^

日光浴:良い、悪い

、医療編集者
最後に見直したもの: 25.06.2018
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

夏は本格的なので、完璧な日焼けを得るという問題は非常に重要です。日光浴のための主な勧告と禁忌を考慮してください。

寒さの長い月の後、体は日光と、もちろん、ビタミンDを必要とします。しかし、あなたの頭で日光浴に浸す前に、あなたは適切に準備する必要があります。それ自体で、日焼けは体の紫外線放射に対する保護反応である。それに直面して、皮膚は効果的な障壁を作り出すためにすべての力を投げます。表皮には特別なメラノサイト細胞が含まれています。このメラノサイト細胞は、色素を産生します。すなわち、ブロンズ・タンは、メラニンと太陽の光線による皮膚の損傷との反応です。

点火のプロセスを理解するために、主要な種類の太陽放射について考えてみましょう。

  • 日光は可視スペクトルです。
  • 紫外線(UV) - 光化学効果の原因で、美しい色の肌が得られます。
  • 赤外線 - 熱効果を引き起こします。

UV放射は全放射の約5%を占め、顕著な生物活性を有する。それは3つのスペクトルに分かれています。それぞれのスペクトルは一定の長さの光線とそれ自身の人体への特殊な影響を持っています:

  1. スペクトルCは、100-280nmの波長を有する硬い短波放射である。光線はオゾン層に留まり、実際には地球の表面に到達しません。すべての生き物に破壊的な影響を与えます。
  2. スペクトルBは中波280~320nmである。それは地球の表面に当たるUVの約20%です。それは変異原性を有し、細胞DNAに影響を与え、その構造に外乱を引き起こす。それは、表皮に浸透するだけでなく、角膜にも吸収される。皮膚や眼に重度のやけどを引き起こす。
  3. スペクトルAは、315〜400nmの軟らかい長波放射である。全UVの80%です。それはBスペクトルより1000倍少ないエネルギーを有し、皮膚に浸透し、皮下組織に到達し、血管および結合組織繊維に影響を及ぼす。体内の生物活性物質の開発を促進する。

太陽はビタミンD3の強力な供給源です。毎日の線量を得るために、日光浴には10〜15分かかります。ビタミンはカルシウムの代謝に関与し、歯、骨、髪および爪の強化に役立ちます。夏休みは血液形成を促進し、免疫系の保護特性を高める。

皮膚は信頼できる障壁であり、多くの有害な環境要因から保護します。しかし、その保護メカニズムの可能性は無制限ではない。損傷因子の作用が激しくまたは長すぎる場合、表皮および身体全体に損傷を引き起こす可能性がある。

太陽の下で日光浴することは有益か有害でしょうか?

夏が始まると、多くの人々が太陽の下で日光浴することが有益か有害かを疑問に思っています。まず第一に、天体は自然の医者であることを知っておくべきです。したがって、人体にとって有用であるだけでなく、必要です。

太陽風呂の基本的な特性を考えてみましょう:

  • 紫外線の作用は、カルシウムとリンの吸収に必要なビタミンDの合成を活性化する。筋肉や骨を強化し、創傷治癒を促進し、小児のくる病の予防と成人の骨粗しょう症を主張します。
  • 代謝プロセス、循環および呼吸を活性化し、刺激する。内分泌系を改善し、代謝を促進する。
  • 乾癬、にきび、湿疹、真菌など、さまざまな皮膚科の問題を取り除くのに役立ちます。病原性微生物に対する有害な作用のために、UVは皮膚結核の治療に使用される。
  • 彼らは身体の硬化を促進し、防衛を強化し、様々な感染症への抵抗力を高める。
  • ホルモンセロトニンの産生を活性化し、慢性ストレス、うつ病、仕事能力の低下に対処します。

しかし、上記の有用な特性にもかかわらず、自然な日光浴にはいくつかの禁忌や規則があります。彼らの遵守は、夏休みを可能な限り有用かつ安全にすることを可能にします。

太陽の下で何時に日光浴できないのですか?

安全な夏休みの重要な側面は、日光浴のための適切な時期です。あなたが太陽やこの手順の他の側面で日光浴することができないときを考慮してください。

  • 太陽は放射能エネルギーの源である。活動のピークは11:00〜16:00です。つまり、昼間は外出しないことが強く推奨されます。この期間中には、特に光に敏感な皮膚の場合には、やけどの危険性が高い。
  • 日光浴は8:00〜11:00の方が良いです。16:00以降は、ビーチで安心して休息することができます。この時間間隔では、肌の色合いを均一にすることができます。
  • 日焼けは徐々に起こるはずです。つまり、一日中猛烈な光の下に横たわり、禁断です。10分から開始し、徐々に時間を増やすことができます。
  • 連続太陽光処理の最大時間は、1日当たり2時間を超えてはなりません。

日焼け止めは体に良いですが、それが適切に購入された場合のみです。ソーラー手続きには適切な組織が必要です。過度の熱意で深刻な結果が生じる可能性があるため。最も危険なのは皮膚癌の発症です。

trusted-source[1], [2], [3]

なぜ、誰が太陽の下で日光浴をすることができないのですか?

