^

妊娠中の柑橘類

柑橘類の果物は非常においしくて有用なので、食べるほど美味しくなります。子を期待して女性は、私たちはみかん、オレンジ、レモン、グレープフルーツ、ライム、pomelosに富んよりも、二重の部分、およびビタミン、および有益な何かを必要とするので、これは妊娠中に特に重要です。妊娠中に柑橘類を制限なく使用することは可能ですか?この質問に答えようとしましょう。

妊娠中に柑橘類を食べることはできますか?

妊娠中に柑橘類を食べることができるかどうかは、女性だけでなく、配偶者、親戚、友人にとっても重要です。答えるには、柑橘類の組成、母親の生物と将来の子どもへの有益性、害を理解する必要があります。

柑橘類の使用に関する範疇的な禁止は、これらの果実に持続的なアレルギーを有する女性にのみ適用されます。過敏症を子供に伝えることができます。他のすべての点で、様々な果物は健全な人に良いものをもたらすだけです。

まず第一に、黄色いオレンジの果実は、免疫力を高めるビタミンCと腸に有用な繊維が豊富です。これらの果物のエッセンシャルオイルは、作業能力を高め、リラックスして心理的感情のストレスを和らげ、体をトーンアップします。水で希釈した特に有用な柑橘類果汁:彼らの助けを借りて、女性は妊娠の最初の月に悪心を取り除く。

  • 妊娠中に最も人気のある柑橘類は、レモン(ライム)、グレープフルーツ、オレンジです。

レモンを飲んだ栄養士は空腹の果汁を飲んで空の飲み物を飲んで日を始めることを勧められます。飲み物は消化管をクリアし、酸 - 塩基バランスを調整し、体内の毒素を除去します。離乳した水レモン汁は妊娠中の女性を胸やけから解放し、便を取り除き、便秘を予期します。

グレープフルーツは、ビタミンや微量元素の自然な貯蔵庫です。胎児の歯や骨格の発達、未熟児の細胞の再生に有益な効果があります。

オレンジはビタミンや微量元素も豊富で、免疫系を強化し体の抵抗力を高め、消化器官の機能を改善します。重要な成分は、葉酸であり、これは通常の妊娠経過を提供する。

柑橘類の果汁は、マヨネーズや脂肪サワークリームの代わりに、肉料理やサラダを充填するのに便利です。食事のカロリー含量のそのような減少は、妊婦にとって過剰な体重増加を防ぐ。

しかし、禁忌があります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍12、胃炎、膀胱炎、肝炎、急性および慢性肝疾患、および糖尿病:例えば、柑橘系の果物は消化や他の臓器の疾患を診断された妊婦には推奨されていません。

妊娠中の柑橘類の利益と害

妊娠中の完全栄養は、母親の健康と胎児の適切な発達にとって最も重要な要素です。食事には、十分な天然のタンパク質、脂肪、炭水化物、ミネラル、ビタミンが含まれ、バランスが取れていて、多様でなければなりません。この状態を特徴づける味の変化を考えると、これは簡単ではありませんが、まだ可能です。

ビタミンの主な供給元は、特に冬には、柑橘類の果実です。妊娠中の柑橘類の利益と害は何ですか?

  • 利点は、妊娠中の柑橘類果実が免疫を強化し、血栓症および肥満を予防し、下剤効果を有し、血圧を低下させ、気分を改善し、うつ病を予防することである。

オレンジとグレープフルーツは、葉酸が含まれているので、妊娠中に特に望ましいです。この物質は、胎児の発達の欠陥を予防し、循環系および免疫系の形成に関与するので、子供の計画段階およびその支えの両方において有用である。皮の成分はまた化粧品の質を持っています:必須オレンジオイルは、セルライトに対して優れたツールとして認識されています。

  • 柑橘類の害は、彼らがアレルギーを引き起こし、大量に食べて胸焼けを引き起こすことができるということです。この意味で特に危険なのは、マンダリンです。また、すべての果実の栄養豊富な果汁にはクエン酸が含まれており、歯のエナメル質に悪影響を及ぼしますので、その後はきれいな水で口をすすいでください。

