^

にきびの亜鉛軟膏による治療

アクネのための亜鉛軟膏は、局所的な消毒剤、吸着剤、収斂剤、乾燥効果を有する外用剤である。炎症がタンパク質分子の変性およびアルブミンの形成を促進する場合、分泌の形成を減少させ、それらを吸収する。

適応症 にきびのための亜鉛軟膏

にきびのための亜鉛軟膏の使用の適応症は、様々な皮膚疾患:

  • 皮膚炎;
  • 膿皮症;
  • 燃え尽きる。
  • ジャージ;
  • 栄養分を含む潰瘍;
  • 急性湿疹;
  • ヘルペス;
  • streptoderma;
  • 褥瘡;
  • oprelosti;
  • 傷や切り傷。

類似体:亜鉛ペースト、ダイアダイム、デシチン、酸化亜鉛。

リリースフォーム

軟膏は、外部使用のためのもので、酸化亜鉛とパラフィンまたは石油ゼリーを含んでいます。薬物の10%が異なる用量(グラムまたはミリリットルで示される)でチューブおよび缶に放出される。

外用パスタ25%は、15,25および40gのダークグラスまたはポリマージャーに包装されています。30,40グラムのアルミチューブ - 指示のある個々のまたはグループのカートン。酸化亜鉛、でんぷん、石油ゼリーを含んでいます。

亜鉛に基づいて合成軟膏:亜鉛salitsilovo-(Lassaraを熟考)、硫黄、亜鉛、サリチル酸、硫黄、亜鉛、亜鉛ihtiolovaya、ホウ酸 - 硫酸 - はまた、様々なパッケージで製造されます。

薬局では、亜鉛薬は処方箋なしで処方されます。

サリチル酸亜鉛軟膏

Salicylic-zinc軟膏は、その名前が示すように、サリチル酸と酸化亜鉛から成り立っています。この製剤は、両方の成分の性質を効果的に組み合わせています。

リリースの形 - 暗いガラスの瓶に詰められた25グラムのペースト。外部で使用され、様々な皮膚疾患の治療に最大の効果を示します。この薬に賛成するには、長期使用の実践、肯定的なレビュー、店頭販売、低価格などが挙げられます。

  • サリチル酸は、抗炎症性、防腐性、角質溶解性の機能を果たす。酸化亜鉛は問題のある部分を完全に乾燥させます。薬物で潤滑され、皮膚は過剰な分泌物、角化細胞、病原性微生物を除去し、より速く回復し始める。

軟膏の後に望ましくない徴候を適用する投与量および方法が観察される場合は、そうしてはならない。しかし、個々の成分の不寛容から、誰も免疫性がなく、これはアレルギーの場合に留意すべきである。通常、不快な症状は、軟膏の残渣が患部から除去されるとすぐに消滅します。

妊娠中は、軟膏を使用しますが、注意して医師の許可を得て行ってください。最初の妊娠では、発達中の胎児が特に脆弱な場合、軟膏を使用しないことが最善です。12歳未満の子供にも同じ制限が適用されます。

個々のざ瘡の治療では、擦り傷のない問題点に軟膏が適用され、複雑な問題があります。それを変更した後、皮膚は消毒剤で処理する必要があります。治療経過の長さは、疾患の強度および生物の特性に依存する。

セロ - 亜鉛軟膏

セルノ - 亜鉛軟膏は、抗菌薬および抗寄生虫薬の群に属する皮膚科学的獣医薬である。軟膏には純粋な硫黄と酸化亜鉛が含まれています。それらを石油ゼリーと均質なコンシステンシーまで攪拌する。アクティブなコンポーネントは次のようなアクションを提供します。

  • 収れん;
  • 乾燥;
  • 抗炎症剤;
  • 吸収剤;
  • 抗菌剤;
  • 癒し;
  • 殺菌剤;
  • 殺ダニ性。

軟膏は、農業および家畜の様々な、かなり複雑な皮膚疾患(湿った創傷、化膿性湿疹、脂漏症、疥癬、真菌病変、圧痛)に使用される。

しかしながら、他の目的のために意図された治療法は、にきび、にきびの治療において非常に有用であることが判明した。ところで、硫黄を含む他の調製物と同様に。

このようなツールは、硫黄と亜鉛の有用な特性を組み合わせて、独立して調製することができますが、アスベスト由来の硫酸亜鉛軟膏による治療の割合と治療法を専門家に提案する方がはるかに優れています。軟膏は不快な臭いがあり、衣服や下着に目立たない跡が残るため、休日に手続きをするようアドバイスできますか?

