^

減量のためのアンバー酸:使用の表示、取る方法

すべてのための治癒と呼ばれるいくつかの薬があります。これらの薬剤の1つが考慮され、「コハク酸」と呼ばれ、その特性の鑑識者が体重減少のために首尾よく使用される。しかし、実際に生物学的に活性な添加物である、この興味深い薬物の作用は、はるかに拡大する。

適応症 体重減少のためのコハク酸

おそらく、最も要求の厳しい減量のために、「コハク酸」を使用したスリムフィギュア女性の観点から、それは本当に自然な製品であり、他のどのような利点がそれを取ってから導出することができるもののために、興味深いものになります。

それ自体では、健康な人の体内のコハク酸は十分な量(約200g /日)で産生される。グルコースの崩壊は、アデノシン三リン酸の産生を刺激し、それは、それによって体内のエネルギー代謝を最適化し、体内の生化学的プロセスの全てのエネルギー源であるので、それは、身体のエネルギーの細胞を提供し、クレブス回路の代謝物です。

外部ソースは、コハク酸の生産発酵のために使用した飲料、(発酵飲料、ワイン、ビールなど)、いくつかの果物、ブドウ、ひまわりの種、スグリのアスパラガス、ライ麦粉製品、および製品であるアクティブで成分は酸性度の調節剤として作用する。

全体的な問題は、長年の進化のための我々の生物は予備のコハク酸の合成法を学んでいないということです。身体によって生成され、外部から受け取った酸はすべて直ちにエネルギーの形で消費されます。しかし、体内で生成され、外部から来るコハク酸の量が、様々な理由で急激に減少するとどうなるでしょうか?

コハク酸の欠乏は代謝の崩壊、外部からの負の影響に対する生物の耐性の低下、弱化につながる可能性がある。代謝障害の結果、身体の多くの臓器および系が苦しみ、様々な疾患が発症する。

コハク酸の錠剤は、いくつかの病理学的状態において珍しい治療効果を有するこの有益な物質の供給源として、製造者によって配置される:

  • 天性の条件。年配の病気のある高齢者には特別な利点があります。例えば、酸素飢餓の負の影響を減らすために、極端な状態で人々に応急処置を提供する際の薬物の肯定的な効果を示す。
  • 脳の血管の硬化性変化に関連する状態(記憶障害、疲労など)。優れた結果は、循環性脳症および脳性アテローム性動脈硬化症のような病態の「アンバー酸」との併用療法で注目される。
  • 頭痛およびめまいは、脳循環の障害および脳細胞における酸素および栄養素の欠乏に起因する。
  • 多くの心血管疾患(虚血性心疾患、狭心症、高血圧、アテローム性動脈硬化症などの様々な形)生涯のために割り当てられた多成分薬物療法。「アンバーアシッド」は、同時に基礎療法薬の長いリストを減らし、その効果を強化し、場合によっては治療の経過を減らすのに役立ちます。

この薬物はまた、琥珀酸塩のレベルを増加させることによって虚血性心疾患の予防薬としても重要である

  • 筋骨格系の疾患(骨軟骨症、変形性関節症など)。この薬物の有効性は、コハク酸塩のレベルの増加に基づく。
  • 真性糖尿病2型。そしてまた、インスリンの産生を調節することができるコハク酸塩の効果が追跡されます。
  • 腫瘍学的疾患。薬物の組成物中のスクシネートは、新生物に局在し、癌患者の状態に著しく影響を及ぼし、寿命を延ばし、早期死亡率を減少させる癌細胞の増殖および生殖を阻害することができる。

この薬剤はまた、悪性新生物の化学療法治療の負の影響を減少させることができる。

  • 良性腫瘍(嚢胞、筋腫など)。
  • 呼吸器系の病気(肺および気管支の炎症プロセスを伴う薬剤は患者の健康を改善し、身体の防御を改善することによって回復を加速する)。
  • 呼吸器ウイルス性および細菌性感染症(狭心症、インフルエンザウイルス、SARSなど)。大量の薬物を投与し、免疫システムを刺激して病気と戦い、短時間で労働遂行に戻ることができます。

