^

アイ軟膏軟膏

浮腫、挫傷、目の下のしわは、病気、遺伝的素因、年齢の変化、皮膚の乾燥、過労、不健康な習慣のために起こる。

適応症 目の腫れによる軟膏

このような症状は、目の腫れによる軟膏の使用の適応となる。彼らは必要です:

  • かゆみの排除、
  • 水バランスの回復、
  • 真皮の細胞再生、
  • 有用物質による飽和、
  • 体の免疫力を高める。

目の周りの欠陥を取り除く前に、心臓、腎臓、その他の内臓の病気を排除する必要があります。これには、かゆみの症状も伴います。

リリースフォーム

目の腫れのためのほとんどの軟膏名は、痔核、スポーツおよび家庭内傷害、および他の疾患のための一般的な救済である。

  • 軟膏ヘパリン、
  • ヘパトロンビン、
  • Relif、
  • Troxevasin、
  • Troxevasin neo、
  • "スポーツ"は42、
  • Thromblets、
  • Lioton 1000、
  • Sokkoseril、
  • また、
  • Besorbil、
  • ブレファロゲル

眼の腫れによる軟膏としての痔核薬の正当な使用は何ですか?答えは簡単です:同様の構成。歴史は黙っており、最初にこの類似点に気づいた。しかし、誰もが薬局と美容は非常に近いことを知っています、そして、彼らの製品のレシピで、彼らはしばしば同じ成分を使用します。例えば、治療用クリーム、軟膏、坐剤の処方には、老化防止化粧品を製造するために使用される成分が含まれる。これらのクリームはすばやい効果があるので、非常に緊急に顔の腫れを取り除く必要があるときに便利です。

ヘパリン軟膏

一般的なヘパリン軟膏は、ちょうど100年です。その後、血液の状態に影響を与える彼女の能力が発見されました。私たちの時間では、医学で使用さ軟膏 - 静脈炎の治療では、静脈性潰瘍、痔、および化粧品に - 目腫れ、あざや血腫から。

軟膏の成分は、ヘパリン、麻酔薬、ベンジルニコチン酸塩である。

  • ヘパリンは血液凝固を減少させ、血栓を溶解させる。
  • Anestezinには局所麻酔作用があります。
  • ベンジルニコチン酸は血液を希釈し、血栓形成を減少させ、ヘパリンの吸収を促進する。

複合体において、眼の腫脹による軟膏の活性成分は、抗炎症、抗血栓、麻酔、血管拡張作用をもたらす。

禁忌を考慮しなければならない専門家のために使用されます。

  • 血液疾患(血友病)、
  • 血小板数の減少(血小板減少)、
  • 妊娠と授乳期間、
  • 化膿性創傷の存在、
  • 成分に対する過敏症。

浮腫の治療は、その重症度に応じて、10〜20日間持続するべきである。重度の合併症:骨の脆弱性の増加、骨折、骨粗しょう症。適用分野における発赤は脅威ではなく、通常、ニコチン酸の影響に対する反応です。

軟膏は1日2〜3回、薄い層に塗布する必要があります。アナログ製剤:オーロビン、トロキソバシン、プロクトサン、ボベンジム。

救済の軟膏

軟膏は痔に対して作られています。しかしながら、適用プロセスにおいて、その化粧的特性が見出された:目の下の腫脹の排除および緊急の場合に有用である。しかし、公式には誰もこの方向への検査を行っていませんが、多くの女性がアレルギー検査後に美容目的で軟膏を使用しています。

調製物の有効成分は、サメの肝臓から抽出された油である。これは、組織の再生、炎症からの保護、免疫の刺激に必要なビタミンとマイクロエレメントの完全なセットです。

追加の成分は、フェニレフリン、グリセロール、ビタミンE、トウモロコシ油、タイムである。彼らは肌を柔らかくし、水分を豊かにし、ダメージを治す。血管の狭窄に起因して、腫脹は消滅する。その結果、皮膚は水分で飽和し、顔は滑らかになり、目の周りに腫れや暗い円が生じることはありません。

この軟膏はまだ化粧品ではなく医薬品であるため、制御されていない状態で使用することはできません。例えば、申請期間は3ヶ月を超えてはならない。この規則に違反すると、皮膚は乾燥し、薄くて鈍くなり、長期間治療する必要があります。

ときには薬が燃え尽きるか、潮紅が起こることがあります。しかし、否定的な反応が消えないなら、それは放棄されなければならない。薬物の使用に対する禁忌には、以下も含まれます:

  • 真性糖尿病、
  • 妊娠と母乳育児、
  • 血液疾患、
  • 血栓塞栓症。

問題の領域への薬物の適用は、長い休憩を取って連続して2週間を超えてはならない。クイックエフェクトは、固定パッチ(皮膚深部への浸透用)を使用して、厚い層の腫れた目から軟膏を塗布する技術によって提供される。

