^

妊娠4週間でなぜ下腹部を引っ張るのですか?何をすべきですか?

最後にレビューした人:、医療専門家、 25.06.2018

妊娠は、間違いなく女性の生活の中で最も重要な段階の一つです。これはエキサイティングで美しい期間ですが、気持ちや心配がないわけではありません。どの妊娠でも感情の変化が伴う。以前は見られなかった新しい感覚があります。時にはそのような感情が、特にこれが最初の妊娠である場合、女性の不安を引き起こす可能性があります。

ほとんどの女性は、妊娠4週間で腹部が低くなると心配し始めます。女性は、なぜこれらの痛みが起きるのか、彼らが何を関係しているのか、彼らが危険であるのかを知らないため、心配し始めます。状況は、4週間で女性が妊娠について知ることさえできないという事実によって複雑になります。したがって、多くが失われ、パニックに始まります。適切な行動をとるためには、これらの痛みが発生する理由を知る必要があります。

原因 妊娠4週目の下腹部の感覚を引く

妊娠初期の段階では、下腹部に痛みが出ることがあります。それらは生理学的または病理学的であり得る。痛みが生理学的なものであれば、体内で起こる自然な過程の結果である。そのような痛みを心配してもそれは価値がありません。彼らは、身体が新しい状態にうまく適応し、子供を負って、通常は何も治療を受けずに数ヶ月経過した後に助けます。

痛みが病理学的なものであれば、医者に緊急に相談する必要があります。通常、病的痛は緊急の処置を必要とし、健康や人命に危険を及ぼすことがあります。

生理的痛みは、通常、生物を新しい状態に適応させた結果として生じる。体は実を結ぶ準備をしています。子宮にはさまざまなプロセスがあり、活性化し、成長しています。子宮を支える子宮靱帯は伸びている。いくつかのケースでは、子宮は過度の収縮を経験することがあります。出版物を参照してください妊娠中の上昇子宮のトーン

痛みの原因は、卵を子宮の粘膜に導入するプロセスであり得る。痛みを伴う感覚はまた、子宮がしばしば収縮するか、または集中的に成長するという事実から生じる。通常、成長している子宮は、周囲の器官、血管および神経を押す。この減少を促すことは、激しい負荷、神経のストレス、精神的な外傷、疲労、神経過多になることがあります。頻繁な風邪により、子宮が過活動状態になることもある。

子宮が絶えず過度に減少していると、高血圧が起こることがあります。それはまた痛みを伴う感覚を伴う。下腹部の緊張感、緊張感のようです。通常、このような初期段階では、子宮はまだ探査されていません。この緊張の原因は、まず第一に、過度の神経質、不安、興奮である可能性があります。ハイパートナスは生理的ストレスでもあります。不快な靴を履いているとき、不快なポジションにいるとき、恥ずかしがる服を着たときに起こります。頻繁な怒りの病気でさえ、筋肉の過剰な歪みは高張を引き起こすことがある。

病的な流産の原因は、最初の流産または自然流産である可能性があります。腫瘍、子宮筋腫、子宮筋腫、炎症性疾患、感染、さらには他の関連疾患さえも病的痛の発生に寄与する。

危険因子

妊娠中の外傷性疼痛の発生に寄与する主な危険因子は、内分泌系および神経系の疾患、身体の代謝障害およびホルモンの背景全体の侵害である。免疫力が低下すると、痛みのリスク、付随する疾患および病状の存在が有意に増加する。最初の妊娠の女性は、同様の痛みを経験する可能性がより高い。

病因

痛みは受精のプロセスと関連している可能性があります。受精可能性が最大となる主な期間は、排卵期であり、これは月経開始の約14日前に起こる。

その後、受精卵は徐々に卵管に沿って移動し、子宮腔に入る。これは通常月経の期間です。卵の粘膜への移植が始まる。卵が粘膜に浸透した後、細胞は分裂し始め、徐々に子宮のより深い層に深くなる。このプロセスは痛みを伴うことがあり、平均して5〜7日かかります。

 移植後、細胞は分裂し続け、接合体が形成され、次いで桑実胚、胚盤胞が形成される。細胞が成長すると、子宮が成長する。このプロセスは苦痛を伴うこともあります。第1に、成長の活性化プロセスが子宮で起こり、代謝が増加し、子宮の血液充填が増加する。第二に、筋繊維、靭帯の伸張がある。