「コハク酸」の受容の2または3週間のコースは、特に秋 - 春の期間における慢性病状の悪化の優れた予防である。

  • さまざまな病因の生物の中毒。鉛、水銀、ヒ素などの物質による中毒の解毒剤です。
  • 末梢循環の違反(静脈瘤の治療における薬物の実証的使用)。
  • 気管支喘息。
  • 胃腸管および胆嚢、肝臓および腎臓の病気(腎臓結石および胆嚢、肝臓肥満、肝硬変など)。
  • アルコール依存症。
  • 抑うつ状態および睡眠障害。

よく、肌や髪を改善し、激しい運動後の筋肉疲労の痛みを和らげる、組織内で代謝を改善し、(腸内細菌叢を減らすこと、薬と一緒に示す受信)関節の治療を免疫力を維持し、様々な遺伝的変異の予防のための薬剤を使用して、もちろん、体重補正のために。

リリースフォーム

そのような貴重な生物学的添加物は、ウクライナおよびロシア連邦の製薬会社によって、様々な投与量の錠剤および異なる包装の形で製造される。「コハク酸」の製造および流通は、LLC「Elitpharm」およびロシアの会社「Mosbiopharm」によって処理される。

したがって、ロシア製の製剤は、100mgの投与量(コハク酸+補助成分:デンプン、グルコース、アエロジル、タルクおよびステアリン酸カルシウム)を有する。ウクライナの類似体は250mgの投与量を有し、コハク酸(150mg)の他に錠剤に加えて10mgのアスコルビン酸もある。

BAAが「コハク酸」と呼ばれるという事実にもかかわらず、調製物中の塩基性物質は、天然のコハク酸に由来するアセチルアミノコハク酸によって代表される。これは、腸内の塩およびエーテルコハク酸塩が元の生成物よりもはるかに良好に吸収されるという事実に起因する。

治療および予防目的として使用される「コハク酸」、ならびに体重減少および若返りのためには、商業的に10錠を含むプレートの形態で、及び4,8及び偶数10プレートの倍数で両方見つけることができます。

薬の完全なリストでは、コハク酸、より正確にはその誘導体を含む他の薬物を見つけることができます。ここで、これらの薬物の小さなリストは、 "Meksipridol"、 "Armadin"、 "gelofusin"、 "Limontar"、 "Reamberin"、 "Gialual Arthro"(ヒアルロンと組み合わせてコハク酸)。

薬力学

体重減少のための効果的なツールとしての体重補正の複雑なプログラムに広く適用されている薬物 "アンバーアシッド"への指示では、抗低酸素、代謝および抗酸化剤として位置付けられている。

コハク酸の価値ある特性は、身体の保護および適応特性を強化し、それを刺激して疾患と戦う能力であり、そのために薬物がそのような広範かつ多様な適応症を有する。身体内の代謝プロセスと同様に、細胞呼吸の正常化は、ほとんどの病理における患者の状態を緩和するのに役立つ。

関節疾患における薬物の肯定的な効果は、血液循環の改善および容易な利尿作用の2つの作用に起因する。したがって、関節から、長年蓄積された塩析出物は洗い流され、炎症は消え去る。

腎臓結石と胆石症では、コハク酸は石を破壊し、体から砂の形でそれらを除去するのに役立ちます。

胃腸管にとって有用なのは、食欲の消化と同化を促進する胃液の産生を刺激し、食欲を増加させることである。アンバー酸はまた、消化管の運動性を改善し、筋肉の収縮機能に積極的に影響を及ぼす。

ところで、生物全体の物理的持久力と作業能力の向上をもたらすのはこの影響です。

2型糖尿病に対する薬物の有効性は、患者の体内でインスリンの合成を刺激し、代謝を最適化するためのコハク酸の能力によるものである。

様々な中毒およびアルコール依存症の治療において、酸化防止剤を刺激する代謝が使用される。彼のおかげで、血中のアルコールと有害物質の崩壊が早く進み、体をより早く離れることになります。したがって、生物の中毒の症状は予防される。

