^

25年後のベストフェイスクリーム

25年後、皮膚はゆっくりとしていますが、確実に水分を失います。これは、自然なプロセスのために、また不適切なスキンケアを含む主観的な理由のために起こります。悪天候に貢献する。25年後の顔用クリームは、望ましくないプロセスを遅らせ、皮膚に生命を与える水分のバランスを回復させるように設計されています。

適応症 25年後のフェイスクリーム

25年後のフェイスクリームの使用に関する兆候 - 肌の老化の最初の徴候。この年齢の女性の多くは目に見えないが、化粧学者は、このプロセスは必然的に開始され、顔に負の変化を伴うため、自己欺瞞であると信じている。これが耐えられなければ、皮膚の状態と外観が悪化します。

このような兆候の外観を遅くすることで、効果的に栄養を与え、潤いを与え、顔を保護することができる、25年後の特別な顔のクリームを助けます。このために、保湿、抗炎症、保護、若返りの成分が処方に導入されます。以下が最も効果的であると考えられている:

  • アラントインは潤いを与え、肌をなめらかにします。
  • ビサボロール - 軟化し、炎症から保護する;
  • 乳酸 - 潤いを与えます。
  • パンテノール - 保湿、再生、太陽の有害な光線からの保護のため。
  • サリチル酸 - 毛穴をきれいにし、発疹や炎症をなくします。
  • ヒアルロン酸 - 潤いを与えます。
  • ビタミンA、C、E - 効果的なバイオフラボノイド、抗酸化剤。
  • ソルビトール - 他のモイスチャライザーの効果を高めます。
  • 日焼け防止成分 - 紫外線を打ち消す。

リリースフォーム

25年後のフェイシャルクリームの名前には、肌の種類と製造元に関する情報が含まれています。

  • "基本ケア"ガルニエ;
  • ガーニエ・モイスチャライジング「グロー・オブ・ユース25+」;
  • Libredermの "Hyaluronic"
  • トリオアクティブ "モイスチャライジングとフレッシュさ" L'Oreal;
  • ランコム脱水皮膚の場合;
  • クラランス・マルチアクティブ・ジョー
  • Payot私のPayotの夜;
  • クリスティーナエラスチンコラーゲンプラセンタ。

25年後の薬局の顔クリーム:

  • ヴィシー・アクアリア・サーマル;
  • Avene Hydrance Optimale。

ロレアルから25年後のフェイスクリーム

ロレアルから25年後のフェイスクリーム - トリオアクティブ "モイスチャライジングとフレッシュさ" 通常のスキンと混合スキンのこのクリームの利点は次のとおりです。

  • 軽いテクスチャと吸収なしのマーク;
  • 保湿および栄養特性;
  • ビタミンやミネラルの飽和;
  • ミントノート付きの心地良いアロマ。

欠点もある。レビューによると、クリームは夏期に適しています。秋と冬のために、その保湿の質は不十分です。25年後にこのフェイスクリームを使用した女性の中には、顔の緊張感や湿気の欠如を感じた人もいます。

薬力学

25年後、式フェイスクリーム中の個々の成分の薬力学上で利用可能な情報:ヒアルロン酸、アラントイン、ビサボロール、パンテノール、乳酸およびサリチル酸、ソルビトールなどが挙げられます。

薬物動態

25歳以降のフェイスクリームの薬物動態は詳細には研究されていない。ほとんどの活性成分は、適用部位の皮膚に吸収される。

妊娠中に使用する 25年後のフェイスクリーム

妊娠中のデイクリームは、保湿、栄養補給、保護、夜間保湿、栄養補給、落ち着きを必要とします。

25歳の妊娠後にフェイスクリームを使用する場合、いくつかの特徴を考慮することが重要です:

  • この期間中の皮膚は湿気を失い、より敏感になります。
  • ホルモンの不均衡のためにタイプが変わることがあります。
  • 人は、特に太陽から最大の保護を必要とする。
  • いくつかの物質は将来の子供に害を与えることがあります。

25年後にフェイスクリームを選ぶときは、他の化粧品は、低刺激性で、母親や子供のための特別なシリーズに優先されるべきです。ビタミンや微量元素(ビタミンAを除く)、熱水、天然モイスチャライザー - 海藻、ヒアルロン酸の抽出物の重要な存在です。

このレシピでは、発ガン物質、毒性物質、アレルギー物質、動物性脂肪、アルブミン、および他の潜在的に危険な成分はないはずです。新しい化粧品は、敏感肌の領域で試験する必要があります。

禁忌

25年後の顔クリームの使用に対する禁忌:

  • 顔の皮膚の疾患または外傷;
  • 構成物質の個々の不耐性。

副作用 25年後のフェイスクリーム

25年後のクリームの副作用は、個々の成分の不耐性で可能です。アレルギー反応の形で現れます:発赤、炎症、炎症または顔面の発疹。困難な場合 - エデマ、スリオソテヘニエム、表皮の剥離。このような現象により、クリームの使用が停止される。

投薬および投与

25年後にフェイシャルクリームを塗布する方法は正常です。清潔な手で、きれいな肌に、午前中と夕方に、または1日に1回だけ適用してください。顔や首に円形の動きを加えます。

過剰摂取

25年後の顔面クリームの過剰服用は固定されておらず、そうではありません。

他の薬との相互作用

25年後のほとんどのフェイスクリームは、同じラインの化粧品の残りと組み合わされます。頭の表面の皮膚疾患の存在下で他の薬物との相互作用は、医師を決定する必要があります。

保管条件

25年後の顔用クリームには、特別な保管条件は必要ありません。それらは化粧品の残りと一緒に、室温で乾燥した、きれいな、暗い場所に貯蔵することができる。サービングの後、瓶やチューブは注意深く閉じてください。

賞味期限

25年後のフェイスクリームの保存期間は30ヶ月、有機化粧品は1〜2年です(包装に別途記載がない限り)。開かれたクリームは1年間有効です。

25年後の顔クリームの評価

我々は25年後に顔のための2つの評価クリームを提供しています。それらの中で、さまざまなメークアップとクラスのクリームが収集され、主な基準 - 効率から進められます。

  • Avene Hydrance Optimale UVレギンスSPF 20;
  • La Roche-Rosey Anthelios XL 50+;
  • シベリア人の本質は "栄養と水分"です。
  • 有害な作用からクラランスUV HP SPF 40;
  • "ヒアルロン酸"リブルデルム;
  • ガーニエスキンナチュラルズ "ベーシックケア";
  • 敏感なタッチ;
  • ライン "コーンフラワー+バラバリス"をきれいにする。

これらのクリームのコストは数十から数千USDです。次の評価:

  • 青少年の保護のための昼間SPF 12 Creme de Jour Juenesse;
  • Payot Hydratation 24は長期的な保湿に効果があります。
  • モイスチャライジング "繊細な桃"イヴェロッシャー;
  • 不滅の夜L'Occitane;
  • NectarBrightの色素沈着に対して輝く。
  • 簡単なセルショックスイスライン;
  • 低脂肪メアリーケイ。

それは若い肌がすべてを耐え、持続すると思われる。しかし、練習では、皮膚の個々の特性を考慮に入れて、25年後のフェイスクリーム、および他の化粧品を優しく慎重に選択しなければならないことが示されています。このアプローチは、女性が肌の弾力性と彼女の顔の新鮮さを維持し、最初のしわの形成と萎縮の兆候を時間的に遅らせるのに役立ちます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.