^

にきびのためのテトラサイクリン軟膏

ほぼすべての家庭用医薬品キャビネットには、ヨウ素、過酸化水素、アナルギン、アスピリン、スリングのテトラサイクリン軟膏などの実績のある手段があります。最後のものはもっと詳しく述べるべきです。

テトラサイクリン軟膏はにきびに役立ちますか?

質問への答え:テトラサイクリン軟膏はにきびを助けるかどうか、それを使用する前に医者との相談が必要であるという事実から始める必要があります。この軟膏は販売されていますが、薬局で購入できます。それは、30と50グラムの重量のアルミチューブにパッケージ化されて作られています。価格はかなり手頃な価格です。それにもかかわらず、多くの薬物療法にアレルギーのある人にとって、そのような治療法は多くの害を及ぼす可能性があります。不可抗力が医師からの相談を受ける機会を与えない場合は、二重の注意を払ってテトラサイクリン軟膏の使用に関する指示を読んでください。また、その影響を独自にテストします。それを簡単にする:テトラサイクリン軟膏の少量は、夜間にその中から肘に適用されます。午前中に検査の結果を確認することができます:反応がない、つまり、軟膏が適切であること、にきびを潤すことができることを意味します。

適応症 にきびのためのテトラサイクリン軟膏

テトラサイクリン軟膏は普遍的であると考えられている。その主成分は抗生物質テトラサイクリン塩酸塩である。軟膏は、アクネだけでなく、ひどい形の座瘡にも効果的に耐える。それは様々な炎症プロセスを排除する:

  • ブドウ球菌および連鎖球菌により誘発される化膿病巣;
  • にきび、ひどい形でさえ:
  • 胆嚢炎;
  • 感染した湿疹;
  • 栄養性潰瘍

テトラサイクリン軟膏の作用原理は、病原性の焦点を破壊することによって創傷表面の回復を刺激することである。したがって、皮膚に現れる吹き出物は、テトラサイクリン軟膏の使用の指標となる。

薬力学

それは同じ名前のテトラサイクリン群に属する抗生物質である。100mgの投与量の錠剤の形態で製造される。これは、タンパク質合成を阻害することを目的とした広範囲の抗生物質である。静菌効果があり、場合によっては(投与量を2倍にすると)、殺菌効果があります。

これは、微生物の主要なグループに対して高い活性を示す:これらは、グラム陽性およびグラム陰性微生物、およびリケッチアである。あるいは、影響を受ける細胞とともにウイルスを破壊することによって、ウイルスに影響を与えることができます。しかし、これは非常に強力な薬物であり、治療効果と共に過量の場合には完全な破壊まで免疫系に負の影響を及ぼす可能性があるので、注意して使用すべきである。

テトラサイクリン軟膏は、グラム陽性の多数の(ベータ溶血性グループを除く連鎖球菌連鎖球菌)、グラム(バルトネラ、ブルセラ、リステリアなど)や他の(放線菌、クラミジア、クロストリジウム属、マイコプラズマ、fuzobakterii、トレポネーマに対する抗菌及び静菌作用を有します)細菌。

薬物動態

薬物はよく吸収される。最初の1〜2時間で約66%が血液に吸収されます。物質の65%までが血漿の血漿部分のタンパク質に結合する。脾臓、肝臓に活性物質が選択的に蓄積しています。物質の塊は、大便と尿で外部に排出されます。また、物質の一部は腫瘍に蓄積する可能性があります。身体から不変の形で取り除かれています。したがって、肝臓、腎臓および脾臓疾患に罹患している患者には注意が払われるべきである。アレルギー反応を起こす傾向のある人や、肛門部に腫瘍がある人にはお勧めできません。テトラサイクリンに基づく軟膏は、吸収能力が低く、すなわち、皮膚を通じて全身の血流に実質的に吸収されない。

