^

にきびのための硫黄軟膏

硫黄は、古代医学においてさえ多くの病気を治療するために使用された:皮内寄生虫、細菌、真菌感染症を除去して炎症プロセスを止めるために使用された。現在、硫黄は皮膚科に積極的に使用されています。例えば、ざ瘡に対する硫酸軟膏は、何十年もの間、妥当性を失っていない安価で効果的な治療法である。

硫酸軟膏はにきびを助けるか?

硫黄軟膏は、常ににきびを取り除くための効果的な治療法と考えられてきました。しかし、それはすべての人にニキビの出現の原因が異なるため、さまざまな方法で誰にでも役立ちます。

血清の軟膏は、にきびやにきびの初期段階と中程度の段階で本当に役立ちます。また、この治療法は白と黒の斑点には効果的ですが、重度の嚢胞性発疹には対処できません。

にきびの出現が体内のホルモン問題に関連している場合、硫酸軟膏の使用は必然的にホルモンのバランスの回復と組み合わされなければなりません。そのような治療は、関連する検査が提出された後、医師によって任命される。

適応症 にきび用硫酸軟膏

ざ瘡およびにきびに加えて、硫酸軟膏を使用することができる:

  • 脂漏を取り除く - 神経および内分泌調節の不全の結果として生じる皮脂腺の破壊;
  • 主に口ひげおよびひげの毛包における慢性的な再発性炎症過程であるsycosisを排除する;
  • 乾癬 - 鱗状苔癬、おそらく自己免疫起源の慢性皮膚病;
  • 真菌感染症 - 局所化真菌感染症;
  • 復調症に起因するにきび

薬力学

にきびは、しばしば青年期の問題番号1です。そして硫酸軟膏は本当に助けになる - この薬は事実上問題なく働く。

これはどうやって起こるのですか?

精製された硫黄は、病原性微生物の広がりを阻止し、顔の皮膚の毛穴を詰まらせる(アクネの出現の刺激となる)。

抗菌作用に加えて、軟膏は、皮膚の表面層を軟化させ、緩めて、その再生を刺激することができる。同時に、最小の亀裂、潰瘍および創傷が治癒し、炎症性の浸潤が平滑化され、皮膚の色調が平坦化され、色素斑が軽減される。

薬物の再生特性は、組織における局所循環を増加させ、その再生および治癒に寄与する。

薬物動態

硫酸軟膏の有効成分は、実質的に循環系に入りません(5%未満)。この指標は、薬物が体に全身的な影響を及ぼすには不十分であると考えられている。

血液中の少量の薬物は肝臓で代謝され、主に排尿の器官を通して体内から排泄されます。

妊娠中に使用する にきび用硫酸軟膏

皮膚科学において、硫酸軟膏は、妊娠中および授乳中に使用するのが比較的安全であると考えられている。相対的に - これは、子供への軟膏の効果と妊娠の過程自体についての本格的な研究が行われていないためです。

しかし、理論的に考えるならば、軟膏の成分は全身の血流に入らず、あるいは少量しか入らず、身体と胎児の発達に何ら悪影響を及ぼしません。しかし、これにもかかわらず、この問題に賢明に接近する必要があり、ざ瘡からの硫酸軟膏を含むあらゆる薬剤は、医師だけが処方されるべきである。特に妊娠と母乳育児の時期になります。

禁忌

硫黄軟膏は禁忌のほとんどない数少ない薬の一つです。より正確には、禁忌がありますが、それらの多くはありません:

  • 軟膏の組成物に対する体の過敏症;
  • 3歳までの子供の年齢。

これらの状況では、エキスから硫酸軟膏を塗布する可能性についての決定は、主治医が行うため、乳児の妊娠および母乳育児の期間は相対禁忌とみなされます。

副作用 にきび用硫酸軟膏

外部作用物質の成分が実際に血流に入らないので、全身性硫酸軟膏の副作用は有していない。

局所反応に関しては、まれに、軟膏を塗布した後にアレルギー反応を起こすことがあります。これは、発疹、皮膚の赤み、腫れ、かゆみの形で現れます。このような症状が発生した場合は、この軟膏を使用するのではなく、医師に連絡する方が良いでしょう。

投薬および投与

ざ瘡からの硫黄軟膏は、皮膚の問題領域への局所適用に使用される。手順は1日3回まで実施する必要があります。

軟膏を塗布する前に、皮膚を準備する:洗浄し、消毒する。

硫酸軟膏による治療の経過は、少なくとも5日間であり、平均して7~10日であるべきである。

にきびの軟膏で包帯や圧縮をする必要はありません。皮膚の乾燥が増えます。

にきびの血清アルブミン軟膏

Serno Zinc Ointmentは、酸化亜鉛、ワセリン塩基および硫黄を精製した形態で組み合わせた外用剤です。軟膏は純粋な硫酸軟膏に比べて飽和臭いが少ないので、さまざまな外来の香りに特に敏感な人に使用できます。

硫酸亜鉛軟膏の作用は、吸着性、日焼け、抗菌性および抗炎症性である。炎症を起こした座瘡の存在する皮膚の領域では、軟膏は治癒を行い、組織の破壊過程を防ぐアルブミンを形成する。

さらに、酸化亜鉛と硫黄との組み合わせは、適度な抗真菌効果を有する。

アクネからのセロトニン(Serno)亜鉛軟膏は、皮膚が治癒するまで、1日に1〜2回問題領域に塗布される。

軟膏の使用による負の作用および副作用は確認されなかった。

にきびのセレンサリチル酸軟膏

セロサリチル酸軟膏は、皮膚科学において広く使用されている。特に、乾癬、疥癬および脂漏症の初期症状を治療するために首尾よく使用される。

軟膏の抗菌作用および抗寄生虫作用は、それを首尾よくアクネを取り除くためにも適用することを可能にする。製品の成分の一部であるサリチル酸は、顕著な角質溶解、抗真菌および静菌効果を有する。彼女のおかげで、軟膏は肌の脂肪含量を下げるのに役立つ皮脂腺と汗腺からの分泌を抑えます。

この薬剤のもう一つの有効成分 - 純粋な硫黄 - はその消毒特性で知られています。

なぜ硫酸サリチル酸軟膏がにきびに積極的に使われているのですか?

