^

疝痛からの新生児のための温水ボトル:塩、ゲル、子供たち

疝痛はおそらく新生児の母親が直面する最初の問題です。子供の疝痛の出現には、泣き、運動不安、睡眠障害、腸からのガス放出の増加が伴う。原則として、この期間中、若い母親は赤ちゃんの状態を緩和するために何かをする準備ができています。小児科医は、最も手頃で実績のある治療法が疝痛のための赤ちゃんのボトルウォーマーであると主張しています。熱の影響は幼児の腸内の痛みを伴う収縮を促進するので、そのような方法の使用は完全に適切で正当化される。

手順の表示

常に乾熱は、腹部の膨満と疝痛を排除する最善の方法と考えられていました。温かみからの熱作用は、腸の痙攣性収縮を促進し、腹腔の筋肉を緩和する。その結果、新生児は痛みを取り除き、かなりの救済を経験する。

もちろん、疝痛の熱湯ボトルだけで問題を解決することはできません。この手順は、他の方法と組み合わせて使用する必要があります。

  • 新生児のおなかを時計回りに簡単にマッサージ。
  • 乳房への正しい付着、母親の適格な栄養;
  • 簡単な体操(脚を持ち、ハンドルを動かす)。

また、赤ちゃんはvodichkuディル、フェンネルシード注入し、極端な場合にを提供することができます - ベースの製剤シメチコン(Espumizan、Bobotik、Infacol、Kolikid、Espikol、Espuzinなど)。

新生児のためにウォーマーを使用する前に、子どもの貧しい健康状態が本当に疝痛によって引き起こされていることを確認する必要があります。これは、多くの特徴的な特徴によって示される。

  • 子供は明白な懸念を示しています - 夕方と夜にもっと頻繁に現れます。
  • 足を腹に押して痛みを和らそうとする。
  • 泣き叫ぶ - 大声で、急に叫ぶ。
  • 赤ちゃんが食べた直後に疝痛が起こる。
  • ガスが放出され、おなかが腫れる。

他の症状がある場合は、ウォーマーを使用して急いではいけません。新生児は小児科医に示されるべきです。緊急の協議では、以下を伴う場合があります。

  • 体温が上昇した。
  • 下痢、嘔吐;
  • 血液の静脈に緑色の糞便を配分する。
  • 長い疝痛(数時間)。

記載されているケースでは、パン粉の健康状態が悪い原因を正確に確立する必要があるため、加熱パッドの新生児への適用は禁止されています。新生児の疝痛の治療法についても読む

疝痛の赤ちゃんのための塩暖かい

この種のヒーターは密封パッケージの外観を有し、その内容物は化学成分を含む生理食塩水である。人体にとって、そのような解決策は、特にパッケージが気密封止されているので危険ではない。ソルトパッドには、加熱機構を作動させる特殊なボタンが装備されています。パッケージが暖まるにつれて、パッケージはより高密度になり、冷却されるにつれて柔らかくなる。

この装置の加熱は、わずか48度まで可能である。そのような指標は、新生児のための暖かさがその目的を果たし、疝痛の症状を軽減するのを確実にするのに十分である。この温度は小さな人にとっては安全です。保護者は、温水ボトルが敏感な赤ちゃんの皮膚に火傷や炎症を起こさないことを確認することができます。しかし、専門家は、皮膚に直接デバイスを置くことをお勧めしません:おむつやティッシュカット(ショール)を広げる必要があります。

平均して、塩充填剤は温度を4時間保持することができる。次に、後で使用するためにヒーティングパッドを準備するのに少し時間を費やす必要があります。これを行うには、塩の結晶が完全に溶解するまで15〜20分間煮沸する必要があります。沸騰中、温水ボトルはその性質を回復するだけでなく、殺菌される。

ベビーウォーマー

加熱パッドの電気版は最も複雑な装置であり、内部に加熱要素が挿入されるリネンバッグである。電気がデバイスに供給された後、加熱が開始されます。それは、多くの母親が新生児のためにそれを取得することを警戒しているようなデバイスの操作の原則のためです。すぐに注意する価値があります:疝痛の電気湯たんぽが赤ちゃんに危険をもたらさないようにするためには、購入前に慎重に点検する必要があります。あなたが注意を払う必要があるもの:

  • 品質のヒーティングパッドは安くすることはできません(低コストは警告する必要があります - 恐らくそれは偽物であり、そのようなデバイスは低品質で危険です)。
  • 加熱パッドに温度調節器がなければなりません。これは、装置の過熱または加熱不足を避けるために必要です。

新生児のための電気加熱パッドの欠点は、電気の存在なしで動作する装置が不可能であることである。しかし、長寿の場合、この寒い湯たんぽは他のすべてを上回ります。将来、新生児の疝痛が残っていると、寒い季節に赤ちゃんのベッドを暖めるために使用できます。

疝痛からの新生児のためのゲルウォーマー

さて、いわゆる泥炭ゲル塊で満たされたゲルコリック瓶は非常に一般的です。提案された物質は、絶対に安全な環境に優しい物質と考えられています。製造業者に依存して、種々の充填剤をゲル成分と混合することができ、それにより装置の加熱効果が改善される。このような充填剤は、しばしば穀類、豆、果実の果実、芳香植物などに使用されます。

