^

腹腔鏡検査後の妊娠

妊娠は、女性の体に自然かつ期待されるプロセスです。しかし、すべての女性が妊娠の最初の試みで妊娠しているわけではありません。多くの場合、母親になるためには、何ヶ月から何年も待たなければなりません。生殖器系は、特定の状況下では失敗する非常に複雑なメカニズムです。しばしば、女性は、待望の瞬間をより近づけるために、様々な現代医学の方法に頼らざるを得なくなります。例えば、多くの場合、腹腔鏡検査後に妊娠することに成功します。しかし、腹腔鏡下の介入は厳格な適応症に従って定められており、さらに腹腔鏡検査後の妊娠の事実は患者に多くの疑問を生じさせる。私たちは、最も一般的なものに答えることができることを願っています。

腹腔鏡検査後の妊娠統計:妊娠する可能性は?

利用可能な統計情報を考慮すると、理由や腹腔鏡手術を行ったすべての患者のうち、最初の月間の妊娠は5人の女性ごとに発生しました。手術を受けた患者の約15%が腹腔鏡下の介入後12カ月後にも妊娠できず、約85%の女性が1年以内に待望の妊娠を受けました。

腹腔鏡検査後の予想される妊娠が12ヶ月間起きなかった場合、しばしば女性は第2手術に同意した。多くの婦人科医は、腹腔鏡検査の後、より長い期間が経過すると、女性が妊娠する機会が少なくなるという事実に注意を払う。したがって、年中に妊娠が起こらなかった場合、それは必要です:

  • 反復腹腔鏡検査;
  • 他の支援された生殖方法に頼っている。

腹腔鏡検査後にいつ妊娠を計画できますか?

この方法は、腹腔鏡検査のように、最も外傷性の外科的介入の1つと考えられているが、この処置は身体の一部の機能を一時的に中断させる可能性がある。他の手術操作と同様に、患者は、すべての器官およびシステムの機能的能力が再開されることを確実にするために、ある時間を必要とすることがある。

女性が病院でどれくらいの時間を費やしていたかにかかわらず、2〜3日または1週間で、手術後の身体は明らかに弱くなり、すぐに「戦闘に突入する」ことは難しいでしょう。女性の生殖器系の機能能力は通常1週間以内に正常化するが、専門家は少なくとも4週間はまだ親密な関係を築くようアドバイスしていない。

最適には、医師によると、腹腔鏡検査後の妊娠は90日、腹腔鏡下手術後に来る場合:この期間が長引く、外部と内部組織の損傷に、ホルモンのバランスを安定させるに十分です。

そのような場合を別々に指定する必要があります:

  • 子宮外妊娠または線維腫のために腹腔鏡検査を行った場合、介入後6カ月以内に女性が計画を開始することができます。
  • 腹腔鏡検査中に外科医が多数の高密度癒着を取り除いた場合、妊娠の開始を6ヶ月間延期する方がよい。
  • 腹腔鏡検査が悪性腫瘍のために行われた場合、妊娠は少なくとも1年間は待つべきです。

妊娠は腹腔鏡検査後どのくらいかかりますか?

腹腔鏡検査を受けた患者に妊娠する可能性はありますか?成功した発想に「カウント」できるのはいつですか?

腹腔鏡検査の後、他の手術の後でも、近い将来に妊娠が起こるという明白な保証を与えることは不可能である。事実は、女性が異なる診断を受け、違う適応症と禁忌を持っているため、上記の質問に明確に答えることは非常に難しいということです。それにもかかわらず、女性が腹腔鏡検査を受けたため、原因に応じて予備的予後を行うことが可能である。