UV放射の有害な影響に対する皮膚の反応は日焼けです。その影響下で、色素メラニンが細胞内で産生され始め、組織に美しいチョコレート色合いが与えられます。しかし、いかなる手技と同様に、日光浴には一定の禁忌があります。どうして太陽の下で日光浴ができないのかを考えてみてください。

絶対禁忌:

  • 太陽に対するアレルギー(光皮膚炎)。
  • 光増感特性を有する薬物(スルホンアミド、テトラサイクリン、フェトチアジン誘導体)の使用。
  • アルバイニズムは、皮膚細胞にメラニンが全く存在しないことを特徴とする遺伝的疾患である。
  • 任意のローカリゼーションの腫瘍学的病理。
  • 乳癌治療後の乳腺症または状態。
  • 温熱。
  • 内分泌疾患。
  • 甲状腺の病理。
  • 急性感染プロセス。
  • アンチエイジング手技、剥離、美容注射、レーザー脱毛後の回復期。

相対禁忌:

  • 2〜3歳までの小児 子供たちは薄く傷つきやすい肌をしています。これは日光に非常に敏感です。
  • 60-65歳を超える人々。典型的には、この年齢では、多くの人が血圧、心血管病理および他の疾患に問題を抱えている。
  • 良性新生物の存在。
  • 妊娠。
  • 大きな異形成性母斑の存在。

過度の日光浴は皮膚の光老化を促進し、コラーゲン線維の破壊を引き起こす。表皮の過色素沈着、すなわち黄褐色の領域および良性の病理(しんこう、黒子、メラニン細胞性母斑)の形成が可能である。

また、メラノーマ、すなわち悪性皮膚損傷を発症するリスクも有意に増加する。医療統計によると、メラノーマは、若い女性の腫瘍叢の有病率で2位にランクされています。死亡率は、肺がん後2番目に高い。この疾患は、自然研究の紫外線源とソラリウムを引き起こす可能性があります。太陽は免疫系の反応を抑制し、ヘルペスウイルスの活性化を引き起こす。皮膚を脱水し、しわ、鈍い、粗くて粗いものにします。

どのような病気は太陽の下で日光浴できないのですか?

太陽の手続きの多くの有用な特性にもかかわらず、日光浴の利点は誰もが。太陽の下で日光浴できない病気を考えてみましょう。

  • 悪性疾患および前癌状態。
  • 眼科疾患。
  • 結核。
  • 静脈瘤
  • 多くの母斑、色素、母斑があります。
  • 婦人科疾患(乳腺症、多発性硬化症など)。
  • 自己免疫病変。
  • 感染症。
  • 心血管系の疾患。
  • 内分泌疾患。
  • 精神神経学的疾患。

列挙された病状に加えて、ビーチでの休息は、いくつかの化粧処置後に禁忌である:

  • ピーリングとハードウェアの皮膚洗浄。
  • レーザー脱毛。
  • 恒久的なメークアップ。
  • 皮膚上の腫瘍の除去。
  • エッセンシャルオイルのボディラップ
  • ボトックス注射。

薬物療法に関連した日焼けに対する一時的な禁忌もある:

  • 光増感剤 - 日焼けの危険性を高める。申請が終わってから1〜6ヶ月後に休むことができます。
  • レチノール、トレチノインまたはレチノイン酸を含む医薬品。それらは、にきびおよびしわ除去を治療するために使用される。
  • 抗菌剤および抗真菌剤(トリクロサン、クロルヘキシジン、グリセオフルビン)。
  • 利尿薬(クロルタリドンとフロセミドに基づく)。
  • 消毒用化粧品。
  • 抗うつ薬、精神安定薬、抗けいれん薬。
  • 抗ヒスタミン剤、制吐剤、抗生物質。
  • 血糖値を下げる抗糖尿病薬。
  • エストロゲンとプロゲステロンに基づく避妊薬やその他の薬。

日光浴に禁忌がある場合、深刻な合併症が起こりうる:

