^

妊娠中のマグネシウムB6

マグネシウムとビタミンB6は、人体の多くの生化学プロセスに活発に関わる重要な要素です。この複合体は、産科医 - 婦人科医によって、子宮が腫脹しており、流産の脅威がある妊婦に処方されています。

なぜ妊娠中にマグネシウムB6を使用するのですか?

マグネシウムは、おそらく、妊娠中の女性の体内で最も重要な多量栄養素の1つと考えられています。彼は200以上の生化学プロセスに参加しています。マグネシウムとビタミンB6は、遺伝的記憶を母親から子供に移す過程を制御するのに役立ちます。マグネシウムはまた筋肉を弛緩させ、興奮性を低下させ(増加させる場合)、神経系を落ち着かせる。子供が母親よりもビタミンや多量栄養素を必要とすることを覚えておく必要があります。したがって、妊娠中は食事をビタミン化し、特別なビタミンやミネラルサプリメントを服用する必要があります。

妊娠中の女性がマグネシウムとビタミンB6の欠乏と診断された場合、彼女は以下の症状があります:

  1. 悪い夢。
  2. 悪心。
  3. 頻繁な疲労。
  4. 緊張と不合理な過敏症。
  5. 便秘
  6. 胸郭の灼熱感。
  7. 発作の出現。

いくつかのケースでは、婦人科医は、妊娠中に頻脈、高血圧、および心臓の問題を有する女性に、このマクロ栄養素を処方することができる。

B6マグネシウムは妊娠中に有害ですか?

マグネシウムに禁忌がなく、妊娠中の母親の健康に重大な害を与えることはできませんが、指示に従うと、B6マグネシウムを摂取する必要があるかどうかを医師に相談することが最善です。実際には、妊婦の血液中のマグネシウムとビタミンB6の欠乏を実験室研究の助けを借りてのみ決定することが可能であるということです。妊娠が割り当てられると、これらの物質のレベルを決定するために特別なルーチン分析が行われます。

適応症 妊娠中のマグネシウムB6

マグネシウムB6妊婦のための主な適応症は、皮膚や髪、筋緊張の変化、流産や早産の病変の開発を明らかに女性の体中のマグネシウムとビタミンB6の不足です。

したがって、上記の妊娠時に症状が現れ始めるとすぐに、医師に相談してください。

リリースフォーム

マグネシウムB6フォルテ

活性成分のクエン酸マグネシウムと塩酸ピリドキシンに基づいて薬は、体内のマグネシウム欠乏症とビタミンB6を埋めるのに役立ちます。錠剤の1ヶ月のデータ受信、患者はこれらの物質の赤字(神経過敏、疲労、不眠、胃のけいれん、動悸)の主な症状を失っていない場合は、治療が不適切と判断されます。

投薬量は、血中の確立されたレベルのマグネシウムおよびビタミンB6から個々に確立される。妊娠中の女性は、フェニルケトン尿、腎機能不全、マグネシウムに対するアレルギー、またはピリドキシン、ガラクトース血遺伝性タイプ、マグネシウムB6フォルテは禁止服用を診断された場合。レボポドイと同時に使用しないでください。

入院マグネシウムB6フォルテは、下痢、腹部の痛み、鼓腸、悪心、アレルギーを引き起こすことがあります。

マグネシウムB6 Evalar

ビタミンB6を含むアスパラギン酸マグネシウムの活性成分に基づく薬物。アスパラギンマグネシウムまたは生物学的に利用可能な有機マグネシウム塩は、十分に妊娠した女性の体に許容される。同時に、腸または胃からの副作用は観察されない。ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、マグネシウムの作用を強化し、その吸収を向上させる。

マグネシウムを取るB6 Evalardは、十分な液体で搾り、食べる過程で1錠にすることをお勧めします。治療は約1ヶ月間続きますが、必要があれば続行または反復することができます。

マグネットB6の母親の砦

母液、炭酸マグネシウムおよびビタミンB6の抽出物の活性成分に基づく薬物。それは、抗けいれん、鎮静、利尿作用および強心作用が異なる。

投薬量は個体であり、主治医によって確立される。原則として、1日2錠以上を食事中に服用し、十分な液体で搾ってください。胃潰瘍と診断された患者、薬剤の成分に対するアレルギー、急性期に胃炎を起こしてこの薬剤を服用することは禁止されています。

薬力学

妊娠中のマグネシウムB6に基づく製剤の薬力学および薬物動態を「マグネシウムB6フォルテ」の例を用いて考察する。

マグネシウムは、細胞および代謝の機能に活発に関与する重要なマクロ要素と考えられています。

例えば、筋肉の収縮を調節し、神経の衝動を起こすのに役立ちます。人体のマグネシウムの大半は骨組織に入っています。妊娠中のマグネシウム欠乏症はかなり頻繁に起こる現象です。これは、不適切な食生活、遺伝、胎児がいくらかの鉱物を摂取するという事実によるものです。

これらの錠剤にも見られるビタミンB6またはピリドキシン塩酸塩は、マグネシウムの細胞への浸透を改善するのに積極的に関与している。

薬物動態

マグネシウム塩は、胃腸管で部分的に受動的に吸収される(そのような吸収のレベルは50%である)。マグネシウムB6は腎臓の助けを借りて排泄される。

妊娠中に使用する 妊娠中のマグネシウムB6

私は妊娠中にどのくらいの量のマグネシウムB6を飲むことができますか?

