^

胃炎中のアルコール

、医療編集者
最後に見直したもの: 08.04.2019
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

誰もがアルコールを飲んだ後に食欲が大幅に増加し、食べ物がいつもよりはるかに多く食べられることに気づいたでしょう。これは、胃粘膜に対するアルコールの攻撃的な影響とその結果としての刺激作用によるもので、塩酸の分泌を増加させます。そのような反応はアルコールを胃炎の下で禁止の下に置くが、結局のところ、私たちの伝統ではない特別な日や出来事を一口飲んではいけないという、絶対的な地味になるという例外はありますか?

胃炎の間にアルコールを飲むことができますか?

胃炎の悪化の段階では、一般にアルコール飲料の使用は除外されています。寛解の場合、ガラスへの定期的な言及は受け入れられませんが、時折、月に1、2回、少量の高品質アルコールを飲むことができますが、特定の予約が必要です。

  • 酸味が高い胃炎のあるアルコール - 強アルコールから低アルコールまでのアルコール飲料にはエチルアルコールが含まれています。それは胃の壁を通して血液に入り、血流を通して広がり、中毒を引き起こします。それがどれほど速く起こるか、そしてそれが強度、人工添加物の存在、二酸化炭素、量、それが空腹時に飲まれているかどうか、それが何かで立ち往生しているかどうかに依存する。

酸性度の高い胃炎の間に空腹時にアルコールが飲まれると、臓器粘膜に大きな害をもたらします。また、脂肪を含む食品を加工するのに必要な酵素の生成も少なくなります。胃はこの二重に苦しんでいます、食物塊はそれでより長く続きます、よどみと発酵は起こります。胃炎におけるアルコールの害を減らすために、あなたは最初に軽い食べ物を食べなければなりません、その品質を節約しないでください、適度を守ってください。

  • 低酸度の胃炎を伴うアルコール - これは胃液の生産を増やすことができる方法であるように思われるでしょう。実際には、すべてがそうではありません。胃粘膜は、塩酸が不足しているために食物から病原性フローラを破壊することが不可能であるために炎症を起こしている。アルコールの刺激効果はこのプロセスを高めます。したがって、胃酸過多症におけるアルコール使用の規則は、この場合にも有効です。
  • 胃炎や潰瘍の中のアルコール - 適切な治療とダイエットのない胃炎はしばしば消化性潰瘍 - 胃の内壁の欠陥の形成を伴います。彼らは悪化と寛解の期間として特徴付けられます。最初のケースでは、アルコール飲料は厳しく禁止されています、2番目のケースでは、合理的な範囲内で、いくつかの種類が許可されています。

trusted-source[1], [2], [3], [4], [5], [6], [7], [8], [9], [10], [11], [12], [13], [14]

胃炎の間にどんなアルコールを飲むことができますか?

様々な種類のアルコールを分析して、胃炎の間に何が飲めるのかを理解するために、安くて輝くワイン、強化ワイン、エネルギーカクテル、ビールの缶詰、炭酸飲料、いろいろな代理は間違いなく拒絶されます。最も安全な胃炎のアルコールは何ですか?胃腸科専門医は、少用量を非難的に治療しています:

  • 高価な赤ぶどうの乾いたまたは半甘味のワイン - それは良い防腐剤です、ビタミンC、B、酸化防止剤、アミノ酸、消化過程の正常化のために必要な微量元素を含みます。
  • 胃炎ウイスキー - さまざまな穀物から得られる強力なアルコール飲料。大麦、ライ麦、小麦、トウモロコシ。麦芽製造、発酵および蒸留の後、それはオーク樽で長期間熟成される。「ウイスキー」ドリンクと呼ばれる権利は、最低3年間の熟成で得られます。胃炎の許容量は50グラムです。
  • 胃炎ブランデー - 寛解期の上質な飲み物は、病気が治まる期間中、月に1〜2回しか現れない権利があります。白ぶどう品種を加工した製品で、エチルアルコールの割合は40%です。それはまた、タンニン、リグニン、少量のアミノ酸、油、樹脂でそれを飽和させるオーク容器に瓶詰めする前に少なくとも2年間保存されます。
  • ウォッカも許容胃炎のリストに存在しています。彼女は、たいていの場合、この病理学を好むか、あるいは単に飲みたいという欲求がある場合に優先されます。これは、もちろん、中毒になる可能性がある「samopale」ではなく、認証製品に関するものです。ウォッカで胃炎を治療する方法さえあります。そのうちの一つの作者はNikolay Shevchenkoです。彼は粘膜の炎症を含む様々な病気を取り除くために40%のウォッカと未精製のひまわり油の混合物を取ることを提案します。1つの容器中で各30gを混合し、5分間激しく振盪しそして酔う。この油はリノール酸、ビタミンE、リン酸塩を多く含んでいます。10日間の食事の前、5日間の休憩の後など、完全に回復するまで、この治療を1日3回20分間行います。
  • 胃炎を伴うろ過されていないビール - ドイツの科学者たちは、この病状におけるそのような飲み物の有用性を主張する研究を行った。それは粘膜の回復を促進するオオムギから作られており、それに飛び乗って鎮痛作用を持ち、そして体に対するアルコールの効果を和らげます。ビールを飲むとバクテリアの繁殖が遅くなり、余分な塩と酸が取り除かれます。さらに、この品種は人工の清澄化、熱にさらされていません、その貯蔵寿命はその自然さを示す1週間以上ではありません。これらの特性にもかかわらず、胃炎の間にそれは1週間あたり0.33リットル以上飲まれることができません。

知っておくことが重要です!

胃炎は私たちの時代の本当の惨劇です。ストレス、大量のジャンクフード、急いでおやつ、悪い習慣でおやつ - これらは、彼らの開発に貢献している要因のほんの一部です。 もっと読む...

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.