^

減量のためのビサコジル:私は取ると害を与えることができます

最初はビサコジルが体重減少のための薬物として使用されなかったという事実にもかかわらず、ほぼ直後に彼らは体重を減らすためにそれを取った。これは、ビサコジルが非常に強力な下剤効果を有するという事実によって説明することができる。

適応症 減量のためのビサコジル

通常、この薬は以下の場合に処方されます:

  1. 患者が長期の便秘に苦しんでいる場合。
  2. 萎縮性腸が、患者が長い間寝ている場合。
  3. 萎縮性腸が、食事が変化したり、環境が変化した場合。
  4. 患者が蠕動蠕動または直腸の低血圧症と診断された場合。
  5. 必要であれば、手術前に腸の急速な排出。

しかし、上記のように、多くの女性が減量のための有効な薬剤としてこの製品を使用しています。

リリースフォーム

今日まで、ビサコジルは2つの形態で入手可能である:錠剤およびろうそくの形態である。錠剤は、5〜6時間後に行動し始める。外側には、腸溶性コーティングで覆われています。

ろうそくは確かにはるかに高速です。直腸投与の1時間後に、患者は結果を感じるでしょう。

Bisacodyl Hemofarmの体重減少

Bisacodyl Hemofarmは、腸の蠕動を改善するために使用される治療薬です。この薬物は、小さな丸い黄色の錠剤の形で放出される。

Bisacodyl Hemofarmは、急速な下剤効果を有する。ビスアコジラスの活性成分に基づく薬剤は、腸の粘膜に影響を与え、その受容体を刺激し、その運動機能が増大する。

体重減少のためにビサコディルヘモファームは頻繁に使用されています。この場合、薬の投与量は以下の通りでなければなりません。1日1回、1錠または3錠の薬を服用します(取得したい結果の種類によって異なります)。多量の液体で洗う。朝食前またはベッドの直前に丸薬を30分服用するのが最善です。

このツールを使用して肥満と戦う場合、これらの錠剤にはいくつかの禁忌があることには注意が必要です。

  1. 腸閉塞。
  2. 腹部に不合理な痛み。
  3. 腹膜炎、虫垂炎。
  4. 絞扼ヘルニア。
  5. 腸内の炎症過程。
  6. 胃腸炎。
  7. 膀胱炎。
  8. 不眠症
  9. 急性直腸炎。
  10. ビスコジルに対するアレルギー。

場合によっては、Bisacodylを服用すると、腸疝痛、腹痛、下痢、鼓腸、アレルギーのようなものになることがあります。

ビサコジルAcry減量のため

Bisacodyl Acryaは、主に日常便の調整、便秘の治療、外科的介入の準備に使用されます。しかし、今日、これらの坐剤および丸薬は、体重減少のためにも使用されている。急速な体重減少は、薬物の強力な下剤効果によって引き起こされる。

減量のためにビサコジルアクリ(Bisacodyl Acry)は以下の投与量で服用される:朝食前(食事の30分前)または就寝前の夕方に薬物の5〜15mgが摂取される。あなたは錠剤を噛む必要はありません。多量の水分を飲む。

Bisacodyl Acryにいくつかの禁忌があるという事実に注意する価値があります。彼らは診断された場合は、使用することはできません:絞扼性ヘルニア、腸閉塞、腹膜炎、膀胱炎、虫垂炎、子宮出血、急性型で直腸炎、ラクターゼ欠乏症の急性型で痔。

場合によっては、これらの錠剤(または坐剤の直腸投与)をとることで、下痢、吐き気、腹部の重さ感、鼓脹などの不快な副作用が生じることがあります。

ビサコジルAcryaを長期間にわたり体重減少のために摂取すると、脱水、腸の痛み、カリウムの喪失につながることに注意してください。

薬力学

ビサコジルは、かなりよく知られている下剤です。それは、腸の粘膜に位置する刺激性受容体によって作用する。これは、蠕動の改善に役立ちます。また、薬剤は、身体から腸の内腔への電解質および水の放出を刺激し、その再吸収を阻止する。

妊娠中に使用する 減量のためのビサコジル

ビサコジルの妊婦と母乳を乳児に与える人は、慎重を期すべきです。使用する前に、必ず産科医の診断を受けてください。

禁忌

  1. ビスコジルに対するアレルギー。
  2. 腸閉塞。
  3. 急性形態の痔核。
  4. 腹膜炎および虫垂炎。
  5. 急性形態の直腸炎。
  6. 膀胱炎。
  7. 胃腸炎。
  8. 炎症性腸疾患。
  9. 絞扼ヘルニア。
  10. 不眠症

副作用 減量のためのビサコジル

  1. アレルギー反応。
  2. 下痢。
  3. 悪心。
  4. 嘔吐。
  5. 脱水。
  6. ブロッティング。
  7. 鼓腸。
  8. 腸の疝痛。

投薬および投与

薬への指示に厳密に従ってください。典型的には、空腹時(朝食の30分前)または夕方に寝る前に朝にビサコジルを使用する。

医師は、この下剤を体重を減らす手段として使用することを強く推奨していないことに注意してください。通常、この薬物は、便秘または上記のいくつかの他の症例でのみ使用されます。Bisacodylumの許可されていない管理されていない管理は、脱水だけでなく、必須のミネラルやビタミンの欠乏の開発につながる可能性があります。

他の薬との相互作用

心筋グリコシド群の一部である薬剤でビサコジルを同時に服用すると、後者の効果は低カリウム血症によって悪化する可能性があります。

これらの錠剤をGCSまたは利尿薬と併用することは推奨されません。これは、低カリウム血症の増加を引き起こすためです。

保管条件

錠剤とビサコジル坐剤は涼しくて乾燥した場所に保管してください。幼児から完全に保護されています。温度は+25度を超えてはいけません。

賞味期限

錠剤の賞味期限は3年間、坐剤は2年間です。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

新生児の便秘:原因、治療

この問題は、医師に連絡する最も一般的な理由を指しており、その広範な分布だけでなく、問題の重要性も示しています。

通常、便秘の診断には、排便中の珍しい(7日以内に3回未満)排便、または1日当たり35g未満の内容物が腸から放出される排便中の問題が含まれる。

32時間以上にわたる体系的な便の遅延は、現代医学において慢性便秘とみなされている。子供の排便は、ほぼ同時に、日常的かつ規則的でなければならない。

についての最新の調査 減量のためのビサコジル:私は取ると害を与えることができます

便秘を引き起こすことができる7つのもの
便秘を取り除くには、栄養や行動の習慣を変える必要があることもあります。問題はそれだけで解決します。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "減量のためのビサコジル:私は取ると害を与えることができます" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.