子宮は大きさが増し、周囲の器官、血管、神経に圧迫し始める。近くにある臓器には痛い感覚があります。

子宮の成長により、子宮を保持する隣接する靭帯、腱、および筋肉が伸張する。骨盤と腹部の筋肉を伸ばします。まず第一に、円形の筋肉を引き伸ばす必要があります。 

子宮が大きくなると、繊維状繊維が伸び始める。彼らは最も遅くドラッグし、プロセスは痛いです。筋肉や繊維が過度に圧縮されている子宮の高血圧も痛みの原因となります。

子宮は、筋肉組織からなる中空の器官であるため、子宮全体の縮小は自然な過程です。子宮の通常の律動的な収縮で痛みは起こらない。収縮が強すぎると、痛みを引き起こす可能性があります。通常、そのような過剰な収縮は、脳が過度に激しく神経過敏になる神経系の過剰な活動の結果として生じる。 

疫学

卵の移植時に発生する移植出血がある。それは女性の約30%の特徴です。出血があまりにも強すぎない場合は、心配する必要はありません。しかし、血液が制御不能に流れ始めると、血餅が現れます。これは懸念の原因になるはずです。集中的な出血はまた、通常の月経中に放出される血液の色と著しく異なる色の明るい緋色の血液によって示される。

移植時の出血は、月経と区別するのが困難な場合があります。移植が出血すると、流産や自然流産が起こります。したがって、女性は自分が妊娠していることさえ知らないかもしれません。したがって、妊娠の約70%が終了します。

統計によると、73%の痛みは自然な生理的プロセスで、23%で病理学的なものです。このような痛みは深刻な結果をもたらし、しばしば死に至る。

症例の8%において病理学的疼痛の原因は異所性妊娠である。35歳以上の女性では、54%の症例で観察される。青少年では、異所性妊娠が症例の38%で起こる。妊産婦死亡率は症例の4%である。

症状

症状は認識しやすい。これが生理的な痛みである場合、それはすぐに通過する、それは位置を変更するだけで、リラックスする必要があります。通常、痛みは短いですが、半時間がかかります。それは単独で通過する。彼女は女性に大きな問題はない。

血まみれの病気や他の病気がある場合は、すでに病理学的な痛みを示しています。このような痛みでは、できるだけ早く医師に相談する必要があります。

生理学的疼痛と病理学的痛みとを区別することが重要である。これにより、適切な対策を講じることができます。したがって、生理的な痛みは短命です。彼らは食べた後に攻撃することができる、過剰な物理的な努力。すばやく通過します。そのような痛みが消えていく主な条件はリラクゼーションです。位置が変わると、痛みは止まります。痛みは引っ張られて、つまらないが、それは常に鈍く、ぼやけている。強い不快感は生じません。また、生理的痛みでは、出血はない。ノン・フランク・キャラクターの放出も観察されない。

生殖器からの排出、特に血まみれがある場合、弛緩も効果的ではなく、血栓や異常な匂いがあり、これは病状を示す。血まみれの凝血塊、異常な匂い

最初の徴候は、通常、圧迫感、下腹部の緊張であり、絶え間なく心配することはありません。彼らはすぐに十分に通過します。

連絡先

診断 妊娠4週目の下腹部の感覚を引く

診断中、痛みが妊娠の結果であるのか、妊娠と関連していないのかが主に決定される。これは、医師婦人科医または産科医 - 婦人科医を理解するのに役立ちます。診断の主な方法は、hCGの分析であり、ホルモンの比率を示し、妊娠を確認または拒否することができます。

婦人科検査も実施され、調査が行われています。検査の間、医師は微生物叢を決定するために塗抹標本を採取する。これは何が起きているのかの一般的なイメージを提示する機会を与えます。塗抹標本では、組織変性のプロセス、悪性腫瘍の可能性を示す非定型細胞が見出され得る。また、感染性、性病性疾患であるdysbacteriosisを検出または排除することも可能です。スミアは、痛みの原因となる生殖器官に炎症があるかどうかを示します。これで十分でない場合は、正確な診断を確立し、原因を特定し、適切な措置を講じるために、追加の実験室および器械試験を実施する必要があります。他の疾患を排除するためには、差別的な診断が必要である。

分析

妊娠4週間では、まだ研究を行うのは時期尚早です。この時期の多くの女性はまだ妊娠について知りません。妊娠は間接的に月経の遅れを示すことがあります。また、遅延の開始後、hCGの血液検査を行うことができる。