ところで、アルコール中毒もアルコール依存症で減少しています。そして、ここでは、血液の定性的な指標と肝臓の状態がより良く変化します。

コハク酸の効果は、抗うつ薬としての人気を決定づける神経系にあります。

コハク酸は、生物全体に好ましい効果を与えることによって、性的欲求を高めることができると考えられている。そして、これは男性と女性の両方に当てはまります。

最後に、に安全かつ不快感なしに選択し、それらのための「ゼオライト」の使用は、肥満を戦います。この場合、焦点は、胃腸管の消化機能を改善代謝を正常化、有害な毒素および過剰の水から身体をクレンジングです。良い代謝の背景に簡単に利尿効果が蓄積脂肪を燃やすだけでなく、効果的かつ楽に役立ちますが、これも体重の面で反映されている余分な水分の体を除去するために、多くの場合、足や顔の醜い腫れの形だけでなく、「バッグ」として現れます目の下に。

薬物動態

減量または他の目的のための「コハク酸」の錠剤は、経口摂取によって摂取される。経口的に。消化管に入ると、すぐに体全体に広がります。腸内で吸収されたコハク酸は、血液や異化反応に関与する体内のさまざまな組織に浸透し、30分程度の完全なサイクル持続時間(最終的に水とCO 2を形成する)で侵入します。

薬物の半減期は約25〜26分である。この場合、自己作用物質は完全にエネルギーに変換されるので、体内に蓄積する傾向はない。

妊娠中に使用する 体重減少のためのコハク酸

女性の体はかなり彼女の状態を改善するために貢献し、深刻なホルモンの変化を受け、妊娠中のコハク酸の使用は、、ホルモンの不均衡に関連した不快な症状を緩和初期と後期の段階で発生した中毒を防ぐ、あるいは少なくともその強度を低減します。

2人(時には3人、4人など)のために働くことで、妊娠中の女性の体は以前よりももっと多くのエネルギーを費やすので、力の低下と呼ばれる状態の出現まで、すぐに疲れます。しかし、結局のところ、この母親は他のような力を必要としません。したがって、エネルギーの追加源が必要です。コハク酸は細胞の代謝を改善し、脂肪の燃焼を促進します。したがって、妊娠中の安全な体重減少のために使用することができます。もちろん、未来のミイラの体重が、その微妙な位置で、合併症(出産中と出産中の両方)を伴う規範を大幅に上回る場合に限ります。

妊娠中のコハク酸の使用は、細胞呼吸の母体と胎児を最適化することができないだけでなく、ウイルス、細菌や毒素の様々な胎児を保護するために、負の妊娠のその開発やコースに影響を与えます。このような薬物の有益な効果は、母体の保護力を高め、胎児と母体血液との間の組織学的障壁を強化することによって行われる。

我々が見るように、コハク酸の使用は、様々な先天性奇形を伴う赤ちゃんの誕生確率の有意な減少に寄与する。しかし、妊婦にはいくつかの制限があります。授乳期から服用までの期間、7、半グラム以下の限られた量のコハク酸錠剤を服用してください。

デモンストレーションは、妊娠中の女性に薬剤を予約することであり、これは在胎齢に依存する:

  • 私は妊娠を中止します - 12週から14週の間隔で、
  • IIトリメスター - 24週から26週まで、
  • III期 - 妊娠の最後の1ヶ月(妊娠予定日の15〜25日前)。

この場合の投薬量および予防は以下の通りである:1日あたり250mg(投薬に応じて1または2.5錠)を10日間投与する。

禁忌

コハク酸とその化合物を摂取することのすべての利点にもかかわらず、それに対する態度は依然として二倍です。一方で、コハク酸は、その一部が生物自体によって産生されるので、私たちの体の外来成分とはみなされない。しかし、一方で、この貴重な有機酸の作用は誰にも利益をもたらすことはできません。

