^

エリスロマイシン軟膏およびその使用

エリスロマイシン軟膏は、多くの人々が既知の矯正治療薬として、または感染性および炎症性眼疾患の薬として知られている、かなり一般的な薬物である。この軟膏は、希少または高価な薬物の中にはありません。低価格なので、10代の方でも手頃な価格です。

適応症 にきびのエリスロマイシン軟膏

軟膏の主な活性物質は抗生物質 - エリスロマイシンであり、それが細菌病変におけるその使用の理由である。眼疾患、にきびおよび十代のニキビは、多くの有害な微生物に対して活性な、最も古くから強力な抗生物質の1つであるエリスロマイシンの使用の唯一の適応ではない。エリスロマイシンの効果的な治療と、肺炎、ジフテリア、扁桃炎、いくつかの性器感染症および他の病気のような重篤な疾患。

エリスロマイシンをベースにした軟膏は、その組成物中に1%の抗生物質しか含まず、外部の疾患に使用される。細菌がされた重度の火傷、巻くことができる床ずれ(それらの上に長時間圧力による組織の死)、栄養潰瘍

それが成功した視力の低下を脅かす深刻な病気である、一般的な結膜炎とトラコーマの両方を扱いますできるだけ頻繁にエリスロマイシン軟膏眼軟膏に言及しました。薬への指示で、そのような兆候があるがエリスロマイシンに基づいてオキソリン軟膏、軟膏とともに、いくつかは、異なるウイルス及び感染症の暴動時の予防剤として使用され、そしてエリスロマイシンは、強力なツールであること、アプリケーションでは注意が必要です。

また読む:

にきびの軟膏

にきびのクリーム

にきびの丸薬

にきびのための抗生物質

にきびの顔のマスク

薬力学

軟膏中に抗生物質が存在するので、軟膏が抗菌効果を有することは明らかである。Farmakodinamika軟膏は、その有効成分であるエリスロマイシンの作用に基づいている。彼は今度は、グラム陽性細菌とグラム陰性細菌の多くに影響を与えることができます。いずれにしても、エリスロマイシンをベースにした薬剤の使用を開始する前に、その関係において原因物質と抗生物質活性を特定するための特定の試験を行う必要がある。

エリスロマイシンは、顕著な静菌効果を有する最良の抗生物質の1つである。つまり その影響下で微生物は増殖し増殖する能力を失う。軟膏の形態での薬物の局所適用は、エリスロマイシンのこの能力に基づく。結局のところ、細菌の急速な死を引き起こす殺菌効果を達成するためには、軟膏組成物中にそのような小さな濃度の抗生物質を用いることは非常に困難である。

エリスロマイシン軟膏は細菌を死滅させず、徐々に細胞構造と細胞間結合を破壊するという事実は、それが無効であるということを意味するものではありません。希望の結果を得るためには、時間がかかることがあります。エリスロマイシン軟膏がにきびに役立つかどうかに関心を持つ人の間で疑問を引き起こすのはこの瞬間です。

薬物動態

エリスロマイシン軟膏の薬物動態は、この薬物が身体の様々な組織および血液中に迅速に浸透することを示唆しているが、血漿中のその濃度は小さいままである。エリスロマイシンの高い浸透能力は、その使用のいくつかの特徴を引き起こす。

妊娠中に使用する にきびのエリスロマイシン軟膏

妊娠中のにきびに対するエリスロマイシン軟膏の使用は完全に安全ではありません。実際、胎盤の障壁はエリスロマイシンの障害ではなく、胎盤に直接胎盤に浸透することができます。また、軟膏には微量の抗生物質が含まれていますが、その有用性と安全性については、専門医と話し合う必要があります。

同じことが、授乳中の軟膏の使用にも当てはまります。容易に多くの組織や体液に浸透し、エリスロマイシンは母乳に入り、すでに赤ちゃんの体内に入ることができます。ほとんどの場合、エリスロマイシン軟膏を使用する際、医師は母乳育児を拒否し、赤ちゃんを人工栄養に移すようアドバイスします。

禁忌

薬物の分裂は肝臓で起こり、排泄は腎臓によって行われる。この理由から、使用禁忌は重篤な肝疾患であり、また病気の病歴において黄疸の診断が存在することもある。そして、もちろん、軟膏の使用に対する通常の禁忌は、エリスロマイシンを含むマクロライド属の抗生物質に基づく薬物の個々の不耐性である。エリスロマイシンで軟膏を使用する場合、腎臓疾患の患者は注意が必要です。

すべての適応症および禁忌を考慮すると、エリスロマイシン軟膏をざ瘡および若年性座瘡に効果的に使用することは可能であるが、皮膚科医との予備的協議の後、これを行うのがより適切である。

副作用 にきびのエリスロマイシン軟膏

ざ瘡に対するエリスロマイシン軟膏の副作用がまれでない場合は、特に最初の使用日に、適用部位にわずかな発赤および剥離が含まれ得る。これらの症状が1週間以内に合格しない場合、医師は予定を修正する必要があります。

非常にまれなケースでは、エリスロマイシン軟膏は、発疹や皮膚の腫れやめまいなど、より深刻な反応を引き起こす可能性があります。このような症状は、薬物の即時取り戻しを必要とする。