  1. 日焼け - 最も頻繁に発生します。これは、紫外線が表皮の上層を燃やすという事実のために現れる。それは、皮膚のしっかりした感触、赤みおよび水疱によって現れる。特に重度の症例では、温度が上昇し、血圧が低下し、一般的な衰弱および失見当が現れる。
  2. サンストローク - 頭の飾りを使わずに熱いうちに長時間滞在したために現れます。血管が拡張し、血液が頭部に流れます。急激な衰弱、頭痛、拡張した瞳孔があります。可能な鼻出血と意識消失。温度が上がり、吐き気や嘔吐が起こります。
  3. 光皮膚症 - 紫外線に対する感受性が増して起こる、太陽に対するアレルギー。痛みを伴う状態は、皮膚の発赤、炎症および剥離によって現れる。強いかゆみや灼熱感、粘膜のさまざまな発疹や腫れがあります。
  4. 皮膚がん - しばしば日光浴が長引くと、やけどを引き起こし、悪性病変を引き起こす可能性があります。医療統計によると、約50〜80%の癌が自然紫外線の有害な影響のために発生します。
  5. 眼疾患 - 熱中での滞在は、ドライアイ症候群、視力の低下、水晶体の白濁(白内障)および結膜の炎症を引き起こし得る。
  6. 写真の老化 - 日光浴が長引くと、皮膚の上層が損傷する。同様の反応は、老齢に起こる変化と同様である。乾燥した肌、血管の変化、赤み、様々な色素沈着斑点、そばかす、しわが現れます。

太陽の乾癬で日光浴できますか?

皮膚に影響を与え、その表面にプラークを形成する慢性炎症性疾患(乾き、明確に定義された斑点)は乾癬である。この病理は、痛みを伴う感覚だけでなく、美容上の不快感をも引き起こす。乾癬性発疹は体全体に局在化する。斑は頭部、背中、胃に発生する可能性があり、脊髄表面と膝の折り返し、臀部の影響を受けることが最も多い。

寒い季節には、発疹は衣類で覆うことができますが、夏には多くの患者さんが次のような質問をしています。太陽の乾癬に日光浴することは可能ですか?まず第一に、この病気と紫外線は互換性があることに注意する必要があります。夏は治療にとって最も好都合な期間です。表現された治療特性は、海水との組み合わせによる太陽光処理、すなわち海岸に休息することである。

日焼けは、皮膚の緻密化とリンパ液への酸素の流れの増加に起因する永続的で永続的な寛解を提供する。

太陽の有用な特性:

  • 乾癬性プラークの破壊および表皮の再生。
  • 損傷した組織の再生の促進。
  • かゆみやはがれの排除。
  • 新しいプラークと丘疹の形成を遅らせる。

A型およびB型の紫外線は、表皮の表面上で起こる病理学的過程を抑制する。したがって、彼らの助けを借りれば、いろいろな発疹だけでなく、傷や病気の治癒を早めることができます。

科学者たちは、寒い季節の病気の悪化が、血液中のビタミンD欠乏症に関連していると判断しました。その欠乏は、食糧の助けを借りて回復することができますまたは日光浴を取る。このような療法の有効性は、特定の症例ごとに個別であり、疾患のタイプおよびタイプに依存する。

乾癬の日光療法の規則:

  • 太陽に最初に曝される期間は10分を超えてはなりません。その後、休息の長さを徐々に長くして30分にすることができます。
  • 日光浴は、朝8時から11時まで、または夕方16時から20時までの方が快適です。昼食の間隔は、最も有力である。なぜなら、司祭は最も活動的であり、病気の合併症につながる可能性があるからである。
  • 皮膚が乾燥するのを防ぐために、増加した保護因子を有する特別な光保護剤を使用すべきである。
  • 燃焼後、乾癬性プラークは、亜鉛ピリチオンの活性成分を含む軟膏およびエアロゾルで治療すべきである。

太陽による乾癬の治療の全利益と有効性にもかかわらず、この手技には一定の禁忌がある。このような療法は、夏に病気が悪化した患者のために禁止されており、全患者の約5%である。

ブルガリア、スロベニア、そしてもちろんイスラエルのリゾートでは、乾癬の治療に適した条件が作り出されています。死海での療養所での休息と治療は、病気を長期的な寛解の段階に移すことを可能にします。

trusted-source[4], [5], [6], [7], [8]

太陽の下でウイルス性肝炎で日光浴できますか?

肝臓に影響を及ぼすウイルス性疾患は肝炎です。この疾患は無症候性として発生し、急性の痛みを伴う発作を引き起こす可能性がある。いずれにしても、患者は長い治療とリハビリ、食事療法、その他の禁忌を待っている。このため、多くの患者さんが質問しています。ウイルス性肝炎を日焼けさせることは可能ですか?

疾患が持続的寛解の状態にある場合、以下の規則が守られれば休養が可能である:

  • 肌は紫外線ではなく、体内のウイルスの急速な増殖に影響を及ぼさない赤外線を浴びる午前10時から夕方17時から午前8時までビーチに滞在できます。
  • 様々な合併症の可能性を排除するためには、増加した保護因子を有する日焼け止め剤を使用することが必要である。彼らは皮膚への有害な影響を最小限に抑えます。
  • 休息中に健康状態が悪化した場合は、屋根や傘などの涼しい場所を通過する必要があります。また、ヘッドドレスについて忘れないでください。

病気の悪化の間、太陽の手技は禁忌である。これは、紫外線がウイルスの増殖を刺激するためです。

trusted-source[9], [10], [11], [12], [13]

子宮筋腫の太陽の下で日光浴することはできますか?

