^

酸度の高い胃炎の乳製品

Giperatsidny胃炎 - 高酸性の胃の炎症 - これは消化管の最も一般的な病気の一つです。しばしば、このタイプの胃炎の原因は不適切な栄養です。したがって、治療の主な方法は通常食事です。食べ物にはどのような食べ物を入れることができ、どの食べ物を捨てるべきですか?高酸度の胃炎の乳製品を使用できますか?

それは今日、私たちが話す酸味の増した牛乳やその他の乳製品についてです。

適応症

高酸性の胃炎では、通常、胸骨の後ろの灼熱感、吐き気、酸性発疹、嘔吐、上腹部の痛みなどの症状があります。このような病気の治療を処方することによって、医師は炎症過程を排除するだけでなく、胃液の過剰な酸性度を低下させることにも焦点を合わせる。まず、彼は患者の食事に注意を払い、胃の酸の産生を増加させる製品の使用を制限したり、壁を刺激したりすることを推奨しました。

酸味が増した胃酸を含む乳製品は許可されていますが、非常に慎重かつ限定された量 - 特にサワークリーム飲料の場合。原則として、各乳製品には独自の適応症と禁忌があるため、そのような製品を患者の食生活に含めるかどうかを決定する際には、患者の個々の特徴と病気を考慮する必要があります。

一般情報 過酸性胃炎を伴う乳製品

乳製品の人間への利益は無条件ですが、高酸度の胃炎のメニュー患者に含まれるすべての乳製品ですか?

コテージチーズ

コテージチーズは、胃炎と高酸性度によく推奨されます。この製品は胃で容易に認識され、胃に留まらないためです。胃炎の場合、コテージチーズは塩とナッツを添加しないで痩せていて、新鮮であることが重要です。

高酸度の胃炎の理想的な選択肢は、柔らかい一貫性のある自家製のダイエットのカードです。拭き取ったものを食べることは許され、優れたプディングやスフレ、バレニキ、キャセロールが得られます。

コテージチーズは、胃炎で食べることができますが、悪化の最初の2〜3日間で食べることはできません。また、酸っぱいコテージチーズ、あまりにも脂肪、または添加物を使用することは不可能です。

高酸度を有する胃炎を伴うコテージチーズからの最も最適な料理は、凝縮したキャセロールであるが、ナッツとドライフルーツは含まれていない。キャセロールに蜂蜜を加えることができます。

チーズ

通常のハードチーズは、酸性度の高い胃炎で食べることができますが、急性期の発症後7日目より早く、比較的少量で食べることができます。

胃炎患者のために購入してはならないチーズはどれですか?

  • 鋭い品種;
  • 唐辛子と調味料とチーズ;
  • 酸味や塩分の多いチーズ。
  • 加工チーズ;
  • ソーセージ、スモークチーズ;
  • ズルグニ、ブリンザ、ヤギチーズ。

胃炎では、新鮮な新鮮な種類のチーズ、例えばリコッタ、マスカルポン、モッツァレラに恵まれています。さらに、金型のチーズは禁止されていませんが、店内では、そのような製品が期限切れでないことを確認する必要があります。ブルーチーズは収斂した性質を持ち、胃の自然保護層を強化します。

しかし、私たちは、胃炎で消費されるチーズの量があまりにも大きすぎてはならないことを忘れてはなりません。1日に数枚で十分です。

ヨーグルト

高酸度の胃炎では、ヨーグルトを飲むことができますが、そのようなルールを考慮に入れて:

  • 製品の使用は中程度でなければなりません - 一度に大量に飲むべきではありません。それは頻繁に食べる方が良いですが、いくつかのスプーンです。
  • ヨーグルトは大胆ではありません(最適 - 2-2,5%)。
  • ヨーグルトは新鮮で酸味がありません。

最も有用なヨーグルトは、自宅で調理したもので、自然な構成です。工業製品は、しばしば、消化器系の患者に害を及ぼすことがある物質を保存、安定化、香味付けおよび着色することからなる。

高品質のヨーグルトは胃の壁に刺激を与えず、逆に酸味の程度を包み込みます。

サワークリーム

高酸度の胃炎がサワークリームの工業生産を使用することは推奨されていない場合でも、製品は食事として配置されています。脂肪は肝臓や胆管系に負担をかけるので、自家製のサワークリームには制限があります。低脂肪の自家製サワークリームは、一度に15グラム以下の量で、胃炎の緩解中にのみ食べ物に加えることができます。