投薬および投与

エリスロマイシン軟膏は、皮膚の予備調製後に自然に、皮膚に直接塗布されるべきであることを意味する外用剤である。

にきびのエリスロマイシン軟膏の使用方法は、多くの外部軟膏の使用に関するアドバイスと変わりありません。まず、皮膚にはグリース、汗、汚れをきれいにする必要があります。これを行うには、その抗菌効果が有名な抗菌剤や家庭用品や特別なクレンザーなどの石鹸を使用できます。次に、きれいな柔らかい布で肌を乾燥させる必要があります。

にきびからエリスロマイシン軟膏を塗布するのは、皮膚の表面全体にはしないでください。ただし、にきびやにきびがある場所でのみ行うべきです。この手技を行うために、医師は1を推奨し、場合によっては1日に2〜3回も勧めます。軟膏の薄い層で皮膚に軟膏が塗布されます。それは患者によく耐えられ、すぐに吸収されます。

どのくらいの期間、治療を継続するのですか?専門医だけが決定できます。治療期間は感染プロセスの重症度に依存します。最初のステージは平均重症度は6〜8週間に治療期間を増やす必要があります場合は、1-3週間続く治療を必要とする場合は、本体の細菌学的環境の全体の変化につながる、強化された抗菌効果を引き起こすことができる薬剤の長期使用など、厳密に医師の管理下にあります。つまり 有害なだけでなく有益な細菌も滅びます。

過剰摂取

エリスロマイシン軟膏を局所適用すると、薬物の過剰投与は観察されないが、副作用の可能性を排除することはできない。

他の薬との相互作用

エリスロマイシン軟膏には強力な抗生物質が含まれているため、この薬物と他の薬物との相互作用に関連する特定のニュアンスが存在します。

別にいくつかの抗生物質グループリンコサミドとの非互換性(「リンコ」と「Klindomitsin」)からニキビのeritromitsinovaya軟膏はアンタゴニストであるantimikrobnyogo「クロラムフェニコール」薬物はしばしば「クロラムフェニコール」で最も有名なその眼感染症、およびその類似体の治療に使用されています。彼らの併用が唯一の治療の有効性を減らすように、これらの薬物は、逆の効果を持っています。

ベータラクタム(ペニシリン、セファロスポリンおよびカルバペネムシリーズ)の抗生物質は、異なる形態のエリスロシリンと組み合わせて殺菌剤としての有効性を失う。

エリスロマイシンは、特定の薬物の毒性作用を増強し、血漿中の濃度を増加させることができる。そのような薬物には、「テオフィリン」、「アミノフィリン」、「シクロスポリン」、ならびにカフェインおよびいくつかの医薬品(肝臓での崩壊が起こる)が含まれる。

エリスロマイシンの影響下にあるホルモン避妊薬は、その職務をより悪化させ始め、組織や体液に深く浸透するエリスロマイシン軟膏を使用する場合には、このことも考慮する必要があります。

吹き出物や黒ずみの手段として、エリスロマイシン軟膏を使用するときは、顔や体、研磨粒子を含む剥離作用を有するため、皮膚のスクラブの前処理は、過度の刺激や過乾燥を引き起こす可能性があることを覚えておく必要があります。

いずれにしても、エリスロマイシン軟膏を治療薬として使用する前に、特に他の薬を飲んでいる場合は、医師にご相談ください。

保管条件

それは特別な保管条件を必要とし、完全に室温でその特性を保持しません。抗生物質を含む軟膏として、この種の薬は子供のために安全ではないかもしれないことを思い出して余計ではないので、彼らはアクセスが子供たちに限られている場所に格納する必要があります。

賞味期限

エリスロマイシンをベースとする軟膏は、10グラムのチューブで入手可能であり、有効期間は3年である。

エリスロマイシンを軟膏の形で塗布することは、皮膚と薬剤との反応に関連するいくつかの予防措置を忘れるべきではない。この外部製品にアレルギー反応がある場合は、軟膏を使用しないでください。非常に厚い層で軟膏を塗布する必要もなく、これは有効性を増加させるものではなく、抗生物質に基づいて薬物を使用することによる毒性効果を増加させるだけである。

エリスロマイシン軟膏は、にきびとにきびの最も有効な局所療法の1つと考えられていますが、その効果はこの軟膏に関する医師の指示の正確さに依存します。生物の個々の特性と感染性炎症プロセスの広がりの程度に基づいて、医師が決定する適用量と頻度を遵守し、しばらくするとあなたの肌は再び清潔で魅力的になります。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

彼女は、毎日のために美味しくて本格的な料理を準備するために、有害な食物を皮膚のために、そして有用な製品から除外することを勧めます。

臼歯は無害であるが、時には危険な新生物である。それが心配する必要があるかどうか、モルに点があるかどうか?

アクネ病(にきび)
おそらく、何もこのような偉大な道徳的苦痛を、このような多数の若者(すなわち、この不愉快な現象と呼ぶのが好きなにきび)に引き起こすものはありません。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "エリスロマイシン軟膏およびその使用" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.