子宮組織(子宮内膜、漿膜、子宮頚部、または筋肉層に位置することができる)における良性の教育は、筋腫である。医学的統計によると、この疾患は女性の30%に現れ、最も頻繁には25〜35歳で起こる。病理学の特異性は無症候性で重篤な合併症である。治療は外科的に行われ、手術のタイプは患者の身体の個々の特性に依存する。

治療後、多くの患者が質問に興味があります:子宮筋腫で日光浴することは可能ですか?ソーラー手続きは禁忌ではありませんが、実行する前に、リハビリ期間が終了するまで待つべきです。このような予防措置は、筋腫が再発の性質を有し、その生物の過熱がこのために好ましい条件であるという事実に関連する。

医療現場では、暑い国では短期間の休息のために病気が再発することがよくあります。そのような結果を防ぐために、太陽の中での安静は、安全な日焼けのすべての規則を遵守して、非常に慎重でなければなりません。

trusted-source[14], [15], [16]

太陽の下で寒い日に日光浴することはできますか?

それぞれの生物は個体であるため、太陽の下で寒さで日光浴ができるかどうかは、担当医師の判断で決まります。喉の鼻炎およびくすぐりは、炎症過程の症状であり、免疫系の保護特性の低下の徴候である。初期の日光の影響は免疫力を低下させ、様々な病気や合併症を発症するリスクが高まります。したがって、一見して冷たいような些細なことさえも、深刻な病理に発展する可能性があります。

同時に、多くの医師は、海岸に安静が風邪、特に慢性呼吸器病変に対して治療効果を有すると信じている。海の空気は、蓄積された毒素から肺および気管支を浄化し、局所免疫を促進する有用な物質で飽和される。

あなたが寒い中にソーラー手続きを決める場合は、以下の推奨事項に従ってください。

  • 低体温を許さないでください(熱に長時間滞在した後は水に入らないでください)。
  • 海や川の水を含む冷たい飲み物は飲まないでください。
  • 日光浴は、午前6時から午前10時まで、夜間は4時間後に行うべきです。

回復を加速するには、ビタミンやミネラルが豊富な食事を守るべきです。有用なのは、マッドセラピーを含む様々な理学療法です。

私は太陽の下で乳腺症で日光浴することはできますか?

乳腺の結合組織の病理学的増殖を伴う良性疾患は、乳腺腫である。原則として、この障害はホルモン障害のために生じる。タイムリーで適切な治療がなければ、癌を引き起こす可能性があります。その光線が胸部組織に集中的に影響を及ぼすので、太陽の正しい行動は重要な役割を果たす。太陽の上で日焼けすることが可能かどうか、主治医は定義する必要があります。

日光は体に包括的な影響を与えます:表皮と代謝、甲状腺、副腎、卵巣の正常な機能に必要です。そのおかげで、体は正常な骨や靭帯の成長に必要なビタミンDを産生します。しかし、すべての有用な特性、特に危険な行動にもかかわらず、太陽の光線は乳腺の繊細で傷つきやすい組織に作用します。

Mastopathyの日光浴への禁忌:

  • 急性期の病気。
  • 嚢胞性形態の乳腺症。
  • 顕著な疼痛症候群がある。
  • 胸部には結節、密度、または腫瘍内包物がある。
  • 腺が腫れ、乳首から分泌物があります。

紫外線は良性新生物の癌性病変への変性を引き起こす可能性がある。また、気をつけて、最近の胸部手術とホルモン剤の摂取後に、過剰体重で日光を浴びるべきです。

  • 日焼けは、乳腺病を引き起こすことはありませんが、それを悪化させる可能性があります。これを避けるには、そのようなルールに従うべきです:
  • 1.トプレス休息は禁忌です。乳腺を十分に保護する水着にする必要があります。
  • 2.午前11時までと夕方16時まで、熱気になれます。イブニングタンは一番安全です。
  • 3.外出する前に、脱水や熱に長時間さらされるなどの不快な結果を防ぐのに十分な液体を貯蔵する必要があります。

Mastopathyのための太陽の利点に関する最終的な決定は、それぞれの場合について個別に、乳房科医によってのみ与えられます。

太陽の下でアレルギーを日光浴することはできますか?