インストゥルメンタル診断

あなたは超音波を行うことができます。あなたは胚を考慮することすらできませんが、すでに胎児の卵がある卵黄嚢を見つけることができます。超音波ではっきりと見え、直径2〜3cmの球の形で追跡することができるので、胚嚢の存在によってのみ確認することができます。超音波腹部または経膣に作られる。胎盤を評価し、その可能性のある病状を同定することはすでに可能である。

差動診断

自然の痛みは、流産、子宮外妊娠、炎症性疾患および感染症と区別される必要があります。また、多くの場合、痛みが照射されるので、痛みは胃腸管の疾患と区別される。即時外科的介入が必要な場合には、急性外科病変と区別することが重要である。

例えば、流産が圧迫感を示す場合、痛みは鋭く鋭くなります。それは激しい、戦いを連想させるようになります。これはすべて、生殖器官からの血液の放出、全体的な幸福の急激な悪化を伴う。この場合、すぐに救急車を呼び出す必要があります。

子宮外妊娠は、すぐに救急車を呼び出す必要があります生命を脅かす第二の状態です。子宮外妊娠の場合、腹部の片側に集中し、中心部には局在しない鋭い痛みがある。痛みは描かれていませんが、鋭い、鋭い、脚、鼠径部、太ももに与えます。痛みが急激に増加すると、女性は意識を失うことがあり、通常は内外の出血を示し、死に至ることがあります。

鑑別診断の主な方法は、hCGと超音波の分析です。通常、HCGの分析は妊娠の存在を示し、超音波は胎児の卵を示さない。

炎症性疾患では、痛みを伴う場合、生殖管からの温度、分泌物の増加が伴う。診断の主な方法は、膣の綿棒、超音波です。

子宮筋腫から、子宮の子宮筋腫は、超音波とhCGの助けを借りて区別することができます。通常、腹部は成長するが、分析には妊娠がないことが示される。この場合、超音波は明らかに目に見える腫瘍であり、これは悪性であり、良性であり得る。

尿生殖系および性系の他の炎症性疾患から、試験によって分化する。正常な血液検査は、炎症過程を示すことができる。

スミア結果によって分化した腸管の疾患から、超音波。結果が妊娠を確認せず、生殖器の分野で病理の存在を示していない場合は、GI疾患を診断する胃腸科医に相談する必要があります。

即時外科的介入を必要とする急性虫垂炎または他の病態は、高熱、鋭利な、痛みの成長を特徴とする。そのような病状は、一般的な血液検査における白血球増加症によって示される。

治療 妊娠4週目の下腹部の感覚を引く

妊娠4週間の腹部に痛みがある場合、治療は必要ありません。もちろん、これは本質的に痛みが生理学的である場合です。女性は痛みを感じ、より正確にはそれに気付かないことを学ぶべきです。これは後で彼女を後で助け、納品を容易にします。痛みをコントロールし、それを気付かない能力は妊娠中の女性にとって非常に重要なので、早い段階でさえ、あなた自身を訓練し始める必要があります。

もちろん、このためには、その痛みが自然に病理学的でなく、女性自身の健康や子供の健康や生活を脅かさないようにする必要があります。

現時点では、右の呼吸、リラクゼーション、瞑想、オーガンワークアウトを実践する必要があります。これは、痛みを予防し、治療するための最良の自然な方法です。すべての医薬品が胎児の状態に悪影響を与えるので、特にそのような早期の用語では、投薬を避けることが常に最善です。完全に安全な手段はありません。そして、最初の4週間 - 赤ちゃんの発達の最も重要な時期です。なぜなら、この時期には主臓器の敷設であるからです。現時点では先天性奇形が発症するリスクが高く、投薬を受ける際にはさらに大きなリスクがあります。

医薬品

痛みが非常に強く、女性に明らかな不快感を与える場合は、いくつかの投薬を適用することができます。しかし、緊急時にこれを行う必要があります。生理的痛みは自然であることを常に思い出さなければならないので、自然に排除する方が良いです。痛みが完全なリラクゼーションと合格でなくても、姿勢の変化があれば、薬を服用することをお勧めします。発達中の胎児への影響を最小限に抑えた穏やかな薬を服用する方が良いでしょう。

重度のけいれんと痛みがあると、シャペは効果的ではありません。それは痙攣を和らげ、筋肉をリラックスさせ、痛みを軽減する。テイクは1日に1回から2回以上50mgでなければなりません。

