^

胃炎のためのワイン

、医療編集者
最後に見直したもの: 16.04.2020
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

アルコールは悪をもたらすことはよく知られているので、飲むことはできません。さらに、胃炎および付随する胃腸病変を有する患者。医師や栄養士は、誰もがいつでも、どんな人々のアルコールでも警告します。しかし、反対の質問が生じます。なぜ人類は、なぜこの製品を食生活から捨てないのでしょうか。集まった人々の状態や健康状態に関係なく、なぜすべての家庭で飲み物がテーブルに置かれるのですか?聖書の時代から現在に至るまで、教会で使われているのはなぜですか。確かに答えは明白です。時間どおりで適度であれば、すべてが良いです。胃炎に良いワイン-を含む。

胃炎にワインを飲めますか?

消化器の炎症に苦しんでいる人々は飲酒に制限があります。ワインが胃炎や他の臓器の炎症に、たとえ少量でも使用できるかどうか疑問に思う人もいます。

他のアルコールと比較して、ワインは毒性が少ないです。また、上質なワインには多くの有用な成分があるため、害を及ぼすのは胃炎のあるワインではなく、質と量です。ワインを絶えず摂取すると、胃は最善の方法で機能しません:

  • それは食道の運動性を弱め、括約筋を弛緩させます。それが食物が食道に入り、粘膜を刺激する理由です。
  • 食物の消化を遅くし、便秘を引き起こします。
  • 胸やけを引き起こします。
  • 萎縮性炎症の発症を促進します。

ワインを少ししか飲まない場合は、ポジティブな結果を得ることができます。消化プロセスの促進と、エッチングされた大量の避難です。さらに、高品質のドリンクは、サルモネラ菌と緑膿菌を引き起こす危険な感染症を予防します。

次の基準に従って選択する必要があります。

  • 赤または白乾燥;
  • 要塞化およびスパークリングは許可されていません。
  • 断食を飲むことは禁止されています。

安い飲み物の後の治療はまだもっと費用がかかるので、品質を節約することはそれだけの価値はありません。ワインは、空腹時にではなく、ごちそうの初めにちょっとしたスナックの後に消費されるべきです。 [1]

酸性度の低い胃炎用ワイン

アルコールと胃炎-一見、互換性のない概念。結局のところ、胃の炎症過程の発症または悪化の原因であるのはアルコール飲料です。ただし、すべての飲み物を断定的に言うことはできません。胃炎を伴うワインは許可されていますが、病気の重症度を考慮に入れています。悪化を引き起こさないように、ルールに従う必要があります。

  • 空腹時に飲まないでください。
  • 乱用しないでください。
  • 品質を選択します。
  • 薬物との併用を検討してください。

辛口の赤は、酸性度の低い胃炎に最適なワインの選択肢です。その意味で白ワインは赤ワインに劣ります。抗酸化物質は飲み物の有害な成分を中和することができ、タンニンは粘膜に有益な効果をもたらします。

  • ブドウのワインは、塩酸を生成する腺の活性を高めるため、酸性度の高い人間の食事には不適切です。

胃の炎症のためのアルコールの許容量は最小限です。さまざまなソースで、1日あたり50〜100 mlのワインを示しています。さらに、私たちは毎日の摂取量について話しているのではありません。定期的にアルコールを飲むことは、状態の悪化を確実にすることが保証されています。週に1回以上摂取しないと、良い効果が得られます。

治療の完了後、胃腸科の患者は、プロセスの再発または悪化を引き起こさないように、ワインに引き続き警戒する必要があります。

酸性度の高い胃炎のワイン

常に胃炎のためにワインを飲むことは正当化されますか?答えがビール、ウォッカ、ウイスキーに当てはまらない場合、ワインではそれほど単純ではありません。ドライレッドには、多くの有用な成分が含まれており、病原性微生物叢との戦いを助けます。しかし、飲み物には酸が含まれていますが、炎症を起こした胃には追加の酸味が必要ですか?

