューした人:、医療専門家、 26.06.2018

風邪の一般的な合併症は鼻水や咳です。喉頭気管炎、気管炎、気管気管支炎、気管支炎および肺炎は、発生にかかわらず、咳を伴う。咳反射の発現の強さは、炎症過程における胸部の関与の程度に依存する。風邪の合併症の症状を軽減するための軟膏の使用は、活性エーテルフュームの温暖効果および抗炎症吸入吸入に基づいている。補助咳治療法を使用する魅力的で簡単な方法。最小限に、この治療方法の効果による副作用の発現が低減される。あなたが正しく軟膏を使用し、使用されている投薬の量で過度に過ごしていない場合(治療の高すぎる投与量では、適用部位に火傷が存在する可能性がある)、治療は肯定的な力学のみを有する。

適応症 咳のための軟膏

専門医に相談した後、禁忌がなければ、軟膏の使用による擦りは、気管支樹疾患の治療において重要な役割を果たす。咳を伴う多くの肺病変における特殊軟膏の積極的な使用は、より速い回復をもたらす。軟膏で胸を粉砕すると、適用領域での血液循環が活性化され、ウイルスおよび細菌の生命活動の生成物の排出が促進される。

リリースフォーム

こすった後の温暖化効果は、胸郭の臓器をより深く暖め、その中の停滞現象を減少させる。精油の蒸気を吸入すると、粘液呼吸器系の炎症を軽減するのに役立ちます。

テルペンチン軟膏

テルペンチン軟膏は、植物成分から作られ、抗炎症性を有する。

使用の適応症は、呼吸器系の急性疾患、リウマチ、筋肉痛、末梢神経線維、放射状炎、Sokolsky-Buyo疾患である。

適用方法。こすりの形で軟膏を使用してください。乳首の領域と心臓の投影を避けて、上半身、首に薬剤を塗布する。激しい動きは積極的に軟膏を皮膚にこする。患者は自然な布で作られたシャツの上に置かれ、毛布で包まれて熱を保ちます。2〜3の処置後、状態は改善する。軟膏が子供の咳を治療するために使用される場合、それはベビークリームと等しい割合で混合されます。

禁忌 - 腎臓や肝臓の仕事における障害。薬物の成分の不耐性。粘膜に薬物を投与する危険性。妊娠中の使用は除外されています。

軟膏Dr. Mom

外部で使用されます。半透明色の手段。天然成分から作られています。活性作用物質 - カンフル、レボメントール、ナツメグ油、テルペンチンおよびユーカリ、チモール。基礎は白色パラフィンです。局所刺激性、消炎作用、消毒作用がある。軟膏は、ARIの対症療法を目的としている。それは厳密に外部で使用されます。皮膚への損傷、個々の構成要素および2歳未満の子供の個々の不耐性に対する禁忌の使用。副作用はアレルギー症状である。それは密閉された容器の中で太陽光線に近づきにくい場所に15〜25℃の温度で保管されます。賞味期限は36ヶ月です。

プロポリスの軟膏

ホメオパシーの治療薬、主な有効成分はプロポリスです。賦形剤 - 医療用石油ゼリー。プロポリスは養蜂の産物です。蜂と花粉の過敏症の人には危険な可能性があります。プロポリスは:ビタミン、ニコチンおよびアスコルビン酸、脂肪酸(クマリン、カフェー酸、桂皮酸)の様々なアミノ酸(リジン、システイン、アルギニン、等)、フラボノイド、ピノセンブリンを。

プロポリス軟膏は、独立して調製することができる。冷凍庫で10-15gのプロポリスを凍らせ、原材料を火炉に火をつけます。バター(100g)をとり、水浴で溶かします。油性溶液に、粉状のプロポリスを加え、30分間煮る。混合物を濾過し、冷却する。冷蔵庫に保管してください。