種々の皮膚科学的反応および皮膚疾患は、特に夏に大きな不快感を引き起こす。太陽の上でアレルギーを訴えることができるかどうかは、担当する医師を個々に決定します。近年の特別な分布は、紫外線によって引き起こされるアレルギーであった。その症状は、数秒でいくつかの雷が発生し、1-2時間後または太陽にさらされた後の2日目に他の患者に雷が発生する。

光毒性反応の特徴:

  • 光皮膚症は、日焼けへの長時間の暴露後に健康な人にも明らかである。それを防ぐには、11:00〜16:00に日光を避け、特別なクリーム、ローションで皮膚を保護する必要があります。
  • 太陽に対するアレルギーは、特定の食品、医薬品、ハーブおよびその他の物質を光増感剤で摂取することと関連している可能性があります。
  • 病理学的プロセスは、免疫障害とより関連している。その発症のリスクグループには、内分泌系、肝臓および腎臓の病気の人々がいる。
  • UVへのアレルギーは軽い(第1の、ケルト)肌タイプの人に感受性があります。彼らは実際に日光浴はしませんが、紫外線への病理学的反応は非常に頻繁に起こります。

ほとんどの場合、アレルギーは、蕁麻疹、湿疹または小胞の形で現れます。発疹は、手、顔、脚、胸に発生します。ほとんどの場合、肌の荒れた肌のように見えます。まれなケースでは、発疹が合併し、痂皮、出血および鱗屑を形成する。

本格的な夏休みは、アレルギー反応の原因を突き止め治療の過程を経た後にのみ可能です。しかし、治療の後でさえ、日光浴には注意し、すべての医学的勧告に従うべきです。

trusted-source[17], [18]

心臓発作後に日光浴できますか?

アテローム性動脈硬化性プラークを有する臓器の動脈のうちの1つの血液供給および閉塞による心筋の敗北は心臓発作である。この病気の危険性は、筋肉の冒された部分が死亡し、壊死を発症することである。病理学的プロセスは、血流が停止してから20〜40分後に始まる。心臓発作の原因となる多くの要因があります。

医学的統計によると、熱や日焼け、熱中症への長期間の暴露は、心臓や脳循環障害の原因となることが最も多い。

心臓発作がどのように発達し、体温調節の違反、すなわち熱中での長い休息によって引き起こされたかをより詳細に検討しましょう:

  • 徐々に体温が上昇する。
  • 体は体温と環境を比較してバランスを作り出します。
  • 適応機構が枯渇し、代償相が始まる。
  • 生物の一般的な中毒、DIC症候群、腎不全および心不全が発症する。
  • 脳の電源が止まる。
  • 出血や腫れがあります。

非常に頻繁に、この病気に苦しんでいる人々は心臓発作が太陽の下で日光浴できるかどうか疑問に思っています。夏休みとUV下での長期滞在の可能性は、転移病理学および体の一般的な状態の後の回復のレベルに依存する。ほとんどの場合、医師は日焼けを最小限に抑え、午前または夕方にそれを過ごすことを推奨します。また、水のバランスを保ちながら、日光から皮膚や頭を保護することを忘れないでください。

trusted-source[19], [20], [21], [22]

太陽の下で皮膚炎のために日光浴することはできますか?

太陽が絶対にすべての皮膚科疾患に有用であるという意見があります。実際、すべてが異なっています。例えば、太陽の下で皮膚炎で日光浴することが可能であるかどうかは、疾患の経過、患者の年齢、および医学的適応症に完全に依存する。これらの予防措置は、日焼け後に発疹が激しくなり、湿った部分や痂皮を形成し、重度のかゆみや不快感を引き起こすという事実に関連しています。

皮膚炎、および特にそのアトピー性形態は、秋 - 春期の頻繁な悪化を特徴とする。夏期までには、ほとんどの場合、病理学的過程が沈静化し、患者の気分は良くなります。この改善は主に紫外線の作用によるものであり、中程度の投与量では皮膚発疹および炎症を抑制し、かゆみを軽減する。

特に太陽活動が活発になる瞬間に、皮膚炎で日光を浴びることは長続きしません。日光浴は午前11時前と夕方に取るべきです。この場合、低アレルギー性保護剤を皮膚に塗布しなければならない。

trusted-source[23]

私はHIVで太陽の下で日光浴をすることはできますか?

ヒト免疫不全ウイルスのような診断が夏休みに対する絶対的な禁忌であることを聞くことは、しばしば可能である。問題は、日光浴中のHIVの日光浴が各患者にとって個体であるかどうかである。過度の日焼けは、HIVに関連しないものを含む多くの理由で危険です。多くの人にとって、日光浴は害を及ぼすことはありませんが、逆にリラックスしてリラックスするのに役立ちます。さらに、紫外線は全身の働きに有益な効果をもたらし、健康上の利益をもたらす。

HIV患者のための日光浴の規則は健康な人のための勧告と変わりありません:

  • ソーラー手続きは、早朝や深夜に行うのが最善です。10:00〜16:00の間は、太陽活動の増加を避ける方がよい。
  • 身体には、紫外線フィルターが増えた保護クリームを塗布する必要があります。この手順は、外出する前に20-30分を費やすこと、特に入浴後に2〜3時間ごとに繰り返す方がよい。
  • また、目や頭を保護します。安静時には、体の脱水を防ぐために飲料水を保管することをお勧めします。

いずれにしても、夏休みを計画する前に、医師に相談してください。これは、日光浴中に起こりうる薬物の副作用や合併症を防ぐために必要です。

日焼け後に日光浴できますか?

