^

凍る卵

卵母細胞の凍結(卵母細胞)またはガラス化/凍結保存は、将来それらを使用するために女性の卵を凍らせる一般的な方法である。多くの世界の専門家は、ガラス化が有望で肯定的な結果を得ることを可能にすると信じている。女性は微妙な生き物です。卵についても同じことが言えます。だから、この手続きは本当の専門家によってのみ信頼されるべきです。

ガラス化のおかげで、母性は後に延期することができます。この場合、この方法は、卵子の凍結中に100%の卵が生存するので最も効果的であると考えられている。さらに、冷凍は、通常のと同じ特徴を有する。このため、女性は50〜60年後にも移植胚を受け取り、妊娠することができます。

ガラス化は、35歳後には卵母細胞の数が減少するだけでなく、その品質も著しく低下するため、若年期(30年)で最も好ましいと考えられている。また、遅い卵の凍結の方法もあり、最近は普及しています。しかし、彼と一緒には、女性はいつも成功した成果を必ずしも確かめることができません。凍結中のガラス化のために、氷結晶は現れず、しばらくして卵を破壊する。加えて、急速凍結は卵母細胞の構造を破壊しない。

霜の徴候

あなたが最新の統計を信じるなら、ガラス化と凍結保存は25〜35歳の女性の間で一般的な方法です。誰がこの方法を示していますか?

  1. ペアが現時点では財務状況が不安定な場合。女性は子供が誕生するのに十分な所得を得るために、家族が安定して収入を得始めるのを待っている。しかし、卵は古くなるので、その凍結は問題の優れた解決策です。
  2. 人生のこの段階で家族を作ることの不可能性。すべての女性がすぐに彼女の魂の仲間を見つけるわけではありません。適切な男性を見つけるには何年もかかることがあります。子供を産んでほしくない場合もあります。この場合、老化を心配せず、あなたが理想的な父親になることを選んだ人から妊娠するのを助けるのが凍結保存です。
  3. 子宮頸管や子宮内膜症の狭窄、腫瘍の存在下での手術などの手術が必要な場合。ときには特定の重要な薬を服用すると、不妊症の原因となることがあります。したがって、将来的には母親になれるように卵を凍結することが可能です。
  4. 女性が有害な物質や積極的な物質の影響を常に受けている場合。
  5. 遺伝病では、ガラス化は、健康な子供の誕生のために遺伝的欠陥がない卵母細胞を選択することを可能にします。
  6. いくつかの専門家は、卵の除霜がその特性を有意に改善すると考えているので、女性は大きな割合で妊娠することがあります。
  7. 子宮や卵巣を除去する必要がある場合。

凍結の準備

卵を凍らせるために女性を準備するために、人工授精中の卵巣の刺激と同様の処置が行われる。卵巣の刺激は、プロトコルのすべての規則に従って行われる。この後、膣内の経膣センサを通して、医者は卵をとる。

同じ日に、数時間の事件の後、得られた卵は凍結される。患者は、フェンス手技の前に卵母細胞の収集および保存のための契約書に署名しなければならない。

卵の凍結技術

凍結保存のために、卵は完全に脱水されるので、凍結後の水は卵母細胞の構造に損傷を与えない。その後、すべての空洞には多糖類と単糖の構造が保存された特殊物質(凍結保護剤)が充填されます。エキスパートが曝露時間、ならびに非浸透性および浸透性凍結保護剤の比率を正しく選択することは非常に重要です。

この技術のおかげで、生物材料のほぼ100%の生存期間が長い間得られています。

凍結保存時には、適切に選択された温度レジームが重要な役割を果たす。この手順の基準は、最低-196℃の温度です。得られた卵母細胞を含むカプセルは液体窒素中に置かれ、これにより全ての生化学的プロセスが細胞内で停止する。したがって、卵は非常に長期間保存することができます。

低温を使用すると、生物が死ぬことがあります。そのため、必要な保護措置をすべて実施することが非常に重要です。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

子宮の機能的変化
子宮の壁の構造の変化は、妊娠中および卵巣 - 月経周期の両方で起こる。女性の卵巣 - 月経周期は、子宮の粘膜の変化の周期性によって特徴付けられ、これは卵巣および排卵における卵成熟プロセスと相互に関連している。
卵子および卵形成
卵細胞は、雄の生殖細胞とは異なり、増殖し、胚、雌、すなわち雌において数が増加する。胎児がまだ子宮にいるとき。従って、卵巣の皮質物質の深層に位置する、いわゆる始原卵胞が形成される。このような原始卵胞の各々は、若い女性の性細胞、すなわち、卵胞細胞の単一層によって囲まれた卵巣を含む。

についての最新の調査 凍る卵

ハーバード大学のある科学者グループは、若い女性の卵巣から採取した幹細胞から実験室で卵を育てる実験を成功させました。
受精直後に、卵子の細胞質が移動し始め、細胞質の性質と速度によって胚が生存可能かどうかが決定される。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.