次の理由により、酸性度の高い胃炎を伴う最低限のワインでさえ、プロセスの悪化を引き起こす可能性があります。

  • 胸やけを引き起こす;
  • 血管を拡張し、出血につながる可能性があります。
  • 炎症とびらん性形態の可能性を高める;
  • 胃の全体的な酸性度を高める塩酸の生成を刺激します。

ワインが許可されている場合は、ワインを選択して正しく飲む必要があります。少量の天然赤ワインは防腐剤として機能し、鎮静作用があり、リラックスし、鎮痛作用があります。体全体にビタミンとミネラルの複合体を供給し、消化を改善し、急性炎症を緩和します。

ドライワインは、食事中に胃に健康食品を部分的に満たした後でも許容されます。ワインにはエタノールも含まれています。エタノールは消化管に悪影響を及ぼし、粘膜を傷つけ、神経系に悪影響を及ぼします。強化ワインや炭酸ワインを飲むことはできません。許容量(50-100ml、一部の情報源によれば-200ml)を超えてください。

びらん性胃炎を伴うワイン

不健康な胃を持つ人々は、彼らの養生法と習慣的な食事を変えなければなりません。を含む-アルコールへの態度。痛みを伴い、気分が悪くなると、これは不本意に起こります。最も中立で必要な食べ物や料理の外観にうんざりしているときには、誰もが胃炎でワインを飲むことは決してありません。

  • 急性症状が消えて健康状態が改善すると、その人は警戒心を失い、以前の生活様式に戻ろうとします。

この場合、再発の本当の危険があります。したがって、慢性を含むあらゆる種類の胃炎の患者は、アルコールに注意する必要があります。適度に飲むか、まったく飲まないか、高品質で強すぎない飲み物を選択してください。

びらん性胃炎を伴うワインは大きな危険です。びらんは、炎症を起こした臓器の壁の開いた傷です。刺激性のある物質、特にアルコールが表面に付着した場合、損傷した粘膜は急性の痛みと反応します。これは、いわゆる「塩を創傷に注ぐ」ことに匹敵します。グラス1杯の強い飲み物は、胃の状態と患者の健康の両方に害を及ぼすのに十分です。人が感じる耐え難い痛みに加えて、侵食の広がりの深さと面積が増加します。

アルコールは、萎縮性炎症で固く禁じられています。さらに、スピリッツの定期的な使用は、胃がその機能を失い、内容物を消化しない萎縮性変化の原因です。これは非常に深刻な病理であり、対処するのは容易ではありません。

胃炎ではどのようなワインが可能ですか?

食事療法は、胃炎の治療と予防において重要なリンクです。急性症状や重度の不快感がある場合は、アルコール次第ではありません。悪化が過ぎて人が通常の秩序に戻ると、遅かれ早かれ、アルコールの問題が議題に発生します。胃炎ではどのようなワインが可能ですか?-質問は怠惰ではなく、一言で答えることもできません。

  • 一部の医師は、胃炎を伴うワインは有害であると考えています。他の人は、飲み物の質と量の重要性を主張します。

炎症が悪化すると、アルコールは胃の中に入ると、さらにその壁を刺激します。刺激の程度はエタノールのパーセンテージに依存します。したがって、空腹時に飲酒すると激しい痛みが生じます。人が正しい食べ物を食べると、飲み物の悪影響を和らげます。

  • 患者が治療のために処方されている抗生物質とアルコールの不適合も害を及ぼす可能性があります。

患者は嘔吐を経験するかもしれません、そして、ひどい場合には、出血と脳卒中でさえ経験するかもしれません。一般に、可能であれば、アルコールを完全に控えることをお勧めします。それにもかかわらず、ごちそうが落ちた場合、ワインから喜びを得て利益を得るためには、開発されたルールを守る必要があります。特に、乾燥した赤い品種の高価な天然ワインを選択し、月に1度しかワインを飲まないでください。