マグネシウムおよびピリドキシン塩酸塩に基づく薬剤の投与期間は、妊婦の血液中のマグネシウムのレベル、子宮の色調、体の一般的な状態に基づいて主治医によってのみ確定することができる。典型的には、マグネシウムB6は2週間〜1ヶ月間処方される。しかし、必要に応じて、この期間を延長することができます。

妊娠初期のマグネシウムB6

妊娠初期の段階で、マグネシウムB6を摂取することは、健康な子供を正常に育てるための重要なステップです。この期間中にマグネシウム欠乏が主原因の流産である子宮の高血圧症を引き起こす可能性があります。マグネシウムB6は、妊娠の最初の週から始まって、特に女性がすでに流産している場合に処方されることが多い。

禁忌

  1. 薬物成分に対するアレルギー反応。
  2. 急性および慢性肝疾患。
  3. 胃潰瘍。
  4. フェニルケトン尿。

副作用 妊娠中のマグネシウムB6

  1. アレルギー反応。
  2. 悪心。
  3. 下痢。
  4. 便秘
  5. 気象。
  6. 腹部の痛み。

妊娠中のマグネシウムB6に対するアレルギー

ほとんどの医師は、マグネシウムB6に対するアレルギー反応は極めてまれであるとの意見を持っています。場合によっては、特に、患者がこの多量栄養素の濃縮形態を取るか、または筋肉内にそれを注入する場合、アレルギー反応に非常に類似した反応が存在し得る。

妊娠中のマグネシウムB6に対するアレルギーの主な症状は次のとおりです:

  1. 悪心。
  2. 嘔吐。
  3. 発疹
  4. 腸障害。

上記の反応が起こった場合は、投薬を中止して医師に相談してください。

投薬および投与

妊娠中の子宮用マグネシウムB6

妊娠中の子宮の高血圧症は、マグネシウムB6の予定の指標の1つです。ほとんどの場合、この症状は胎児を保有している最初の妊娠で発生します。ハイパートゥーナスは、女性の子宮が緊張しすぎて、流産の危険性が大きくなるという特徴があります。マグネシウムは子宮の緊張を緩和するのに役立ち、それによって女性が不足の望ましくない結果から保護します。

過敏症、重度の疲労、緊張、ストレス、うつ病は、妊娠中の筋肉の緊張に深刻な影響を与えます。痙攣は、子宮を含むすべての筋肉に発生する可能性があります。妊婦の状態を改善するために、婦人科医はしばしばマグネシウムB6の投与を勧めます。

妊娠中の浮腫のためのマグネシウムB6

腫れは、妊娠中、特に後半に起こることがよくあります。この場合、女性には次のような不快な症状があります。

  1. 手の麻痺。
  2. 足の重さ。
  3. リングや靴が刈り取られ、強くこする。
  4. 浮腫の領域で指を押すと、この時点で「ピット」が形成され、これは長い時間持続する。
  5. 肌が薄くて滑らかすぎる。

妊娠中の浮腫の出現の原因は多くあります。ほとんどの場合、脚の腫れは、急速に成長する子宮によって引き起こされます。子宮は、隣接する器官を押すようになります。このような浮腫は、生理学的と考えられ、女性または未産児に危険をもたらすものではない。

しかし、いくつかのケースでは、より深刻な理由で浮腫が起こる可能性があります。例えば、病因のこのカテゴリーでは、腎臓、肝臓または心臓の不適切な機能に起因する可能性がある。このような浮腫の治療の重要な要素は、動脈および静脈の血管壁の強化である。この目的のために、医師はマグネシウムB6の使用を推奨する。

他の薬との相互作用

マグネシウムB6とレボドパの同時投与は、第二の活性がビタミンB6によって阻害されるため、完全に禁忌である。

また、マグネシウムの吸収を減少させるので、カルシウム塩またはリン酸塩でB6マグネシウムを取ることも推奨されていません。

保管条件

幼い子供が完全にアクセスできない場所にマグネシウムB6を保管することは非常に重要です。空気の温度は+25度を超えてはいけません。

賞味期限

棚の寿命 - 最長3年間。この期間の満了後、錠剤を服用することは禁じられています。

妊娠中のマグネシウムB6を類推する

マグネシウムB6の主な類似体は、調製Magnelis B6である。彼らの組成は完全に同一であるため、Magnelis B6は、医師がマグネシウム欠乏症を診断した場合、妊娠中の恐れなしに摂取することができます。

Magne B6やMagnelisは妊娠中ですか?

両方の薬は、ミネラルとビタミンB6の組み合わせからなる医薬品の薬理グループに属しています。これら2つの薬の主な違いは、その価格です。Magnelisはロシアの準備薬ですので、この薬の費用ははるかに低いです。

唯一の違いは、これら2つの薬剤の可溶性形態である。可溶性Magne B6は100mgのマグネシウムと2倍のビタミンB6からなる錠剤です。しかし、妊娠中にこれらの薬を購入する前に、まず医師に相談してください。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.