^

You are here

A
A
A

練り歯磨きは健康に害を与える可能性があります

 
06 April 2017, 09:00

多くの研究をした結果、科学者たちは失望した結論を出しました。通常の練り歯磨きは徐々に人の免疫防御を破壊することが判明しました。

フランスの科学者は、練り歯磨きを定期的に使用することで免疫が徐々に低下し、癌性腫瘍が発生する可能性もあることを発見しました。このような合併症は、ほとんどの練り歯磨きペーストに含まれる物質を引き起こす可能性があり、これは「二酸化チタン」化合物である。練り歯磨き用のチューブやラベルには、E 171と表示されています。

薬局や店舗の棚で購入することができる歯のエナメル質を洗浄するための様々なペーストは、組成物中に異なる割合のチタン化合物を含有する。しかし、チタンは、既存の意見に反して、や口腔だけでなく、生物全体の健康にも影響を与えます。

練り歯磨きに加えて、チタンは、口腔のチューインガムおよびフレッシュナーの一部であり得る。サワークリーム、マヨネーズ、アイスクリーム、さらにはカニのスティックを加えて、食品業界で使用してください。この物質の目的は漂白剤です:二酸化チタンのおかげで、練り歯磨きは白っぽい白色をしています。

工業団地はチタン化合物を大量に使用しています。製造コストが比較的低く、最終製品の販売による有形の経済的利益があるからです。しかし、科学者たちは、歯磨き粉に含まれる二酸化チタンは、細胞構造のレベルで体に破壊的な影響を及ぼしていることを確認しています。徐々に弱い免疫防御、あらゆる種類の慢性疾患、人々が推測していない原因があります。

一般に、有害物質は水に溶けず、そのままの状態で体内から排泄されると考えられています。しかし、これは当てはまらない:二酸化チタンは細かく分割された埃っぽい状態にある、粘膜の炎症を引き起こす咳、及び悪性腫瘍の発達を引き起こすことができる-例えば、呼吸器系を。さらに、二酸化チタンは、消化器系に入ると、肝臓や泌尿器系の病気につながるという科学者の別個の結論がある。

以前は、専門家はすでに齧歯類でチタン化合物を用いた実験を行っています。その結果、二酸化チタンの呼吸器系への進入がマウスの癌腫瘍の出現をもたらすことが証明された。要点は、物質の微粒子が血流系に浸透し、次いで細胞壁が崩壊する臓器の大部分に浸透することである。この研究の間、18ヶ月間飲用液で埃の多い二酸化チタンを消費したDNAおよび齧歯類の染色体損傷が確認された。

研究者の結論は、多くの実験と試験に基づいて行われました。したがって、科学者は、消費者が口腔衛生のために購入したケア製品の組成を慎重に研究することを主張している。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.