胃炎のための赤ワイン

胃炎に許容できるかどうかは、病気の段階、アルコールの割合、飲み物の品質と投与量によって異なります。いつ、どのアルコールが許可されるかを明確にするため、主治医が許可する。患者さんが痛みや胃炎の他の症状に悩まされないのは、寛解期に過ぎません。

胃炎用のワインは、ルールというよりも例外であることを覚えておくことは重要です。そして、ほとんどの薬物はアルコールと結合しません。服用後に気分が悪くなった場合は、セルフメディケーションではなく、医師に通知することをお勧めします。

いずれの場合も、飲む前に必ず食べなければなりません。許可されている脂肪分の多い食品を使用できます。温かい料理とサワーミルクドリンクがいいでしょう。軽食はスパイシーまたは塩辛いものであってはなりません。赤キャビア、ゆで卵が好みです。

  • 専門家によると、少量のドライグレープワインは患者の状態に良い影響を与えます。

バクテリアに対して消毒作用があり、体全体に鎮静作用があります。ワイン1杯は、カリウム、鉄、ヨウ素、ビタミンB、C、抗酸化剤、アミノ酸で体を飽和させ、これらの成分は病気の胃に対する薬の治療効果を高めます。

さまざまな情報源によると、赤ワインの許容量は1か月あたり150〜200 mlの範囲です。製品は、信頼できるメーカーの真にドライなブランドの高品質でなければなりません。このような製品はガラス瓶で製造され、しっかりと栓がされています。明るく目を引くラベルはまったく指標ではありません。その価値を知っているメーカーは、デザインに3色以上を使用しないでください。強化ワイン、赤シャンパン、スパークリングワインは胃炎と一緒に飲む価値はありません。

胃炎用白ワイン

要するに、胃炎を伴う白ワインは何も良いものを与えません。消化器官に有益な成分がないためです。このような特性は、ダークグレープの品種に固有のものであり、したがって、それらから作られたワイン製品にもあります。

白ワインを飲むと、悪化や胃の痛みを引き起こす可能性があります。糖分が多すぎるデザートドリンクも同様です。

  • 胃炎に最適な天然ワインは辛口の赤ですが、真実を探す価値はほとんどありません。つまり、必ず一番下まで飲んでください。

レセプションでは、ベルモットが食前酒として提供されることもあります。スパイスとヘルシーなハーブを配合した白ワインです。胃炎では、食べた後、少しずつ、ゆっくりと飲まれます。フルーツではなく、サンドイッチのスナック。

  • 健康な人に関しては、白のガラスは彼らを傷つけません。赤と比較して、それはそれ自身の利点があります:抗酸化剤が少ないですが、それらはよりよく吸収されます。

繊細な味わいと香りがするため、多くの人が白い品種を好みます。お祝いテーブルだけでなく、料理や美容にも使用されます。ワイン製造における「ブーケ」のような概念は、多様性と加工技術に依存するため、白ワインはドライ、デザート、またはスパークリングにすることができます。

白ワインは、消化と代謝を刺激し、食欲を改善し、ブドウ原料に含まれていないものを含む微量元素で体を豊かにします。処理された果実から得られる有用な水の80%が含まれています。胃の中で、製品は微生物を殺し、毒物や毒素を結合します。

赤のように、白ブドウの飲み物は、心臓や血管の働き、記憶、思考に適しています。これには、1つの条件の下で他の利点があります。

胃炎の辛口ワイン

ドライワインは、糖分と度数が過剰ではないため、有用であると考えられています。それらでは、防腐剤、抗酸化剤、ビタミンの特性が最大限に発揮されます。ワインはチーズ、魚、果物、お菓子、軽食のスナックと組み合わされます。胃炎用のドライグレープワインは、全アルコール種からの好ましいドリンクです。

  • 乱用されていない場合、胃炎を伴う天然ワインの利点が明らかになります。なぜなら、より多くが良いというわけではないからです。

良いワインをできる限り消費する人々は、心血管疾患になりにくいです。ブドウ飲料は、うつ病の傾向を抑制し、高密度のタンパク質を生成し、健康的な食品成分の吸収を促進します。