  • 卵管の腹腔鏡検査後の妊娠は、手術後90日以内に期待できる。手術が卵管の閉塞(腹膜 - 卵管不妊症の選択肢)によって引き起こされた場合も同様である。どうして私たちはそれを3ヶ月間待つべきですか?卵管を腹腔鏡検査し、卵を動かすことができない癒着を除去すると、組織を回復する必要がある。概して、介入後のある時間に、パイプは浮腫性のままであり、徐々に回復する。さらに、体全体が休息を必要とする - ホルモンの背景、免疫防衛、毎月のサイクルを復元する必要があります。もちろん、成功した受胎の機会が時間の経過と共に減少するので、余りにも長い休憩時間をとるべきではありません。しかし、急いでする必要はありません:浮腫性の、不完全に再建されたパイプでは、子宮外妊娠を発症するリスクは大きいです。
  • 卵巣嚢胞の腹腔鏡検査後の妊娠は理論的に1-1,5ヶ月後に可能です。しかし、医師やこのような状況では急いでお勧めしません:それは卵巣腹腔鏡検査後の妊娠は3-6ヶ月で来る場合は最適です。外科医がシストの切除をきれいに行うという事実にもかかわらず、卵巣は依然として健康な組織に軽いけがをしており、妊娠の開始前でも再生する必要があります。卵巣が回復する時間がない場合、将来的には、子供の抱く過程の過程でいくつかの問題があるかもしれません。
  • 医師が性生活を許すとすぐに、多嚢胞性卵巣の腹腔鏡検査後の妊娠は直ちに計画されるべきです。( - ない以上12ヶ月通常)卵巣における多数の嚢胞の形成を伴う嚢胞進行、および腹腔鏡手順の後、比較的短時間で生殖能力を再開しているという事実。チャンスを失い、妊娠しないために、女性は計画を立てるべきです - 早ければ早いほど良いです。腹腔鏡検査の1〜1、5ヶ月後に、手術が行われた腹腔鏡的方法(焼灼、髄鞘切除、またはくさび切除の方法にかかわらず)にかかわらず、計画を開始するのに最適です。
  • 子宮外妊娠の腹腔鏡検査後の次の妊娠は、少なくとも手術後半年以内に計画すべきではありません。どのように正確に手術が行われたかにかかわらず、チューブを取り外すか、チューブの安全で胎児の卵を収穫する。なぜ?事実、女性は依然として妊娠、さらには子宮外妊娠を経験しています。これは、ホルモンレベルが胚の発生と強化の準備状態にされたことを意味します。今、腹腔鏡検査の後、ホルモンバランスは、子宮外妊娠の発症前と同じように、元の状態に戻す必要があります。それ以外の場合、将来の妊娠が問題になる可能性があります。
  • 子宮内膜症の腹腔鏡検査後の妊娠は、手術後90日以内に計画することを推奨します。介入後に医師がホルモン療法を処方する場合、計画は終了時まで「プッシュバック」されます。これは、子宮内膜症の病巣の除去の場合と、子宮内膜症の嚢胞の腹腔鏡的な除去の両方に適用される。
  • 筋腫の腹腔鏡検査後の妊娠は、通常、6〜7ヵ月後に、筋肉形成の除去と子宮臓器の保存を計画しています。腹腔鏡検査の後、子宮は "休息"し、組織を再生し、卵巣はその機能を調節すべきである。原則として、腹腔鏡検査後6ヶ月以内に、患者は経口避妊薬を処方される。さらに、手術後に生殖器系の状態を監視するために定期的に超音波検査を行っています。これらの推奨事項が無視され、締め切り前に妊娠を促すことができる場合は、瘢痕形成部位で子宮組織の破裂を引き起こす可能性があります。これは非常に重篤な合併症であり、これはしばしば子宮の除去をもたらす。

腹腔鏡検査後の妊娠の徴候

女性が腹腔鏡検査後に赤ちゃんを妊娠させる機会があったという兆候は、正常な妊娠と同じです:

  • 月経の不在、腹腔鏡検査の後に再開した場合。
  • 下腹部の感覚を引く(一部の女性は背中が低くなるかもしれない)。
  • 基底温度の上昇;
  • 乳腺のわずかな緊張(月経中のような);
  • 気分の変化(原因不明の生命と眠気があるかもしれません)。
  • 料理の嗜好の変化;
  • 臭いの悪化。

腹腔鏡検査後の妊娠を確実にするためには、HCGの血液検査を受けるか、通常の検査ストリップを使用して妊娠を判断する必要があります。

腹腔鏡検査後の最初のサイクルでの妊娠

医師は腹腔鏡検査の直後に妊娠を急ぐことを特に勧めないという事実にもかかわらず、理論的には手術後の最初のサイクルで概念が生まれる可能性がある。それぞれの女性は、自分の身体の特徴を持っています。そして、すべての人の回復期も異なります。一部の患者では、最初の排卵後に生殖機能が正常化される可能性があります。

それにもかかわらず、子宮外妊娠または筋腫の新生物の除去直後に妊娠することは推奨されない。しかし、腹腔鏡検査が子宮内膜症または多発性硬化症について行われた場合、手術後の最初のサイクルにおける妊娠は、事象の発生の最良の変法である。

この問題に関する結論は、それぞれのケースが個別であるため、医師に相談することをお勧めします。

腹腔鏡検査後の単一のファロピウスチューブによる妊娠

腹腔鏡検査中に卵管の一つが抜去された場合、妊娠することは可能ですか?すべては、タイムリーに腹腔鏡検査が行われたかどうか、また残りの2番目の管の状態に依存します。

腹腔鏡検査が遅れて胎児の卵が卵管を裂くことができた場合には、卵管が除去され、1本のチューブしか残っていないので、さらなる妊娠の開始を著しく困難にする。それにもかかわらず、卵管を取り除いた後の膨大な数の女性は、再生産する能力を保持しています。彼らは妊娠することができます。主な状態は、正常な機能する卵巣を有する健康で通過可能な第2の管の存在である。

