^

45年後の男性のためのビタミン

、医療編集者
最後に見直したもの: 25.06.2018
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

十分なレベルの微量元素と本能的な活動を回復するためには、45歳以降の男性のためのビタミンが必要です。

ビタミンは、免疫を維持し、身体の成長のための良好な条件を提供するために、あらゆる年齢で必要とされる。しかし、各年齢で、これらのビタミンまたは他のビタミンの量の必要性が異なるため、特定の年齢のカテゴリーにしたがって選択する必要があります。

男性は常に大きな体力を受けるため、筋肉量は女性よりもはるかに多い。新鮮な野菜や果物を使用して健康的な食事がない場合、薬理学的なビタミンのどれもがその欠乏を補うことはできないことを理解する必要があります。

さらに、低カロリー肉、魚、穀物および乳製品を優先することが望ましい。この場合にのみ、体は必要なビタミンを受け取ります。男性の場合、女性と子供の両方にとって、ビタミンB、A、CおよびEは重要な役割を果たす。

薬局で買ったビタミンは一切摂取すべきではありません。一ヶ月のコースでしか服用しないことをお勧めします。ビタミンの正常なレベルを維持するために、ナッツ、乳製品、野菜、果物、魚、植物油、肝臓、そば、緑と鶏肉を食べる必要があります。

別々にまたは複合体で利用可能な多くのタイプのビタミンがある。

45歳以降の男性に対するビタミンの使用に関する適応症

人間の体内では、すべてのビタミンは特定の組成に含まれており、いくつかの数の減少とともに、臓器の仕事や組織の構造に変化があります。

ビタミンやミネラルの摂取は、外部環境の悪影響から細胞を保護し、心臓病や血管病変の発症リスクを軽減するのに役立ちます。

45歳以降の男性に対するビタミンの使用の適応症には、過度の肉体的運動、心理的感情的バランスを損なう一定のストレス、ならびに職場での作業負荷が含まれる。

活発な休息方法の様々なスポーツやサポーターを練習するときは、ビタミンの入場が必要です。体が微量の栄養素、ミクロおよびマクロ成分を受け取るとき、栄養失調におけるビタミンの使用が特に正当化されます。これは、乾燥した単調な食品または半製品の使用の結果として観察することができる。

肝炎または真性糖尿病の形での付随する慢性病理の存在下では、食物栄養の結果としての不十分な供給と同様に、天然ビタミンの不十分な生成が注目される。

季節性ビタミン欠乏期または重度の病気の後のリハビリ中には、体はビタミンを必要とし、定量的組成物を補充する。

加えて、ビタミンは、慢性アルコール中毒の治療において、抗菌剤および化学療法剤の投与と共に補助成分として広く使用されている。

問題の形式

ビタミンは、主に錠剤の形態で製造される。これにより、使用が簡単になり、保管に非常に便利です。それぞれの人はより適切なパッケージを選択します。したがって、身体にカルシウムがないことが分かっている場合、男性はカプセルでカルシウムのみを服用することができます。

しかし、季節性ビタミン欠乏の場合、いくつかのタイプからなる複雑な調製物を使用することが推奨される。男性のためのビタミンDuovitは、あなたが欠乏症を埋めることができ、体の保護機能を改善することができるビタミンの最適な組成を含んでいます。

これは、レチノール、チアミン硝酸塩、holekaltstferol、リボフラビン、アスコルビン酸、葉酸、酢酸トコフェロール、シアノコバラミン、塩酸ピリドキシン、ニコチン酸アミドとパントテン酸カルシウムを含みます。このように、人間は完全な生活のために必要な各種ビタミンの日額を受けDuovit薬を服用。

放出の形態は、必要な量のビタミンを1つの錠剤に含有することを可能にし、通常の使用により、体内でのレベルの正常化を確実にする。

一部の錠剤は、マイクロエレメント(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、マグネシウム、モリブデン)のみを含むことができます。

trusted-source[1], [2], [3], [4], [5]