痛みの原因が恒常的に腫れている場合は、1日1回1-2錠(150mg)の1錠が推奨されます。

腹部の痛みに強烈な頭痛が伴う場合は、シンナリジン50mgを1日2〜3回服用することができます。

吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛を伴った重度の腫脹では、10mlの生理食塩水で希釈したユーフィリン2.4%溶液10mlを推奨する。薬物は、筋肉内または静脈内投与される。気管支喘息、窒息の合併症の緊急援助を提供するために使用することができます。それはほとんど瞬間的な効果があるという事実にもかかわらず、重篤な副作用を有する安全でない薬剤である。それは医師の監督下でのみ使用するべきです。治療は、医療従事者の存在下で、または医療従事者の助けを借りてもお勧めします。強い利尿作用、血圧降下作用を有し、血液微小循環およびその凝固機能を改善する。

ビタミン

それぞれの人はビタミンが必要です。妊娠中のビタミンは2倍必要です。以下の用量で毎日ビタミンを飲むことをお勧めします:

  • ビタミンH 150μg
  • ビタミンC - 1000 mg
  • ビタミンPP - 60 mg
  • ビタミンD - 45 mcg
  • ビタミンK - 360 mcg。

理学療法的治療

理学療法効果の使用は、体にプラスの効果をもたらし、免疫系の活性を刺激し、早期回復を促進する。妊娠中にすべての手段を使用できるとは限りません。しかし、それらの多くは無害であるだけでなく、有用でもあります。理学療法は、複合療法における妊婦の他の病気の治療にも使用することもできます。例えば、風邪の治療のために、様々な場所の炎症。主な利点は、理学療法の助けを借りて回復がはるかに速く、必要な薬が少なくて済み、将来の子供にとっては非常に望ましくないことを意味します。

また、理学療法は、婦人科疾患を治療し、妊娠の正常な経過を維持するために使用される。例えば、早期の理学療法の助けを借りれば、様々な産科病変を排除し、生殖器官の炎症性疾患を治すことができます。流産や自然流産の脅威があるとしても、いくつかの理学療法は妊娠を維持するのに役立ちます。

妊娠中は電気泳動や他の電気的影響の方法を身体に使用することがしばしば十分です。これらの方法の助けを借りて、低電圧電流が本体を通過する。これは、薬物の組織へのより速くより深い浸透を促進する。同時に、胎児への影響は最小限に抑えられ、医薬品もそれほど必要とされません。産科疾患を含む様々な疾患の治療に使用されています。

下腹部の痛みの治療においては、マグネシウムを用いた電気泳動がしばしば用いられる。この場合、イオンは組織に深く浸透し、緩和を促進する。痛みは著しく軽減される。このようにして、高倍率を排除することができる。この手順は胎児に害を与えるものではありません。

痛みが重度の毒性を伴う場合、鼻腔内電気泳動および亜鉛メッキが使用され、これはまた、筋弛緩のプロセスを著しく促進し、胎児を迂回して薬剤の直接的浸透を促進する。 

妊娠中の女性にとって安全なのは、吸入、フォノフォレーシス、レーザー暴露による治療です。反射療法、鍼灸、鍼灸、マッサージをお勧めします。

代替治療

代替治療は、妊娠4週の下腹部の引っ張り痛の治療に有効である。何らかの手段を使用する前に、多くの薬物が妊娠中の女性に禁忌になる可能性があるため、医師に相談する必要があります。妊娠中のいくつかの物質は、不調の性質を有することがある。

下腹部の痛みを治療するために、白樺が使用されています。樺の葉は特に有用で、早い春に腎臓を収めた若い枝があります。あなたが下腹部に痛みを感じる場合は、バーチの小枝、または10-15の葉を取って、沸騰した水のガラスを注ぐ。ブロスを注入したら、小さなお酒で飲むことができます。あなたは暖かく飲む必要があります。

痛みがあると、腹部の温かいと冷たい圧縮が効果的です。あなたはミストレを取ることができ、強力なスープを作ります。いくつかのミドリトゲの枝は、約500mlの沸騰水を満たし、この解決策ではガーゼやぼんやりしたものを湿らせ、痛みが感じられる部分に適用します。あなたは、準備されたスープに自生樹皮を加えることができます。外部使用のための手数料の構成は異なる場合があります。

