^
A
A
A

出産後の妊娠中の女性の脱毛

 
最後にレビューした人:、医療専門家、 13.12.2018
 

多くの妊婦が直面する問題は脱毛です。妊娠期間中の脱毛症は、このような要因に関連している:

  • 体内のホルモン変化。
  • 免疫系の弱化。
  • 内臓器官および身体系の病気。
  • 皮膚病変。
  • 慢性疾患の悪化。
  • 甲状腺の障害。
  • 鉄欠乏性貧血、タンパク質の欠乏、オメガ脂肪酸および他の物質。
  • 不適切な食物。

妊娠中に体に入るビタミンは、毛嚢が十分な栄養素を持たないように分布しています。脱毛の問題は、この時期に胎児が活発に発達していることから、第2および第3のトリメスターにおいて特に重要である。女性に十分なビタミンがないと、未来の子供が利用できるものの大部分を取り、体の弱体化を引き起こします。

未来の母親は、カールを薄くするだけでなく、歯、爪、および皮膚の劣化にも直面します。いくつかの女性では、カールは弱くなって鎖に落ちて目に見える髪を作ります。この美容上の問題を解消するには、理学療法シャンプーマスクビタミンなどの最も安全な手段を使用します。髪型の状態は、配達後4〜6ヶ月以内に回復します。

出産後の女性の脱毛

これは女性の頭の脱毛の最も一般的な原因の一つです。多くのママは、妊娠中は、カールが厚くて絹のようになり、出生後2〜3ヶ月で集中的な喪失が始まると言います。

分娩後の脱毛症の主な原因は次のとおりです。

  1. ホルモンの変化 - 子供の誕生後のエストロゲン産生の減少は自然な過程です。毎日たくさんの毛が失われているため、カールが更新され始めます。このプロセスは生理学的であり、4-6ヶ月以内に終了する。
  2. ストレスと慢性疲労 - 睡眠不足と身体活動の増加は、女性の美しさと健康全体に悪影響を及ぼします。
  3. 不均衡な食べ物 - 新生児の世話のために、多くの女性は適切な栄養のための時間がなく、軽食を中断します。身体は十分な数の有用な構成要素を受けず、自分自身の埋蔵量を使い始めるため、頭部の状態に悪影響を及ぼします。
  4. 血液循環の違反 - 心血管系の問題のため、毛包は十分な数の有用成分を受けず、弱くなり死ぬ。このため、ストランドが豊富に失われています。
  5. 体内の鉄分欠乏症 - 妊娠後の貧血および低ヘモグロビンレベルは、出産中の大量の失血のために起こる可能性があります。
  6. 麻酔 - 出生が自然ではなく、帝王切開の助けを借りて行われた場合、女性は麻酔をかけられました。使用した薬の効果は、植生の状態に悪影響を及ぼします。

脱毛症の原因にかかわらず、脱毛症の最初の兆候は、三叉科医または皮膚科医に向けられるべきである。長い髪型の所有者は、毛包への負荷を減らすためにヘアカットをすることが推奨されています。

食事には、鉄、ヨウ素、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、その他の栄養素が豊富な食品を含める必要があり、適切な栄養を遵守してください。ヘアドライヤーを使用してストランドを乾燥させ、完全に回復するまでペイントしたり、化学的パーマを行うことはお勧めしません。通常の頭部マッサージは、卵胞の成長および頭部の状態に好影響を与える血流を強める。

知っておくことが重要です!

主なものは、遺伝的素因に関係しない遺伝および要因である。すべての原因は内部と外部に分かれており、それらを考慮する もっと読む...

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.