まず、胃液分泌の増加に関連した消化器系疾患を有する患者に言及する価値がある。任意の酸が、(潰瘍またはびらん)が損傷または炎症を起こしている場合は特に、粘膜に刺激されているので、コハク酸を受信し、特に空腹時は、そのような過多と胃炎、胃及び十二指腸潰瘍のような疾患を悪化させることができます。しかし実際には、コハク酸はまた強い刺激物である胆汁の産生を刺激する。

それは胆嚢にとって有用であることが判明し、胃に常に利益をもたらすとは限らない。胆道の運動性や胆嚢自体もコハク酸などの薬物にも拘わらず、さらに注意する価値があります。

この薬物は、拡張期血圧を上昇させることができるので、血圧の変動を伴う患者、またはその指標を安定的に増加させる患者においては、その使用は望ましくない。

増加した代謝は、場合によっては、シュウ酸塩(尿石)の積極的な形成につながる可能性がある。これは、尿石症患者およびこの傾向を有する患者に考慮されるべきである。

妊娠中には、女性が体重を減らしたり、子供の運搬時の合併症を予防したり、出産を予防したり、毒物の徴候に対処するために「コハク酸」を使用することができます。しかし、妊娠の遅い重度の子癇前症と診断された場合は、状況を複雑にしないためにコハク酸を服用しない方がよいでしょう。

指示によると、サプリメントや緑内障患者を服用することは好ましくありません。

コハク酸で身体を改善することを決めた人は、この薬が睡眠の質に影響する可能性のある脳に刺激効果を持つことを覚えておく必要があります。このため、就寝前または夜遅くに服用することはお勧めしません。

副作用 体重減少のためのコハク酸

コハク酸の調製を予防目的または健康な人による体重減少のために行う場合、許容される用量の負の反応を用いることは観察されない。場合によっては、アレルギー症状の形で薬剤に対する過敏反応がある場合を除き、

もう1つのことは、人が指示に従わずに使用する禁忌の点を無視する場合です。この場合、薬の副作用があなたに思い出させるかもしれません。

コハク酸を使用すると指数が上昇するため、動脈性高血圧または血圧の変動を有する患者では、状態の悪化が観察され得る。

同じ状況が「胃」または「潰瘍」において観察される。アンバー酸は胃の酸性度を高め、炎症プロセスの悪化を招き、粘膜上の腐食の形成を誘発し、潰瘍からの出血さえも引き起こす可能性がある。この場合、薬物は、上腹部領域(胃痛)および消化器系の疾患に関連する他の不快な症状を伴う疼痛を伴う。

投薬および投与

メーカーが提供し、公式の説明書に記載されている情報に基づき、減量またはその他の目的のための錠剤「コハク酸」を食事前に摂取する必要があります。しかし、人が胃の炎症性または潰瘍性病変を有する場合、塩酸の過剰分泌と戦う薬剤について忘れることなく、食事中または食事後に薬剤を服用することができる。

しかし、このような患者は、「コハク酸」は、消化管粘膜のための安全な手段または剤形を見つけるための薬剤、より重要な不可欠、ひいては必要であれば必ずしも可能ではないことを理解すべきです。

沸騰した温かいまたはミネラルウォーターに十分な量の水または予め溶解して錠剤を飲むことが推奨されます。必要に応じて、味を改善するために、錠剤をフルーツジュースで洗浄することができる。

18歳以上の患者に推奨される1日の投与量は0.25〜1gで、治療期間は28〜30日です。薬物の投薬量および受容頻度は、人の年齢、投与の診断および目的に応じて変化し得る。

例えば、二日酔い症候群を予防するために、宴会の前に250mgの錠剤1錠を摂取するのに十分な量、食欲と消化を改善するために、同じ用量を1日当たり1〜3回摂取する。しかし、oncobolus薬は2〜20錠の有意な用量で処方されており、1日以内に投与する必要があります。

あなたが見ることができるように、大量の薬物を摂取することは体に悪影響を及ぼさず、過剰摂取を引き起こさない。さらに、コハク酸は体内に蓄積しないので、その長期摂取は健康状態に影響を与えるべきではない。しかし、医師は薬の使用を4週間以上推奨していません。しばらくしてから治療コースを繰り返して短いコースに分ける方がよいでしょう。