トロキソバックス軟膏

軟膏の形態のトロキソバインの主な目的は、静脈病変、特に静脈瘤および痔核の治療である。この薬は血管を強化し、問題のある領域の血流を改善する。

有効成分は、グループPのビタミンに属する物質であるトロキセルチンであり、毛細血管に有益な効果をもたらし、炎症、腫れ、挫傷を軽減する。トロキソバインは小さな血管の壁や筋肉に影響を与え、その結果、眼の周囲の腫れが完全に消えたり消えたりする。

眼の腫脹による軟膏としてのトロキソバインは、1日2回適用される。軽いマッサージは吸収を促進し、有効成分に暴露されます。

この痔核からの軟膏のために、世界の映画館のスターとして認められた女優が積極的に使用している広告情報が証言されています。

類似体:

  • トロキソバシンネオ、リヨン、ギンコール、venobos。

同義語:

  • venlofex、troxerutin。

挫傷や目の下の腫れからの軟膏

打撲傷や目の下の腫れから軟膏を選ぶときは、その組成に慣れておく必要があります。製剤は、血液およびリンパ流を活性化する成分を含むべきである。ナツメ、馬の栗、針の人気の植物は、このプロパティを持っています。これらの薬用成分による軟膏は、不健全で醜い欠陥の排除に対処する。

この問題を解決するための新たな展開は、血管を強化し、それらの血液循環を刺激するのに役立つHylexin化粧用軟膏である。別の同様のツール - "Badyaga"と同様の効果。

また、目の腫れから、時間の点検を受けたシンプルで手頃な価格の家庭用軟膏がたくさんあります。例えば:

  1. 緑のパセリの粉砕をしたサワークリーム;
  2. オリーブオイルを加えたジャガイモとジャガイモ(100:15)。

これらの救済策は、問題となっている浮腫を和らげます。着色効果、バルサミコリニメントVishnevskyとヘパリン、troksevazin、gepatrombin、救済、bezornil、troksevazin、 "Arnikaの"、 "レスキュー" indovazin、 "あざオフ" - プラス、すでに軟膏を述べました。

強力な持ち上げ効果があるため、トロキセバシンは少しずつ適用されることを知っておくことが重要です。

良い結果は、ビタミンE溶液の数滴を加えて、目の領域の皮膚のための定期的なクリームです。手続きを伴うことは、柔らかいマッサージで、リングフィンガーのパッドで軟膏をリベットすることによって有用です。

浮腫の目の下にある痔核の軟膏

浮腫の目の下にある痔核の軟膏は、効果的に指定された欠陥から解放されます。これは、成分の活性によるものであり、一見したところ、化粧品から遠い薬物は、実際上迅速な浮揚効果および抗浮腫効果を有する。軟膏の利点は、彼らが目の下で腫れからブランドクリームよりもはるかに安いです。個々の感受性をチェックした後、少量で慎重に行うべきである。

しかし、直腸医学の「標的にされていない」使用には異論がある。いくつかの薬剤師は、抗痔核軟膏を目の腫れから、特に目の細かい肌に塗布することに関連する可能性のあるリスクについてコメントしている。彼らは、ホルモンや薬の他の成分が肌を傷つけ、出血を引き起こす可能性があることを警告します。

いずれにしても、専門家の意見を聞く価値があり、少なくとも、ペリ・グラスヌユ地帯でのそのような軟膏の頻繁な塗布によって逃げ出さないでください。

薬力学

トロキセルチンの薬力学は、ヒアルロン酸を破壊することを目的としており、ヒアルロン酸は皮膚の若さを保ちます。軟膏は血管の密度を増加させ、それによって滲出物の量を減少させる。

Pビタミンは血管を支持し、組織の細胞代謝を改善し、他の有益な効果を有する。この物質のおかげで、血管の色調が改善され、血栓の可能性が減少する。

ヘパリン軟膏の成分はヒアルロニダーゼを低下させ、線維素溶解血の質を高め、毛細血管を拡張して物質の吸収を増加させる。

眼の浮腫からの軟膏レリーフは、局所血管を狭窄させ、滲出液の量を減らし、腫脹させる。

薬物動態

目の浮腫に由来する軟膏の成分は、局所的な効果を有する。すなわち、迅速に表皮および真皮に吸収され、脂肪組織に積極的に導入される。

妊娠中に使用する 目の腫れによる軟膏

妊娠中に腫脹した眼からの軟膏の使用は、医師に同意する必要があります。注釈では、妊娠のような適応症が示される:

  • ヘパリン軟膏および救済は適用することを禁じられています。
  • ヘパリンビン - 注意して;
  • トロキソバイン - 最初の妊娠ではありません。
  • トロキソバシン新生児 - 妊娠中および授乳中に認められた。