薬力学

ビタミンの作用機序は、代謝過程に関与し、体のほとんどの構造物の一部であることが原因です。

45歳以降の男性、特にB群のビタミンの薬力学は、代謝プロセスへの参加と神経系の効率によるものです。上皮を発達させて視覚色素を発達させるためには、ビタミンAが必要である。

ビタミンDの助けを借りて、カルシウムの同化と歯と骨の必要な石灰化のプロセスが規制されています。鉄の吸収は、酸化還元プロセスにも関与するビタミンCによって制御されます。

薬力学、特にビタミンEは、膜を損傷から保護し、生理学的抗酸化物質としての作用により膜の機能を保存する。

微量元素と組み合わせて、ビタミンは体の生活の中で重要な役割を果たします。それらは、ホルモンおよび酵素の働きの組織または活性化剤の成分である。

したがって、リン、カルシウムは骨の構造と歯の石灰化に関与し、また多くの酵素反応を刺激し、心筋の調子を調節し、神経線維に沿ってインパルスを伝達し、細胞膜の透過性を制御する。

B群のビタミンは鉄と銅の複合体で赤血球の合成に重要な役割を果たします。さらに、モリブデン、マンガン、亜鉛、マグネシウムは身体が特定の反応を行うためにも必要です。

薬物動態

水に溶解するビタミンの性質に応じて、脂溶性および水溶性の種を放出する。45歳以降の男性のビタミンの薬物動態はこの指標に依存する。

したがって、グループB、ビオチンおよびCのような水溶性ビタミンは、ビタミンの毎日の必要量を超えない、十分に吸収される。体内の過剰摂取は、組織によって使用されず、腎臓または場合によっては腸によって排泄される。

脂溶性ビタミンDおよびAに関しては、経口摂取後、脂肪の存在下で小腸によく吸収される。しかしながら、ビタミンEの吸収は比較的小さい(25〜85%)。

このタイプのビタミンは肝臓に蓄積し、体内への毒性を引き起こし、水溶性ビタミンの毒性を上回ります。

薬物動態は、繊維によって神経インパルスを搬送するためのエネルギー貯蔵、脂質、タンパク質成分および核酸、ならびにコラーゲンの形成および神経伝達物質の蓄積と炭水化物代謝を提供します。

代謝に積極的に参加することに加えて、骨構造の成長および石灰化、再生反応を活性化することによる創傷治癒プロセスの促進にビタミンが必要である。さらに、ビタミンは膜の正常な構造を支持し、その透過性を調節する。

ビタミンは、薬物のミクロソーム代謝および身体の解毒、組織の発達および分化、ならびに免疫応答の維持に関与するために必要とされる。

45歳以降の男性に対するビタミンの禁忌

使用する前に、45歳以降の男性のためのビタミンの使用に対する禁忌を考慮する必要があります。それらは、個々の特徴である遺伝的に置かれた体の過敏症を含む。

また、ビタミンA、D、Eの高ビタミン(高含量)のビタミンを服用しないでください。脂肪に溶けて肝臓に蓄積し、体に有害な反応を起こすことがあります。

重度の腎不全、尿石症、痛風、血中赤血球上昇、血栓性静脈炎および血栓塞栓症にビタミンを使用しないでください。

禁忌は、フルクトース不耐性、吸収不良症候群、鉄および銅を伴う代謝障害、カルシウムレベルの上昇および過剰排泄の存在である。

臓器病理甲状腺機能亢進症、慢性糸球体腎炎を有する、慢性心不全、消化器系、結核の活性相及びサルコイドーシスの歴史の存在の粘膜の潰瘍性病変を区別する必要があります。

慎重に、錠剤の殻に糖が存在する可能性があるため、糖尿病の錠剤ビタミンを飲む必要があります。

さらに、次の条件を強調する価値があります。ビタミンの適用中にコントロールが必要な場合もあります。その中には、肝障害、急性腎炎、CLS、慢性期の膵炎、アレルギー疾患、腫瘍学的病理および特有性が含まれる。

trusted-source[6], [7], [8], [9], [10], [11], [12], [13], [14]

