^

有用で有害な製品

多くの利点を有する技術的進歩には、コインの裏側があります。見通しの例では、それは非常に認められる。テレビ、コンピュータ、タブレットはあなたの視力を台無しにする "驚き"を提示することができます。環境に悪影響を及ぼしますが、これは長い間地球規模の問題でした。視力に害を及ぼし、ゴーグルなしで日光に長時間暴露する。睡眠不足や睡眠障害に影響を与えます。視力の低下がもはや不可能であることに気付かない時が来るかもしれません。治療は必要であり、しばしば複雑で枢機卿的である。単に目の健康状態を監視することは可能でしたが、ビジョンのために有用な製品を割り引いて食事に取り入れないでください。

視覚に役立つ有用な製品

視力低下を防ぐために、黄色のスポットの緑内障、白内障およびジストロフィーを除去するために、有用な製品を視力に役立てる。彼らは誰にでも利用できます:エキゾチックではなく、安価です。

数年前にこのような製品の評価がブルーベリーになるでしょう。今日でもそれはリストから除外されていません。その効果は変わりません。しかし研究によると、ブルーベリーは野菜や緑や黄色の果物に劣っています。それらは、目の健康を積極的に支える色素であるカロテン、ゼアキサンチンおよびルテインを大量に含んでいます。

家庭では、視力のために必要な製品は生の食べ物と熱処理後に食べることができます。最初のケースでは、ビタミンや果物では、ビタミンはできるだけ保存されています。処理されたフォームでは、消化しやすくなります。

これらの製品や他の製品を選択するには、彼らが行っているビタミンの正確な原因を知る必要があります。良好な視力を維持するためには、ビタミンC、B、D、Eおよびカルシウム、カリウム、リン、ナトリウム、フッ素、リン、銅、亜鉛、鉄などの微量元素が必要です。

視力を改善するための製品

作業が目の緊張で働くことに関連し、したがって疲れている場合は、視力を改善し緊張を緩和することが推奨されます。まず、ニンジンとパセリのジュース。毎月の推奨コース:朝は、空腹で新鮮なジュースを飲む必要があります。近視に苦しんでいるのは、カボチャとサンザシのダイエットです。目の血管の強さと弾力を保つために、ジュースからドライフルーツまで、ローズヒップとアプリコットを使用してください。緑内障と白内障が長い間、毎日パセリジュース1杯を「制動」する。

カボチャは注目に値する:それはカロチンで寛大です。スープ、シリアル、マッシュポテトが作られています。それは優れたカボチャのお粥、スープとマッシュポテトを生産しています。そして、サラダに加えられた生のカボチャは、料理に特別な風味を与え、さらにおいしい風味を与えます。

視力矯正用製品

実質的にすべての野菜や果物が便利です。しかし、その効果は確かに証明されている視力のための製品があります。サラダ、第一コースと第二コースに加えられることが多いタマネギとニンニクは、視力を促進し、明快さを回復します:これは、それらに含まれる硫黄によって保証されます。

ニンジン、ビタミンAやベータカロテンなどのビタミンも視力を改善します。ニンジンは毎日の食事で、料理を変えることで使用できます。サワークリームをつけたとても有用なサラダ。または、クリーム入りのニンジンを煮ました:これはカロチンの脂溶性を改善します。

既に言及されているビルベリーはまた、視力に寄与し、目の疲れを軽減する。ビタミンB1とCがたくさんあり、ルテインの色素があります。ブルーベリーは普遍的であり、この点では、新鮮で凍結したジャムやジャムに役立ちます。

子供を見るのに役立つ製品

子供を眼の病気から守るために、その栄養は可能な限り有用でなければなりません。まず第一に、ビタミンが豊富です。野菜や果物のほとんど。そして、彼らが輸入される必要はありません。子供のビジョンに役立つ製品が環境にやさしいことがずっと重要です。彼らは、乾燥した果物として、新鮮で、茹でられ、焼かれて消費されなければならない。

  • テーブルにはカボチャが必要です - 目に必要なビタミンと栄養素の貯蔵庫。カボチャにはルテイン、ゼアキサンチン、亜鉛、ビタミンB1、B2、C、Aが含まれています。

また読む:

  • ルテインがあるホウレン草は、白内障に首尾よく抵抗する。彼は正当に病気の有効な予防と考えられています。
  • 玉ねぎやニンニクのメリットは誰もが知っており、誰もが積極的に使っています。目には、これらの野菜は置き換えられません:彼らは硫黄で飽和しているので、視力を保持します。
  • ブロッコリー、ブルーベリー、ニンジンも非常に便利です。彼らは多くのビタミンとルテインを持っています。
  • 優れた眼疾患の予防は、桃、ブドウ、オレンジであり、そのビタミン組成は非常に豊富である。
  • 強化するために、角膜を破壊しないためには、フラボノイドが必要である。彼らはチョコレートに入っています。
  • 眼疾患に抵抗する信頼できるアシスタントはコテージチーズと魚です。カードにはリボフラビン - ビタミンB2があります。眼の角膜とそのレンズの助けを借りて、代謝の過程があります。
  • 魚油と魚油は必須脂肪酸の源です。彼らの助けを借りて、目の黄斑変性を防ぐための障害が生じる。特にサーモン、イワシ、サバの特徴です。

子供の幼児期から子供の食生活にかけては、卵、より良い牛肉でなければなりません。彼らはアレルギーを引き起こさない場合、子供は独立した料理として卵を食べる必要があります。週に何回、このアカウントで小児科医から助言を受ける方が良いです。

ビジョンに有害な製品

すべての食品が有用であるとは限りません。あなたが目の病気とその病気を予防する方法について話している場合、どの製品が視力に有害であるかを知る必要があります。

最初のパンで。西洋では、科学者は毎日の食事の中で最低量のパンを主張しています。彼らの研究は、パンが近視の発達を誘発できることを確認した。それはベーキングに存在する精製されたでんぷんに関するものです。それは近視を引き起こすインスリンの成長を引き起こす。同時に、タンパク質が減少し、眼球に負の影響を与える。

それから、 - 炭水化物、ファストフードやそれに類する製品の過剰量。手作りのランチがまれになる大都市での現代的なペースは、巨大な都市でいわゆる「ファーストフード」の普及を引き起こしました。これは、ファーストフード、焼き菓子、ケーキ、パイなどの幅広い販売です。パスタ、野菜、果物とともに、アジア特有の米も取り替え始めました。

炭水化物の余剰は、40年の境界を克服した人々にとって特に危険です。この年齢では、炭水化物の過飽和は、失明の発症の跳躍となる。炭水化物の代わりに、緑色野菜の絶え間ない消費と小麦粉とパスタの食事の減量が必要です。

アルコールの害はあまり言えません:それは神経系だけでなく、ほとんどすべての内臓を破壊するだけでなく、眼の病気を引き起こします。眼科医は、アルコール中毒について話します。これは、視力に悪影響を及ぼします。慢性的な眼科医は、視神経を萎縮させる可能性があります。これは、神経組織の中毒の結果である。大脳皮質も中毒です。

白内障と塩は証明されたタンデムです。過度の塩の消費は、体内の水分の除去を防止し、眼のために眼内圧が上昇すると表現される。

コーヒー愛好家にとっても、将来の目の病気を避けるための制限が必要です。コーヒー中のカフェインは眼内圧を上昇させ、これは緑内障の「緑色の光」です。

最後に、防腐剤と安定剤。責任ある製造業者はチップ、クルウトン、チューインガム、飲料、ジュースを特別なコード「E」と番号を付けて正直にラベルします。これは、食べないことや、まれにしかしないことの最も良い指標です。これらの製品は眼に有害であり、目の組織の正常な組成を変えることができます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

ビタミンと視力
長い時間視力を感じ、目が疲れないようにするには、ビタミンを使用してください。
治療の主な方法は、保存的かつ根治的な療法である。必要に応じて、ビタミン療法、薬物療法、代謝の正常化の使用。
ビジョンは、高齢者や成熟した人々だけでなく、子供たちにも悪化します。この問題を若返らせる傾向があります。ますます、この問題は、他の疾患、医学的および外科的処置の合併症として現れる。

The latest research relating 有用で有害な製品

太陽のない目の問題

最新の研究の1つの専門家の欧州チームは、視力の問題と、人生で受ける紫外線放射の量との関係を確立しています。

ウクライナの眼科医は、緑内障の危険性について一般に知らせる
緑内障は重度の眼科疾患であり、実際に治療可能ではない。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.