サワークリームは、健康にとって非常に重要な製品であり、腸の正確で安定した手術を保証する。サワークリームには、ビタミンA、E、PP、アスコルビン酸、ビタミンB、亜鉛、鉄、フッ素、ヨウ素、銅、マンガンなどの豊富なミネラル成分が含まれています。生成物は、動物性タンパク質、天然炭水化物、β-カロチン、脂肪酸で飽和している。

バランスのとれた組成物は身体に疑いのない利益をもたらし、代謝を安定させ、脳の効率を改善し、筋肉組織の作業を容易にする。胃炎の場合、この製品を完全に放棄すべきではありません。あなたはそれを消費することができますが、適度にかつ新鮮な形でのみ使用してください。

バター

バターは人体に完全に吸収されます。

これは、高品質の代謝プロセス、免疫システムの仕事を提供するレチノールを含んでいます。レチノールは粘膜の上に強力な保護層を形成し、その迅速な回復に寄与する。

オイルは、組織の治癒を促進し、その品質を向上させる乳脂肪からなる。

このオイルにはビタミンPが含まれています。ビタミンPは、細胞の正常な代謝を保証するために必要なだけでなく、身体へのストレスの負の影響を防ぐリン脂質も含んでいます。

酸度の高い胃炎では、オイルの使用は制限されるべきですが、完全に諦める価値はありません。1日あたりの胃炎患者のこの製品の通常量は25g以下です。この量の油は害を与えないために必要ですが、逆に体に最大の利益をもたらすために必要です。

バター

プロストックは多くの製品に共通して愛されています。それは簡単に料理することができ、それは飲むのがいいです。高酸性の胃炎では、多くの有用な特性にもかかわらず、この製品は慎重に使用する必要があります。

胃炎の悪化期間中は、この飲み物は胃の状況を悪化させる可能性があるので、凝乳を使用するのを制限します。

しかし、悪化の症状が後退したとき、凝乳は非常に有用であり得るが、低脂肪ミルクから調製された新鮮で非酸性の乳のみである。

フレッシュヨーグルトは便秘を和らげ、消化管を安定化させ、コレステロールの過度の沈着を防ぎ、脂肪の代謝を正常化し、不全症の患者の状態を改善する。

ケフィア

高酸度の胃炎では、ケフィアを2〜3%脂肪で、新鮮なもの(1-2日)のみ飲むことができます。このケフィアは包皮性を持ち、腸の蠕動を正常化します。飲み物の鮮度は、胃炎の患者が消費するときの主な状態である。

適度にケフィアを食べる必要があります。すぐにたくさんの酸っぱい飲み物を飲むと、下痢を引き起こす可能性があります。

酸っぱい乳製品からの病気の悪化の時には、約3-4日間、一時的にあきらめる方がよい。

もう1つの条件:胃炎の患者さんが使用するケフィアは冷たくないはずです。温度は室温に近いはずです。飲料の特別な加熱(例えば、電子レンジまたはストーブ)は、酸性度を大きく上昇させるので、受け入れられない。ヨーグルトを1時間30分ほど置いておいてください。それで十分だろう。

ケフィアの味を改善するために、蜂蜜やスイートフルーツを加えることができます。

Ryazhenka

発酵された焼きミルクのようなサワーミルク飲料は、融解したミルクに基づいてケフィアの一種です。その脂肪含量は、通常、通常のヨーグルトまたはヨーグルトの脂肪含量よりも高く、さらに、組成物は、カルシウムおよびリンの量を増加させる。

多くの専門家は、酸度の高い胃炎の悪化後の最初の1週間以内にこの製品を飲むことを勧めていません。急性期の初めから1週間が経過した後、発酵乳を摂取することは許容されますが、非常に少量 - 1日当たり100-150ml。しかし、これはまた、いくつかの患者のためにたくさんあります:ハンバーガーは非常にカロリーと栄養価が高いので、それは長い間満腹感を残します。

ヤギのミルク

新鮮なヤギの牛乳は、胃炎の治療のための万能薬と考えられている。朝は空腹時に飲むことをお勧めします。また、夜には150ミリリットルを小口で飲むことをお勧めします。

ヤギの牛乳は、通常だけでなく、萎縮性胃炎でも有用であると言われています。飲み物は胃の粘液組織を回復させ、過剰な酸性環境を解毒します。

このようなミルクの重要な特徴は、その使用が腹部の重力の出現を伴わず、ガス形成を増加させることである。このような製品を定期的に使用することにより、酸度の高い胃炎は数週間続きます。