医師の監督下で、血管疾患、外傷、他の重大な問題がある場合にのみ、指名することができます。

禁忌

眼の腫脹による軟膏の適用に対する禁忌:

  • 皮膚の潰瘍および壊死、
  • 化膿性創傷、
  • 創傷からの多量の排出、
  • 妊娠、
  • 過敏症。

薬物は、18歳未満の小児および大人(大量に絶え間なく)にはお勧めできません。

副作用 目の腫れによる軟膏

ヘパリン軟膏からは発赤が起こることがありますが、アレルギーではないため、通常は痕跡がなくなります。

Troxevasinは、局所的な蕁麻疹、湿疹または皮膚炎を引き起こすことがあります。そのような症状は薬物の回収を必要とせず、未治療になる。

抗痔疾軟膏のいくつかの成分(亜鉛、オーク樹皮)は、顔を過剰に暴露することがある。

ほとんどの場合、眼の腫脹による軟膏の副作用は観察されない。

投薬および投与

目の浮腫による軟膏の塗布方法および用量は、指示書に示されている。これらの調製物は、問題のある領域において皮膚表面への外部適用のみを意図していることを覚えておくべきである。アルコールを含まない化粧品を使用したフェイシャルクレンザーで手技を開始することをお勧めします。軽い擦り傷が皮膚に与える有益な効果を促進します。

薬物の携帯性を試験するために、耳たぶまたは顔面の目立たない部分に小さな部分を塗布する。

救済はまた、刺激を引き起こさないように、粘膜との接触を避けて、目および唇の周りのしわを除去するために使用することができる。

ヘパリン軟膏の治療では、1日2〜3回0.5〜1gで3〜4cmの部位に塗布する。時々、毎日の頻度が5倍に増加します。

トロキセバインは、通常の方法で浄化された顔面に塗りつけられます。軽い腫脹 - 1日1回、重度の腫脹と傷み - 2回。乾き度が増すと、軟膏を吸収した後にクリームを塗布することを推奨します。軟膏の残りは脚に擦りこまれます。

迅速な効果は、この方法で達成されます:トロキエバシンの厚い層を30分目の下に塗布し、乾燥させた後、水ですすぎます。この手技は週に2回以上行われないように勧められます。

  • あなたが手元にある同じ組成の座薬をお持ちの場合、それらは水浴中であらかじめ融解した後に皮膚に塗布されます。

いずれかの軟膏が目に入った場合は、完全に水ですすいでください。

連続治療期間は1週間から2週間を超えず、その後は休憩が必要です。

過剰摂取

浮腫による軟膏の適切な使用により、眼は過量の症状を引き起こさない。

ヘパリン軟膏は刺激することができます:

  • 過敏反応;
  • 蕁麻疹;
  • 皮膚炎および刺激;
  • 出血;
  • 骨粗しょう症。

トロキセバシンの外部適用は過剰摂取を引き起こさない。中毒を防ぐために、大量の粘膜に偶発的に接触するのを避けるだけです。

他の薬との相互作用

ヘパリン軟膏は血管拡張剤(アスピリン、アルフィン)と併用されません。

非ステロイド性の抗炎症薬および抗凝固薬は、ヘパリン、抗アレルギー薬、ニコチンおよびテトラサイクリンの作用を増強する。

アスコルビン酸と一緒になって、血管の壁に対する強化作用を強化する。

保管条件

目の腫れによる軟膏は、25℃以下の涼しい乾燥した場所に、子供の手の届かない場所に保管されているロッカーや特別な薬のキャビネットに保管されています。薬はあまりにも低温にしないでください。

賞味期限

目の浮腫からの軟膏は、2〜5年の治癒特性を保持する。有効期限を指定するには、パッケージに記載されている情報に従ってください。

目の腫れによる薬の軟膏の重要な議論は、その質とリーズナブルな価格です。しかし、薬剤師は別の目的のためにそれらを作りました。これは、目の下で腫れを取り除く方法を選択する際に考慮する必要があります。また、腫れが身体活動の重大な異常を示す可能性があることを覚えておく必要があります。これは資格のある専門家が行うべきです。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

目の下で腫れ
私たちは休息し、眠り、病気ではなく、視力はちょうど反対です - 目の下の腫れ、袋は顔に疲れていて衰弱した顔を与えます。なぜこれが起こり、あなたの顔の美しさと新鮮さを回復することができますか?われわれは理解することを提案する。
目の下の腫れを取り除く方法は?
しばしば私たちは、朝起きて鏡を見ると、私たちが見て、軽く、あまりよくはないと理解している状況に出くわす。私が自分をきれいにする必要がある場合はどうすればいいですか?
目の下の浮腫の原因
目の下の浮腫の原因は、最も単純で簡単に解決された要因から、適格な治療を必要とする重篤な疾患まで、異なる可能性がある。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "アイ軟膏軟膏" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.