45歳以降の男性に対するビタミンの副作用

いくつかのケースでは、45歳後の男性のビタミンの副作用は、その発生はまれです。それにもかかわらず、彼らの出現の可能性を考慮する必要があります。

免疫の面では、アナフィラキシーショック、血管浮腫および気管支痙攣の形態の即時型を含むアレルギー反応を発症させることが可能である。

消化器系は、ビタミン消化不良障害、悪心、嘔吐、胃及び腹部の痛み、腸機能障害(便秘、下痢)の受信に応答し、塩酸の分泌を増加することができます。血中には、カルシウム、グルコースのレベルの上昇、耐糖能の低下があります。実験室の指標から、AST、アルカリホスファターゼおよびラクタヒドロゲナーゼの活性の増加が注目されるべきである。

神経系の副作用は、頭痛、眠気、感受性およびめまいの変化によって現れる。さらに、視覚障害も可能である。

皮膚には、発疹、発赤、蕁麻疹、うずき感、かゆみ、肌の過度の乾燥の結果として足と掌の靴底の亀裂の外観が可能です。脂漏性噴出および脱毛も可能である。泌尿器系は、腎機能の障害、尿の変色およびカルシウム放出の増加の形で副作用を示す。

共通の症状は、温度、興奮性および発汗の増加によって特徴付けられる。心臓の働きは、心筋に沿ったインパルスのリズムおよび導電率の変化の出現によって妨害され得る。

45歳以降の男性のビタミンの名前

どのビタミンが十分でないかによって、最も適した複合体を選択する必要があります。そのため、体内のビタミンやミクロ要素のバランスが取れています。

45歳以降の男性のビタミンの名前には、単一のビタミンと、Duovit、Supradinなどの複雑な製剤の両方が含まれます。

歯や骨の構造を維持したり、視機能を改善したりする必要がある場合は、ビタミンA(レチノール)、ピリドキシン(ピリドキシン)が神経系を回復させるのに役立ちます。

正常な心機能のためには、チアミンを取る必要があります。赤血球生成を活性化し、細胞膜の損傷を防ぐために、葉酸、シアノコバラミンおよびトコフェロールを使用する必要がある。

ビタミンCは血管の壁を強化し、歯肉と歯の健康を維持します。代謝プロセスの標準化のために、パントテン酸およびビオチンが、特にタンパク質の同化のために使用される。

カルシウムおよびリンの代謝を調節するカルシフェロールは、腸における吸収および骨における蓄積に好都合に影響を及ぼす。

投与と投与

いずれの場合も、健康状態、年齢、および慢性経過の併発病理の存在に基づいて、適用方法および用量を個別に決定しなければならない。

ビタミンの大部分は、1日1回、好ましくは食事中またはその後に、水で服用される。過剰な量のビタミンは体に悪影響を与えるので、ビタミン補給の期間は、それぞれ異なる方法で処方される。

これは特に脂溶性タイプの場合に当てはまるので、肝臓に蓄積して毒性効果を示すことができます。追加の薬物の摂取量を考慮して、投与方法および投与量も調整する。

ほとんどの場合、治療コースの期間は1ヶ月で、さらに強制休憩が必要です。さらに、ビタミン欠乏の予防または治療のためのビタミン複合体の使用を考慮する必要がある。

別々の薬であるいくつかのビタミンを摂取すると、それらを組み合わせて義務的な用量調整を行うことが可能です。

最も最適なのは、いくつかのビタミンを含む複雑な薬物の使用です。この場合、製造業者は、毎日の割合に対応する各ビタミンの最適用量を選択する。

trusted-source[15], [16], [17], [18]

過剰摂取

必要な用量が満たされれば、過剰摂取は起こりそうもない。各タブレットには、ビタミンの最適な定量的および定性的な比率が含まれています。これにより、1日あたり1錠の錠剤を服用して1日の量を得ることができます。

推奨期間を超えるビタミンの長期使用の結果、過剰摂取が起こる可能性があります。過剰摂取の臨床症状の発現を避けるためには、ビタミンの投与量および摂取期間を観察する必要がある。

脂溶性基の代表であるビタミンAおよびDの過剰投与である可能性が最も高い。体内のビタミンDの過剰摂取は、衰弱、体重減少、吐き気、嘔吐、一般的な温熱症および痙攣症候群を発現する可能性がある。