定期的に服用すると、体はビタミンを含み、免疫システムを強化します。自然なワインだけを消費する人では、記憶力と思考力が向上し、脳の血管が強化されます。ドライドリンクは、アテローム性動脈硬化症やアルツハイマー病の予防にも推奨されています。

コインには裏返しがあります。ワインは糖尿病患者に有害な砂糖を含んでいます。妊娠中や授乳中の女性、痛風、慢性腎臓病、肝臓障害のある人にアルコールを飲むことは禁止されています。辛口のワインには、そのような症状が出やすい人に反応を引き起こす可能性のあるアレルギー成分があります。

胃炎用自家製ワイン

胃炎を伴うワインを食事に含める前に、医師に相談する必要があります。結局のところ、ブドウのアルコール飲料である特定の発酵産物に対する予測不可能な個々の反応をキャンセルした人はいません。

  • 高品質のエコ原材料から作られた胃炎用の天然自家製ワインは、過剰な砂糖、保存料、その他の化学物質を含んでいません。

赤ブドウは貧血、ビタミン欠乏症、心臓発作、脳卒中の予防に役立ち、血圧とコレステロールを下げます。ホットは風邪の治療に役立ちます。高品質の工業用ワインと同様に、腎臓に蓄積した脂肪や塩を中和します。抗がん作用と抗炎症作用があります。

リンゴ酒には甲状腺に必要なヨウ素が含まれています。ブラックベリー、スグリ、チョークベリーからのワインは血管を強化します。ブルーベリー、ストロベリー、ラズベリーの飲み物は、鉄で体を豊かにします。自家製のフルーツドリンクは防御力を高めます。

  • これらすべての肯定的な資質は、適度な摂取量で明らかになります。自家製のワインの過剰摂取は完全に反対の効果があり、回復不可能な健康への害を引き起こします。

ワインを飲むには、食事の後で、小さめの量で、1か月あたり最大200 mlにします。胃炎の急性期には、抗生物質と組み合わせて飲むことはできません。

利点

最近では、ワインの利点の問題は物議を醸しています。ワイン愛好家は大きな利益を優先して議論を進め、反対者たちは反対のことを主張し、アルコールは原則として有害であると主張しました。さらに、利益はあるが実質的ではないと信じる傾向がある人もいました。彼らが言うように、誰もが部分的に正しかった。

  • 数年前、フランスの科学者たちは、特に国の料理に典型的な脂肪の多い甘い高カロリー食品を食べるときに、研究の方法で赤ワインのプラスの効果をもたらしました。

フランス料理を味わうのはこの国の料理であり、国産のワインが国産です。この研究は「ワイン」紛争を終わらせたようです。

要は次のとおりです。30年間、2つの大学の科学者たちは35,000人のフランス人を監視し、結論付けています。その中で最も健康なのは、適量のワインを飲む人です。もちろん、キーワードは中程度です。

毎日の使用での有用な用量は50g以下です。したがって、フランス人は他のヨーロッパ人より心血管系および消化器系の問題が少ない。科学者たちは、レスベラトロールの有益な効果は、ブドウの皮と赤ワインに見られる体にあると考えています。彼のおかげで、飲み物は糖尿病、腫瘍学、認知症のリスクを減らし、寿命を延ばします。

辛口の赤ワインの利点は、ビタミン、ミネラル、特に鉄、カテキン、ポリフェノール、メラトニンによってもたらされます。この組成には複数の効果があります。それは代謝、重い食品の消化を刺激し、糖レベルを調節し、ビタミン欠乏症と貧血を治療し、免疫力を改善します。骨粗しょう症、不眠症、肥満、腸疾患の予防を提供します。スパイス入りホットワインは、肺炎、気管支炎、結核、風邪に役立ちます。 

赤ワインと緑茶は、ピロリ菌による胃上皮の損傷を防ぐことが証明されています。 [2]

禁忌

患者が深刻な病気に苦しんで薬を服用している場合、これは明らかにアルコールを飲むことの禁忌です。ほとんどの胃炎薬もアルコールとの相性が悪い。アルコールはまた、胃炎の再発時には不適切です。

