^

体重減少のReduxin

太りすぎは現代人類の世界的な問題となっている。高齢者の生活様式、高カロリーの食べ物、ストレス、病気 - これは過剰な体重を社会の本当の惨劇にさせる十分な理由です。多くの専門家が、人々が調和して美しい形態を維持するのを手伝っています。減量のためのReduxinは、この目的のために作成された正式に承認された薬のグループの一部です。

適応症 減量スリミング

減量のためのReduxinは、肥満患者の維持療法の要素として使用されています。使用の適応 - 2種類の消化性肥満:

  • 30kg / sqの体重指数を有する。m以上。
  • 27平方メートルの同じ指標と。インスリン依存性糖尿病(タイプ2)および脂質異常症が含まれる。

リリースフォーム

Reduxinライトは、安全かつ効果的に2つの方法で行動することができる植物成分を含む薬物のラインです:体重を減らし、細い姿を形成する。説明書によれば、これらは正しい方向に体に影響を与えることができる栄養補助食品です:

  • 皮下脂肪の量を減らす、
  • 筋肉の緊張を高め、
  • 再肥満を予防する、
  • 局所的にシルエットをシミュレートします。

この処方では、リノール酸共役リノール酸は、体内の脂肪成分を遅延させ、脂質を処理する酵素の活性を高める酵素の活性をブロックする。この効果は、肌の下の脂肪量を減らすのに役立ち、筋肉を強化します。

サプリメントは、経口で、朝食時に、時には夕食用に、1日に1〜2カプセルで摂取されます。

  • 減量のための通常の減少のように、レダクチン光には、使用のための禁忌、すなわち:妊娠、泌乳、成分の不耐性の状態があります。

薬物レダクチンおよび同じ食品添加物は、異なるものであることに留意すべきである。医薬品とは異なり、栄養補助食品は臨床試験を受けず、安全性に関してのみ評価されます。これは、食品添加物が生産実現の道をすぐに克服するのを助けますが、その有効性を疑問視します。したがって、このような製品は慎重に扱う必要があります。

レドキシン強化

Reduxine Light Reinforced Formulaの作成者は、有益な成分の源としてよく知られている薬用植物を発明しました:ベニバナ色素、グリフォニウム、野生および中国ヤナギ。現代の技術は、これらの植物の薬効を最も有効に利用することができます:それらから、特に減量のために薬物に添加するために高度に精製された抽出物を受ける。

特に、アミノ酸5-ヒドロキシトリプトファンは、セロトニン(「喜びホルモン」)の産生に関与するグリフォニウム種子から抽出される。この物質は食欲を減らし、気分を改善し、健康な睡眠を促進する。

  • 両方のヤマイモの抽出物はまた、脂肪沈着物の燃焼に寄与し、同時に新しいものの形成から保護し、筋肉をトーンアップさせ、問題のある場所の容積を減少させるので、図形がよりスリムでタイトになる。皮下だけでなく内臓脂肪の貯留も減少している。栄養補助食品の使用が運動と組み合わされる場合、特に集中的に脂肪を燃焼させる。

この式の独自性により、軽量化の軽減の頻度を最小限に抑えることができます。望ましい効果のためには、1日2カプセルで十分です。

サプリメントは、妊娠中および授乳中の女性だけでなく、薬物に対する過敏症の人には禁忌である。

薬力学

シブトラミンの代謝産物は、第1級および第2級アミンに属し、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンの再取り込み阻害剤として作用する。プロセスは脳内で起こり、空腹感を鈍らせます。

薬物動態

還元スリミングの有効成分はシブトラミンである。物質は消化管から積極的に吸収され、肝臓で代謝され、組織内に容易に分布する。それは腎臓、不活性物質、および腸から排出されます。

活性物質および代謝産物の薬物動態は、正常および過体重で、異なる年齢の異なる人々において同じである。

妊娠中に使用する 減量スリミング

妊娠中に使用し、授乳量を減らすことはできません。妊娠の治療では望ましくないため、この薬剤を使用する女性は、避妊によって保護されることが強く推奨されます。

禁忌

減量のためのReduxinは禁忌の多くを持っています。血管や心臓、腎臓、肝臓の重度の疾患の一覧に加えて、

  • 特別な感度;
  • 有機性の肥満;
  • 精神障害;
  • 緑内障;
  • アルコール依存症および薬物中毒;
  • 甲状腺中毒症;
  • 若い高齢(18歳以前、65歳後)。
  • 良性前立腺肥大症。