冷たい圧縮をするために、ガーゼを冷たいブロスに浸し、胃の底に置く。ガーゼが熱くなり次第、それを再び煎じて湿らせて、同じ場所に塗布する必要があります。

あなたがホットコンプレッションをする場合は、ガーゼを暖かくして沸かしたものではなく、胃の底に置く必要があります。上にはオイルクロス、セロハンがあり、これは暖かく保たれます。セロハンの上部は、綿や羊毛の厚い層で覆われています。その後、暖かいハンカチで縛られた。通常、このような圧縮は30〜40分間続きます。痛みが消えない場合は、圧縮を変更し、再び温かいスープでガーゼを湿らせてください。

痛みを軽減する最も効果的な方法の1つは、瞑想、リラクゼーションです。女性は病理学的でない場合、痛みを伴い感覚を引き寄せる必要があります。瞑想は注意を集中するのに役立ち、意識的に自分の感覚を制御し、痛みの認知に影響を与え、意思の努力によって痛みを伴う感覚を軽減し、筋肉を弛緩させる能力を教える。これは将来的には出産に大きく役立ちます。

座って背中をまっすぐにする必要があります。背中は一直線に並んでいなければなりません。まず、壁に座って背中をそろえる方が良いでしょう。目はカバーされています。その後、あなたの呼吸に焦点を当てる必要があります。吸入すると、胃が上昇し、できるだけ広がる。呼気時に、腹部が下がり、背骨を押す。私たちはすべての考えを取り除こうとし、毎日の心配から気をそらす。注意は呼吸のプロセスにのみ焦点を当てています。また、できるだけリラックスするために、余計な要素から気を散らしてみる必要があります。そのような運動を始めるには、15分から瞑想時間を徐々に1セッションあたり1.5〜2時間にする必要があります。

ハーブトリートメント

薬草は、筋肉を弛緩させ、痛みを和らげ、無秩序な摂取をもたらす効果的な手段であるという事実にもかかわらず、重大な悪影響を及ぼしかねません。不適切に摂取した場合、吐き気、嘔吐、めまい、出血さえもあります。妊娠では、たとえ妊娠までの反応がなくても、個々の成分の不寛容が起こることがあります。すべての薬草が女性の体に、そして胎児の生物にプラスの効果を及ぼしているわけではないことを覚えておく必要があります。いずれにしても、レセプションの前に医師に相談する必要があります。

あなたが長期の痛みと吐き気に苦しんでいる場合は、煎じ薬や注入剤として摂取する草ヤロウを使用することができます。一握りのドライハーブの煎じ薬を沸騰水に注ぐために、私は日中冷めた後に飲む。ハーブを準備するには、ウォッカやアルコールを注ぎます。あなたは醸造するためにあなたの注入時間を与える必要があります。あなたは痛みの出現で約1週間、1-2ティースプーンを飲むことができます。

刺すようなかぶれは、腫れを和らげ、片頭痛を軽減します。過度の眠気、筋力の欠如、それはまた、オオムギの煎じ薬を飲むことをお勧めします。ネズミの茎と葉を使う。約1本の葉の中央の茎は細かく細かく刻んで、沸騰した水を2〜3カップ入れる。日中は小さなお酒で飲みます。また、紅茶の中でイチョウを使用することもできます。これを行うには、ティーポットに茶葉のミディアムブランチを1つ追加します。喉の渇きや痛みを伴う感覚が起きたら、お茶を飲みましょう。

カーカーデーティーは実証済みです。BREWは、日中は通常のお茶と飲み物のようです。必要に応じて、砂糖や蜂蜜を味わいましょう。腫れを取り除き、強さを回復させ、代謝を正常化します。ビタミンCを含む

ホメオパシー

ホメオパシーの救済策は、妊娠4週目の腹部の痛みを治療するのに効果的です。予防措置に従うことをお勧めします。医師と予備的な協議の後にのみ薬剤を服用してください。あなたは慎重に資金を選択する必要があります、その理由のいくつかは妊娠中に禁忌です。中止効果を含む多くの望ましくない副作用を有する手段があることを覚えておくべきである。このような早期妊娠では、いくつかの薬物は禁忌である。

  • コレクション番号1。痛い感覚と腫れ

理想的な手段は、イラクとステビアを均等に混ぜることです。その後、この混合物から約1〜2杯分のハーブをとり、沸騰した水を注ぎ、その日に飲む。あなたは軽いスープを作ることができます。このために、芝生は約1〜2リットルの水を注ぎ、その日に酔っ払います。より濃縮されたスープを作ることができます。その準備のために、約2〜3カップの沸騰した水を注ぎ、1日以内に強要して飲みます。