薬力学

にきびの亜鉛軟膏の主成分は、抗炎症、軟化、保護作用を有し、皮膚炎および他の炎症過程の徴候を排除する。滲出物を乾燥させ、皮膚を柔らかくし、再生過程を刺激する。

サリチル酸はかゆみ、痛み、炎症の病巣を排除します。

Serosoderzhashchie薬はdemodexダニを破壊し、抗菌と抗炎症効果があります。

薬物動態

皮膚に適用すると、にきびおよび類似の薬物からの亜鉛軟膏は、全身的効果を有さない。

妊娠中に使用する にきびのための亜鉛軟膏

妊娠中および母乳育児中のアクネの亜鉛軟膏の使用は、医師の指示に従って、緊急に必要な場合にのみ許可されると信じている人もいます。他のメーカーは、彼らの製品を完全に安全と呼び、母親も子供も傷つけません。選択は患者と医師に委ねられます。

新生児は、真皮、おむつの発疹のおむつの炎症のための軟膏の使用を示した。

禁忌

アクネからの亜鉛軟膏の使用に対する禁忌:

  • 薬物に対する過敏症;
  • 皮膚および隣接する組織の急性の化膿性炎症。

硫黄含有軟膏は、妊娠、母乳育児、3歳未満の子供にはお勧めできません。

副作用 にきびのための亜鉛軟膏

アクネからの亜鉛軟膏の副作用は重要ではない。長期間の治療では、刺激、かゆみ、およびアレルギーの他の関連症状の局所症状が可能である。

手術中に、軟膏が誤って目に当たっていないことを確認し、その後にあなたの手を完全に洗う必要があります。

投薬および投与

アクネの亜鉛軟膏は、洗浄された(洗い流された)顔面に1日6回まで薄い層が施されています。治療期間は、特定の適応症によって決定される。治療中は、すべての化粧品を捨てて、不可能な場合は夜間のみ軟膏を塗布してください。皮膚の過剰乾燥を避けるために、専門家はモイスチャライザーで半分に混ぜることを勧めます。

夜間の亜鉛軟膏は、にきびだけでなく、しわもなく、皮膚の色合いを滑らかにします。

過剰摂取

にきびからの亜鉛軟膏の外部適用による過剰摂取の事実は記載されていない。大量に摂取すると中毒が起こり易く、嘔吐、下痢、さらには痙攣を引き起こす可能性があります。

他の薬との相互作用

他の薬剤との薬物相互作用に関するデータはない。しかし、他の軟膏と同時にざ瘡から亜鉛軟膏を適用することは妥当ではありません。

保管条件

アクネなどの亜鉛軟膏は乾燥した暗い場所で、プラス温度で25度を超えないように保たれています。保存条件は、薬物を冷蔵庫に入れることを含まない。子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

さまざまな生産のニキビからの亜鉛軟膏の貯蔵寿命は3〜5年であり、硫酸亜鉛 - 2年。

シンプルで手頃な薬局では、アクネ、黒ずみ、顔面の発疹を効果的に排除します。しかし、そのような症状は美容上の問題であるだけでなく、体内の異常、栄養失調または生活習慣を示すこともあり、統合的なアプローチが必要となることもあります。完全な洗顔のために、炎症や欠陥を排除することはにきびのための亜鉛軟膏を含め、処理する必要がないだけでなく、健康余暇やレクリエーションで仕事を結合するために電力モードを合理化するために - 好ましくはきれいな場所で。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

外側には、膿疱に似ていますが、これはまったくではなく、すぐに恐れるべきではありません。このような疫病が危険を伴わない場合と、医師に対処する必要がある場合とを区別する必要があります。

眼の下の吹き出物
目の下の陥凹は、化粧的な欠陥であるだけでなく、身体の機能異常の徴候でもあります。目の下のアクネの主な原因、その種類、診断および治療の方法を考慮してください。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "にきびの亜鉛軟膏による治療" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.