印象的なリストと、薬物が注意深く投与される病気:不整脈、神経病理、てんかん、その他の問題。

副作用 減量スリミング

体重減少の副作用は、通常、初期治療期間中に生じる。大部分において、これらは、様々な臓器の重篤ではない、可逆的な変化であり、最も頻繁には:

  • 不眠症、
  • 口を乾燥させる、
  • めまい、
  • 味覚習慣の変化、
  • 頻脈、
  • 増加した圧力、
  • 食欲不振、吐き気、便秘、
  • 発汗が増えた。

腫れ、かゆみ、背中や胃の痛み、食欲と喉の渇き、うつ病、神経質、出血などの症状があることもあります。

心房細動、過敏症、精神および記憶の障害、自殺の考え、視力のぼけなどの追加の反応も記載されています。下痢および嘔吐、尿貯留、脱毛症、生殖器およびプロセスの問題。

便秘の場合、下剤が処方される。精神障害では、薬物治療は中止されます。

減量のために危険なスリミングは何ですか?

Reduxin減量のために強力な薬物に属し、多くの禁忌と副作用がありますので、薬師は処方でのみそれを販売しています。減量のために危険なスリミングは何ですか?

  • 薬を飲む患者は、圧力と心拍数をコントロールしなければなりません。特に慎重に高血圧が診断された場合。
  • リスク要因は、QT間隔を増加させる物質です。
  • 医学的コントロールは、呼吸困難、胸痛、脚の腫脹などの他の徴候に対処している。
  • Reduxinは、複雑な肝臓や腎臓の問題を抱える人々にとって危険です。
  • 減量処理は、車の車や複雑なメカニズムの後ろにとどまる能力を制限します。
  • この薬は、小児、青年、および高齢者には推奨されません。

投薬および投与

ファットバーナーは、非薬物治療法が使い尽くされていても、所望の効果が得られなかった場合にのみ投与することをお勧めします。つまり、3ヶ月間人が5kg未満を失った場合。

朝は、体重減少のためのレダキシンが毎日錠剤で消費されます。たくさんの水を飲み込んでください。カプセルは朝食時に、または空腹時に飲み込むことができます。毎日の用量は個別に設定され、通常は5〜10mgです。結果がなければ、医師は投薬量を増やすことができる。

治療期間は、得られた体重減少指数に依存するが、1年以下である。この制限は、長期間の治療の安全性に関する信頼できる情報の欠如によるものです。体重減少は、経験豊かな医師がコントロールし、適切な食事やスポーツ負荷と組み合わせることを覚えておくことが重要です。

過剰摂取

減量のための減量の過量についての事実はほとんどありません。頻脈、高血圧、頭痛の症例があった。これらの症状は、直ちに医師に報告してください。

特定の症状は現れず、したがって、解毒剤および治療法も開発されていない。

活性炭を使用し、消化器官を浄化することができます、対症療法。心臓血管障害の場合、β遮断薬を使用することができる。

他の薬との相互作用

いくつかの抗生物質、フェノバルビタール、デキサメタゾンは、活性物質の代謝を活性化することができる。

セロトニン症候群(セロトニン症候群(うつ病、咳、重度の鎮痛薬)の治癒の危険を伴うセロトニンの量を増加させる薬物の任命。

Reduxinはエタノールと相互作用しませんが、推奨される食事はアルコールに耐性がありません。

シブトラミンは他の薬物、例えば経口避妊薬との相互作用を引き起こさない。

グルコファージと減量スリミング

グルコファージは糖尿病に対する薬ですが、体重減少にも効果的です。血液中のインスリンの増加は、腹部および腰部の脂肪蓄積の延期に寄与する。

一方、インスリンは、高グルコースレベルのために正確に生成される。グルコファージは、これらのプロセスを正常化し、グルコースとインスリンの両方の過剰産生を停止させ、また腸内の炭水化物の吸収を遅くする。

この薬はコレステロール値にも影響を及ぼし、正常に戻します。甘いものや素早く消化しやすい炭水化物を食べることをお勧めします。

グルココファージを指定するときは、問題が複雑な方法で解決された場合にのみ最良の結果が得られるため、ダイエットと患者の日の処方に重要な場所が与えられます。治療には以下が含まれます:

  • 悪い習慣、特にアルコールからの拒否。
  • 低カロリー食品の適切な栄養。

低カロリー食は、バランスと不均衡の両方が可能です。しかし、いずれの場合でも、患者は、野菜、穀物、豆類、全粒粉のパンなど、多くの繊維を毎日食べる必要があります。

あなたは、朝食、昼食、夕食の前に、1日3回グルコファズを食べる必要があります。炭水化物の基準を超過すると、下痢がひどくなります。吐き気の出現は、前回の投与量の半分以下を取る必要があることを示している。

この薬の治療における食事の重要な特徴は、スポーツの運動や負荷を排除することです。それらはその有用な特性を低下させる。

グルコファージと減量痩身は完全に組み合わされているため、一部の医師はその並行した目的を実践しています。

保管条件

貯蔵条件 - 乾燥し、太陽と子供のアクセス場所から保護され、最大25度の温度。

賞味期限

賞味期限は3年です。

体重減少の減少に関する医師のレビュー

ほとんどの肯定的な減量のための削減についての医師のレビュー。適切な予定で、薬は約束の約束を「満たす」。満腹感を強め、飢えを鈍らせ、徐々に減量するが、急激な減量につながる。レビューによると、栄養士は減量のための減少のそのような肯定的な側面をメモ:

  • 体重を減らす人のほとんどすべてが食欲不振になり、
  • この薬剤は迅速かつ最も安定した結果を与える;
  • 習慣性ではない。
  • 体重を減らしたい人のために適切な食事行動を形成します。

減量のためReduxineを処方された患者では、肥満の有機原因の既往がなかったこと、および肥満を取り除くために望んでいるすべての人への個別アプローチを公言、経験豊富な医師を行って治療その:栄養士は、2つの重要なポイントを主張します。

減量軽減剤について重量を失う人のレビュー

減量のための減少と薄いレビューは矛盾しています。食欲を減らし、脂肪、揚げ物、甘味などの禁止食を食べたいという欲求を排除するので、薬物がダイエットに完全に役立つのに役立つことに注意してください。レビューによると、減量を中止した後、適度な食欲が持続し、患者が適切な習慣と食生活を発達させ、強化するのを助ける。例えば、1人の女性が3ヶ月以内に12キロの体重を失った。

逆に、他の人は、罹患した腎臓、心臓、肝臓を有する人々にとって、多くの禁忌および可能性のあるリスクを強調する。一部の人々は不眠症、過敏症を抱えている。苦情は薬の高い価格にも適用されます。

アナログ減速機

アナログ減量スリミング -

  • また、
  • リンダキア、
  • メリディア、
  • スライミー。

体重減少のための減量のように、活性物質を含む肥満に対する医薬品に属する - シブトラミン。満腹感のために体重を失う。食べたいという欲求が減り、熱の生産が増えます。

体重を減らすプロセスは、脂質異常症および2型糖尿病患者の脂質代謝および血液組成の正の変化を伴うので、薬物はこの患者カテゴリーに示される。

注釈によると、アナログの間には大きな違いはありません。それらのすべてがカプセルで発行され、薬局は医療処方に従って放出されます。2〜3年が25度で保存されます(リンカの30度まで)。

Reduxinは、体重減少のための一般的な治療法ですが、万能薬ではありません。これらの事項において有能な医師の監督下で実施されなければならない一連の措置の枠組みにおいて効果的である。それほど重要ではない治療の成分は、適切な栄養と健康的なライフスタイルです。患者は、体重減少のための減量の撤回後でさえ達成された結果が維持されるように彼の人生を変える必要がある。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

余分な重量は、現代世界で本当の惨劇になった、それは惑星の1.5億人以上の住民に影響を与えます。
私たちのうち誰が鏡の前で家のプラスチック製フープを回したり、よく知られた体操選手を想像したり、学校で体育授業で遊んだりしなかったのですか?この人気のあるスポーツ用具は、今や多くの家で見つかることができます。
急速な減量

余分な体重は、世界人口の3分の1の問題です。人々はさまざまな方法で余分なポンドを取り除き、自分の体を理想的な比率にしようとします。

についての最新の調査 体重減少のReduxin

まず体重を減らそうとしている人々は、食事の選択に注意を向けます。効果的な食事があり、あまり効果がありません。 

免疫学的および消化器領域の専門家Eran Elinav(イスラエル研究大学Weizmann代表)は、体重減少のために血液中のグルコース含量を定期的に測定することを提案しています。この分析は、特定の製品の使用に対する身体の反応の程度を決定するのに役立ちます。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "体重減少のReduxin" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.