妊娠中に使用する にきびのためのテトラサイクリン軟膏

妊娠した女性は、定義上、新たな生理学的および精神的道徳的状態を得る。その主な仕事は、健康な子供を産むことです。したがって、生き方は原則的に変わります。これは、妊娠していない特定の薬剤の服用が効果的かつ安全であることに適用されます。妊娠中のにきびに対するテトラサイクリン軟膏の使用は、将来の母親になると何が除外されるべきかの一例です。赤ちゃんが授乳中のときは軟膏を使用しないでください。テトラサイクリンが胚の正常な発生に否定的に影響することが確認されている。テトラサイクリンが母乳中に容易に浸透するという説得力のある証拠がある。したがって、妊婦を見ている産科医 - 婦人科医の勧告では、にきびのテトラサイクリン軟膏の禁止は必須となります。

禁忌

まず、身体がその薬物またはその成分の1つに耐えられないとき、使用に対する禁忌 - 上記のアレルギー反応。しかし、考慮する必要がある他の多くの要因があります。これらは次のとおりです。

  • 腎機能障害;
  • 医学的推薦によれば、小児および青年のための治療コースを投与される様々な種類の真菌疾患。軟膏は、子供の生物にとっても不健康です。

副作用 にきびのためのテトラサイクリン軟膏

副作用としては、かゆみ、灼熱感、赤みなどの徴候があります。この指示書には、抗生物質が破壊されているため、牛乳や他の乳製品と併用できないことが記載されています。

通常、この薬は耐容性が高い。しかし、例外的な症例では、軽度の副作用があり、消化不良、目障りさ、めまい、頭痛の形で現れる。場合によっては、光恐怖症、光感受性の増加、アレルギー反応。ほとんどの場合、抗真菌薬とテトラサイクリンの併用が必要です。 

投薬および投与

軟膏が外用であることの詳細な説明、必要はありません。しかし、いくつかのニュアンスを強調したり、にきびからのテトラサイクリン軟膏の使用と投与に最も効果的な方法を示すことは余計なものではありません。これは簡単なことです。

  • まず肌を浄化する必要があります。
  • 軟膏の薄い層を適用する;
  • 問題のある領域だけでなく、隣接する肌にも影響します。

シェービング後に軟膏を使用する場合は、完了後30分以上待つ必要があります。

にきび治療の結果に関しては、即時テトラサイクリン軟膏は機能しません。しかし、それが適切に適用される場合、1ヶ月では、にきびを忘れることが可能になります。もう一つのこと:テトラサイクリン軟膏と通常の女性のメイクは、タンデムとしては機能しません。化粧品の量を大幅に減らす必要があります。しばらくの間、吹き出物がなくなるまで。

別の「プラス」があります:にきびのテトラサイクリン軟膏の過剰投与は確認されていません。

他の薬との相互作用

テトラサイクリンは個人の感受性を高めるために処方されておらず、薬物の個々の成分に不耐性がある。血液疾患の患者に注意する必要があります。金属、特に鉄を含む製剤と組み合わせることは推奨されません。ペニシリンと同時に使用すると、テトラサイクリンの活性は完全に不活性化するまで低下する。テトラサイクリンが避妊薬の活性を低下させ、抗凝固剤の有効性を高めることも重要である。

保管条件

にきびのテトラサイクリン軟膏は、家庭用胸部からの必須最小限度に含まれていますが、その保存条件は異なります。軟膏は十分に低い温度が必要です。したがって、彼女は冷蔵庫に場所を持っています。それで、にきびのテトラサイクリン軟膏は、すべての製造業者の指示された貯蔵寿命に効果的に働くという保証があります。そして、有効期限、およびこの軟膏、および有効期限が切れたすべての薬を使用することはできません。経験は良いよりもリスクが高いことを示しています。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

外側には、膿疱に似ていますが、これはまったくではなく、すぐに恐れるべきではありません。このような疫病が危険を伴わない場合と、医師に対処する必要がある場合とを区別する必要があります。

眼の下の吹き出物
目の下の陥凹は、化粧的な欠陥であるだけでなく、身体の機能異常の徴候でもあります。目の下のアクネの主な原因、その種類、診断および治療の方法を考慮してください。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "にきびのためのテトラサイクリン軟膏" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.