皮膚への熱的、化学的または放射線による損傷は、肉体的および審美的に多くの不便をもたらす。このような怪我をした多くの人々は、次のような質問に興味があります。日焼け後に日焼けすることは可能ですか?ソーラー処置は、組織の炎症の徴候が完全に存在しない場合に許容される。さもなければ、日焼け(自然と人工の両方)、サウナ、サウナおよび他の温熱処置は禁忌である。

治癒プロセスが成功した場合、短い日光浴は体に有益です。この場合、若い柔らかい肌は簡単に炎症を起こし、保護が必要であることを忘れないでください。ビーチに行く前に、SPFが高い日焼け止めを使って表皮を治療する必要があります。

日焼け後に古い火傷が腫れたり赤くなったりすると、熱にさらされることは禁忌です。禁止は、組織が完全に治癒するまで作用する。BepantenやPanthenolなどの手段を使用するのに余計なことはありません。彼らは痛みを伴う感覚を最小限に抑え、損傷した表皮の再生を促進する。

trusted-source[24], [25], [26], [27]

太陽の下で太陽の下で太陽を浴びることはできますか?

内分泌系と太陽の病気は両立しないと一般に認められている。しかし、本当にそうです、太陽の下で甲状腺で日光浴することは可能ですか?甲状腺ホルモンが過剰な人、甲状腺中毒症は熱には耐えられません。したがって、この場合、太陽の手続きの前にホルモンバランスを正常化する必要があります。治療は必要であり、甲状腺機能低下症、すなわち甲状腺ホルモンの欠乏が必要です。さもなければ、夏休みは失敗に終わる可能性があります。

甲状腺は体内の代謝過程を調節し、正常な体温を維持します。器官の機能が妨げられると、気候変動が健康に悪影響を及ぼします。天体は腺に直接影響を与えませんが、その影響下で、その免疫細胞は甲状腺組織を攻撃し始める可能性があります。

甲状腺に節がある場合は、夏休みの前に制御超音波を行い、ホルモンの血液検査を行うべきです。ノードが大きい場合は、生検が必要です。ホルモンが正常であり、生検で悪性の変化が明らかにされていない場合、日焼けが許される。そのような検査は、拡大した甲状腺と嚢胞性病変の存在下で行うべきである。

ソーラー手技への禁忌:

  • 甲状腺がん
  • 増加したホルモンの背景。
  • 急成長しているノード。

他のケースでは、内分泌専門医の許可を得てのみ休息が可能です。このようなルールに従うことは非常に重要です。

  1. 直射日光下での長期滞在はそれに値するものではありません。朝や夕方に日光浴をして日陰に寝る方が良いでしょう。
  2. 日焼け止めを体の開いた部分に塗布し、2〜3時間ごとにそれを更新する。パナマとサングラスを着用。
  3. 体を脱水しないでください。重炭酸塩でミネラルウォーターを飲む。

太陽は内分泌系を含む体全体に有益な効果をもたらします。暖かい砂の上に置くと便利です。短い熱処置は、足の反射点によく影響し、足は喉領域および甲状腺によって接続される。

日焼け後に日光浴できますか?

鶏痘は非常に不快な症状を示す感染症であり、体全体に水っぽい発疹があります。水疱は急速に爆発し、痂皮を形成し、その下に若い皮膚が成長する。これに基づいて、太陽の下で日光浴をした後の風邪かどうかという疑問に対する答えは、回復後どのくらいの時間が経過したかによって完全に決まります。

  • 病気の直後には、UV曝露は禁忌である。これは、病的状態を悪化させ、発疹の部位での色素沈着の変化の形で合併症を引き起こす可能性があるからである。
  • ほとんどの場合、この病気は2週間以内に持続するが、成人はそれを重度の形で、子供は軽い形で運ぶ。
  • 多くの医師は、皮膚を完全に修復してから1ヵ月以内に通りに出ないように患者に勧めます。しかし、日光浴は1年間禁止されていると信じている多くの専門家がいます。

水痘後の皮膚は非常に弱く、UVから完全に保護することはできません。さらに、発疹があった場所では、真皮が薄くなり、その熱傷の危険性が増大する。このため、美しいチョコレートタンの代わりに、あなたは非常に長い時間のために取る必要があるあなたの体のいたるところに暗い色素のスポットを得ることができます。

trusted-source[28], [29], [30], [31], [32], [33], [34], [35], [36]

太陽の下でタトゥーで日光浴することはできますか?