ビタミンAに関しては、ビタミンの許容レベルを超えて頭痛、めまい、不眠、吐き気、嘔吐、光に感度閾値の減少、痙攣や疲労を観察しました。

ビタミンEの過剰摂取は、素早く疲労、頭痛、筋肉の衰弱、二重視力、消化器障害および小クレアチア尿によって現れることがあります。

上記の症状のいずれかが見つかった場合は、ビタミンのさらなる摂取をキャンセルし、医師に相談する必要があります。

他の薬との相互作用

一般に、ビタミンは、様々な疾患の補助療法として使用されるので、多くの薬物と並行してよく使用されている。

テトラサイクリン群の抗菌剤などの他の薬剤との45歳以降の男性のビタミンの相互作用は、すべてのビタミンを一緒に使用できるわけではないという点で特別な注意が必要です。さらに、注意すべき点は、制酸剤を併用してビタミンを同時に摂取する必要があるため、吸収を減らすことができるということです。

それらの共同出願が依然として必要である場合には、3時間以上の受信間の休憩を観察することが望ましい。脂溶性の種を含む他の薬物と複雑なビタミン製剤を使用する必要があります。それらの併用投与の結果、過剰投与の危険性および有毒な反応の出現が増加する。

血液凝固系に影響を及ぼす可能性のある抗凝固剤群の他の薬剤との相互作用も、高い出血確率を考慮して監視する必要がある。

ビタミンCの高用量は、スルファニルアミド薬と相容れない。なぜなら、結晶尿症の出現が可能であるからである。さらに、ピリドキシンがレボドパの治療効果を低下させる能力を考慮する必要がある。

抗生物質に関して、リボフラビンはその吸収および治療効果を減少させ、したがって、それらの方法の間では3時間の休憩を観察すべきである。

保管条件

治癒特性を維持するためには、45歳以降の男性のためのビタミンの貯蔵条件を観察する必要があります。この目的のために、メーカーは、ビタミンの維持が予定されている部屋の気候特性を示しています。

したがって、特に重要なのは、温度体制、湿度および照明のレベルです。ビタミンを貯蔵するためには、25度以下の温度を維持すること、および直射日光の形で過剰な光が存在しないことが必要である。

さらに、ビタミンを含むあらゆる医薬品の保管は、乳児の薬物へのアクセス不足を意味する。過度のビタミンの消費は、中毒または副作用の発現を引き起こす可能性があります。過剰摂取の場合、子供の健康を脅かす可能性のある様々な臨床症状があるかもしれません。

貯蔵条件は、ビタミンの薬物動態学的および薬力学的特性に起因する有用な性質の損失を避けるために、有効期限を通して観察されなければならない。

有効期限

ビタミンの放出の形態に依存して、貯蔵寿命も変化し得る。平均してこの期間は3年間です。期間中は、医薬品の保管に関する勧告を考慮することが推奨される。

必要な条件が設定されていない場合、ビタミンの構造が変化する可能性が高くなります。これは、人の健康を脅かす他の臨床効果によっても明らかになります。

有効期限は、迅速にアクセスするための準備の外側包装にも、内側バイアルにも表示する必要があります。そのため、ダンボール包装が失われた場合でも、有効期限に関する情報は点灯します。

45歳以降の男性のためのビタミンは、健康的なライフスタイルの不可欠な部分です。しかし、特に脂溶性ビタミンについては、過剰投与が可能であるため、常にビタミン複合体を服用しないでください。治療コース間の用量と休憩を観察すると、ビタミンは体内で適切なレベルを提供し、それを強化する。

注意!

情報の認識を簡素化するため、この薬物の使用説明書は、薬物の医療使用に関する公式の指示に基づいて特殊な形で翻訳され提示されています。45年後の男性のためのビタミン

説明は情報提供の目的で提供され、自己治癒の手引きではありません。 この薬物の必要性、治療レジメンの目的、薬物の投与方法および投与量は主治医によってのみ決定される。 自己投薬はあなたの健康にとって危険です。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.