^

You are here

A
A
A

ストロークティーを防ぐために役立ちます

 
07 April 2016, 09:00

科学者は、人々が毎日、特に紅茶とコーヒーを摂取するのに慣れている様々な飲み物の特性を研究し続けている。さまざまな研究の過程で、これらの飲み物の利益と害が明らかになりました。

最近のアメリカの専門家の研究によると、茶愛好家は心臓や血管の病気を発症するリスクが低くなっています。

科学者によると、1日1杯の茶を飲むだけで、冠動脈のカルシウム量が減少し、脳卒中や心臓発作などの心血管疾患の発症率が35%低下する可能性があります。

そのような結論に達すると、科学者は6,000人のボランティアの参加で15年間続いた長い研究の後に来た。

実験では、参加者の健康状態の観察と研究の結果、科学者は毎日35%でお茶を飲むする必要があったグループで心臓病や血管のリスクを低減し、グループ内のことがわかった、毎日のお茶の少なくとも3杯を飲んだ参加者、科学者たちは、冠動脈におけるカルシウムレベルの低下を示している。カルシウムの蓄積は心臓発作の発症のリスクを高めることを思い起こす価値があります。この病理は、人口間の障害および死亡の主な原因である。

心臓病や血管を防ぐことができます現代医学の進歩は、薬のかなりの武器庫を持っているという事実にもかかわらず、研究者は、多くの患者は、単に彼らの心に茶の利点について認識していないことを警告し、この素晴らしい飲み物を無視します。

お茶には、アミノ酸、タンパク質、アルカイド、ミネラル、タンニンなど、人体のさまざまな器官やシステムに有益な効果を持つ物質がたくさん含まれています。飲料中の栄養素の量は、茶の品種ではなく、正しい醸造だけでなく依存 - 飲料の味とメリットが大きく、温度、醸造量、醸造時間などの食器、水質及びその他の、一見些細ささいなことを、影響を受けていますまた、紅茶は30分以上前に飲むことはできません。それ以外の場合は、健康飲料のお茶が本当の毒に変わります。

科学者の関心は茶だけでなく、コーヒーです。これらの飲み物がどれほど人気があるのかを言うのは難しいですが、糖尿病などの深刻な病気を発症する可能性があるため、コーヒーを飲むことを控える人もいるし、この香りのある飲み物を乱用することも勧められます。

しかし、コーヒーは人体にとっても有益な性質を持っています。例えば、最近の研究では、1日数カップのコーヒーが炎症を軽減し、がんを予防することが判明しました。しかし、高血圧患者や心臓病患者はコーヒーを飲むことができず、1日1回でも健康状態に悪影響を及ぼすことがあります。

また、この場合、糖尿病発症の可能性が増すため、肥満に罹っている人々にコーヒーを飲むことはお勧めしません。

一般的に、紅茶とコーヒーは体にプラスとマイナスの両方の影響を与えることができますが、科学者たちは、すべての点で、その程度を知り、高品質の製品を選ぶべきであることを再度警告します。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

ソーシャルネットワークで共有する


トピックに関するその他の記事

虚血性脳卒中の症状は多様であり、脳の病変の位置および容積に依存する。脳梗塞の焦点の最も頻繁な局在化は、頸動脈(80〜85%)、まれには脊椎動物帯(15〜20%)である。
脳卒中は、脳循環障害による脳機能の突然の故障によって特徴付けられる多くの状態を含む広範な用語である。脳血管の閉塞後に生じる状態を記述するために、用語「脳虚血」を使用することが推奨される。静脈血栓症はまた、虚血に至り得るが、動脈の閉塞よりも一般的ではない。
1995年には、組織プラスミノーゲン活性化因子の研究の結果は、因子(tPA)を公表されている神経疾患・脳卒中(Neurologacal病や脳卒中の国立研究所 - NINDS)の国立研究所から入手しました。これは脳卒中の治療における歴史的なマイルストーンであり、脳卒中の脳損傷が治療的介入に限定されることは間違いないという最初の証拠であった。

ストロークティーを防ぐために役立ちます についての最新の調査

脳卒中は、脳循環の非常に深刻で危険な障害であり、酸素および栄養欠乏による脳組織の破壊が起こる。

アメリカのデザイナーはバイザーのようなユニークな診断装置を作成しました。このシンプルな装置は30分で脳卒中の存在を判断する能力を持っています。診断の精度は専門家によって推定され、92%である。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.