^
A
A
A

結核は引き続き主要な危険

 
、医療編集者
最後に見直したもの: 30.05.2018
 
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

04 November 2016, 09:00

WHOは、結核の流行を排除するために取られた措置は、そうしなければならないほど効果的ではないと懸念している。新しいデータによると、政府は、予防措置、疾病の検出と治療の方法を改善すべきである。グローバルな目標には、結核死亡率を90%削減すること、新しい感染を80%削減することが含まれます。WHOのマーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長によると、感染症の拡大は各国の行動を引き継いでおり、その状況を改善するためには、すべての国の強化され調整された作業が必要である。

専門家は、問題の1つは、診断と治療への患者のアクセスのレベルが大きく異なる国々間の不平等であると指摘した。

闘うための努力結核は、 2015年には300万人以上の命を救うために役立ってきたが、それでもサーベイランスデータは、疾患の急速な普及を示しました。

過去1年間で、世界中で1000万人以上の人々が感染しており、その半分以上がパキスタン、インド、南アフリカ、インドネシア、インド、中国にあり、約200万人が死亡しました。2000年以来、結核による死亡率は22%減少したものの、依然として主要な死因の主要な地位を占め続けており、さらにHIV感染やマラリア感染よりも死亡した人が増えています。

主な問題は依然として診断です。患者の不意の検出が感染の拡大につながります。また、薬剤耐性結核の形態は、公衆衛生システム全体を脅かすことにも留意されたい。基本的に、この形式はインド、ロシア、中国にあります。診断上の問題は、薬剤耐性結核の適切な措置の採択を妨げるが、昨年、この形態のわずか5人の患者が必要な治療を受けた。

また、治癒率に注目すると、世界的規模では50%を大きく上回るものではありません。

WHOは、急速な検査を使用するために流行から人類を救うために、新薬を指摘した。投資と行動は今日では不十分で、人々は抗菌剤の耐性が何をもたらすのかを認識し始めています。

過去1年間で、必要とされている人のすべてが治療や予防的介入にアクセスできるわけではありませんでした。このすべては、結核の流行と戦うための資金不足が原因です。米国では、必要額を配分するためには、収入を20億人増やす必要があり、そうでなければ3〜4年後には状況が悪化する可能性があります。また、新薬、診断法、予防ワクチンの研究を行うには、毎年10億ドルの追加費用が必要ですが、計画されているすべての活動を実施するには十分なリソースがありません。

WHOは、特に感染率と結核死亡率の高い国では、公衆衛生の資金調達を増やすために、保健サービスの最大限の保障を確保することが重要であることを各国に指摘した。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.