^

妊娠中にヘモグロビンを増加させる方法は?

人間の生活に必要な基本的な微小要素の1つは鉄です。この微小要素は、タンパク質(ヘモグロビン、ミオグロビン)および様々な酵素に存在する。ヘモグロビンは、赤血球の一部であり、その助けを借りて、二酸化炭素と酸素が肺からすべての臓器に運ばれる複雑なタンパク質です。

ご存知のように、妊婦は膨大な数の検査を受けなければならず、臨床検査も例外ではありません。将来の母親を診察し、相談する際に医師が注意を払う主な指標の1つは、血液中のヘモグロビンのレベルです。そして、この重要な時期に人類の美しい半分が鉄の必要性を増やしているので、将来の母親でこの指標を増やすことの問題は非常に緊急です。

適応症

どんな健康な人でも、妊婦のヘモグロビンの基準は120〜140g / lであり、この指標は同じレベルでなければならない。しかし、妊娠期間中、体がより多くの鉄を消費するという事実により、この指標(鉄欠乏性貧血)が欠如していることが非常に多い。貧血の問題は、悪いエコロジーが影響する大都市に住む妊娠中の女性、ビタミンやミクロ元素が豊富な自然食品の欠如によりよく見られます。ヘモグロビンの減少が妊娠16週より前に起こる場合、母親への出現は子供の酸素欠乏を伴うので、貧血に真剣に注意する価値がある。

母親になる準備をしている女性のヘモグロビンの減少は、女性が暴露される生理学的特性および外的要因によって引き起こされる可能性がある。ここにそれらのいくつかがあります:

  • 低血圧;
  • 内臓器官の様々な病気;
  • ストレスの多い状況。
  • 出血;
  • 不十分な栄養;
  • ビタミンB12の体内の欠乏;
  • 食欲の欠如;
  • 消化が妨げられる。
  • 頻繁な疫病;
  • 頻脈がある。
  • 疲労感と眠気が絶えません。

一見すると、妊娠中にヘモグロビンを増加させることは非常に簡単であると思われる - 鉄分が豊富な食品を含めることによって食事を修正する。しかし、必ずしもこれで十分であるとは限らず、基本的な措置を適用する必要があります。鉄含有薬剤を使用し、場合によっては、非経口または筋肉内投与する。

ヘモグロビン指数(貧血の程度)がどれくらい低くなっているかに応じて、さまざまな方法で妊婦でそれを増やすことが可能です:

  • 薬治療(葉酸とビタミンcと共に鉄を含む製剤)
  • 別の方法
  • 特定の製品の使用の増加

治療プロトコル

妊娠中のヘモグロビンを素早く増やす方法は?

赤ちゃんを待っている女性にヘモグロビンのレベルを上げる迅速な方法は、もちろん、鉄を含む製剤の静脈内および筋肉内投与である。このような厳しい措置は非常に高い貧血率で適用されます。血液中のヘモグロビンを増加させる別の方法は、錠剤の形態で薬物を服用することである。錠剤の医療用鉄製剤は、イオン性および非イオン性に分けられる。それらの組成物において、塩基性物質の吸収を改善する成分が添加される。当然ながら、この種の治療法は必然的に医師によって処方され、制御されなければならない。私たちはあなたの体の中の鉄の不足を素早く取り除くことを可能にするいくつかの薬を挙げています。

  1. Venoferは、水酸化鉄を含む製剤です。貧血患者を治療するために設計されています。静脈注射する。適切に使用されると、薬物は十分に耐容される。しかし、妊娠期間の第1期には使用が厳しく禁止されており、第2妊娠からは主治医によってのみ処方されることを知る必要があります。これには、胎児のリスク比と恩恵が考慮されます。気管支喘息、肝機能障害を患っている将来の母親には注意が払われています。
  2. Ferrum lek - 注射液、咀嚼錠、シロップの溶液の形で製造された薬物。そのような場合に使用されます:
    • 鉄欠乏症による貧血;
    • 潜在的な鉄分欠乏;
    • 重大な失血による重度の貧血;
    • 消化器系における鉄の吸収が不十分である。
    • 妊婦の鉄分欠乏予防
    • 授乳期間中の鉄欠乏の予防。