今日まで、タトゥーは特別なものではありません。これは美容的な手技の一種で、パターンやパターンが体に打ち出されます。しかしその後、組織を癒す時間が必要です。問題は、太陽の下で入れ墨で日光浴をするかどうかは、入れ墨のすべての愛好家のために適切です。

夏には本当に皆に新しいタトゥーを実演してもらいたいが、太陽の光線は彼らにとって破壊的であることを忘れないでください。禁止の下で、サンルームの訪問、海水泳ぎ、サウナ、サウナがあります。紫外線は色素細胞を破壊するので、タトゥー塗料はすばやく消えます。

入れ墨で太陽の下で日光浴することは、皮膚が治癒した場合、すなわち処置の3-4ヶ月後に可能です。入れ墨を保ち、美しい夏の日陰を得ることを可能にする基本的な推奨を考慮しましょう:

  • 日焼け止めをつけて太陽に行きなさい。同時に、SPF保護レベルが高ければ高いほど良いでしょう。各入浴後にクリームをリニューアルする必要があります。
  • ソーラー手続きは安全な時間に、すなわち朝の11:00まで、夜の16:00までにのみ行うことができます。
  • 安静の後、慎重に淡水の下で自分を洗い流し、ボディを保湿クリームで拭いてください。

上記の推奨事項に加えて、水収支の遵守を忘れることはありません。熱のために、発汗が活発に起こり、皮膚が乾燥するので、十分な水分を提供する必要があります。

trusted-source[37], [38]

太陽の下で丸ごとを日光浴することはできますか?

真剣に自分の健康を気にしている母親の多くの所有者は、日中の母斑で日光浴することが可能かどうかという疑問を懸念しています。母斑が異なるので、曖昧でない答えを与えることはほとんど不可能です。しかし、いずれにせよ、過剰なUVは良くありません。

  • 傷跡は肌の異常です。彼らは、彼らに茶色の色合いを与える大量のメラニンを含んでいます。
  • 彼らは異なる形と大きさであることができます。最も安全なのは小さな平らな顔料の斑点です。しかし、隆起して形が変わったことが懸念される。
  • 原則として、彼らは落ち着いた状態で害されることはありません。しかし、それらのわずかな損傷は、メラノーマの発症を含む重大な合併症につながる可能性があります。

太陽の光線が表皮に影響を及ぼし、日焼けが起こるためにメラニンの能動的な産生を誘発する。モル数でのこの顔料のさらなる開発は、それらの促進された成長および変形をもたらすことができる。夏休みが安全であることを確認するには、次のルールに従ってください。

  • 直射日光を避け、特に注意してネビに適用する保護クリームを使用しないでください。
  • 朝と夕方にTan。あなたが昼食時の熱気にさらされている場合は、閉じたままで軽い衣服を着用してください。顔に教育がある場合は、広いバイザーや帽子を付けた帽子で覆う必要があります。
  • 大きくて凸状の傷跡は、絆創膏で覆うことができます。

日光浴の際には、母斑を注意深く観察する必要があります。変形(形や大きさの変化)があった場合は、すぐに医者の診察を受けてください。

trusted-source[39], [40], [41]

私は脂肪腫で日光浴することはできますか?

脂肪腫は、脂肪組織から発生する良性の皮膚疾患である。その外観は身体の全身性障害を示す。それは美容上の欠陥であり、どの人でも発症することができ、身体の全身状態に影響を及ぼさない。つまり、この質問に対する答えは、日焼けして脂肪腫を伴う日光浴が明白であるかどうかです。はい、太陽放射の中程度の影響は許容されるだけでなく、体にも有益です。

脂肪腫が悪性腫瘍に退化しないという事実にもかかわらず、その構造は壊死および感染性の合併症に罹りやすい。そのような地層には、慎重に保護装置を適用し、その外傷を避けるべきである。脂肪腫が大きい場合は、外科医に連絡して外科医に連絡する必要があります。この場合、夏休みは、創傷の治癒が完了した後にのみ可能である。

trusted-source[42]

太陽の下でハイブと日光浴することはできますか?

小さな皮膚発疹の形のアレルギー性疾患は蕁麻疹である。それは様々な理由で発展する可能性があり、その一つは日光に耐えられないものです。

光皮膚炎は、重度のかゆみおよび灼熱を引き起こし、体内には、充血領域、水疱および赤斑が現れる。ほとんどの場合、この問題はケルトの肌タイプの人が直面しています。彼らの真皮は日焼けを取らず、代わりに火傷や赤みがあります。

夏に病気が悪化するにつれ、疑問は、日中のハイブの日光浴が非常に関連しているかどうかです。

  • この場合のビーチでの長期滞在は禁忌です。
  • 有害な紫外線から保護するために、日焼け止めは定期的に塗られるべきである。
  • 太陽活動が低下した夕方には、日光浴が良い。
  • 日中は身体を覆う軽い服を着る方が良いですし、天然の生地でできています。

太陽に起因する蕁麻疹を排除するには、医師に診て包括的投薬を受けるべきです。

trusted-source[43], [44], [45], [46], [47], [48]

なぜ傷跡は太陽の下で日光浴していないのですか?