  • 軟膏は表面の鱗屑を柔らかくし、ステロイドホルモンの局所抗炎症効果を刺激する。
  • 皮膚に接触すると、その表面上に活性硫化物およびパンチオニン酸が形成され、抗菌作用および抗寄生虫作用を有する。

妊娠中の女性はこの禁忌です。

吹き出物を取り除くために、朝と夜に軟膏を塗布する。治療期間は皮膚の状態によって決まります。問題の部位をざ瘡から浄化した後、軟膏の使用を中止します。

にきびのセロータール軟膏

セロタール軟膏は、ほとんど使用されていませんが、かなり効果的です。おそらく、これは、軟膏自体が、多くの人を忌避する特定の匂いを伴う濃い塊であるという事実のためである。魅力的でない外観およびアロマは、バーチタールおよび硫黄の混合物を軟膏に与える。同じ成分が薬物の有用な特性を決定する。

それにもかかわらず、硫黄タールは小児期と妊娠期の両方で安全に使用できることはごくわずかです。軟膏を皮膚に塗布し、数時間(理想的には24時間)放置する。目に見える効果は、使用の3日目に目立つでしょう。治療期間は10日間の手技です。

Sernoタールクリームは安全な薬と考えられています。しかし、製品がアレルギーの原因となることがあります。この事実は、その薬物が初めて使用される場合に考慮されるべきである。

イヌ軟膏によるにきびのチョッパー

にきびとの戦いで特に良い評判は、家庭で準備されている硫黄軟膏で吹き出物のための治療法、chattleを使用しています。Boltushkuは、個々の吹き出物、または渋滞の場所に適用することができます。

最良の効果は、話者の2つの変形を使用して達成することができる。そのうちの1つは昼間に適用され、もう1つは夜間に適用されます。

  1. Beatle No. 1を準備するには、薬局2%のサリチルアルコール1瓶を取り、3%のホウ酸1瓶を加える必要があります。その後、得られた溶液を2つの部分に分け、一方に硫酸軟膏(溶液の30mlごとに1/2のtsp)を加える。慎重に混合した後、この薬は、にきびのナイト療法として使用することができます。
  2. No.2チラーを調製するには、酸アルコール溶液の残りの部分を取り、サリチル酸亜鉛軟膏(溶液の1/2 tsp〜30 ml)を加える必要があります。徹底的に混合した後、この製品を1日を通して使用して、にきびを焼灼することができます。

治療が適切な栄養と組み合わされ、十分な清潔な水を飲むと、話し手の効果はより明るくなります。

過剰摂取

今のところ、硫黄軟膏の過剰服用の苦情は報告されていない。しかし、これにもかかわらず、医師は薬を長時間使用したり、皮膚の広い領域に軟膏の厚い層を塗布することは推奨していません。

さらに、皮膚の過度の乾燥を避けるために、5時間以上連続して顔面に軟膏を保つことは推奨されません。

他の薬との相互作用

にきびの硫酸軟膏の使用と同時に、他の内外の薬物の使用は禁忌ではありません。あなたは、医師によって処方された丸薬またはカプセルを服用し、注射を受け、シロップを飲み、内部使用のための溶液を飲むことができます。

アクネと硫酸軟膏のための外部剤の同時使用は、皮膚科学者と調整する必要があります。一部の薬物は、塗布部位での皮膚の乾燥を促進するためです。ほとんどの場合、これらの薬は交互に使用されます。たとえば、夜間には六角ニキビの硫酸軟膏が適用され、その他の薬剤は1日中または午前中に投与されます。

保管条件

にきびを取り除くために使用される硫黄軟膏は、特別な貯蔵条件を必要としない。薬物は乾燥した暗い場所に完全に保存されているので、冷蔵庫に軟膏を保存する必要はありません。

血清の軟膏は、小さなお子様がアクセスできない安全な場所に保管してください。

賞味期限

薬の有効期限は2年以内です。

ざ瘡からの硫黄軟膏が使用され、頻繁に処方されるので、あなたはどんな薬局でもこの薬を購入することができます。このためには、必ずしも医師から処方箋を受ける必要はありません。高濃度の硫黄(約10%)の軟膏が好ましい。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

彼女は、毎日のために美味しくて本格的な料理を準備するために、有害な食物を皮膚のために、そして有用な製品から除外することを勧めます。

臼歯は無害であるが、時には危険な新生物である。それが心配する必要があるかどうか、モルに点があるかどうか?

アクネ病(にきび)
おそらく、何もこのような偉大な道徳的苦痛を、このような多数の若者(すなわち、この不愉快な現象と呼ぶのが好きなにきび)に引き起こすものはありません。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "にきびのための硫黄軟膏" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.