^

健康

You are here

子供の麻酔医

小児麻酔医は、すべての医学において最も必要とされており、必要な専門分野の一つです。それには、麻酔学の基礎だけでなく、蘇生の側面も含まれます。この重要な科学的かつ実践的な医学の専門は、外科、産科、治療および他の多くの医療分野において特別な場所を占めています。

小児科の麻酔科は、すべての年齢の子供の生活に多大な責任を負う。彼女のおかげで、多くの子供たちは、外科的介入を延期し、実際に健康な人が麻酔から抜け出すことができます。さらに、術後早期の管理は、その後の回復が主に依存する麻酔医の肩にも行われる。

子供の麻酔科医は誰ですか?

麻酔医の存在がなければ外科的操作は不可能である。もちろん、手術の範囲に応じて、全身麻酔を省略することもできるが、局所麻酔でもその規則および必要条件を知って行うべきである。

今、子供の麻酔科医は誰かを理解する必要がありますか?これは、慎重に児童を調べた後、熟練した専門家であり、手術介入が可能です。さらに、外科手術に干渉する一定の状態がある場合、麻酔中には何も生命を脅かすことがないように、外科手術を妨げる一定の条件があれば、それを排除しなければならない。また、小児麻酔科医は、手術室で最も重要な専門医の1人であると考えられています。結局のところ、それは手術チームと患者自身の両方にとって手術のための最適条件を提供する。

小児の麻酔医に連絡するのはいつですか?

小児麻酔医に連絡するのはいつですか?小児科の主な違いは、診断介入を行う場合でも制御された鎮静が必要であるという事実である。もちろん、これは外科的介入ではありませんが、小児麻酔医の場合は、患者を固定し、穏やかな調査を確実にする必要があります。

さらに、重要な貢献は、手術前の子供の道徳的準備です。子供たちは、母親とのつながりが発達しているので、短時間でも、子どもが手を出せなくなります。これを避けるためには、子供と会話し、何が起こっているのかを魅了し、睡眠中に行うエキサイティングな旅を思いつくことが必要です。もちろん、赤ちゃんを和らげることは必ずしも可能ではありませんが、この場合特別な薬があります。

小児の麻酔科医に行くときは、どのようなテストを受けなければなりませんか?

手術中にできるだけ不快な驚きを得るために、小児科の麻酔科医は手術前に赤ちゃんの健康状態を事前に知っておく必要があります。病理があれば、この分野の徹底的な調査が行われなければならない。

術前検査には、子供の病歴の知人が含まれます。その後、肝臓、心血管系および泌尿器系が検査される。また、薬物療法、トラウマ、手術、および慢性病理の存在についてのアレルギー状態について学ぶことも必要です。提案された外科的介入に関連しない病理が発見された場合、手術中または手術後に合併症の発症を避けるために、より詳細に病気を検査することが推奨される。

小児の麻酔科医に行くときは、どのようなテストを受けなければなりませんか?まず、臨床的な血液検査を行い、一般的な尿検査を行うべきです。これらの分析の助けを借りて、あなたは赤ちゃんの全体的な健康の画像を見ることができます。例えば、炎症性またはアレルギー性のプロセスの存在、および泌尿器系の病理を疑う。さらに、併存疾患の存在下で、この身体システムを検査する必要がある。腎臓に問題が疑われる場合は、NechiporenkoまたはZemnitskiyの尿検査に合格することをお勧めします。肝臓や胆管系の機能不全の疑いがある場合は、ビリルビン、ALT、ASTの試験で生化学的血液検査を行うことが推奨されます。さらに、血液、尿素、クレアチニン、ならびに急性期パラメータにおけるグルコースの重要性。

子供の麻酔医はどの診断方法を使用していますか?

子供の麻酔医はどの診断方法を使用していますか?手術前診断のための義務は心電図です。残りの研究方法は適応症に応じて任命される。呼吸器系に付随する疾患がある場合は、X線検査、スピログラフィまたは他の診断方法を提供することが望ましい。泌尿器系の病理では、腎臓および膀胱の超音波検査を行うことが望ましい。生殖器系の病気には、その後の健康状態に関する専門家の相談が必要です。心臓は、心筋の収縮性、心拍出量、弁システムの状態および壁の厚さを評価することができる心エコー検査の助けを借りて検査される。糖尿病の存在下では、負荷をかけてグルコースの研究を行う必要があります。これは手術前および術後に必要なインスリンの最適用量を決定するために必要です。

子供の麻酔医はどの診断方法を使用していますか?最初の検査では、小児麻酔医はステレオ内視鏡で心臓と肺の聴診を行います。さらに、圧力とパルスを測定します。これらの診断方法はすべて、手術前に子供の健康状態を評価するために実施する必要があります。

子供の麻酔科医は何をしていますか?