残念ながら、35歳以上の女性で、統計によると、年齢とともに卵巣下落の可能性が子宮内膜症や癒着だけでなく、性的球の他の慢性疾患を表示されることがあり、あまり卵管を持つ、妊娠する可能性があります。このような状況では、女性はしばしば体外受精(IVF)の手技に頼っており、残りの管が完全に通過不能であっても妊娠する可能性があります。

妊娠を計画する前に、1本のチューブを用意する必要があります。そのような状況では、繰り返し子宮外妊娠を発症するリスクが大幅に増加することを覚えておく必要があります。したがって、女性が単一の卵管で妊娠すると、hCGと超音波を絶え間なく監視しながら、婦人科医による特別な監督が必要となります。

腹腔鏡検査および子宮鏡検査後の妊娠

腹腔鏡検査と子宮鏡検査を組み合わせた内視鏡手術後の多くの患者は、妊娠する可能性について心配しています。医師は心配する必要はありません。どちらの方法も、不妊症を引き起こす重大な問題を検出して排除するのに役立つため、ほとんどの場合、両方の方法が妊娠の発症にしか寄与しないため、心配する必要はありません。子宮鏡検査を伴う腹腔鏡検査は、診断および治療目的のために実施される。他の研究が女性が妊娠することができない理由を明確にすることができない場合、特に未知の起源の不妊症のような介入が推奨される。

このような統合された手続きの後、いつ計画を始めることができますか?

手術後、約3-4週間、性交渉を中断する必要があります。次に、避妊薬の使用との性的接触。治療している医師がそうでないと思わない場合、手術を受けた女性のほとんどは、介入後2〜3ヶ月で妊娠することが許されます。

中絶後、腹腔鏡検査、いつ妊娠できますか?

中絶と腹腔鏡検査の後、次の月のサイクルまで4週間は性交を控えてください。あなたが推奨時間より前に性的に生きることを始めれば、妊娠することはほとんどありませんが、性的球の炎症プロセスを発症するリスクは劇的に増加します。

将来、新しい月次サイクルから始まる妊娠が起こるかもしれません。

腹腔鏡検査後の凍結妊娠

腹腔鏡検査後の患者における妊娠の退色の確率は、手術を受けなかった患者よりも高くはない。これには非常に多くの理由がありますが、それらはすべて多様です。例えば、妊娠が早すぎる場合、腹腔鏡検査後にホルモンバランスが回復しなかった場合、凍結妊娠が可能です。その他の理由としては、

  • 胎児における染色体異常;
  • クラミジア、トキソプラズマ症、ヘルペスを含む女性の感染症;
  • アルコールおよび/または喫煙;
  • 特定の薬を服用する。
  • アカゲザル紛争;
  • 外的要因(体重の持ち上げ、過剰な身体の運動、長時間の移動など)。

腹腔鏡検査と凍結妊娠を経験した女性は、しばしば受胎の計画を恐れる。多くの人は将来子供を抱える能力に疑問を持ち始めます。

医師は、女性の圧倒的多数がその後通常は妊娠して子供を出産するなど、必要ではないことを心配するために、絶対に勧めます。フェイディング妊娠の定期的なエピソードの場合にのみ、再生能力の喪失を疑うことができる。

腹腔鏡検査後の正常な妊娠は患者の85%で起こり、これはかなり高い割合です。しかし、医師は、手術後1年以内に妊娠計画を立てる必要があると主張しています。妊娠する可能性が最も高い時期です。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

子宮の管は女性の生殖器系の重要な要素であり、それがなければ出産機能は不可能であろう。
医師は子供の出現を待っている女性に特別な注意を払う。妊娠中の赤色の尿は、将来の母親と彼女の治療の医師の両方を邪魔します。
最後に、妊娠検査では、希望と興奮で満たされた新しい人生への道を象徴する2つのストリップが示されました。はい、妊娠の発症とともに、女性の生活は根本的に変化します。

についての最新の調査 腹腔鏡検査後の妊娠

世界の科学者が行った長い実験では、妊娠中の筋腫は危険ではないことが示されました。

ビタミンBの欠乏と女性に生まれた赤ちゃん12は、糖尿病の種類だけでなく、他の代謝性疾患を開発する増加傾向を持っています。このような結論は、研究後に英語の科学者によって得られたものである。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.