確かに多くの人が太陽の下で日光浴をしない理由を疑問に思っていました。これは、瘢痕組織が完全に色素細胞が存在しない結合型繊維から構成されているためである。太陽の下に置かれた後、そのような領域は白色のままであり、日焼けした皮膚とのコントラストを生じさせる。

瘢痕が1歳未満で、それが空洞手術または重大な損傷によるものである場合、燃焼は禁忌である。瘢痕はコラーゲンからなり、紫外線はその増強された産生を誘発するので、これは瘢痕の大きさおよびその肥大を増加させる可能性がある。アフターバーンの傷跡が色素沈着している、つまり太陽からの暴露によって強く暗くなる場合があります。また、太陽がひどく損傷していても、新鮮なダメージを与えていることを忘れないでください。

皮膚に古い傷跡がある場合は、紫外線から保護する必要があります。これを行うには、特別なクリームで傷を治療し、12:00〜16:00に日光浴しないでください。つまり、太陽活動の増加を避けるためです。

ストリーマーは太陽の下で光りますか?

エラスチンおよびコラーゲンのマイクロファイバーへの損傷は、皮下破裂、すなわち伸張斑を引き起こす。ほとんどの場合、女性はこの問題に直面しています。ストライアは、妊娠中およびホルモン障害を伴う急激な体重減少または体重増加を伴って現れる。体は赤い縞模様の布に変わる。あなたが治療なしで皮膚破裂を残すと、徐々に白くなって傷跡に変わります。

この問題の多くの所有者は、日光浴が伸びるかどうかの問題に興味があります。それらは再生されず、メラニンはそれらに欠けているので、日焼けは不可能です。熱に長時間さらされるため、赤くなり炎症を起こすことがあります。輝きは、化粧品の助けを借りてUVから保護する必要があります。タイムリーな治療(レーザーリサーフェシング、メソセラピー、マイクロダーマブレーション)により、ストレッチマークの部位に新しい皮膚が形成され、均一な日焼けが可能になる。

静脈瘤で日光浴することはできますか?

男性と女性の両方に発生する不快な病気であり、化粧的な欠陥であるだけでなく、健康に対する重大な脅威でもあります - それは静脈瘤です。この問題の多くの所有者は、静脈瘤で日光を浴びることが可能かどうかを知らずに、火の助けを借りて変装しようとします。

静脈瘤の危険は太陽の光線ではなく、彼らが誘発する過熱です。増大した熱作用は、静脈ネットワークの調子を低下させ、その透過性を増加させる。このため、浮腫が現れます。つまり、任意の段階の静脈瘤を有する人にとって、日焼けおよび過熱(風呂、サウナ)は危険である。

熱に長期間滞在すると、そのような合併症を引き起こす可能性があります:

  • 下肢の浮腫。
  • 痙攣。
  • 静脈に亘る組織供給の崩壊による栄養性潰瘍の形成。
  • 血栓の出現。
  • 静脈壁の炎症。
  • 静脈鬱血および静脈の過剰伸展。
  • 血管ネットワークの成長。

静脈瘤における血液循環の違反は異なる可能性があります。病気のそのような段階を割り当てる:

  1. 報酬 - 小さな血管のアスタリスクと静脈の黒化があります。脚には頻繁に重いものがあり、かわいそうです。
  2. 副補正 - 特徴的な色素沈着および突出した静脈が存在する。休息の状態では、痙攣および感覚異常が起こり得、痛みを伴う感覚は増加する性質を有する。
  3. 代償不全 - 体に濃い色の点があり、静脈が発音されます。痛み、腫れ、かゆみがしばしばあります。栄養性の潰瘍を形成することができます。

病気の初期段階では、日光浴は許可されています。しかし、より深刻な静脈瘤の症状では、夏休みは禁忌である。熱影響は既に痛みを伴う状態を悪化させる可能性があります。いずれにせよ、ビーチシーズンの準備をする前に、静脈網の緊張と弾力性を高めるために、静脈静脈を持つ人々はvenotonicks(Venarus、Detralex、Fleobody)のコースを受ける必要があります。これは合併症のない暑い季節に生き残ることができます。

体の脱水に伴って病的状態が進行することも忘れないでください。血液は高密度で粘性になり、現在の速度は遅くなり、静脈の収縮と血栓の形態になります。したがって、特に夏には、水収支を維持する必要があります。

静脈瘤を除去するために硬化療法または手術後に注意する必要があります。日焼けは、瘢痕の完全な治癒および血腫の再吸収の後にのみ可能である。通常、回復期間は最大6ヶ月かかります。さもなければ、この病気は再びそれ自体を感じることができる。また、UVの有害な影響から皮膚を守る日焼け止め化粧品を忘れないでください。

trusted-source[49], [50], [51]

知っておくことが重要です!

少なくとも一度は女の子たちが毎月太陽の下で日光浴ができるかどうか疑問に思った。これは驚くべきことではありません。非常に頻繁に気候変動が原因でホルモンバランスが崩れ、月経が早く始まり残りの部分に痕跡が残ります。 もっと読む...

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.