軟膏薬局または家庭用製剤は同様に効果的であり、抗炎症および鎮痛特性を有し、創傷の再生および治癒を促進する。

テラフル軟膏

外部使用のための組み合わされた製品。呼吸器系の病気に使用されます。有効成分 - 樟脳、ローズマリーおよびユーカリの精油、ペルーの香料。補助成分 - カルボポール、水酸化ナトリウム(30%rr)、ポリオキシエチレン、精製水。軟膏は、咳を伴うウイルス性気道感染症の複雑な治療の一成分である。使用の適応 - 気管炎、気管気管支炎、喉頭気管炎、気管支炎。痙攣発作の増加、3歳未満の子供および子供への感受性の症候群において、軟膏は禁忌である。妊娠中、授乳期間中の適用は望ましくない。なぜなら、これらの期間中の母親および子供の健康に対する薬物の影響に関するデータはないからである。外部に軟膏を2または3 r /日投与する。胸部や背中の小部分に少しずつ塗り、ややこする。副作用:局所アレルギー反応があらわれることがあります。

Viks軟膏

ハーブ成分に基づく軟膏(ユーカリおよびターペンタインオイル、カンフル、レボメントール)。鼻炎、咳、咽喉の症状を伴う急性呼吸器ウイルス感染症の複雑な治療の補助要素として使用される。軟膏は、気管支喘息、うそつき咳、ラニーゴおよび気管支痙攣への傾き、虚偽クループ、薬剤の成分に対する過敏症、2歳未満の子供には禁忌である。将来の母親および胎児の生物に対する薬物成分の影響についての情報が不足しているため、妊娠中に薬物を使用することは推奨されない。

この薬は、外部または吸入のためにのみ使用してください。胸部、背部、頸部の皮膚に塗布することをお勧めします。マッサージの動きは1日2〜4回です。治療の経過は最大5日間です。軟膏は、処方箋なしで調剤され、きつく閉じたジャーで25℃以下で保存されます。棚の寿命 - 4年。

アスタリスク軟膏

天然成分から作られた軟膏剤。成分:メントール、カンフル、ミント、ユーカリ、クローブの花、ミツロウ、パラフィン、ラノリン、石油ゼリー。缶の中で梱包されています。局所刺激性、防腐効果があります。インフルエンザ、寒さ、風邪の場合には、軟膏を使用することお勧めします。禁忌は、製品の成分に対する感受性、損傷した皮膚、2歳未満の子供のことです。適用の方法 - 外部から、鼻の翼の皮膚、一時的な領域に軽く研削して潤滑します。眼の中に軟膏が入らないように注意深く手順を実行してください。保管ルールに違反した場合(日光や湿気から隔離されていない場合)、薬は有効性を失います。密閉容器に12〜15℃で保存する。棚寿命 - 5年。

ブリオニア軟膏

外的使用のためのホメオパシー療法。有効成分は白色ヘアスプレー抽出物である。複雑な治療の成分として、咳による軟膏は、呼吸器系の病理学において使用され、気管支分泌物の除去に寄与し、咳の咳の発現を低減する。指示書によれば、薬剤は、気管支炎、気管炎、関節疾患での使用示されている。咳の軟膏からは、以下のように使用されます:胸の領域に適用し、1 r./dutに戻します。(できれば夕方)、暖かい天然の布で処理した部分を包んでください。禁忌 - 派生的な過失の不寛容。妊娠期間中、薬剤は密接な医学的監督下で投与される。製剤を保存するのに適した条件は、20℃以下の温度バックグラウンドであり、子供たちがアクセスできない暗い乾燥した場所。賞味期限は2年です。

ヘルペロン軟膏

この薬剤は抗ウイルス効果を有する。有効成分:インターフェロン、アシクロビル、リドカイン。色 - 白、クリーム色合い。それは弱い特定の臭いを有する。局所鎮痛、抗ウィルス、消炎鎮痛作用を有する。

