^

健康

You are here

List 解剖学 – 口

口蓋骨(os palatinum)はペアになっており、硬口蓋、眼窩、翼状突起口蓋の形成に関与しています。その中には、水平と垂直の2つのプレートが区別されており、ほぼ直角に接合されています。
下方発散のpalato言語シャックル前部と口蓋帆咽頭後シャックルの間の凹部であるmindalikovoy窩に位置する口蓋扁桃(扁桃のpalatum)浴、(窩tonsillaris)。
口腔(cavitas oris)は顔の下部にあり、消化器系の始まりです。口開口(横隔膜のオリス) - 口腔内、筋肉は、口の底壁の基礎を構成する、顎舌骨筋の下に制限されます。口腔の上壁は硬くて柔らかいケブで、頬、前唇の両側から形成されています。口腔の後ろには広い開口部があり、咽頭と連通しています。口腔は、より小さな前部 - 口の前庭と実際の口腔に分けられる。
口の周りにはいくつかの明確な筋肉があります。これらの筋肉は、口輪筋、降圧anguliオリス筋肉、降圧labii inferioris筋肉、あごと頬の筋肉、上唇挙筋、zygomaticusメジャーとマイナーの筋肉、口角挙筋、筋肉と笑いを含んでいます。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.