貧血nezhelezodefitsitnoy、薬剤に対するアレルギー反応を持っている人レック生物における要素「鉄」の過剰を薬剤Ferumを取るために有害であることに留意すべきである、と体内の鉄分の吸収または存在腎感染症の問題がある場合。また禁忌は妊娠期間の1トリムターである。

妊娠中の低ヘモグロビンの治療

各個々の生物のための鉄含有製品の吸収が、まだ限界がある - 胃腸管を介して吸収鉄の量は一日あたりわずか2~2.5ミリグラム。鉄含有製品の摂取量が非常に大きい場合でも、鉄は依然として大量に吸収されない。

したがって、多くの場合、還元ヘモグロビンの鉄含有薬物による治療が示される。適切な処方と組み合わせの場合、鉄はアプリケーションによって15〜20倍多く吸収されます。

鉄含有調製物の種類のリストは非常に大きく、最も一般的なもののいくつかに居住します。

  1. フェニールは、妊婦などの鉄分の消費量が多くても必要なレベルのヘモグロビンを維持する薬剤です。それは、錠剤、滴剤、カプセル剤の形態で入手可能である。この薬を使用するには、将来の母親は妊娠中に、また母乳育児中に赤ちゃんの出産後に行うことができます。

薬物の組成には、硫酸鉄、アスコルビン酸(鉄のより良い同化に使用される)、ならびに(代謝の正常化のための)群のビタミンが含まれる。

胃粘膜の刺激を最小限に抑え、毒性の兆候を刺激しないように食べた後、フェニューを服用してください。

副作用は、一般的な衰弱、頭痛、便秘、下痢、嘔吐、潰瘍性食道炎であり得る。禁忌は、薬物の個々の成分への感受性、胃潰瘍の悪化、ヘモジデロシス、ヘモクロマトーシスの増加である。

  1. Sorbifer durulesは、鉄欠乏症による貧血の治癒と予防のための製剤です。作用物質の活性成分は、硫酸第一鉄およびアスコルビン酸である。この薬剤の助けを借りて低ヘモグロビンの治療は、妊娠期間全体を通して、また授乳期間中に行うことができます。他の鉄含有製剤に関しては、それを使用する際に多くの副作用がある。これは吐き気、下痢、消化管の粘膜炎、アレルギー反応、高血圧、睡眠障害、頭痛です。これらの徴候のいずれかが現れた場合、妊婦は直ちに医者に連絡する必要があります。
  2. Maltofer Maltoferファウル及び -第二鉄、水酸化polimaltozatを含む最初のうち同一の手段の2つの種類、 - polimaltozat鉄および葉酸。妊娠中および授乳期間中に使用するためには、マルトファーのみが使用される。これは専らチュアブル錠の形で製造されています。公正なセックス、子を期待してMaltoferのファウルを使用している、ヘモグロビン指数を正規化するだけでなく、薬を服用することをお勧めします。それを飲むことが、そして非常に誕生するまでは望ましいです。それも長期間の使用など、吐き気、下痢、便秘、消化器系の粘膜の炎症などの副作用を与えるものではありませんので、準備に妊娠中や授乳中の女性は、非常に積極的に対応します。

リストされた鉄分を含む他の調製物を使用して、ビタミン複合体中の微小元素「鉄」の存在を考慮する必要があるという事実に注意を喚起したい。妊娠中の女性がビタミン複合体を鉄分と並行して使用する場合、そのうちの1つを選択する必要があります。そうしないと、成分の1つが過剰になります。

どのように家庭で妊娠中のヘモグロビンを増加させる?

妊娠中の女性に臨床試験が行われていない鉄含有薬剤が数多くあります。したがって、将来の母親の大部分は、リスクを受け入れることが容認できないと望ましくないと考えています。ヘモグロビンの減少がごくわずかな場合(軽度の鉄欠乏性貧血)、家庭でこの欠乏に対処することが可能です。これを行うには、古くから知られている鉄含有食品、様々な煎じ薬、輸液を使用して、血液中の鉄の量を正常化させることができます。

代替手段による妊娠中にヘモグロビンを増加させる方法は?