薬物の薬力学は、各成分の作用機序によって決定される。

インターフェロン - 抗ウイルス活性は、免疫状態を正常化する。アシクロビルは抗ウイルスおよび抗炎症効果である。リドカインは、適用部位における鎮痛作用である。禁忌 - 薬の成分に対する過敏症。それは、抗炎症および免疫調節薬とよく適合する。寒さの最初の兆候の出現とともに、粘膜に5rの粘膜が適用される。4時間の休憩のある日。使用方法は5-10日です。薬物を2〜8℃の温度で貯蔵する。貯蔵寿命は24ヶ月です。

上記の咳軟膏はすべて、薬剤の組成および類似の薬物動態に依存して、異なる薬力学を有する。それらの皮膚による吸収は最小限である。彼らは血液や尿で決まるわけではありません。影響を受けた肌では、効果は中程度です。

乾いた咳で軟膏

乾燥した咳の攻撃 - さまざまな刺激剤(痰、滲出液、粘液)から上気道をきれいにすることを目的とした反射。乾いた咳は、ほとんど常に感染性、寒冷性、ウイルス性疾患に付随する。身体の免疫応答および疾患の原因物質に依存して、咳の特徴は軽度から衰弱性に変化し、睡眠中は激しくなる。

咳による軟膏の副作用は、一部の成分の不耐性と関連して起こり、局所アレルギー反応(充血、かゆみ、灼熱)によって発現する。

乾いた咳に使用される軟膏:Dr. Mom、軟膏スター、プロポリス、Gerpferonなど

軟膏は外部使用のみを目的としています。

過敏症の存在下での薬物禁忌、成分、皮膚炎症の存在および皮膚の上層の完全性の破壊。

温暖化クリーム軟膏

ほとんどすべてのカタル性疾患には咳が伴う。現代世界では、この症状に対処するために多数の様々な薬物が利用可能である。咳の広範囲の軟膏。伝統医の賛同者は、このツールを注意をそらさない手順に委ねている。しかし、薬は非常に人気があります。それらはしばしばメントール、テルペンチン、カンフル、チモール(タイム)、サリチル酸メチルなどを含む。これらの外用剤を含む成分は、十分に強力な消毒剤、加温剤、発汗抑制剤、血液循環を強化し、最終的には喀痰の刺激につながる。

咳から軟膏を温めるには:

  • バルサムアスタリスク
  • Bom-Benge
  • Boromentholovaya
  • Kombigrippおよびその他。

これらの薬剤の使用の容易さの利点。必要な量を服用し、胸、喉頭、背中、または胸のゾーンで10分間こするだけで十分です。寝る前に夕方に擦るための手順を実行することをお勧めします。

体温が高くなるとこすらないでください。可能性のある局所アレルギー症状を忘れないでください。加熱咳軟膏は、疾患の急性期には使用されない。残った寒さを排除するために、回復に近づいている間は使用を許可する。1歳未満の子供には温かい軟膏は使用されず、年長の子供には非常に注意が払われています。

咳止めのための軟膏

深い古さから現在まで、子どもや大人の咳の効果的な方法であるこすりは保存されています。この手順は、血流の強度を高め、気管気管支樹の病理学的分泌の逸脱を刺激し、咳を減少させるための加温することである。

工業的に製造された粉砕用、ターペンタイン軟膏、Dr.Mom、Vix-アセット、ブリオニア軟膏、精油を含む軟膏、クマ、オヒヤギ、ヤギの脂肪。各薬剤の活性成分は、良好な透過性および消炎作用を有する。

代替ヒーラーは、ヤギまたはオッガーの脂肪を適用するために擦るために助言する。あなたは純粋な形で、または様々な添加物(産まれたもの、アルコールまたはウォッカ)を使って脂肪を使うことができます。ハチミツは、抗菌性、抗真菌性、抗ウイルス性および鎮静性を有する。アルコールまたはウォッカは、胸の器官の血管の深部温暖化および拡張に寄与する。

