^

妊娠中の破傷風に対する予防接種

妊娠中の破傷風に対する予防接種は許可されているが、妊娠27〜36週の間(すなわち、第3期)にのみ行う。

妊娠中に破傷風予防接種を受けられますか?

妊娠中の抗破傷風予防接種は許可されています。なぜなら、このワクチンが子どもに悪影響を与えることはないからです。CDCが推奨する予防措置は、第1妊娠終了後まで予防接種を延期することです。

適応症

破傷風トキソイドは、以前にワクチン接種されていない妊婦またはブースター注射が必要な場合の投与のために示される。

妊娠中の破傷風とジフテリアに対する予防接種は、ADSトキソイドの助けを借りて行われます。これは以前に予防接種を受けていない妊婦に投与できる唯一の免疫生物学的薬剤です。女性に予防接種を行ったが、10年以上前にワクチン接種を受けた場合は、再接種の手続きを受ける必要があります。このようなワクチン接種を行うことは、妊娠第2期にお勧めします。

早期に破傷風予防接種をすることはできません。

妊娠を計画する際の破傷風に対する予防接種

別のワクチン接種の時期が来た場合、または前のワクチン接種を逃した場合は、妊娠の計画段階で破傷風ワクチン接種を行うべきです。破傷風予防接種は10年〜60歳毎に施行され、最初は16歳で施行される。

禁忌

他の予防接種と一緒に破傷風ワクチンを行うべきではありませんが、生命予兆がある場合には、それを行うことができます。ほとんどの場合、この手順の禁忌は次のとおりです。

  • 多因子性のアレルギー反応またはそれらに対する既存の素因を示した。
  • 以前に観察された破傷風ワクチンに対するアレルギーまたはその一部の不耐性(破傷風タキソイド、ならびにチオメルサール、水酸化アルミニウムおよびホルマリン);
  • 急性型(または慢性、しかし急激に悪化または代償不全)の感染症 - これは特に肝疾患および腎疾患に当てはまる。

ワクチン接種後の合併症

妊娠中の破傷風に対するワクチン接種後の合併症は、通常、多成分ワクチン接種によって引き起こされる合併症である。

一般的な全身症状の中には、急性アレルギー(アナフィラキシーまたは喉頭痙攣に至ることがある)、高温、一般的な衰弱がある。

じんましんに似た皮膚の発疹、一般的または局所的なそう痒症や浮腫を引き起こし、そして離れて、この皮膚炎から:遅れて症状の中で。免疫蜂巣炎や膿瘍の減少による(外部完全に治癒傷が見えます)ワクチン接種のサイトで開発することができ、中毒性表皮壊死症や地域のリンパ節炎を発症することが - 炎症腋窩リンパ節を、敗血症が発生します。また、強い腫れや痛みと加えて、血清病がされた関節炎の種類をワクチン接種後。ワクチン接種後のしばらくの間の喘息発作、または2〜4週間後の喘息の出現。プロシージャの後に。肺の過換気が起こる可能性がある。

致命的な結果はまれな例外です - 1,000万のワクチンにつき4件あります。

神経系の仕事に違反:通常ワクチンが与えられた側の神経や根の炎症(多発性神経または神経根炎)、短期的な麻痺または不全麻痺(スピーチの完全または部分的な損失がある、ほとんど一方的形状)、。さらに、四肢において、末梢筋の痙攣性収縮が起こることがあり、痛みの持続時間および強さに変化が生じる。頭部が非常に痛い急性形態および脳脊髄炎における横断性脊髄炎の発症を可能にする。

心血管系:動悸 - 不整脈や頻脈や狭心症(最も厳しい反応が心筋梗塞です)。

消化器系:唾液分泌の増加、嘔吐、吐き気、下痢、痙攣痛の出現により鼓腸。

泌尿生殖器系:ショックが発生した場合、排尿に短時間の遅延が生じることがあります。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

破傷風の治療と予防
破傷風の異型治療の可能性は非常に限られている。生存できない組織、異物、開いたポケットを取り除き、病原体による毒素のさらなる発達を防止する創傷の流出を作り出す創傷の外科的処置が行われる。治療前に、1000-3000IUの用量の破傷風抗黄疸で創傷を治療する。発作を避けるために全身麻酔下で外科手術を行う。
スツール診断
初期の破傷風の診断は、トリソス、空想的な笑顔と嚥下障害が明らかになった場合に決定される。後で、堅い首筋が現れる。高血圧は胴体の他の筋肉にも及んでおり、技術的な痙攣が加わり、特有の特徴は高張性の保存である。攻撃後の筋肉。この疾患の特徴は、明確な意識、発熱、発汗および過放飼である。
破傷風の症状
破傷風は、1〜31日(平均1〜2週間)である潜伏期を有する。軽度の傷害(破裂、摩擦など)を伴う破傷風の症状は、それらの完全な治癒の後に生じる。インキュベーション期間が短ければ短いほど、疾患はより重症であることが証明されている。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "妊娠中の破傷風に対する予防接種" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.