^

You are here

A
A
A

2030年までに、HIVは消滅します

 
、医療編集者
最後に見直したもの: 20.05.2018
 
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

13 April 2016, 19:00

HIV感染は、30年以上前に初めて現れ、地球全体に急速に広がり始めました。それ以来、科学者のあらゆる努力が、この病気に対して効果的な投薬を開発することを目指してきました。HIVとエイズの勝利はすべての人類の主要な目標の1つであり、最新の科学的成果は科学者がこれに近いことを示しています。

国連事務総長ミシェル・シディベ氏は、HIV /エイズ問題に関する議論に特化した国際会議で、2030年までに世界のHIV流行が終了すると述べた。氏シディベによると、今、私たちは確信を持って言うことができる、HIV / AIDSに関する国連計画の目標の一つは、HIVとエイズ患者と人々の間でゼロ死亡率だけでなく、新たな感染の完全な排除を提供します。

彼の声明の中で、氏シディベは数年前に、エイズ治療薬の出現のために期待しているが、患者が死んでた、なかったことに注意し、病院が過密であり、医師が末期の人々に希望を与えることができませんでした。しかし、2015年までには、国連プログラムの実施に向けてアプローチし、1,500万人の人々に薬を提供することができました。さらに、HIV感染に関する科学的根拠に変化が見られました。以前は、免疫不全ウイルスに感染したすべてが毎日約18種類の薬剤を受けましたが、今日は1日に1錠に減少しています。しかし、Sidibeによると、世界各地のHIV / AIDS薬のコストが減少していることは特別な成果である。このすべてに基づいて、来年には状況は根本的に変わり、科学者はHIVの治療法を見つけて流行を止めることができると推測されます。シデベは、2030年までにHIVに対する勝利を期待することが最も論理的であると指摘した。

この時までに、世界的に有名な会社「マイクロソフト」の創始者であるHIVに対する薬物の登場を期待しています。ゲイツ氏はこの病気のための薬を開発するために何百万ドルも費やしておらず、この分野の研究プロジェクトに多額の資金を提供していることを思い出されたい。彼と彼の妻は、HIVだけでなく、今日は治癒不可能とされている他の重症疾患との戦いの方法に関する研究に資金を提供する基金を創設しました。

スイスのフォーラムで、ビル・ゲイツ氏は将来の技術について講演しました。彼によると、人類は今後15年間でこの恐ろしい病気を完全に忘れるだろう。科学者たちはヒト免疫不全ウイルスに対して効果的なを開発するだろう。

HIVは1983年に2つの異なる研究所で発見されました - フランスと米国では、科学者は同年5月の科学刊行物の1つに結果を発表しました。新しいレトロウイルスがTリンパ球で培養され、科学者らは、このウイルスがAIDS(後天性免疫不全症候群)の発症を誘発することができることを示唆している。

最初はフランスとアメリカの専門家が発見したウイルスに異なる名前をつけ、3年後には異なる研究所で発見されたウイルスが遺伝的に同じで、新しいレトロウイルスがHIVと呼ばれることが判明しました。

ウイルスは、感染した人の体液(血液、精液、精子、母乳など)とともに、損傷した粘膜または皮膚を介して伝染する。

trusted-source[1], [2], [3]

知っておくことが重要です!

証明されたHIV感染を有する小児の予防接種は、N1、N2、N3、A1、A2、AZ ... C1、C2、N3の表に従ってそれらの臨床的および免疫学的カテゴリーを考慮すべきである。子供の確認されていないHIV状態では、分類前にEを使用する(例えば、EA2またはEB1など)。 もっと読む...

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.