薬局のチェーンで販売されている軟膏のドクターママは、研削に使用されます。軟膏の組成は、ユーカリとメントールを含有し、胸部を集中的に温め、抗菌特性を有する。

咳の軟膏を使用して擦ると、肺からのより積極的な喀痰排出が促進され、回復が早まる。

研削の手順を正しく実行する必要があります。使用前の軟膏は均一な粘稠度に加熱する必要があります。使用される軟膏は室温でなければならない。薬剤は指示に従って胸郭に適用されるが、心臓の投影領域はほとんどの場合除外される。こすられた場所は、天然の布やタオルで覆われています。患者は毛布に包まれ、少なくとも2時間寝かせられる。この手順は就寝前に行うのが最善です。

咳の準備の軟膏のフォームは、ベッドリネンとベッドリネンを汚すことができます。この場合、残念ではない古いものを使用して廃棄する必要があります。

熱傷がなく、2歳以上の子供がいない場合にのみこすりこむことができます。

子供用咳止め剤

子供向けの咳止め軟膏は、何世紀にもわたり使用されてきました。現在、製薬業界は、子供の治療に使用するために、咳から様々な軟膏およびクリームを多数製造しています。それらはすべて異なって適用されます。いくつかの作用は、抗炎症性を有する精油の吸入に基づいており、他のものは粉砕に有効である。をするために軟膏を使用する前に、必須の小児科の相談が必要です。各軟膏は、適応症および禁忌のそれ自体のリストを有する。この咳の性質は、中枢神経系のある領域の刺激にあるので、咳が百日咳の病気のために起こると、軟膏で擦ることは肯定的な結果をもたらす可能性は低い。

インフルエンザやARVIの場合は、子供の乾いた濡れた咳を判断する必要があります。カタル病の初期段階では、咳は通常乾燥している。

乾燥した(非生産的な)咳がしばらくの間、ぬれた咳に変わります。患者の全身状態が改善し、粘液膿性痰が分離し始める。

軟膏の使用は、非生産的な咳を生産的(ぬれた)に移すときに有効である。摩擦は痰の排出を加速し、迅速な回復を促進する。幼児を含む子供の年齢の咳による軟膏を使用できますが、子供の敏感な特徴を覚えておくことが重要です。軟膏が初めて使用される場合、個々の感受性の試験が必要である。これを行うには、尺骨の内面に少量を塗ります。局所発赤や発疹がない場合は、安全に薬剤を使用することができます。

小児科で最も人気のある軟膏は次のとおりです。

  • Pulmex赤ちゃん;
  • ドクターママ;
  • タイ博士。
  • ベア・キューブ;
  • Badgerなど。

すべての咳止め軟膏は、心臓の投影を迂回して、胸の上に、背中に、足の裏にも塗布される。寒さの治療のために軟膏を使用する場合、鼻翼は薬物で潤滑される。

軟膏で擦ることは、効果的かつ簡単な咳軽減方法であり、迅速な回復に寄与する。製薬業界で生産される品種、咳による軟膏は、この方法が治療的処置に積極的に使用されていることは間違いない。しかし、軟膏で擦ることは絶対に安全な方法ではありません。軟膏の成分、可能な年齢制限、皮膚への軟膏暴露の持続時間に対する体の個々の感受性について忘れないでください。これらすべての機能は、研削の準備を処方する際に医師によって考慮されます。一見すると、軟膏の適用は全く無害であると思われるが、自己投薬は容認できない。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

注意!

情報の認識を簡素化するため、この薬物の使用説明書は、薬物の医療使用に関する公式の指示に基づいて特殊な形で翻訳され提示されています。咳のための軟膏

説明は情報提供の目的で提供され、自己治癒の手引きではありません。 この薬物の必要性、治療レジメンの目的、薬物の投与方法および投与量は主治医によってのみ決定される。 自己投薬はあなたの健康にとって危険です。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.