グレープフルーツは、肝炎や膀胱炎の場合には禁忌です。同じタイプの柑橘類の果物は、いくつかの薬と組み合わせられていません。これは考慮する必要があり、特定の病気に相談するときは、医師に相談してください。シトラスジュースはまた、胃の酸性度を高める。

すべての柑橘類の中で最もアレルギー性があり、最も有用でないのはマンダリンです。彼らが母親にアレルギーがあった場合、子供にとってはかなり可能性があります。体のメリットはありますが、これらの果物は食欲と代謝を改善し、免疫力と気分を高め、腫れを和らげ、風邪の発症を予防します。マンダリンの微小要素は骨系と歯を強くし、最近発見された抗癌剤レスベラトロールはがんのリスクを軽減します。

オレンジとは異なり、レモンにはかなり少ないグルコースが含まれています。したがって、非常に酸っぱい味です。そのため、これらの果実はほとんど食べられず、例えば、お茶に加えられます。レモンの特別なメリットは、ビタミンCが豊富であり、これがうまくいけば病気に抵抗できることです。

あなたは妊娠中にどれだけ柑橘類を食べることができますか

果物の利益を確実にし、有害な結果を引き起こさないようにするには、使用率を観察する必要があります。妊娠中にどれだけ柑橘類を食べることができるか - 個々の質問。しかし、料金を計算して平均することができます。

したがって、1つのオレンジに1日分のビタミンCが含まれていることが知られています。この指標と他の指標に基づいて、妊娠中にシトラスを多く消費することが推奨されます。

  • オレンジ - 週に5〜15個;
  • グレープフルーツ - 果物と半日。
  • タンジェリン - 1つまたは2つのPC。1日あたり

エッセンシャルオイルとビタミンを含んだ、食べるため、肉質の良い肉、オレンジの皮をかけることも適しています。骨でさえ有用なトレース要素を含んでいます。

レモンは、母性のために準備している女性の食事の特別な場所を占めています。彼らは寒さとインフルエンザのための丸薬に取って代わり、胸やけや痛みを軽減し、便秘を和らげ、かゆみを減らし、余分な体重を防ぐ。ビタミンCは子供の骨の形成に直接関与します。

レモンと外部を塗る:酸っぱい果実をこすりつけて皮膚の色素沈着を減らします

女性がアレルギーに疑問を持っている場合は、小さな胎児小葉の使用から始めて、この製品に対する彼女の体の反応を確認するのは簡単です。すべてが順調であり、望ましくない反応がない場合、その部分は徐々に推奨レートまで増加する。

果物は通常の形でのみ使用されるのではなく、果皮から肉を取り除いたものです。変更のために、それらを組み合わせて、他の製品、新鮮なジュースおよび他の飲料と一緒においしく健康的なデザートを調製することができる。例えば、オレンジはコテージチーズ、ハチミツ、ナッツ、バニラ、シナモンと結合します。冷たい飲み物は、オレンジ、グレープフルーツ、ライム、ハニー、水から作られています。

妊娠初期の柑橘類

早期に妊娠中の柑橘類果実は、女性の胸焼け、吐き気、嘔吐を抑えます。レモンが含まれている成分は酸度を下げるので、妊娠は空腹時に朝にレモンを噛むか、または室温で沸騰した水に搾ったジュースを加えるのに便利です。

体系的に(による消化器官拡大子宮の圧縮に発生する)便秘に役立つ水やジュースで希釈し、使用している場合淫乱げっぷはまた、レモンのスライスを削除します。

マンダリンは、ポジションの多くの女性の味に、身体が異なって認識します。1人の女性 - すべての利益のために、いくつかの果物の後には、かゆみがあります。しかし、一般的なパターンがあります:専門家は、この種の柑橘類は、妊娠の最初の月にのみ、アレルギーがなければ食べることができると信じています。

オレンジのような柑橘系の味、あなたがこの子実体は、快活、エネルギー、ストレスや眠気に耐えの追加料金を取得します使用している場合ので、子供の頃、休日の期待に関連した多くの人々。これは妊娠初期に特に重要です。彼らはまた、これらの果物と呼ばれるように、早期の毒毒から多くの女性を効果的に保存するのは "中国のリンゴ"です。

