^

健康

You are here

A
A
A

バイパーの咬傷は普通です:何をするのか、避ける方法は?

 

バイパーは必要な保護と自己防衛のために最後の手段としてしかかまわないそれらのヘビの1つです。ヘビは最初に攻撃することはありません。したがって、一口を避けるためには、どんな方法でもヘビを邪魔しないように、非常に注意して注意しなければなりません。特にこの時期にはヘビが太陽を浴びて日差しを浴びるため、夜明けの朝はすっきりとしているはずです。ヘビは泥炭の寝具、ゆるい地面、森林の湿った葉の下、開いた羽ばたきで生息することがよくあります。いくつかのヘビは草、茂みに隠れています。茂みを非常に慎重に進む必要があります。

特に4月下旬、5月上旬には、春にはバイパーに噛まれる危険性が高まります。この期間中、ヘビは通常活性化され、子孫を持ち、冬眠後に目を覚ます。太陽の光が地球を暖かくし、ヘビはしばしば石の上に座るような、開いた地形に這い上がります。洞窟、森林の峡谷、または穴に行くときは慎重にしなければなりません。加算器は、古くて緩やかな建物で、放棄された建築材料の下で干し草を横切ることができます。ヘビが泳ぐことができるので、水も危険です。特に危険なのは、茂みや葦が多い水域です。

ほとんどの場合、加算器はロシアの中部に住んでいます。

外観のヘビを認識するのは簡単です:それはジグザグの形と灰色です。また、ヘビの体に沿ってダークストリップがあります。ほとんどの場合、ぼんやりとしたエッジがありますが、まれに平坦なエッジもあります。主に独白は灰色ですが、黒もあります。

疫学

統計によると、適切な応急処置をすれば、治療は肯定的な結果をもたらす。応急処置が提供されない場合、致命的な結果が発生します。応急手当がなかった場合、わずか2〜3時間で13%の人しか生き延びることができませんでした。応急手当がタイムリーに提供されれば、かなり迅速に回復する可能性があり、重大な結果を招くことなく咬合が通過する可能性があります。

原因 普通のバイパーの咬傷

バイパーは冷たいので、日中は活動が見られます。ほとんど彼らは暖かく晴れた日に出かけます。夜間には、気温がかなり高い場合にのみ活動を示します。夜になると、ヘビが火に這うことがあります。

ヘビは常に予備警報の後でしか攻撃しないということを知る必要があります。それは通常は騒がしく、湾曲した姿勢を取る - 脅威と脅迫の姿勢をとり、いくつかの即興ショットを前進させます。あなたがそのようなヘビを残さないならば、彼女は急ぐ必要があります。蛇に触れたり、接近したり、突然の動きをしたりしてはいけません。蛇を恐れることができ、自衛隊で攻撃することができます。

症状 普通のバイパーの咬傷

噛むと、人は原則として痛みを感じます。これは、ヘビが皮膚にかみ傷を負って、創傷部位に毒を注射し、体内に広がり、痛みが絶えず進行して成長するためです。まず、局所反応が進行し、かゆみ、燃焼、腫脹、刺激が伴う。咬合部位の皮膚が白くなる。しばらくすると全身反応が起こり、炎症や赤みが広がり、ヘビの咬傷の毒素が体の深部まで浸透します。

毒は神経組織に高い指向性を示すので、最初に影響を受けることを覚えておく必要があります。この点で、最も危険なのは頭、首の咬合です。最も危険なのは、足、腕のかみ傷です。しかし、これはあなたが応急処置を提供する必要がないということを意味するものではありません。逆に、できるだけ早く毒を吸い取って中和し、抗毒性を発揮する必要があります。

免疫系に含まれるサイトカインは、血液凝固系が破壊されるだけでなく、血液中の炎症過程の進行をもたらす。このプロセスには強い疼痛症候群が伴う。あなたが応急処置をしておらず、その後の治療を行わない場合、腫れは激しさを増すだけです。最も重篤な段階は、冒された組織の壊死である。

中毒は、原則として、強い中毒プロセスを伴い、その間に炎症プロセスが進行し、典型的な中毒の徴候が現れる:悪心、嘔吐、下痢。また、このプロセスには息切れ、動悸が伴う。

処理 普通のバイパーの咬傷

ヘビの咬傷のための応急処置の本質は、あなたが体から毒を排除する必要があるということです。一口後の最初の時間に、できるだけ早く毒を吸い取る必要があります。これは、近くの医療機関がない場合、キャンペーンの条件に特に当てはまります。人々はしばしば、吸う間に口に入る毒によって中毒することができるかという質問をします。ここでは、応急処置を行っている人をすぐに安心させることができます。摂取したときの毒は危険ではありません。血液凝固システムの敗北。

ヘビが噛むと、まずその場で緊急の助けがあります。被災者を病院に運ぶためにはできるだけ早く必要があります。統計によると、ほとんどの場合、かみ傷自体が危険ではなく、かみ合った後に間違った行動がどれほど危険であるかがわかります。

したがって、アクションの順序はおよそ次の形式になります。

  1. 毒は、一口の後に残る穴を通して吸われなければならない。
  2. 直ちに救急車を呼んでください。
  3. 犠牲者を輸送する必要がある場合は、身体の噛んだ部分が固定されている必要があります。いかなる場合でも、身体の損傷した部分は、その動きが加速された吸収を促進し、毒が身体全体をより速く拡散するのを確実にするために、いかなる動きによっても実行され得る。
  4. アレルギー反応の傾向、炎症の発症、重度の発赤に伴い、抗アレルギー薬または抗ヒスタミン薬を飲む必要があります。キャンペーンで抗アレルギー薬は必ずあなたと一緒にいなければなりません。
  5. ドリンクは身体からの毒素の除去を促進し、中毒、炎症過程を減少させるので、できるだけ多くの液体を飲む必要があります。あなたはたくさん飲む必要がありますが、小分けしてください。1日に少なくとも3リットルの液体を飲む必要があります。純粋な飲料水を飲むのが最善ですが、ジュースも適しています。ジュースのうち、リンゴジュース、柑橘類ジュース、ザクロジュースは非常に良いと判明した。

必要な支援を独立して医師に提供する機会を提供する。身体にのみ害を与えることができるので、自己投薬しないでください。あなたがすることができる唯一のことは、毒を吸う、抗アレルギーを与える、手足の不動を確保する、そして医療機関にできるだけ早く被害者を届け、より多くの措置を取る必要はありません。抗アレルギー薬、十分に証明されたサプラスチン、タベジル、ロラタジン。気管支喘息に罹患している場合は、継続的に適用される薬物を適用する必要があります。

また、ヘビの咬傷ではならない一連の活動を覚えておく必要があります。

  1. あなたはアルコールを飲むことはできません。
  2. あなたは特に、過酸化物、ヨウ素、鮮やかな緑、アルコール、または他の手段を落とすために、傷の表面を処理することはできません。
  3. かまぼこの場所を焼くことは不可能です。
  4. 過マンガン酸カリウムやその他の物質、特に化学物質の場合は、すすぎをしないでください。
  5. 硬い止血帯をかけたり、患部を挟んだりしないでください。止血帯は毒の吸収を止めるわけではなく、循環を悪化させるだけです。
  6. 自己投薬はできません。毒の中和が行われる本格的な抗毒素療法が必要です。フォークは、ホメオパシーの救済策は、肯定的な影響を持っていないだけでなく、彼らはさらに状況を悪化させることができます。
最終更新日:31.10.2018
!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.