余分な重量と戦うためにコハク酸を取る方法

太り過ぎのある人の体形補正の面では、いくつかの利点がありますが、その中で最も重要なものは選択肢と体重減少です。

だから、 "コハク酸"を介して体重を減らすために、あなたは3つの効果的な方法の1つを選ぶことができます:

  1. 指示に従って:1日当たり0.75mgを3回に分けた。この場合、食事の25〜30分前に食事前に飲むべきです。薬物を服用することは1ヶ月間行われ、その後は到達した時点で停止するか、短期間にコースを繰り返す。
  2. 3または4錠の量のコハク酸は正確に3日間摂取する。食べる30分前の最初のケースのように、これを行う必要があります。4日 - 休み(錠剤から、脂肪、重い食品から休む)。コースは1ヶ月間デザインされています。
  3. 同じ30日間、朝に空腹で毎日1本または0.5本の水を飲んでください。その後、口腔を清潔な水ですすぎ、減量のための組成物からの酸の影響下で歯のエナメル質の腐敗を防止する。

いずれの方法を選択しても、コハク酸のみに頼ることはできない。はい、それは代謝を改善し、有害な毒素を除去していますが、物理的な活動を無視して、低品質や脂っこい食べ物の体に違反し続けた場合、新たな埋蔵量を補充していない場合は、体脂肪は、まだ、所定の位置に残ります。

レセプション「ゼオライト」ダイエット - ジムと厳格な食事を排出せずに憎らしキロを取り除くために、快適で安全かつ有効にする方法、胃と精神に影響を与えます。それにもかかわらず、一部の努力はまだ適用されなければならない、すなわち:

  • 食べ物や皿に少量の脂肪と炭水化物を含む簡単な食事をつけ、
  • 新鮮な空気の中での散歩、朝の練習、ダカでの作業など、身体活動を断念しないでください。

この場合に限り、図を理想に近づけ、健康を改善し、免疫力を高めることは可能です。

他の薬との相互作用

コハク酸は、他の薬剤と非常に反応することは稀であり、効果を弱める(薬剤の不適合性を弱める、血漿中の活性物質の濃度を増加させ、その後望ましくない効果を増加させる)。それにもかかわらず、体重減少または治療および予防目的のために抗不安薬およびコハク酸を同時に受容すると、コハク酸塩による作用が弱まる可能性がある。同じことが、鎮静作用、精神安定剤、筋弛緩剤を有するバルビツレート剤群の薬物にも当てはまる。

感染症の治療には、しばしば様々な薬物群の摂取が伴う。基本的に抗生物質や抗炎症薬です。肝臓にも顕著な毒性作用を及ぼす抗好中球および抗結核薬もこのリストに追加することができます。細菌感染および蠕虫侵襲の複合療法においてコハク酸を適用することにより、上記薬物群の人体に対する毒性効果を低減することができる。

保管条件

もう一つの重要な要件 - 薬の有効期限に注意を払う、そして有効期限が切れると、その組成と価格にかかわらず、この製品を取り除く。健康、私を信じて、より高価です。

賞味期限

コハク酸錠剤の貯蔵寿命はかなり長く、放出日から4年間であり、貯蔵条件はかなり単純である:気温が25度を超えない日光から離れた乾燥した場所。コハク酸を含有する他の調製物は、異なる貯蔵寿命および保存要件を有し得る。

薬についてのいくつかの情報

「コハク酸」が唯一の栄養補助食品と考えられているという事実にもかかわらず、減量のためにそれを使用することによって中毒と過剰摂取を引き起こすことはありませんし、さらに多くの医療目的のためにとても不注意なことと、最初の医師や栄養士と相談せずに薬を服用してはいけません。彼らだけがそのようなステップの便宜を見積もり、治療コースの期間を指定して有効な投薬量を処方(または修正)することができます。

いずれにしても、最初の錠剤を飲み込む前に、指示に従ってください。薬物に必ず添付してください。インターネット上の薬物の説明のほとんどは、元の情報と比較する必要がある簡略化された情報を保持しています。この場合にのみ、治療または予防の安全性を確信することができる。