実際、疝痛からのゲルパッドは小さなサイズのティシュバッグです。マイクロ波キャビネットまたはオーブンで暖める:文字通り数分、充填剤は約1時間保持する適切な温度になります。

ゲルヒータには長所と短所があります。一方で、それは安全で便利です。そしてもう一方では、短命であり、それを洗うことは不可能です。

新生児用の他の加熱パッドと同様に、ゲルデバイスは、以前に布またはおむつをその上に置いた皮膚外皮にも適用される。

疝痛の赤ちゃんのための温水ボトル

新生児が疝痛に苦しんでいて、すぐに適切な温暖化用ボトルがない場合、以下の有効な方法を使用できます:

  • 暖かい水を小さなプラスチックボトル(0.5または0.33リットル)に注ぎます(温度は55〜60℃を超えてはなりません)。キャップは水が誤ってこぼれないようにしっかりとねじ込まれています。次に、ボトルをおむつまたはタオルで包み、約5〜8分間、赤ちゃんのおなかに塗布する。この疝痛の方法は非常に簡単です。唯一の否定的なことです:ボトルは常に下腹に置かれなければならないので、下がらない、または落ちません。
  • 綿布の袋や結び目を作る。乾燥したフライパンで約55〜60℃まで充填剤(塩、乾燥エンドウ、米)を加熱し、袋に注ぎ、しっかり包帯します。生まれたばかげた疝痛湯たんぽは、タオルで包まれ、新生児の腹に文字通り5-8分間置かれます。この方法は本当に効果的ですが、フィラーの温度を注意深く監視する必要があります。もしそれがフライパンに拘束され過熱されていると、手技は永続的な火傷の形成を伴い、ひどく終わる可能性があります。
  • 2つのフランネルおむつを取る。そのうちの1つは、暖房用電池に入れたり、暖かいアイロンでアイロンをかけたり、新生児の胃の上に置いたりします。おむつに必要な熱効果がある間、第2のおむつを持ち、同様にそれを加熱する。だから私たちは5分間おむつを交互にします:通常、この時間は疝痛を弱くし、赤ちゃんは落ち着きます。
  • 最も一般的でシンプルな方法は、おなかを持つ新生児の母親の腹部への適用です。この場合、温暖化は自然に起こり、母親の体を感じる子供はすぐに落ち着き、眠りに落ちます。さらに、赤ちゃんがおなかの上に横たわるこのような状況は、腸からのガジックの除去を最速に促進する。

ご覧のとおり、新生児の疝痛を和らげる効果的な方法がたくさんあります。そして、それらのほとんどはあまり複雑ではありません。主なもの - 忍耐強く、子供を可能な限り助けてください。

レビュー

多くの若い母親は、最初に暖かいものを適用するような疝痛を取り除くそのような簡単な方法を使用することの是非を疑う。そして、無駄に。この方法の単純さは、その有効性に沿っている。また、発熱パッドとマッサージを組み合わせたり、胸に赤ちゃんを正しく装着するなど、問題に影響を与えるのが複雑な場合は、新生児の状態を大幅に緩和することができます。

ウォーマーは、新生児だけでなく、疝痛期間を通じてすべての赤ちゃんに使用することができます。通常、赤ちゃんの場合、この期間は3ヶ月間、さらには5ヶ月間(これは個別に)続きます。この期間の後に疝痛が続く場合、医師に相談する必要があります。子供に腹痛が現れる他の理由があるかもしれません。

どのヒーターがより効果的か、より効果的かを尋ねられたとき、明確な答えはありません。それぞれの親は、自分の裁量でこのような装置を手に取る:普及したジェルジェルが適している一方で、おむつでおなかを加熱する実証済みの方法を好む人もいる。レビューによると、すべての既知のお湯ボトルは、疝痛に対する戦いにおいて目に見える効果を示す。そして、アプリケーションの利便性に関して、誰もが、この状況またはその状況における快適さの程度に応じて、自分自身を個別に決定します。

温暖化措置の適用の主な条件は、温水瓶の使用に関する規則の遵守と、小児科医の助言を聞くことです。薬局や小売店で販売されている疝痛の赤ちゃん用のお湯ボトルには、使用説明書が必要です。この命令を読む必要があります - そのようなデバイスのアプリケーションであっても、複雑ではないようです。そして、加熱の温度を追跡することを忘れてはいけません。これは、新生児の敏感で繊細な皮膚との関連で非常に重要です。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

ほぼすべての新生児 - 約90%が腸内疝痛にある程度苦しんでいます。それらの発生の理由は生理的性質のものであり、子供の消化管の新しい状態への適応の期間によって説明される。
疝痛の食事:腸、肝臓、腎臓
疝痛食での治療は、腸、腎臓または肝臓領域での非常に痛い痙攣の突然の発作を緩和または完全に止めることができないことを直ちに明らかにすべきである。
腎疝痛
腰部に局在する痛みの鋭い攻撃、腎臓における血行動態の病理学的変化である上部尿路の塞栓症による腎臓疝痛(腎疝痛)。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.