  • 下腹部の痛みの軟膏

あなたが下腹部に長時間の痛みを抱えている場合は、下腹部の領域または痛い領域に適用される軟膏を塗布することができます。軟膏を調製するには、約100gのバターを高熱で溶かしてください。油が沸騰している間、ターメリックまたはショウガの根を粉砕し、アルタイ蜂蜜、ミルクシスルの種子がそれに加えられる。絶えず沸かし、沸騰させる。その後、混合物を火から取り出し、ジャーまたはモールドに注ぐ。彼らはそれを冷やさせた。軟膏が冷えたら、凍結するように冷蔵庫に入れます。硬化後、痛みを伴う感覚が現れたときにクリームのように下腹部の領域に適用されます。

  • エリクシル "タイガウィッチドクター"

下腹部の痛み、吐き気、めまいに使用されます。500 mlのウォッカまたはアルコールを調製するには、シーソウソウの果実、アルテアの根、プロポリス、ミツバチの葉を加えます。これらの添加物はすべて、ウォッカ付きコンテナの約3分の1を占める必要があります。その後、閉じて、醸造する機会を与えてください。溶液の色が変わった後、痛みが現れたら飲むことができます。一度に50ml以下の溶液を飲むことをお勧めします。治療の経過は2週間を超えてはなりません。あなたは休憩を取ることができ、その後再び治療を開始することができます。

  • シロップ "心地よい妊娠"

シロップは、薬局で既製品として購入することも、自宅で個別に調製することもできます。調製のために、500mlのローズヒップシロップが必要である。50mlのエキナセアエキスと50mlのエリューテロコッカスエキスを加えます。よく混合し、醸造する機会を与えてください(これは十分な2-3時間です)。それからシロップは純粋な形で3〜4杯の酒を飲んだり、紅茶に加えて味をつけたりします。

手術療法

下腹部の痛みを伴う感覚で、外科的介入は必要ない。例外は、他の臓器および系の疾患の結果として疼痛が生じる場合である。急性の外科的病理学において、異所性妊娠は、緊急の外科的介入を必要とする。出血が発生した場合、流産も緊急手術を必要とする。腫瘍や外殖が発生した場合、それらを取り除くための緊急手術が必要になることもあります。

合併症とその結果

合併症および結果は、生理学的疼痛のみを伴うものではない。彼らは最初の妊娠の終わりまでに彼ら自身で消えて、追加の治療を必要としません。病的な性質の痛みは、人生、健康にとって危険です。彼らは赤ちゃんと母親の両方にとって危険です。彼らは流産、中絶、子宮外妊娠で終わることができます。病理学的疼痛の結果は、生殖器官の炎症性および感染性疾患であり得る。より深刻な合併症は、悪性または良性の腫瘍、子宮筋腫、子宮筋腫であり得る。痛みが他の臓器から与えられる場合、それらの炎症が起こり得る。危険な合併症は急性の外科的痛みであり、急性の外科的介入を必要とする。

予防

予防は適切で栄養価の高い食事、豊富な飲み物に減らされます。その日の体制を守り、定期的に運動することも必要です。実際には呼吸やリラクゼーションの慣行を含める必要があります。

予測

痛みが生理学的である場合、予後は良好である。痛みは通常、介入することなく、薬を摂取することによって、それ自体で起こります。女性は2〜3ヶ月後に痛みを訴えなくなります。女性が呼吸およびリラクゼーションの実践に従事している場合、約1.5〜2ヶ月後には痛みがはるかに速くなります。いずれにしても、妊娠4週間で下腹部を引っ張るとすぐに医師に相談してください。

痛みが病的である場合、予後は異なる可能性がある。それはすべて痛みの原因に依存します。

急性および急性の状態、流産、自然流産、出血、子宮外妊娠の場合、適時の措置がとられなければ、致命的結果に至るまで非常に好ましくない予後が可能である。医者に相談し、救急車に電話し、医師の勧告に厳密に従うならば、予後は有利かもしれません。

知っておくことが重要です!

妊娠中の関節痛は、筋骨格系の病気の最も痛みを伴う症状である。妊娠中に体の信号を正しく理解するためには、妊娠中の関節痛の原因を理解する必要があります。その後、正しい治療方法を適用し、合併症を恐れないでください。 もっと読む...

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.