酸味が増したヤギ牛乳を摂取することが可能ないくつかの条件があります:

  • ミルクは新鮮でなければならない。
  • 少量(最初は150 ml、その後は200 ml以下)で飲むことができます。
  • 使用前にミルクを少し温めてください。

クリーム

クリームは、ミルク分離中に得られる製品である。通常、クリームの脂肪含量は35%です。クリームのミネラルとビタミンの組成は通常のミルクに近似しています。言い換えれば、クリームは非常に脂肪の多いミルクです。彼らは、より簡単な消化性のために、バターよりも有用であると考えられています。

クリーミーな脂肪は消化管の粘液組織を包むことができるので、食中毒で飲むこと、ガス状化学物質の有害な影響を中和することが推奨されます。

高酸性の胃炎の急性期には、クリームを飲むべきではありません。クリームの確立された寛解の間、胃の粘膜組織への飲み物の刺激効果を減らすために、紅茶またはコーヒーを加えることが推奨される。

利点

乳製品は体に非常に役立ちます。まず、高度なタンパク質とカルシウムを含み、同化の質は97%です。また、ミルク中に存在するリンおよび他の有用物質に、ミルクカルシウムが最適に関連していることも重要である。

1人が乳製品から必要とされるカルシウム1日量の約80%。カルシウムに加えて、ミルクは、ナトリウム、カリウム、塩素、マグネシウム、亜鉛、ヨウ素、鉄、コバルト、マンガンが含まれています。これらの物質の全ては、非常に酵素、ホルモン及びビタミンの独自の生産のために身体が必要とします。

乳製品の利点は、酸っぱいミルクが免疫防衛を「拍車」し、生物の抗ウィルス性を高め、アレルギー反応を排除するのに役立つということです。

あなたがkefir、ryazhenka、コテージチーズ、乳酸と有益な細菌を使用すると、消化器系に入ります。腸腔内では、酸はほぼ完全に中和されるが、乳酸菌は依然として重要な活性を保持し続けている。そのような細菌は、病原性細菌叢のための破壊的環境を形成するために、食物残渣を処理するのに役立つ。

乳製品には最も価値の高い糖類であるラクトースが含まれています。ラクトースは腸内の腐敗のプロセスを阻害し、体のエネルギーを与えます。

禁忌

  • 失効した、期限切れの、腐敗した乳製品は、特に酸性度の高い胃炎では、消費することができません。
  • 胃の炎症過程が悪化する段階では、乳製品を使用することはできません。これは炎症や害を悪化させる可能性があります。
  • 高い酸度を有する胃炎を伴う乳製品は、追加の化学成分なしで自然でなければならない。薬局でヨーグルトやケフィアのサワードンを購入し、飲み物を自分で準備する方が良いです。その後、乳製品は本当に有益になります。

考えられるリスク

誰もが自分のユニークな生物を持っています。ミルクを含む様々な製品とは異なる反応をすることができます。一部の人々では、ミルクは衰弱感を引き起こすか、まったく吸収されません。乳製品を飲むために胃炎患者を推薦する前に、これをすべて考慮する必要があります。

時々乳製品が血糖値の変動を引き起こすことがあります - これは乳中に存在する乳糖糖に対する特異的反応です。ミルクを使用している乳糖不耐症の人は、消化と鼓腸の不満を感じます。

人がミルクにアレルギーがある場合、人が酸性である場合、乳製品を患者のメニューに含めないでください。少量でも使用すると、患者はかゆみ、皮膚の赤み、発疹および腫脹の出現を引き起こす可能性があります。

患者がミルク不耐性を持たず、酸味が増した胃炎では、それに基づく製品を摂取することができます。しかし、そのような乳製品は高品質で新鮮でなければならず、好ましくは自家製でなければならない。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

胃の粘膜の炎症は、多くの問題に男を与える彼の食事に慎重なアプローチを取るために彼を強制的に、そして痛み、重苦しさ、吐き気、げっぷやその他の不快な症状の気持ちを我慢する有害なグッズの様々な自分自身を許可する場合には
亜麻仁はしっかりと胃炎の治療で彼らの立場を取った。胃腸科医は、医薬的治療と共に、補助薬として亜麻仁の煎じ薬を任命する。これは、損傷した細胞を修復するために、その癒着特性、すなわち胃粘膜を包み込んで保護する能力に起因する。
ケフィアは有名で多くのお気に入りのミルクドリンクです。微生物の助けを借りて作られたミルクを発酵させて入手してください。約二十人が製品を手に入れています。それは1、2、3日に分かれています。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.