医師と患者のレビュー

人々は信頼し、しばしば彼らが望むすべてを信じる用意ができています。しかし、健康と美しさの面では、もちろんこのアプローチは正当化されません。ここでは1つの知恵を覚えているだけです。「7回チェックして1度カットする」つまり どのような薬物療法を適用する前に、あなたは、この病気を治療するためにすでにこの治療法を使用している人、あなたにつながる医師の意見を知っている必要があります。

減量のための "コハク酸"の効果についての医師のレビューは少し離れています。彼らのうちのいくつかは、イベントでプラセボ効果を見る傾向がありますが、薬を飲んだ後に得られた結果の信頼性は疑いがありません。はい、プラセボ効果があっても、結果だけだったら!この場合にのみ、調製物の作用は、体内の代謝に影響を及ぼすことができるクレブスサイクルおよびその変換におけるコハク酸の関与によって生理学的に調節される。そして、ここで余分な体重からの万能薬としての薬の信念は何もありません。

しかし、医師の意見は、通常、偏見があると通常考えられるので、普通の人には興味がないことが多い。医者は安価で効果的な薬を拒絶し、おそらくより高価な類似体を奨励する。これが真実であれば、私たちが判断するのではありません。ここでは、余分な体重に対処する方法を試す価値があるかどうかを調べるために、薬物を服用することで得られた結果に関する客観的な(または少なくとも主観的ですが、現実に近い)情報をどこで取るべきかだけがここにあります。

なぜ、体重を減らす人の本当の意見ではなく、これらのレビューで与えられた結果をどのようにして、どの薬の有効性と安全性について街頭の男性を判断するのですか?

体重を減らすために使用される薬「アンバー酸」についても、このようなレビューが行われています。いつものように、その中には正と負のものがあります。後者は、しばしば、コハク酸、女性および男性を服用することによって体重を矯正するために何もしないで、薬剤自体にあまりにも多くの希望を置くことによって体重を減らすことを望むという事実と関連している。

低体力および栄養失調は、体重を減らす最も効果的な手段の使用を無効にする可能性があります。あなたが脂肪の多い料理をあきらめることができない場合は、定期的に積極的な運動をしてコハク酸の補給を補う必要があります。身体のエネルギーは消費されたエネルギーよりも少なくなっていました。

否定的なフィードバックのもう一つの理由は、「使用する禁忌」セクションの指示の慎重な読み方です。特定の患者グループの悲しい結果の警告を無視することは、より高価です。これは、腹痛、高血圧、不眠症などの不平をもたらす そして、ここでは減量までではありません。

既存の病状を考慮し、推奨用量を遵守して正確に投与された場合、わずか1ヶ月で5〜12 kgの簡単な処分が可能です。

しかしそれだけではありません。多くの女性が「琥珀酸」の受信中にダイエット薬が体全体にプラスの効果を持っているので、彼らは、若く見えるために群れ、彼らは様々な季節や他の病気に対する体の抵抗力を向上させ、より良い、調整後の消化を感じ、そしてそれは特に快適であることを報告します、皮膚を含む。これは結果ではありませんか?

知っておくことが重要です!

野菜の食べ物は、莫大な利益の観点から、毎日テーブルに存在しなければなりません。あまり重要ではない果物や野菜の飲み物です。特に、体重減少のためのジュース - あなたが余分なポンドを失うことができ、健康を向上させる最も手頃な価格と美味しい方法。 もっと読む...

最後にレビューした人: Alexey Portnov 、医療専門家、 25.06.2018
!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

注意!

情報の認識を簡素化するため、この薬物の使用説明書は、薬物の医療使用に関する公式の指示に基づいて特殊な形で翻訳され提示されています。減量のためのアンバー酸:使用の表示、取る方法

説明は情報提供の目的で提供され、自己治癒の手引きではありません。 この薬物の必要性、治療レジメンの目的、薬物の投与方法および投与量は主治医によってのみ決定される。 自己投薬はあなたの健康にとって危険です。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.