小児麻酔医は手術中に何をしますか?この手術は、任意の疾患を治療する外科的方法である。しかしながら、外科的介入または最小の痛みを伴う操作さえも、刺激に対する身体のストレス応答を引き起こす。この状態の原因は、痛みの要因だけでなく、失血、ガス交換障害または生化学的変化などによる循環系の変化でもあり得る。

身体の応答は、神経血管系の活性化によって調節され、その結果、末梢血管の攣縮が観察され、カテコールアミンのさらなる産生がもたらされる。したがって、円が閉じ、原因が引き続き作用するかどうかにかかわらず、身体の反応は、既に引き起こされた反応によって調整される。

子供の麻酔科医は何をしていますか?このようなプロセスの活性化を避けるために、麻酔科医の慎重な監視と参加が必要である。彼の責任は、痛みの除去や手術時の意識のオフ子だけでなく、彼の人生の安全性を確保するために、手術中およびまもなく麻酔と術後期間後の両方ではないだけが含まれます。

麻酔医によってどのような病気が治療されていますか?

医学における麻酔と蘇生は同じ質問を解決することが最も多いため、ほとんどの診療所ではこれらの枝がつながっています。麻酔科医の主な任務は、手術のための子供の道徳的および医薬品の準備、外科的介入中の赤ちゃんの状態の制御、ならびに術後早期の維持である。

麻酔医によってどのような病気が治療されていますか?小児科の麻酔科医は、今後の手術のために子供を準備する。さらに、ある病理学的状態の存在下で、麻酔医は外科的介入を防止するために、それを非活動状態に変えようとする。術後期間は、集中治療が必要な場合もある。これは、解剖学的および生理学的構造の特徴によるものであり、小児期には、大人よりも致命的な状態が頻繁に起こる。特に重要でない外科手術を行う場合、ほとんどの場合、麻酔が必要である。

小児科の麻酔医は、障害のある生命機能を矯正し、必要なレベルで維持する。

小児麻酔医のアドバイス

小児科の麻酔科医は手術直前に直ちに子どもと会話しなければなりません。定期的に服用することができる特定の投薬については、医師に相談する必要があります。術後期間中は中止する必要があります。例えば、麻酔科医がインスリンと注入療法の助けを借りてこの数字を独立して監視しなければならないため、砂糖の量を減らす資金。アスピリンを含む薬。手術中または手術後に出血を増加させることがあります。血圧を下げる薬としては、手術までにあなたの吸気計画を遵守する必要があります。医師は手術中および手術後に独立して血圧をコントロールすることができます。

小児麻酔医のアドバイスは、提案された手術の10日前に、様々なアルコール飲料やエネルギー飲料の使用を禁止することです。これは、肝臓へのアルコールの毒性作用によるものであり、解毒プロセスが遅くなり、体内の毒性物質が遅れます。さらに、アルコールの影響を受けて、心臓が激しく拍車を打ち始め、リズムや不整脈の崩壊につながります。また、術前の期間に自発的な圧力上昇は受け入れられない。血液凝固は、その後の大血管および小血管の血栓症を伴う血栓のさらなる形成または出血を引き起こすことにより変化し得る。

呼吸器系の肺炎やその他の炎症の術後期間の発生を避けるために、呼吸器の体操を行うことが推奨される。これは、肺の集中的な手術および小さな循環循環における血液停滞の防止に寄与する。

小児麻酔医のアドバイスには、手術前の栄養に関する勧告が含まれています。エネルギーを与える食べ物を食べることが必要です。例えば、赤身の肉、鶏肉、魚、コテージチーズ、ケフィアなど。消化不良で体重増加を促進する食品からは、それを捨てるべきです。アレルギー反応を避けるために、手術の前夜には、エキゾチックな果物を消費しないこと、新薬を服用しないこと、または美容的手段を使用することは勧められません。さらに、大量のチョコレートや他の消化しやすい炭水化物を消費しないでください。

上記のヒントを遵守し、小児麻酔医の勧告に従うことで、手術中および術後の合併症のリスクを大幅に軽減することができます。残りはプロの手に渡っている。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

麻酔医
麻酔科医は、より高い医学教育とそれに対応する医療専門分野を持つ資格のある専門家です。
歯の抽出中の麻酔:基本的な方法と準備
抜歯時の麻酔のためだけに使用されていない歯科医師より薬の全体の歴史の中で:アステカ人は、マンドレークの根の抽出物を使用し、エジプト人はナイル川の水に住んでいた神聖なワニの脂肪の皮膚に適用されます。
帝王切開における麻酔
帝王切開による麻酔は異なる場合があります。麻酔科医は、皮膚切開から8分以上を保持していた場合、胎児を抽出し、それを抽出するために、子宮切開部から3分以上し、産科医や新生児を覚えて通知しなければなりません。この技術にかかわらず、胎児/新生児では子宮内低酸素症およびアシドーシスのリスクが高い。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.