高用量の胃炎を伴うワインは明らかに有害であり、許容量では、寛解と健康状態がなければ許可されません。ワインと強いアルコールは脳、精神、そして形成する有機体の健康状態に悪影響を与えるため、私たちは成人の患者について話しているのですが、子供についてやティーンエイジャーについてではありません。

  • アルコールは小さな生物の脊髄と脳に不可逆的な欠陥を引き起こすため、妊娠中や授乳中は禁忌です。

アルコール不耐症で飲まないでください。許可された時間に許可された飲み物を受け取ることが痛みや体調不良を引き起こした場合、それは将来放棄されるべきです。

強い飲み物が痛みを和らげ、胃の傷を癒すのを助けるという噂も根拠がありません。実際、高級アルコールは攻撃的な物質であり、胃を非常に刺激します。最初に痛みが少し落ち着いても、間違いなく再び戻ってきて、それははるかに強くなります。たまに体に入ると、粘膜が修復されます。毎日の使用で-時間がないため、傷つき始めます。したがって、多くの患者で胃炎の原因となっているのはアルコールです。

処置後の合併症

人が甘いワインを飲む場合、起こりうる合併症が現実になる可能性があります。特に、腎臓結石の形成の可能性が高いです。一方、ドライワインは、これらの石を構成するシュウ酸塩を取り除きます。

胃炎用のワインは乱用されるべきではありません。50ml以上のサービングは有害と見なされます。合併症は、飲み物に次の成分が含まれていることに関連しています:

  • アレルゲン(酵母、花粉、ヒスタミン);
  • 二酸化硫黄、喘息患者に喘息を引き起こす;
  • この病気になりやすい人に片頭痛を引き起こす可能性のあるポリフェノール。

乱用すると、アルコール毒素が肝臓に蓄積し、時間の経過とともに肝硬変を引き起こすことがよくあります。

胃炎のためのワインまたはウォッカ?

人が選択し始めたら、胃炎を伴うワインまたはウォッカをグラスに注ぐと、寛解が起こり、彼の状態は改善しました。痛みを心配しないでください。食欲があり、通常の消化です。

  • 絶対に無害なアルコールは存在しませんが、耐えられないほど拒否すると、彼らはより小さな悪を選びます。

低アルコール飲料は強いものほど有害ではないと考える人もいれば、胃炎を伴うウォッカ、コニャックまたはワインはほとんど病気の臓器の治療法であると信じている人もいます。

ワインとウォッカについて話す場合、それらの使用のルールは同じです。空腹時にどちらも飲まないでください。最初に食べる必要があります。言うまでもなく、私たちは上質の飲み物について話しています。フーゼル油を含まないウォッカ、ワイン-アルコールとガスを加えないものです。さまざまなカクテル、非生きているビール、酒、強壮剤、チンキはアルコールメニューから断然除外されます。

  • 代理飲酒は一般に、病気の人だけでなく健康な人にとっても危険です。

アルコールの投与量は最小限です。夕方には、最大40 mlのウォッカまたは最大100 mlのワインを購入できます。スナックは重すぎず、辛い料理ではありません。

  • 患者が消化性潰瘍と診断された場合、ウォッカは明らかに禁止されています。

アルコールが粘膜の瘢痕化を促進するという神話は、批判に耐えられません。ウォッカは治癒するだけでなく、潰瘍の悪性腫瘍への穿孔または変性を引き起こす可能性があります。

医師、科学者、栄養士、製造業者は何十年もの間ワインについて議論しています。おそらくコーヒーだけが同じ量の論争を引き起こします。しかし、世界のほとんどの国では、彼らは両方を飲んでいます。胃炎にはワインなしで行うのが最善です。硬化した胃の状態で時々飲むことができる場合、グラスには消化と全体的な健康に適した量の本物の赤ワインが必要です。強化ワインと炭酸ワインは、消化器系のメニューから完全に除外されています。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.