代替薬物の使用は、主に食品用の栄養補助食品である:ジュース、果物飲料、薬用植物の注入など。いくつかの例を挙げる。

  1. BREWはブラックベリーの葉をとり、1日3〜4回紅茶の形で摂取します。
  2. ドッグローズのドライフルーツを1日3〜4回飲む。
  3. ドライフルーツ(ドライアプリコット、デート、レーズン)、レモン(ライム)、クルミとハニーの有用な混合物を作りましょう。リストされた成分を同じ割合、例えば100グラムで、ミキサーまたはミキサーで粉砕し、食べる前に20~30分に1杯をとる。
  4. 新鮮なクランベリーからモーズを作り、少量のビートジュースで同じ量のリンゴジュースを加えます。食事の前に一日3〜4回飲みなさい。
  5. 空腹時に毎朝1杯の蜂蜜を食べる。

妊娠中にヘモグロビンをどのように増加させるか

製品の助けを借りてヘモグロビンを増加させることは可能ですか?それは、鉄欠乏症について学ぶとき、ほとんどすべての未来の母親が自分自身に置くという主な質問です。定期的に使用されるこれらの奇跡の製品を考えて、妊娠中の貧血について忘れることができます。鉄含有量の記録保持者は、ピスタチオ(100グラムに60 mgの鉄が含まれています)です。そのような予期せぬ結論に、現代の科学者が来た。次の位置は - キノコ(30-35 mg)を、ヒマワリhalvah(33 mg)を、豚肉(18-20 mg)を、ウズラの卵(3.7 mg)を、キャビア(2.5 mg)を乾燥させます。牛肉、魚介類、豆、穀物には鉄が大量に含まれています。

野菜中の鉄の含有量は以下の通りです:

  • タマネギ(ハーブ) - 2,1 mg;
  • ラディッシュ - 0.8mg;
  • カボチャ - 0.8mg;
  • ブロッコリー(キャベツ) - 0.73 mg;
  • サラダ(ハーブ) - 0.55 mg;
  • ルタバク - 0.52mg;
  • 白キャベツ - 0.47 mg;
  • キャベツの色 - 0.42mg;
  • kohlrabi(キャベツ) - 0.4 mg;
  • 大根 - 0.34mg;
  • タマネギ - 0.21mg;
  • エルサレムアーティチョーク - 3.4 mg;
  • アスパラガス2.14mg;
  • ニンニク - 1,7mg;
  • ビート - 0.8 mg;
  • セロリ(根茎)0.7mg;
  • ジャガイモ - 0.52 mg。

それとは別に果実、果物、ジュースを配分する必要があります。これらの軽い製品を使用することで、将来の母親はヘモグロビンを増加させるだけでなく、彼らの位置に必要な他の微量元素やビタミンを身体に浸透させます。当然のことながら、季節の果実や果物が最大の利益をもたらしますが、凍った形で使用することも可能です。最大量の鉄化合物を含む果物のリスト:

  • ザクロ;
  • プラム;
  • イチゴ;
  • Feijoa;
  • ビルベリー;
  • イチゴ;
  • ラズベリー;
  • ブラックカラント。

また、将来の母親は、ヘモグロビンレベルを通常のレベルに戻すことを望むなら、マイクロエレメント「鉄」を完全に吸収させない製品に焦点を当てるべきである。いくつかのものがあります:コーヒー、ハードチーズ、ミルク。妊娠中の女性の食事から除外したり、鉄含有食品とは別に使用することが最善です。

特別な食事に加えて、ヘモグロビンレベルが低下しないようにするために、公平なセックスは屋外の散歩や適切な呼吸にも注意を払うべきです。そして、10-15日後に将来の母親は、行われた作業の結果を評価することができます。

この記事では、妊娠中のヘモグロビンの増加に関する疑問に対する網羅的な回答を得たと確信しています。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

新生児の低ヘモグロビン:症状、治療、治療

酸素欠乏は、脳細胞や内臓器官の発達にはあまり適していないかもしれません。したがって、この症候群の臨床症状を知ることだけでなく、原因を見つけることも重要です。

新生児の貧血:溶血性、鉄欠乏症、生理学的

新生児における貧血は、ヘモグロビンのレベルの低下および赤血球によるその主な機能の侵害によって特徴付けられる状態である。乳児では、酸素の欠乏を完全に補うことができないため、この状態に特別な注意が必要です。

貧血ダイエット
貧血の食事には、血液の状態を安定させ、欠けている血球のレベルを上げるのに役立つ製品の食事に含めることが含まれます。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.