第2期における妊娠中の柑橘類

私はほとんどすべての女性、ほとんど例外なく、妊娠中の柑橘類が欲しい。しかし、柑橘系果実のすべてが妊娠において同等に安全であるわけではありません。アレルギー反応を引き起こす可能性があるからです。

リストに載せれば、レモンが一番安全です。彼は妊娠中のいつでも、量を乱用することなく食べることができます。

第2位 - グレープフルーツ、次にオレンジ、アレルゲンの最も危険な柑橘類 - マンダリン。

第2妊娠における妊娠中の柑橘類の使用は特徴を有する。この期間中、ジューシーな甘酸っぱいフルーツも非常に便利で、通常は将来の大部分の母親に適しています。果物は特定の目的のために使用することができます。

  • 例えば、ふかふかを取り除くために、このレシピに従って茶を用意します:2〜3枚のレモンを沸騰水で注ぎ、数分間主張し、茶葉を液体に加えます。飲み物は温かくて小さな酒で酔っ払います。

脂肪ソースの代わりにレモンジュースを使用すると、女性はメニューのカロリー量を減らし、望ましくない体重増加を防ぐことができます。

栄養士のもう一つの注意は、マンダリンだけに関係しています。妊娠後半、特に出産のアプローチで虐待するのは非常に危険です。

妊娠中の柑橘類へのアレルギー

間違いなく、妊娠中の柑橘類の利点は、いくつかの合併症、例えば、女性がアレルギー反応を起こしやすい場合には、平準化することができます。彼らは典型的な画像を示す:かゆみ、赤み、皮膚の腫れ。重度の症例では、結膜炎および鼻水が加えられ、最も重篤な形態は、一般的な蕁麻疹、クインクの浮腫およびアナフィラキシーショックによって示される。この反応は突然起こり、母親と胎児の健康を真剣に脅かす可能性があります。この状況では、直ちに入院や医療介入が必要です。幸いにも、これは非常にまれです。

そのような場合には、具体的な推奨事項があります。これらの果物に対するアレルギーが常に妊娠前に現れた場合、女性が授乳中および授乳中のすべての期間にわたって拒食する方が良いでしょう。

副作用は、妊娠中に柑橘系の果物にアレルギーを避けるために、その前に観察された場合、彼らは一日数クローブのためか、小さな果物のメニューで徐々に少量で導入する必要があります。

目に見えるアレルギーの危険性があるオレンジでは、グレープフルーツを交換する方が良い:ビタミンのすべての家族から最も豊かで、同時にアレルギーの少ないものです。ほとんどのアレルギー物質はマンダリンに含まれています。逆に、レモンとライムは最も安全な柑橘類です。

母親のアレルギーは胎児に影響を与えません。胎盤の保護障壁が引き起こされます。しかし、この疾患は将来的には逆行し、アレルギー症状の子供の傾向になる可能性があります。

通常、果物の摂取を止めた後、アレルギーは治療を受けなくなります。症状が消えない場合は、アレルギーの原因を突き止める医師に相談し、薬を選択して排除する必要があります。自己投薬は、アレルギーそのものよりも悪いことがあるので、受け入れられません。

妊娠中の柑橘類は果実と害の両方をもたらすことができます。女性が身体に耳を傾けることは重要ですが、育った胎児に害を与えないように製品を乱用することはありません。アレルギーの患者さんは、フルーツを完全に放棄してアレルギーを引き起こす方が良い経験をしています。疑問があれば、資格のある栄養士と産婦人科医の勧告に耳を傾けてください。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

「妊娠中にオレンジを持つことは可能ですか?」将来のオレンジの使用は子供のアレルギーの原因となるという意見があるため、多くの将来の母親にこの質問をします。
オレンジのアレルギー
オレンジにアレルギーは食物アレルギーの種類を指します。これは、特定の製品を食べるとアレルギー反応が起こることを意味します。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.