^

健康

You are here

放射線科医

放射線科医は、正確で正確な診断のためにX線を使用する医師です。

X線検査は、現在最も一般的な診断研究の1つです。X線は、骨系のいくつかの臓器の標準的なX線画像を得るために使用されます。フルオログラフィー、トモグラフィー、血管造影 - これらの手順はすべて、X線照射なしでは不可能です。

X線専門医は、これらの研究をX線ビームを用いて実施することに従事している。

放射線科医は誰ですか?

世界中で、放射線科医の職業は、最もステータスが高く、尊重されていると考えられています。この専門分野の有資格者は、標準的な放射線医学装置、磁気共鳴およびコンピュータ断層撮影装置、ならびに血管造影断層撮影装置などの様々な医療装置の使用に関する広範な知識を有する。放射線科医の専門は、超音波および放射性核種技術を用いて疾患を診断し、患者の診断を決定または明確にするのに十分なデータを視覚化する能力を含む。

この深刻で必要な職業を十分かつ十分に習得するために、将来の専門家は、この医学的指導のすべてのセクションと専門化を表すことができるように、例外なくすべてのシステムと器官を徹底的かつ完全に理解しなければなりません。

私はいつ放射線科医に行くべきですか?

Traumatologists、外科医、内科、循環器内科医、小児科医、脊椎、整形外科、泌尿器科:患者は、医療専門家の多種多様のアドバイスや方向の放射線科医と呼ばれることもあります。研究の理由は次のとおりです。

  • 原因不明の腹痛;
  • 歯科および上顎痛;
  • 消化器系および呼吸器系の異物;
  • 炎症プロセスの疑いまたは新生物の発生;
  • 原因不明の高体温の原因;
  • 体の表面に腫れがあります。
  • 外傷、関節の可動性の制限、皮膚の発赤および他の兆候の原因となる。

骨折、挫傷、理解不能な頭痛、血管障害、中耳の病理、消化器および呼吸器系 - 放射線科医に適用する理由は無限に記載することができます。このような、そして多くの他の症状は、X線検査を含む追加の診断の信号となり得る。

放射線科医に電話をしたら、どのような検査を受けなければなりませんか?

X線検査は診断手順であるため、追加の検査は必要ありません。医師は、問題の本質を理解するために、病理学の原因を探す方法や専門家からの紹介の有無について問い合わせることができます。さらに、多くの場合、写真と結果の説明が主治医に直接送られます。医師は、放射線写真に加えて、自分の裁量で追加の研究をいくつか割り当てることができます。これは、臨床像、患者の状態の重症度、および疑わしい診断に直接依存する。

放射線科医はどの診断方法を使用していますか?

X線診断の方法:

  • X線によって撮影された異なる体組織密度による画像の取得(フィルムまたはデジタル)の撮影方法。画像は、画像またはコンピュータ画面上に表示することができる。
  • 蛍光透視法 - それをさらにコンピュータ画面に転送して蛍光画像を得る。このメソッドは、自然な機能の間に臓器を検査することができます。この診断手順の欠点は、患者が受け取る放射線量が標準的な放射線撮影よりもはるかに高いことである。
  • 線形断層撮影法 - 診断される器官の組織の各層を検査することを可能にするX線検査、走査の深さの系統的な増加;
  • X線コンピュータ断層撮影法 - 組織の密度および透過性を決定することを可能にする。これは、病理学的物質(漿液、膿、血液)で満たされた複雑な臓器および組織の評価において特に重要である。

放射線科医は何をしていますか?

放射線医は、X線検査技術を画像の結果のその後の解釈と共に使用する分野の診断専門家である。この職業の代表者は、入院患者と外来患者の医療機関、診断構造(放射線室)で働いています。

有資格者は、X線装置の助けを借りて病気を診断します。この場合、肺、骨系、脊椎、歯などの可能性のある疾患が調査される。

放射線物理学の分野で幅広い知識を有する専門家は、放射線診断法を研究し、研究後に得られた結果を解読し評価することにより、常に資格を向上させます。放射線科医が働くと洗練されたデバイスは、莫大な知識と経験を持つ機器、ならびに良好な視覚的記憶、ささいなこと、忍耐と忍耐力に集中する能力が必要です。

放射線科医の職業は、完全な医学教育や真剣な練習がなければ不可能です。そのような専門家は、高等学校の放射線医学および放射線診断法学科で訓練されています。

放射線科医はどのような病気を治療していますか?

X線検査の結果によると、放射線科医は癒されないが、多くの人間の系および臓器の病気を認識する。

診断のX線方法はいくつかのタイプに分かれています:

  • 一般的な方法(技術と技術の説明)。
  • プライベートメソッド(直接臓器およびシステムのX線病理:骨、関節、心臓、肺系、消化管など)。
  • 特殊な方法(職業病理学、胃腸病学、疫学におけるX線の使用)。

X線診断法は、以下の疾患および病理学的状態に使用される:

  • 歯および顎、関節および骨系の病理;
  • 複雑な構成の骨の検査(頭蓋骨、脊柱、股関節の検査を含む)。
  • 造影剤投与法による胆汁排泄、生殖器および泌尿器系の病理診断
  • 気管支および肺の研究(腫瘍の検出、結核、気管支拡張症、気管支開存の病理学、呼吸器系における異物の存在、
  • 心臓および循環系のX線;
  • 造影剤の助けを借りた消化管のX線病理、腫瘍プロセスの定義、消化性潰瘍疾患、粘膜エンボス障害。

医師は研究を行い、画像の結果を説明し、検査の画像を臨床症状と比較し、最終的な診断を定式化する。

放射線科医からのアドバイス

X線検査を受ける前に、患者は研究で観察しなければならないいくつかの要件を認識している必要があります。

  • 写真を撮る前に、検査されている身体の部分を公開する必要があります。
  • これらのアイテムは、X線の光線を反射することによって画像の精度に影響を及ぼす可能性があるため、メタルリング、ブレスレット、イヤリング、チェーンやその他のジュエリー、金属製のメガネを取り外す必要があります。
  • おそらく、放射線の影響から生殖器の器官を保護するために保護装置を着用することが推奨されます。
  • 患者が妊娠している場合、放射線が胚にとって危険である可能性があるため、放射線科医に確実に伝えるべきです。X線検査を受けなければ、胎児の可能性を最小限に抑えるために、女性には一定の安全対策が講じられます。
  • 場合によっては、造影剤の使用が必要となり、身体の必要な器官または血管を分離することが可能になります。この物質は、体液の摂取によって、および浣腸または注射によって体内に注入することができる。コントラストの導入の前に、この物質に対するアレルギーの有無を決定する必要があります。

医師 - 放射線科医は、まず第一に、診断医の専門家であり、医学教育がより高いアドバイザーです。放射線検査の手順を無視しないでください。放射線技師の経験と知識は、病気の検出、定義、仕様に置き換えられないことがあります。これは、有能で効果的な治療の任命にとって非常に重要です。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

内部構造を視覚化し、脊椎の骨格骨の状態を評価する最もアクセス可能な診断は、X線写真である。
X線撮影とは、X線を照射して特殊なフィルム上に画像を投射することにより、体の一部の内部構造を非侵襲的に検査する方法です。

についての最新の調査 放射線科医

粒子加速器は医学で使用されます
Mini-Linac(開発者と呼ばれる)の基礎として、5年後に開始される予定の大型Linac4アクセラレータの設計が採用されました。
歯のX線が脳腫瘍の発症リスクを高める
現在、X線は最も信頼性が高いと考えられていますが、最も危険な診断方法です。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.